FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」がついに始まりましたけど、
ピンク系主人公のはるか(キュアフローラ)は、前作「ハピネスチャージ」のめぐみ並のポンコツさんなのかな・・・?
と思っていたら、
「予想よりははるかにできる子」でしたね・・・・(苦笑・・)
あのハイテンションな感じがいかにも・・・・という感じでしたし、伝統的ピンク系主人公の要素を
全て盛り込んである点も
何か安心して見ていられる要因なのかな・・・とも思っています。

それにしても・・・・

セリフは「はい、はーい、ごきげんよう・・・」の一言だけでしたけど、
天ノ川きらら(キュアトゥインクル)の存在感は半端ない・・・・
なんだろう・・・・あの個性的過ぎる雰囲気は・・・・
歴代プリキュアでああいう「自由人キャラ」で「小悪魔」的要素を持っているキャラって実は皆無に
近かったものですから、
今作のプリキュアでやはり最注目のキャラですね・・・
とにかくきららの動向にはしばらく目が離せそうもない感じです。
とにかくこのキャラは今後がとてつもなく楽しみです!!

それにしても・・・・

第一話ではるかがアロマを寸止めしたシーンは何度見ても何か妙に笑ってしまう・・・・

だって、あの場面は、
歴代プリキュアを古くから見ている人間にとっては、
メップルがなぎさの顔面を直撃したように・・・・
シフレとコフレがつぼみの顔面を直撃したように・・・
キャンディがみゆきの顔面を直撃したように・・・

誰もがアロマがはるかの顔面を直撃する・・・・と思っていたら
まさかまさか・・・の直前で寸止めでしたからね・・・・(笑)
なんかあれを見て、
「あれれ・・・、意外ははるかはできる子なんだ・・・・」とふと感じてしまいましたね・・・・
戦闘シーンでも、
フローラは機敏で瞬発力があり、
ゼツボーグの攻撃を巧みにかわしながら突進&攻撃をしかけていきましたし、
難無く一人で浄化していましたから、
やはり只者ではない・・・という感じですね・・・
同じ「花のプリキュア」でも、ブロッサム先輩とは何たる違い・・・・(苦笑・・・)
前作の「ハピネスチャージ」のラブリーも初陣は大善戦という感じでしたけど、
どっかのポンコツ姫によって「撤収」を余儀なくされ、初戦を飾れなかった「アンハッピー」とは
エライ違い・・・・

やっぱりすごいよ・・・凄すぎるよ・・・フローラ・・・・!! という感じなのかな・・・・

更にこの後の「キュアトゥインクル」が控えているのだから
何か「Goプリ」の期待感は半端ない・・という感じさえします。

そうですね・・・・気持ちとしては、まだ半分程度「ハピネスチャージの物語は良かったな・・・終わって残念・・」
と思っているのですけど
「Goプリ」の期待感もとてつもなく高いものがありますので、
とにかくしばらくはじっくりと新しいプリキュアの世界を楽しみたいと思います!!





さてさて・・・・

そう思っていたら、現実社会では、着々と「Go! プリンセスプリキュア」の商品化も進んでいるような気もします。

先日も・・・・

スーパーで「Goプリ」の「ひなあられ」を発見しました・・・

多分2/1をもって「プリキュアパン」もハピネスからGoプリにチェンジしたと思うのですけど
そのGoプリの「プリキュアパン」が中々見つからない・・・・
「どこに売っているのかな・・・」と思っていたら
やっと近所のヤオコーで発見・・・!!
種類はまだ一種類しか店頭には置かれていませんでした。

ま・・・、「いちご」というのはいかにもプリキュアパンらしいですね。


002_convert_20150205161252.jpg


さてさて・・・・

おまけのシールは誰が入っているのかな・・・・

最初の「プリキュアパン」だから、ピンク系のフローラがいいかな・・・出来ればきららがいいな・・・と
思っていたら、3人全員集合のシールでした。

何となくですけど・・・・

前作のハピネスは・・・・・「庶民」のプリキュア・・・・

今作の「Goプリ」は、「お嬢様達」のプリキュア・・・・という雰囲気があるのかな・・・・??
スポンサーサイト



テレビ埼玉の「スイートプリキュア」もいよいよ終盤に向かっていて
間もなく「最終決戦モード」に突入という感じです。
そんな中、今回の話は、バスドラとバリトンのポンコツ話で前半笑わせて
後半に「信じる事を忘れないで・・・」みたいに少ししっとりとする雰囲気とか危機感を滲ませる感じで
終わらせて、
前半と後半の対比が大変面白い感じがしました。

これ、2011年にリアルタイムで見ていた頃は、
「またマヌケ幹部のポンコツ話か・・・」とか
「序盤の頃、もしかして追加戦士・・・?と予想された時期もあった聖歌と和音をプリキュアと戦わせるなんて
何てずるい展開・・・」と思っていたのですけど
改めてこの回をよーく眺めてみると
「バスドラとバリトンという悪の心に染められたしまった二人を救済する」とか
「人を信じる事を忘れないで・・・」とか
「一度道を踏み外してしまった人間は幸せになってはいけないのか・・・」みたいな
後年のドキドキ~ハピネスのテーマを彷彿とさせるテーマが既にこの頃のシリーズでも
提起されていたんだな・・・・と改めて感じさせてしまいました。

何かハピネスチャージのラブリーVSクイーンミラージュの激戦時の
ラブリーの
「ミラージュ!! 愛する事を恐れないで!!」という言葉を何か彷彿とさせるものがありましたし、
クレッシェンドトーンの
「あなた達の力は倒すための力ではありません。信じるのです。大切な人を守るための力、プリキュアの力を・・」
という言葉は、もはやプリキュアは敵を倒せば良いという物語ではないし、
「いかにして人の心を救い、守るか」という「ハピネスチャージ」のテーマを既に先取りしていたような
感じすらあります・・・・

うーーん、改めてすごい・・・凄すぎるよ・・・スイートプリキュアの奥深い世界・・・・


3e73b94b_convert_20150205163620.jpg


さてさて、今回の話は・・・・
「敵を欺くにはまず味方から・・・」という格言を見事に立証した回でもありましたね。
「不幸のメロディ」は音符を集めただけでは未完成・・・
プリキュア達のモジューレのト音記号も集めないとダメ・・・という事実を
プリキュア達にも内緒にしていたアフロディテ様は・・・やっぱり只者じゃない・・・・(苦笑・・・)
やっぱり「毒舌」のアコちゃんの母親でもありますね・・・・
横でボー然とみているメフィストが何か「空気感」満載・・・・
やっぱり「恐妻」の前では婿養子さんは・・・・為す術が無いのかな・・・(笑)
ついでに、響・奏・エレンにも内緒でキュアモジューレを偽物と本物にすり替えたアコちゃんも
「敵を欺くにはまず味方から・・・」作戦満開・・・!!
うーーーん、やっぱり母娘は似るものですね・・・・

可能性として、アコと奏の弟の奏太は、将来結ばれる可能性もありますよね・・・・
奏太はアコが大好きですし、アコも満更ではない様子ですし・・・
ま、それに「ラッキースプーン」は奏という立派な跡継ぎ娘がいますから、
ま、奏で太は、「メイジャーランド」に婿養子に入っても、ま、特に問題は無いか・・・・
そうなると・・・・
奏とアコちゃんは、義理とはいえ「姉妹関係」になる可能性があります・・・

何かそうなると・・・

「義姉さん、そんなに怒ってばかりいると目元のしわが更にひどい事になっちゃうよ・・・」とか
「義姉さん、そんなにヒステリーばかり起こしているから、旦那が中々家に帰ってこないんだよ・・・」とか
「義姉さん、そんなにガミガミ子供を叱ってばかりいると、その子も直に怒りんぼになっちゃうよ・・・」
みたいな強烈な毒舌を吐いたりして
壮絶な「姉妹喧嘩」を演じてしまうのかな・・・・(苦笑・・・)

ま、最後はいつも仲直りして
奏はアコに優しく「奏太をよろしくね・・・」と言ったりするのかな・・・・??

そうそう、こうした「敵を欺くにはまず味方から・・・」というのは、
フレッシュでもありましたね・・・
長老がシフォンの正体をタルトくんにも言ってなかった時の言い訳がまさしくそれだったのですけど
何かあの長老の場合・・・・
単に言い忘れていただけのような気もしますね・・・・





今回面白かったのは・・・・・

ファルセットが、ピーちゃんというかノイズに頭の上に乗っかられて髪の毛をむしり取られていましたね・・・

あれれ・・・、この光景どこかで見た事があるような気が・・・・??

そうそう、エレンがセイレーンとしての黒猫時代に、よく癇癪を起してはファルセットの髪の毛をむしり取って
いましたね・・・・
何か歴史は繰り返すのかな・・・・(苦笑・・・)

これ、リアルタイムで見ていた頃は
「あれれ・・・、マジでファルセットは最終回目前辺りはつるっ禿状態になっているのかな・・・」とも
予想したものでしたけどね・・・・(苦笑・・)


08e501c8-s_convert_20150205163643.jpg

23ae1ea0-s_convert_20150205163706.jpg



それにしても相変わらず「トリオ・ザ・マイナー」というか、バスドラ・バリトンはポンコツ幹部・・・

というか化物になって以降の方が「ポンコツ度」に磨きがかかったような気も・・・・(苦笑・・)

だけど今回は酷かったな・・・・

落とし穴を掘って響達を落とそうと穴を掘っている所を響達に見つかってしまうし
「音吉を誘拐してモジューレと交換すればいいじゃん」と思いついたものの
なぜか家のチャイムを押して直接堂々とアコの家を訪れた挙句、
体がでかすぎて家の中にすら入れない始末・・・

うーーん、初期の頃よりも更に「ポンコツ幹部」ですね・・・・


0b50b448-s_convert_20150205163830.jpg


リアルタイムでこの回の「予告編」を見た際は、
「あれれ・・・、聖歌と和音という結局プリキュアになれなかった二人が怨念(?)を込めて
ニセモノプリキュアとして覚醒・・・・??」とも思ったものです・・・・

だけど、ファルセットは、この時点では半端ないワルになっていましたね・・・

かなり執拗にこの二人をいわば人質に取るような形で散々モジューレとの交換を要求していましたからね・・・


93d5242e-s_convert_20150205163732.jpg


b2952e3c_convert_20150205163758.jpg


でも「スイート」の物語は、私にとっての「嫁キャラ」は断然キュアメロディなのですよね・・・・

少し動揺する表情とか「どうしよう・・・」と迷う感じとか
クレッシェンドトーンに諭され「なるほど・・・」と何かを決意したような感じのメロディとか
全部が素敵ですね・・・・!!
23.金沢二水高校

 C/スキタイ組曲「アラとロリー」

 この当時の北陸ブロックの代表校は、毎年毎年、富山商業と高岡商業ばかりが選出され、
 正直この2チームとそれ以外のチームのレヴェル差は相当大きかったような印象があります。
 そうした中、
 1982年の高岡商業は、「十八番」とも言うべき「ローマの祭り」を自由曲に選び
 指揮者も確か記憶では、NHK交響楽団の当時の現役チューバ奏者でもある多戸氏を招聘するという
 かなり気合の入った体制で臨みながらも
 まさかまさかの伏兵、金沢二水高校に「北陸代表の座」を奪取されるという結果になってしまったものですけど、
 これは当時、宮城県の高校生であった自分にとっても
 まさに「まさか・・・高岡商業が支部落ち・・・」という結構ショッキングなニュースではありましたけど
 同時に、
 自分達も頑張れば、金沢二水のように、名門強豪校を撃破し全国大会に出られるかも・・・・という
 淡い期待と夢を抱かせてくれましたので
 その意味では大変印象的なチームでした。

 演奏も「若さと勢い」が十分伝わってきて、
 「どうして高岡商業を撃破して北陸大会を突破できたのか・・」その理由を全国大会でも
 立派に証明していたと思います。
 課題曲は・・・・
 うーーん、少し淡泊すぎたかも・・・・
 何か「無味乾燥」という気もしなくはなかったけど、中間部の踊りは
 やはり勢いは伝わってきました。
 自由曲の「スキタイ組曲」は、出だしのインパクトがやはり強烈でしたし
 不協和音・変拍子・激しいリズムといった「難曲要素」を軽くいなして、音楽を自分達のものにしていたのは
 大変好感が持てます。
 
 しかし・・・・

 反面、「強奏」の部分ばかり強調され、
 結果的に「聴いていて疲れる・・・」みたいなものも感じたのも事実でして、
 確かに激しい曲ではあるけど
 曲のどこかに何か「ホッとするもの」は欲しかったような気も・・・・

 この「スキタイ組曲」とよく似ていると指摘されるのがストラヴィンスキーの「春の祭典」なのですけど、
 春の祭典は、正直メロディーとかへったくれもない曲で、終始「野蛮さ」に満ち溢れています。
 一方「スキタイ組曲」は、メロディーの中にストーリー性を感じ取れる曲ですし、
 曲の中に、抒情性や野性味も感じられます。
 確かに、激しくリズムの複雑な曲なのだけど、
 春の祭典と少し異なり、曲の中に「歌」は感じられます。
 光と闇、明と暗というような左右対称的なコントラスト的な表情も感じ取れます。
 春の祭典が緻密に計算され尽くしたマシーンとすると、
 スキタイ組曲は、まだ人間的な抒情性は垣間見ることが
 できるような気もします。

 それだからこそ、金沢二水の演奏もそうした「抒情性」というか「pとfの落差」についても
 表現出来ていると
 もっと素晴らしい完成度になっていたような気もします・・・・

 それにしてもこの「スキタイ組曲」の各楽章のタイトルは凄まじいものがありますね・・・
 
 Ⅰ.ヴェレスとアラへの崇拝
 
 Ⅱ.ヂェジボーグと邪悪の踊り

 Ⅲ.夜

 Ⅳ.夜明けとロリーの輝かしい旅立ち

訳によっては、第4曲は「ロリーの旅立ちと太陽の行進」となっているものも
あります・・・

金沢二水はⅠとⅡを選曲していましたけど
まさにⅡなんかは「邪悪の踊り」そのものでしたね・・・・

 | BLOG TOP |