FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


前回「少しばかり感想を・・」と言っておきながら
結構長文記事を書いてしまい(苦笑・・)
大体言いたい事は既に書いてしまいましたので、今回は補足的な感じで・・・

だけど改めて第一話を見てみると
伝統的プリキュアの第一話を見事に受け継いでいましたね・・・
ドタバタ落ち着きのないピンク系主人公・・・・
唐突に空から「妖精」が舞い降りてきて、主人公と初接触・・・・
そして・・・・
何だかよく分からないけど、成り行きでプリキュアになっちゃった・・・・
そして何だかよく分からないけど敵と戦って
何だかよく分からないうちに敵に勝っちゃった・・・・

そんな感じで溢れていたと思います。

いやー、実に「プリキュア」の第一話らしい話でしたね・・・・

ここまで「プリキュア」らしいと本当に何か頃の底から「スッキリ!!」するものはありましたね!!

この流れは、初代~フレッシュ、そして「スマイルプリキュア」の流れを継承するかのような
感じもあります。
最近のプリキュアの第一話は、
ハートキャッチのように、いきなりキュアムーンライトの敗北、そしてつぼみとえりかの内面の問題の浮彫り
というかなり深刻で重たい立ち上がりを見せていたのもありましたし、
スイートのように第一話から主人公二人が喧嘩状態・・・というのもありましたし、
ドキドキのように第一話から「マナの優秀さ&大物伝説炸裂・・!!」みたいなものもありましたし
前作の冒頭のように、全戦全敗プリキュアと「私はあなたを絶対に許さない!」と宣言したお方もいましたし、
比較的第一話からいきなり物語が動くとか主人公の内面の問題を提起という展開が多かったと
思いますけど
そうした中で「Go! プリンセスプリキュア」は、
お年寄りから小さいお子さんまで全員笑いながら楽しむことが出来るという「安定した第一話」という感じも
ありました。

ま、とにかく最近のプリキュアとしては珍しく無難な立ち上がりを見せてくれましたので
今後、みなみ・きららを交えてどのように物語が動いていくか・・・・
とても楽しみですね。
ま、前作の反省(?)も踏まえて、「恋愛要素」は極力回避して欲しいな・・・・
しかも舞台は女子中学校の「寮内」ですから、
今作は「男子禁制」でもいいかも・・・・??
だから一つ気になるのは・・・・「かなた」の存在かな・・・・
ま、とにかく「ブルー様」の二の舞は踏まないようにして欲しいな・・・・(苦笑・・・)

何だろうな・・・・

この物語の「テーマ」として「夢」みたいなものも感じたりもします。

「プリキュア5」は、各人がそれぞれ自分の「夢」を見つける物語でもありましたけど、
この「Goプリ」は更に一歩進めて、既にある程度「将来はこうなりたい・・・」と決めてあるものを
いかに具体化実現化していくのか・・・・
みたいな要素もあるような気がします。
「夢」を叶えるためには自分はどうすればよいのか・・・・
何かそういうテーマも内在している物語になっていくのかな・・・??





ピンク系主人公のはるかは、事前の予想よりは「はるかに」(?)可愛かったですね・・・・
「もっとポンコツな感じの子かな・・・」と予想していたのですけど
自分の意志で親元を離れてノーブル学園に入学している点とか
多少抽象的ではありますけど、とにかく「プリンセスになりたい!」という「夢」を持っていて
それを実現するためにはどうすればよいのか・・・みたいな事も考えている節がある点とか
親元を離れても寂しそうな様子を見せずに逆に両親を心配してる点などを考慮すると
主体性は持っている主人公、「強さと優しさ」といういかにもプリキュアらしい要素を既に兼ね揃えている女の子・・・
という印象もあります。

ま、反面・・・・

あの落ち着きの無さとか自分で勝手にボケて墓穴を掘るあたりは・・・・
うーーん、何だか「星空みゆき」を彷彿とさせてくれますね・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

ルームメイトのゆいちゃんは・・・・何か少し気の毒・・・・・(苦笑・・・)

多分両親宛の手紙には・・・・

「私、気持ちはいい子なんだけど、少しヘンな子とルームメイトになっちやった・・・」みたいに
書いているのかな・・・・??


1b99f480_convert_20150203184425.jpg


04bde915_convert_20150203184518.jpg


はるかの変身シーンはとても可愛かったな・・・・

いかにも「花のプリキュア」という感じです。

何か個人的感覚としては・・・

はるか→陸軍 みなみ→水軍 きらら→空軍 みたいな感じもしますし、

はるか→普通の女の子 みなみ→生真面目なお嬢様 きらら→自由人

みたいな香りも漂ってきます・・・・

はるかは全体的にとても優雅な感じもしましたね・・・
前作のピンクの先輩があまりにも粗っぽく粗雑な戦いを繰り広げてくれていましたから
やはりその雰囲気はまるで違いますね・・・・

必殺技発動時の「お覚悟は宜しくて・・?」とか
浄化時の「ごきげんよう・・・」は
何かいかにも「お嬢様」みたいな感じですね・・・・
うーーん、キュ荒プリーにも爪の垢を煎じて飲んで欲しいかも・・・・・(苦笑・・・)

だけどフローラの初変身&初陣は中々お見事でしたね!!

ブロッサム先輩のように敵前逃亡をする事も無く、初陣にも関わらず敵を撃破&浄化したのは
中々お見事でした!!

ま、だけど・・・・

妖精パフとの初接触の際、「あたなはタヌキさん・・・?」とか言っていたのは、これまた懐かしい
プリキュアの伝統的お家芸という感じでしたし、
初代・ハートキャッチ・スマイルで見せてくれた「妖精がいきなり主人公の頭上にぶつかる・・・」みたいな
展開になるかな・・・と思っていたら
アロマヲ
空中で寸止めしていたのは、
「あれれ、はるか意外と出来るかも・・・・」と思わせるものがありましたね。

ま、妖精との初出会いで
妖精に全く臆することなく
「あ、どうもマナです・・・」とかるーく全部を受け入れてしまったマナは
やっぱり大物・・??と改めて感じてしまいましたけどね・・・・


c90c51fb_convert_20150203184553.jpg


さてさて、とにかく「Go! プリンセスプリキュア」が開始されました。

これまでの歴代プリキュアとは何か「雰囲気・香り」が少し異なりそうなキュアトゥインクルをはじめ
とにかく期待感一杯です!!

果たしてこの物語は
一年間を通してどんな素敵な「物語」を提示してくれるのか・・・・

とにかくとても楽しみです!!

スポンサーサイト



2/3(火)は久しぶりの休み・・・・
年末年始休暇が終わって以降の休みは今の所、週一のみというせいもありますし、
寒いというせいもありますし、
調子は今一つと言う感じかな・・・

ま、だけど来週は久しぶりの月・火休みのシフトなので、とにかく今週に関しては
仕事をきっちりと仕上げ、
その上で2/9~10の休みをのんびりと過ごしたいものです・・・・

2/3は朝からうちの奥様の病院付添い(月に一回の通院ペースかな・・・)とお買い物のお付き合いで
一日が終わってしまった・・・という感じです。
ま、だけど色々とスーパー・ショッピングモールを見て回る事も出来て
「2/1より放映が開始されたGo! プリンセスプリキュアの関連商品は何か売っていないかな・・・、または
ハピネスの関連グッズの叩き売りはどこかでされていないか・・・」と
色々と見て廻ったのですけど
残念ながらハピネスの叩き売りもGoプリの商品も出ていないようでした・・・・

ま、そうですよね・・・

まだ番組が始まって3日目ですから、関連商品はこれから順次投入という感じですね・・・
だけど、
子供向け雑誌関連とか「なかよし」は既に「Go! プリンセスプリキュア」になっていましたね。

と思っていたら、ファミリマートでGoプリの「プリティーカードグミ」が売られていました。

一つ100円でしたので、早速購入してみました。

先日散々記事にしたマクドナルドの「ハッピーセット」は別にすると
これが初めてのGoプリの関連商品購入の記念すべき(?)第一号でした・・・・
さてさて・・・
多分本年度も色々とGoプリ関連商品をついつい買ったりするのだろうな・・・・・(苦笑・・)





前作の「ハピネスチャージ」と比べると
やはり「優雅」な印象はありますね・・・
前作の舞台のびかりが丘中学校は、ま、いかにも普通の庶民の公立学校という感じでしたけど
今回の「私立ノーブル学園」は・・・・
ま、全寮制のお金持ちお嬢様学校という香りが濃厚ですね・・・
(だって、挨拶が「ごきげんよう・・・」ですから・・・・
 何かこの「ごきげんよう・・・」のフレーズを聞いていると
 「お前はブッキーか、それともありすなのか・・・」とついついツッコみたくもなりますね・・・・苦笑・・・)

でもな・・・・

ピンク系主人公のはるかだけは、庶民の普通の家庭の子供が何かの間違いで
お嬢様学校に入学してしまった・・・・みたいな感じもありますね・・・・(苦笑・・)


CIMG8013_convert_20150203183516.jpg


このグミにはおまけの「カード」が付いています。

マックのハッピーセットでは、ついに「きらら=キュアトゥインクル」のカードをゲットできなかったから
今回はきららが欲しいな・・と思っていたら
みなみ(キュアマーメイド)でした・・・・

みなみは、次回プリキュアとして覚醒しますけど
一体このお方はどういう経緯ではるかと関わる事になってしまったのだろう・・・・??

何かGoプリの3人は、普通の女の子=はるか、才色兼備の万能タイプのみなみ、そして自由人のきらら
という感じが私の第一印象なのですけど、
三者三様のキャラというのが実に魅力的ですよね。
果たしてこの物語は「最終決戦」までどんな成長と試練を見せてくれるのか・・・・
今からとても楽しみです。
(まったく・・・・つい先日ハピネスの最終決戦が終了したばかりだというのに・・・・・苦笑・・・)

さてさて、才色兼備で大人っぽくて、生真面目で、規律正しく、少し融通が効かない生徒会長というと・・・
一人思い当る方がいますよね・・・

そうそう、言うまでも無く「プリキュア5」の水無月かれんさんです。

今まで、かれんさんの後継者は「スマイル」のれいかなのかな・・と思っていたのですけど
みなみの登場で
ついにかれんさんの正統派後継者が登場した・・という感じです。

一体、みなみは、これからどんな「生真面目さとボケの融合」を見せてくれるのだろう・・・・

何か「頑張らなくてもいいところでついついむきになって頑張ってしまう」みなみをついつい
想像してしまいます・・・

このあたりもとても楽しみですね・・・!!

ちなみに写真の画像は、みなみのカードと遊び心で(?)水無月かれんさんのミニフィギュアです。

やっぱりこの二人はよーく似ているような気がするのですけど・・・・

さてさてどうなるのかな・・・・??

 | BLOG TOP |