FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日「ハピネスチャージ」が実に感動的な最終回を迎え、今でもその「余韻」に浸っているような
感じもしますけど、
テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」も実は佳境に入っていて、
間もなく「最終決戦」に入ろうとする手前まで突入しています。

「スイート」のピンク系主人公である「キュアメロディ」なのですけど、
変身時の口上は「爪弾くは荒ぶる調べ!!」という事なのですけど、
メロディの戦い方は、そうですね・・・・、極めてオーソドックスと言うのか、さすがに変身前が「北条響」という
スポーツ万能少女のせいというのもあるとは思いますが
テンポと瞬発力に優れた戦いをしていると思います。
ま、後の後輩でもある「キュアハート」の優雅な戦い方とは全然違ってはいるのですけど、
メロディ自体はとにかく「手慣れた戦い方」をしているような感じもあります。

ま・・・、そのメロディは「荒ぶる調べ」とか言っていますけど、
その3代後のピンク系主人公の「キュアラブリー」のあまりにも粗野で荒削りな戦いを一年間見せつけられると
メロディーですら「優雅」に見えてしまう
ラブリーはやっぱり・・・・その「キュ荒プリー」ですよね・・・・(苦笑・・・)

あーあ、でもハピネスが終わって少し残念だな・・・・
2/1から「キュアラブリー」が見れないとは・・・・うーーん、何か「残念」では割り切れないものが
ありますね・・・
ま、昨年の今頃も
「2月からキュアハートや六花が見れないのは極めて残念・・・」と言っていましたから
ま、歴史は繰り返す・・・という感じになりそうですね・・・・

だけど・・・・

第10代目プリキュアの「プリンセスプリキュア」なのですけど、
やはりどう見ても・・・・
黄色系の「キュアトゥインクル」の可愛らしさ・凛々しさが半端ない・・・・
どうみても・・・・
「え・・・、プリンセスプリキュアってトゥインクルが主人公じゃないの・・・??」と感じてしまいますね・・・・(苦笑・・)
ま、こればかりは実際に番組が始まって見ないと何とも言えないのですけど
とにかく今は・・・
「期待感」と「ドキドキ感」で一杯・・・・という感じですね・・・

ま・・・、その・・・、ラブリーみたいな「ポンコツ&荒ぶる戦い方」のプリキュアはもう不世出なのかな・・・・

今度の「プリンセスプリキュア」は、何となく第一印象としては
「陸海空軍の三軍勢揃い・・・」みたいな感じもあったりします。
フローラは、陸担当、マーメイドは海担当、そして・・・・トゥインクルは空担当
何かそういうイメージもあったりもしますね。

あ・・・、今回は「スイート」の話でしたね・・・・(苦笑・・・)

今回のスイートの話は、珍しく「ギャグ回」みたいなものでしたね・・・・

物語も既に終盤に入っていて、後1~2回後には「最終決戦」に突入してしまい、
あと一個音符を奪われてしまうと、「不幸のメロディー」が完成・・・・というある意味やばい状況にも関わらず
このタイミングで「ギャグ回」をやってしまえるのが
スイートの凄いところ・・・・
大変な「カオス回」でもあるのですけど、
見方によっては、スマイルの「ハッピーロボ」の回とかプリキュア5GoGoの「名探偵こまち」の回に匹敵する
凄まじい「ギャグ要素」がてんこ盛りでしたね・・・・・(苦笑・・・)

ま、そんな中でも
加音町の人達の「音楽を愛する心」とか「一体感」が巧みに描かれてもいましたし、
最後の最後で、ノイズが音符を奪取し、いよいよ最終決戦間近みたいな悲壮感も描いてしましたし
色々な要素が「ごった煮状態」にもなっているにも関わらず
むしろすっきりとした仕上がりになっているのは「さすが・・」とも思いましたね。

まもそんな中、トリオ・ザ・マイナーのバスドラとバリトン、特にバスドラのポンコツぶりは目を覆う
ばかりでしたけど・・・・(苦笑・・・)
それにしてもあんなに美形だったバリトンさんがあんな半魚人みたくなって、
ホント気の毒・・・・(苦笑・・・)

でも今回は「小ネタ」が満載でしたね・・・・

そんな中、番組初期の頃「もしかして追加戦士・・・・」との憶測が流れていた聖歌先輩とか和音が
中々よい働きを見せていました・・・・
この二人、特に和音なんかは、プリキュアの追加戦士になっていても面白かったかも・・・
あ、だけど和音が加わると、チーム内に「おバカさん&ボケ担当&スポーツ少女」という設定の女の子が
被ってしまうから、それはプリキュア的には
難しかったのかな・・・・??





「あと一つ音符を奪われてしまうと不幸のメロディー完成」というやばい状況にも関わらず
「爪弾くはたおやかな調べ」のはずの奏は・・・・
「王子せんぱーい・・・」と何やらラブラブなご様子・・・・(苦笑・・・)

うーーーん、奏での場合、
と゜うみても・・・・
本当は「響大好き!!なのに、それをカムフラージュするために表面的に王子先輩大好き」みたいな事を言ってる
ようにしか見えない「バカップル」というか歴代プリキュアでも「マナりつ」に匹敵する
「百合カップル」なのですけどね・・・・


86bf6357-s_convert_20150129184503.jpg


だけど・・・・奏以上に「能天気」な方が二人ほど・・・・(苦笑・・・)

ま、言うまでも無くハミィと
フェアリートーンの一つの「ファリー」なのですけど、
ま、この「ファリー」は、お茶目と言うかお調子者と言うか
フェアリートーンの中では唯一人毛色が異なっていますね・・・・
そうそう、何かこれは、ハートキャッチのマリンと同じ立ち位置というのか
マリンは・・・その、「プリキュアの中で唯一人毛色が異なる異色なプリキュア」でしたけど、
ファリーも、マリンみたいなものかな・・・・(苦笑・・・)

ハミィは「不幸のどん底」という響の言葉を「不幸のずんどこ」と間違えてしまい、それを踏まえて
ハミィとファリーが二匹で「ずんどこ節」を踊っているのも
何やら「お茶目むを通り越して「ポンコツ」な感じ・・・・・

だけど改めて感じたのですけど
合計8つの音で構成される「フェアリートーン」の声優さんは、一人で八つの音を見事に使い分け
演じ切っていましたけど
あの声優さんは、元々プリキュアのOPやEDを歌っていた歌手の方ですので
本職の声優さんではありません。
だけどあの「使い分け」はお見事でしたし、
プリキュア5で声優初挑戦時の「セリフ棒読み状態・・・」とは破格の進歩を遂げていましたね・・・・


c64b7128-s_convert_20150129184410.jpg

e6ee7ae9-s_convert_20150129184346.jpg


だけど・・・・
ホント、「和音」はいい味出していますね・・・・
響の笛一つですぐに駆けつけるのがいかにも「響の忠犬」みたいな感じもしますけど、
あのキャラは是非プリキュアとしても見て見たかったきもしますね・・・・

今回は・・・・

町全体を「怪物が一人の妖精を襲っている・・・」みたいな映画撮影の協力要請みたいな形で
プリキュア達に協力していましたけど
フェアリートーン全員が黄色の「ファリー」の姿に化けているのも何か妙に面白い・・・・

ま、というか・・・・

やはりポンコツなファリーは、いともあっさりとトリオ側に捕獲されてしまうのが
何とも言えずマヌケなところ・・・


9fdcff96-s_convert_20150129184438.jpg


05449200-s_convert_20150129184533.jpg


あ・・・、でもやっぱりメロディーはいいですね!!

ファリーを無事に奪還した際の笑顔も素敵だったけど
すぐに音符を奪われた際の「あ・・・、まずい・・・」みたいな表情もいいものがあります。

スイートの場合、例えば「ドキドキだったら相田マナ」みたいに「北条響=キュアメロディ」という
チームの「核」となるべき存在がはっきりとしているから
チームとしての完成度が高いという印象もあります。
その辺りが、スマイル・ハピネスチャージ・ハートキャッチとの相違点なのかな・・・ともふと思ったりもします。

「スイート」の第一話から第四話あたりまでのシリーズでも珍しい「不安定感」から眺めてみると
響・奏の「成長」が著しいともいえるのですけど、
あの「すれ違い」から始まったこの物語が
いかにして「人は誰にでもすれ違いとか認識のずれというものはある中で、どうやってそれを
埋めていくのか・・・」みたいな話にも見事に展開出来ているのが
素晴らしいとも思いますね。

さてさて・・・・スイートも間もなく最終決戦モード・・・・

そうした中での最後の「お気楽ギャグ回」でしたけど、既に最終回までのストーリーも分かっている立ち位置から
眺めてみると、
「最後の憩いの場」とも言えるのかもしれませんよね・・・



スポンサーサイト



レスピーギというと、
リュートのための古風な舞曲とアリアも素晴らしいと思いますけど
やっぱり「ローマ三部作」なんですよね・・・
特に自分のように吹奏楽に毒されていると、やっぱりレスピーギと言うと「ローマの祭り」~Ⅳ.主顕祭の
圧倒的なパワー炸裂の魅力に惹かれてしまいますね・・・・

最近のオケの演奏会では、「ローマの祭り」もごく普通に取り上げられていますけど
(中には「ローマ三部作」+リュートのための・・・を組み合わせてオールレスピーギプログラムというのも
 あったりしますね・・・)
私が都内に上京した1980年代半ばあたりは、
レスピーギというと、「ローマの祭り」なんてあまり演奏されない曲目みたいな感じもあり、
随分と寂しい思いはしたものです・・・・
あの頃は・・・・
レスピーギと言うと「ローマの噴水」が一番演奏されていたような気も・・・・

ま、確かに「ローマの祭り」は、パイプオルガンは絶対に必要だし
バンダ(金管別働隊)は必要だし、
色々な意味で予算的とか練習日程の関係で敬遠されがちだったのかな・・・・
そうですね・・・・
「ローマの祭り」は、1980年代あたりまでは、
「見た目の派手な響きがいかにも安っぽい」とか「中身が乏しい」とか「詩的情緒に欠く」みたいな
感じで、幾分音楽評論家のエライ先生達からは幾分低い評価を受けていたようにも
思えます。

だけど・・・・・

「ローマの松」と「ローマの祭り」の派手な喧騒とか圧倒的なfffの進軍とかとにかく
スカッ!!としたい時には
これほどうってつけの曲は無いのですよね・・・・!!
私は、やっぱりローマの祭りの「主顕祭」とか「ローマの松」の「アッピア街道の松」なんかは
本当に大好きです!!
あの「音響のるつぼ」はやっぱりたまらんですね・・・・!!

そんな訳で、昔は「ローマ三部作」と言っても聴くのはもっぱら、松と祭りばかりで
「ローマの噴水」は、
「何か地味すぎてあまり好きじゃない・・・・」という時期もありました。

だけど、最近になって「ローマの噴水」は、松や祭りみたいな派手な喧騒とは全く別の意味で
色々と魅力が詰まっているな・・・・とも感じるようになり
結構最近ではBGMとして聴く機会も増えてきたようにも思えます。

スコアの冒頭の序文には次のような説明があります。

「ローマの四つの噴水で、その特徴が周囲の風物と最もよく調和している時刻、
あるいは眺める人にとってその美しさが、最も印象深く出る時刻に注目して受けた感情と幻想に、
表現を与えようとした」と記され、
ま、そうですね・・・・当時のレスピーギが幾分影響を受けていたドビュッシーの印象派音楽風の
作風が濃厚ですね・・・・
曲自体、とても松・祭りと同じ作曲家とは思えないほど優しい音楽で且つ繊細な音楽が
展開されています。
それでいてメロディーラインがとても親しみがあり分かり易く
聴いていてとても爽やかな感じも漂います。

「交響詩」という形式が与えられていますけど、
従来の交響詩の自由な形式ではなく、
古典的な交響曲にみられる4楽章構成をとっていて、
それぞれは「夜明け」、「朝」、「真昼」、「黄昏」の時間帯と、
ローマの名所4箇所の噴水が当てはめられているのが大きな特徴ですね・・・・

この曲は下記の四つの部分から構成されます。

Ⅰ. 夜明けのジュリアの谷の噴水
Ⅱ.朝のトリトンの噴水
Ⅲ.第3部 真昼のトレヴィの泉
Ⅳ.黄昏のメディチ荘の噴水

これって構成的には、ⅠとⅣ静香で繊細な部分、ⅡとⅢが大変騒々しい部分になっていますので
大変バランスは取れていますね。
冒頭とラストをしんみりと聴かせ
中間部で鳴らす・・・という感じですね。

Ⅱの冒頭のホルンの雄叫びがとても大好きです!!
Ⅲのクライマックスの部分では、「パイプオルガン」の壮麗な響きも加わります。
Ⅳのラストのチャイムの静かな響きが実にしっとりとさせられます・・・・

ローマの松とローマの祭りでは「パイプオルガン」が派手な大活躍を演じる場面もあるのですけど、
ローマ三部作の中では一番地味で控えめな「ローマの噴水」でもオルガンの響きが使われているのは
何かとても面白いですね。

ちなみに・・・・

この曲は以前は「ローマの泉」と表記される事が多かったのですけど
やっぱり「噴水」の方がしっくりきますね・・・・

「ローマの祭り」は打楽器奏者を11人程度も使う大変派手な曲なのですけど
「ローマの噴水」の打楽器は、ティンパニー・シンバル・グロッケン・チャイム・トライアングルのみです。
「ローマの噴水」も吹奏楽コンクールでよく演奏されますけど、
Ⅲのトレヴィの泉のクライマックス部分では、大太鼓によるロールが付け加えられていて
確かに迫力&重厚感はあるのですけど、
何か曲本来の趣旨から外れているような気も・・・・・??

私がこの曲を初めて演奏会で聴いたのは、1984年9月の
東京文化会館で開催された読売日本の定期だったかな・・・・確か指揮者が三石精一さんだったと
思います。

序曲「ローマの謝肉祭」

ラロ/スペイン交響曲(ヴァイオリン独奏=堀米ゆず子)

ラ・ヴァルス

とプログラムが続き、最後の曲がこの「ローマの噴水」だったと記憶しています。

あの演奏が結構素晴らしくて、何か今でも鮮明に覚えています。
Ⅲの盛り上がりとⅣのしっとり感の対比がよかったですね・・・・・

先程、「ローマの噴水」にもパイプオルガンは使用されていると書きましたけど
厳密に言うと、
オルガンの使用は指揮者の判断に委ねられるオプション扱いです・・・・

あの時の演奏会では、オルガンは使われていたっけ・・・・・??
うーーん、全然記憶が蘇ってきません・・・・・(苦笑・・・・)
ま、あれから既に30年近くの歳月が流れていますからね・・・・・

 | BLOG TOP |