FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム


チルノ時計


自分で記事にしておいて言うのも何ですが
ジェイガーのt1978年度課題曲A/ジュビラーテなんて、とてつもなく懐かしい香りがしますね・・・
個人的には少し思い入れがある曲なのかも・・・・
以前もこのブログで書いたと思いますが、
私自身は、小学校時代は鼓笛隊のポンコツ打楽器奏者・・・
私の出身小学校と中学校は隣接していて、小学校の窓からよーく中学校の校庭が見えて
その校庭で中学校の吹奏楽部がマーチングの練習をしていて、
「あ、かっこいいな・・・素敵だな・・・」と淡い憧れの感情を抱いていて
「中学校に進学したら、あの吹奏楽部に入って、自分もああやって演奏したい・・・」と思って
希望に燃えて入部したら・・・・
うーーーん、現実は・・・・
なかなかそううまくもいかないものでしたね・・・・(苦笑・・・)
とにかく中学校の時の吹奏楽部の顧問は、とてつもなく威圧的で超・上から目線の指導ばかりで、
正直、中学時代の3年間は
「音楽なんて全然楽しくないし、音楽は無理矢理押し付けられて強制的に作り上げられるものだ・・・」
なーんていう妙な「誤解」を抱いていたのも事実です・・・・
「高校に進学したら、絶対吹奏楽部なんかやるもんか・・・」と固く心に誓って入学したのですけど、
その高校が、音楽の先生不在→生徒たちの中から指揮者を選出し、生徒たちが自ら手作りで音楽を
作り上げていくという極めて珍しいスタイルを取っていて、
「これならば、もう一度音楽に向き合えるかな・・・」と思いつつも半信半疑で入部したら、
そこで待っていたのは・・・・
「変態男子校部員との奇妙な生活」と
「クラシック音楽という深い森の中に迷い込むきっかけ」という
感じでしたね・・・・

さてさて・・・・

とにかく中学に入って、最初に迎えた吹奏楽コンクールでしたけど、
この時は、
当初は課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」という大変楽しい曲だったのですけど、
やはり顧問が土壇場になって
「こんなふざけた曲はダメだ、駄目だ・・」と言い出し
結局課題曲A/ジュビラーテに変更したのでした・・・・
だから、この「ジュビラーテ」が私にとってはコンクールデビューの課題曲という事になります。

1978年の課題曲は、
極端に課題曲Aにばかり人気が集中する結果になってしまいましたね・・・・
吹奏楽連盟は、当時の吹奏楽オリジナル曲としてはかなりの人気を誇っていたジェイガーとマクベスという
二人の巨匠に吹奏楽コンクール課題曲を委嘱したものの・・・・
結果は・・・・
なんと、マクベスの課題曲B/カントは、全国大会で演奏したチームは0チームという結果になってしまい、
「歴史に残る人気の無い課題曲」となってしまいました・・・・
ま、支部予選でもあのカントはほとんど演奏されなかったし、
聴いていても「さくら、さくら」がやたら引用される何を言いたのかさっぱり分からん曲・・・という感じでしたから
人気が無いのは・・・・ま、仕方が無かったですね・・・・
だけど当時の吹連としては、
「マクベスになんか恥をかかせてしまった・・・・」みたいな「やっちまった・・・感」は多少はあったのかな・・・・??
この年の高校の部は、22団体中、実に18チームがこの「ジュビラーテ」を選んでいました。

この「ジュビラーテ」なのですけど、
「カント」と違って大変親しみやすく分かり易い曲です。
強烈な木管のトリルから開始され、A-B-Aの三部形式を取っているのですけど
特筆すべきは、
この中間部が大変美しい・・・・とてもうっとりとしますし、吹いていてもそのメロディーラインのあまりの陶酔感に
思わず茫然としてしまう・・・・
みたいな感じもありました・・・・
オーボエのソロも良かったしユーフォニウムのたっぷりとした歌い方も良かったですね。
全体的によく練り込まれてある課題曲ですし、
やはりコンクール史上の一つの「名作課題曲」だと思います。

この中間部のBが終わるとトランペットのソロからAとコーダへと展開していくのですけど、
自分の学校のトランペット奏者は、
練習中も毎回毎回このソロを外しまくり、
実際の本番でも、地区予選でも県大会でも全て外していました・・・・
改めてこの部分のトランペットのソロを聴いてみても、
正直「技術的に難しい」とか「高音域で音が出にくい・・」という訳ではありません・・・・
全国大会でもこの課題曲Aは何チームも演奏していましたけど、あの部分を外した演奏は、ほとんど
聴いたことがない・・・・
自分自身、地区予選・県大会で他校の演奏も聴いたけど、やはりほとんど外していない・・・
高校に入って、同級生のトランペット奏者に
「ジュビラーテのトランペットソロって難しいの・・・?」と聞いたら
「え・・・、あんなの全然楽勝じゃん・・・」とか言っていましたので、
うーーん、自分が在籍した中学のあのトランペット奏者はよっぽとポンコツだったのかな・・・
それだったら、他の奏者にすればいいのに・・・・とも思ったのですけど、
ま、あの奏者は部長でもありましたから
「ソロが決まらないから別の奏者に変更・・・」というと部長の面目丸つぶれだから、
そういう計算もあったのかな・・・・??

この「ジュビラーテ」ですけど、
色々と素晴らしい演奏がありますけど、
特に一つ「あ、これいいな・・」と感じたのは
弘前南高校の演奏でした・・・
現在の感覚で聴くと「少し粗いかな・・・」とか「音が少し生々しい・・・」とも感じてしまうのですけど
その「溌剌さ」・「生き生きとした躍動感」・「音楽の楽しさ」は
とにかく無条件で伝わってきて、
私はとても大好きな演奏です。
他には、都会的センスに溢れた洗練された印象の玉川学園も素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
面白いのは・・・・
前橋商業かな・・・・
このチームは、毎年のように小山清茂等の邦人作品、特に日本情緒たっぷりの作品を取り上げているのですけど
こういうチームが、いかにもアメリカのオリジナル曲バリバリの
いかにも「アメリカらしい胡散臭さ」プンプンのこういう曲を吹くと・・・・
「すさまじい違和感」が発生してしまいますね・・・・(苦笑・・・)
この時の自由曲の小山清茂の「能面」があまりにもおどろおどろしい日本情緒そのものの曲との
あまりにも対照的なものがあり、
そのギャップがたまらなく「萌え・・・・」ともしてしまいます・・・・(く苦笑・・・)

なんだろう・・・・

あの感覚は・・・・

あれは、西洋人が「能」を舞う際に感じる違和感と同じ感覚なのかも・・・・
スポンサーサイト



20.日本大学第二高校

 B/ローマの祭り~主顕祭

 1980年に玉川学園が「5年連続金賞」を達成し、それ以降は1しばらくはコンクールから遠ざかってしまう中で、
 東京支部代表の演奏は、1980年代においては少しというかパッとしない感じが
 長い間続く事になってしまいましたね・・・・
 都大会の演奏を聴くようになってから、
 「あれれ・・・、東京は日本の首都なのに、一般と大学の部以外はなんでこんなにレベルが
 低いのだろう・・・」とも感じた時期もありましたけど、
 その意味にいては、関東一高と都立永山・都立片倉の登場は、まさに「救世主」という感じもありました。

 さてさて・・・

 日大二高の演奏ですけど、
 課題曲B/序奏とアレグロの難しさを改めて痛感させられたものでした・・・・
 全国大会で、この課題曲Bは、仁賀保・愛工大名電など数多くの素晴らしい演奏が出ましたけど
 やはりこの課題曲は、普通の高校生にとっては少々荷が重い・・・
 そんな事を改めて感じさせる演奏でした・・・

 課題曲の序奏は、少しテンポ設定が遅すぎたかな・・・
 丁寧にやるのは大変いい事なのですけど、冒頭から音楽がゆるんでいて少し緊張感に欠けていて
 アレグロに入ってからは逆にテンポが幾分早すぎる感じもあり
 奏者が指揮者に付いていっていない・・・、そんな感じもありました。
 リズムの切れも少々悪く、全体的に「重い」課題曲でした・・・・

 「ローマの祭り」ももっとふっきれて演奏して欲しかった・・・・
 というか、譜面の音符を音にするのに精一杯で、そこから先の「楽しさ」・「喧騒さ」・「華やかさ」を
 演出するには、少し余裕がなかったのかな・・・・
 演奏自体は、課題曲も自由曲も「知的」なものが随所に感じられ、
 指揮者と奏者が「音楽」というものをよく吟味・解釈して
 比較的練り込んだ演奏をしていたので、
 その技術的な部分で少し惜しまれるものがありました・・・・
19.首里高校

 A/交響曲第5番「革命」終楽章(D.ショスタコーヴイッチ)

 首里高校と言うと、
 1974の「エルザの大聖堂への厳かな行列」の完成度の高さとしっとり感は素晴らしかったし
 1977年の「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲も堂々とした高揚感+たっぷりとした歌心は
 とても印象に残っています。
 どちらかというと木管楽器のしっとりとした歌をベースに全体の音楽を創り上げていくというスタイル
 だったようにも思えます。
 ま、だけど、この年はショスタコの5番という金管セクションを主体にした曲を選曲したせいか
 従来の「木管を中心とした歌い上げ」というスタイルが幾分後退し、
 何かそれが従来の「首里高サウンド」の持ち味を十分発揮できなかった理由のようにも
 感じられます。

 課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオは、この年の高校の部で2チームしか選択されず、
 私の感覚としては・・・・吹奏楽コンクール史上「最大の駄作」とも言える
 とにかく中身が全くない曲なのですけど、
 それを選択したのが何か不幸の始まり・・・・みたいな気さえします・・・
 この課題曲自体、大変音が薄く書かれているけど、やっかいな事にそれでいてホルンの高音域とか
 クラリネットの運指が少し面倒・・というせいもあり、
 何か聴いているだけで、吹奏楽というか管楽器だけの編成において時折見受けられる「不愉快な響き」が
 何か大変生臭く聴こえてしまう・・・・という「不幸の要素」を内在し、
 その不幸の連鎖にはまってしまった・・・・と言えなくもない演奏だと思います。
 この課題曲は、ティンパニーの唐突的な一音の打撃音から曲のテンポが変わり音楽が動いていくのですけど、
 この当時の首里高のティンパニーは、ペダル式ではなくて「手締め式」という旧型を使用しているせいもあり
 その一音が大変マヌケな音を出しているような感じがありました・・・
 それも印象を悪くしている一因かも・・・・

 だけど自由曲は一転してとても素晴らしい音楽を聴かせてくれました。

 このショスタコの5番はどうしても「金管がバリバリに鳴らしてしまう喧しいだけの音楽」に
 吹奏楽アレンジの場合なりがちなのですけど
 首里の場合、伝統的に木管セクションが強いせいもあり、ただやみくもに吹き鳴らすのではなくて
 「何か」を伝えよう・・・とする「内面的な意図」も加味して吹いていたせいもあり
 ショスタコの「証言」みたいな
 「この曲は歓喜ではない・・・強制された歓喜の悲劇・・・」みたいなメッセージを盛り込んだような意図さえ
 何か伝わってくるかのような内面さも強く感じたものでした。

 一つ難を言うと・・・・・

 最後の金管セクションはヘロヘロだったかな・・・・

 特にラストのホルンは、何か「ヘンな音」を出していましたね・・・・(苦笑・・・)

 ま、あのラストはプロでも大変難しい部分でもありますし、
 この年大学の部でやはりこのショスタコの5番を選んだ関西学院大学も
 前半と中間部まではほぼ完璧な仕上がりだったのに、ラスト近くの第一トランペットは
 高音を外しまくり(というか、全く音が出ていない・・・・2番と3番の音しか聴こえない・・・・)
 何かとてつもなく勿体無い演奏をしていましたからね・・・・

 ショスタコの5番の冒頭とかラストのティンパニーの叩き付けも本当は格好いいし
 奏者冥利に尽きるはずなのに、
 やっぱり手締め式ティンパニーだと
 音がたるんで聴こえてしまいますね・・・・

 結果は「銅賞」で、技術的と全体的な印象の上では「仕方ないかな・・・」とも思うのですけど
 「銅賞」という一言だけで終わらせるには勿体ない演奏であり、
 特にその「内面的メッセージ」は高い評価がなされても良いのかな・・・とも思います。

 | BLOG TOP |