FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


間もなく1月も終わろうとしています。

建築・住宅業界においては2月は俗にいう「にっぱち」と言って
2月と8月はどうしても仕事の受注が少なくなりがちで、会社的には中々厳しい月とも言われています。
ま、そういう時は一つの打開策として、(どこの会社もそうだと思いますが)
新聞への折り込みちらしを入れて、
顧客からの問い合わせを待つというのも一つの方法となります。

ま、そういうのって、大抵極端に安い商品を2~3個並べて、顧客の関心を煽り
あとは営業チームの腕の見せ所・・・・
いかにその「引っ掛け商品」から大きな工事契約に話を展開させるのか・・・・
ま、要は「安いものには何か必ず事情がある・・・」の典型例みたいなものですね・・・・(苦笑・・)

そういう場合、折り込みちらしが納品されたら
どのエリアに何部折り込みちらしを入れるのか、
朝日・読売・毎日・東京、どの専売所にすべきなのか・・・・
過去の反響事例はどうだったのか・・・
どのエリアを重点地域とすべきなのか・・・・
ま、色々と考える必要はあります・・・・
営業チームの人達は忙しいし、そうした知恵も無い方ばかりなので(・・・・・??)
なぜか業務チームまたはCS担当の私のいずれかがそんな事も押し付けられることがあったりします・・・・
今回は、私が全面的にそうした事を一任され、
過去の反響事例と会社として勢力を伸ばしたいエリアのバランスを考え、
過去の事例より、朝日よりは読売の購買層の方が比較的購買意欲が強く、年齢層としてバランスが保たれている点を
考慮し、
〇〇区の××町△丁目に〇〇枚折り込みちらしを入れるという事を決め、
しかも・・・・
それを約15近くの専売所にちらしを届けるという事もしなくてはいけません・・・・

でも半日ぐらいで段取りが終わったかな・・・・

こういうのって、A4サイズの場合、一枚3.3円かな・・・・
B4サイズ以上でちらしに「折り」を入れないといけない場合は、専売所の機械を使って「折り」を入れる場合は
大体3.8円程度に跳ね上がります・・・・
大体の傾向として、5万枚折り込みちらしを入れて
実際に反響の電話がかかってくるのは大体15件程度・・・・、そして金額の大小に関係なく
とにかくなにがしらの受注があがるのが10件程度・・・・
ま、だから0.02%の確率という感じですね・・・・
ちらし制作代と折り込み配布料で35万以上の諸経費がかかっているから、
要はそれ以上の「利益」を出さないと、とてもペイしない・・・・
結構これってハードルは高く、その安い「引っ掛け商品」からいかに利益が出る工事に誘導していかないと
いけないので、会社としても年間3~4回しかやらないのですよね・・・・

そうした訳で、先日さいたま市周辺の新聞専売所を色々と廻ったのですけど
新聞屋さんの「雰囲気」が色々と伝わってきてとても面白かったです・・・・
ま、ああいう専売所の人達には「毎月の契約ノルマ」があるから、専売所のおじさん達の会話は
ほとんどが「今月の数字どうするか・・・」みたいな感じでしたね・・・
しかも・・・
大抵の人達が「くわえタバコ」をしてるのが何かいかにも昭和レトロっぽい雰囲気・・・・

こうした専売所って、行くと大抵の所では、機械がガーガー轟音を立てているから
でかい声で話をしないと会話が出来ないのですよね・・・
その機械が何かと言うと、前述のA3とかB4のちらしを二つに折り込む機械なのです。




10095767.jpg


何かそうした新聞の専売所に行って、何か思い出したのが、
2009年7月~9月にテレビ東京でアニメ化された「かなめも」ですね。
この作品は、原作は、まんがタイムきららMAXで連載されていた4コマ漫画で、
新聞専売所に住み込みで働く女の子たちを背景にしたものでした。

ストーリーは・・・
別に複雑な設定は何もなく、
身寄りをなくした少女・中町かなは、ひょんなことから新聞専売所に住み込みで働くことになった・・・・
しかし、何も知らないかなを待っていたのは、とんでもなく個性的でゆるい同居人達で、
ドタバタな生活を繰り広げながらも、彼女たちと協力し合うかなは毎日、
仕事して学校に通って…と、色々頑張るのであった・・・・
という感じです。
この「中町かな」というポンコツ主人公は・・・・
うーーん、相当ズレていますね・・・・(苦笑・・・)
ま、その性格は・・・・
根はマジメだが、超天然・・・・料理は得意だけどそれ以外は全て残念な感じ・・・・という感じの女の子でしたね・・・・
漫画版では、この専売所内でのヘンな仲間たちの悪影響(?)と世間慣れをしていく過程で
幾分「性格が徐々に黒化」していく・・・・という要素も多少はあったりもしたものですけど、
アニメ版では、そうした黒要素は一切排除し、
とにかく「可愛くて純真なかな」というキャラを終始キープしていたのは
何か面白いものはありましたね・・・・
ま、こうしたアニメ化の世界においては、「ひたすら美しい世界をキープ、そのために主人公の後半の黒化を
包み隠す・・・」という事は決して珍しい事ではないのでしょうけどね・・・・

だけど、アニメ版でのかなちゃんはとにかくポンコツだけど可愛かったですね・・・・

最終回なんて、原作の終盤の展開ではありえないような「美しくほのぼのとした世界」が感動的に描かれていて
原作を分かっていて見ていると・・・・
「うーーーん、少し美しく作り過ぎたかな・・・」とも感じてしまいますけどね・・・・(苦笑・・・)

この「かなめも」には一人魅力的なキャラが登場します。

「天野 咲妃」という小学校2年生なのだけど、所長を兼ねている父親の不在という事もあり、
「所長代理」という肩書で専売所を一人で切り盛りしているスーパー小学生の存在がとてつもなく
面白かったですね・・・・
基本的に、ゆるくてヘンな専売所内のメンバーにおいて唯一の「常識人」であり、
経営者としての資質も申し分なく持ち合わせているお方でしたね・・・

だけど・・・・

面白かったのは、小学校に通うと、とたんにネコを被り、「可愛い女の子」を見事に演じ切り
クラスの人気者をキープしている点が素晴らしいですね!!
でも天野 咲妃がクラスでネコを被っている理由というのが・・・・・
要は、クラスメイトの親をターゲットにし、親の前でか弱い女の子を演じ、
「うちの新聞取ってくれないと困っちゃう・・・・」みたいな瞳うるうる状態を完璧に演じ、
部数増大の一つの手段にしてしまう・・・・というのがとにかく面白かったですね・・・・
クラスメイトの前での姿と専売所内の「経営者としての上から目線」としての姿のギャップが
この漫画の一つの見せ所でもありましたね・・・・

ま、他にも・・・・

お金だーいすきの浪人生、ひなたとか、百合っぷりを見せつけられたゆめとゆうきとか、
女の子だけどロリコンで、セクハラしまくりの酔っぱらいのはるかとか
ま・・・、その色々な意味でヘンであぶない人が揃っていましたね・・・・・

アニメではあまり描かれなかったけど
かな達の専売所では前述のちらしの折り込みのための「折り込み機」が無くて
メンバー達が手折りをしているとか、
「順路帳」という「配達ルートと各戸の位置や備考が記入された帳簿」の事とか
あっやっぱり新聞屋さんらしい話だな・・・・というエピソードもあったりして
そちらの方も中々興味深いものがありましたね。

この「かなめも」はDVD化されているのですけど、中々置いてある店舗が見つからない・・・・と
思っていたら、やっと置いてあるツタヤを発見したので
今度レンタルしてみようかな・・・・・
スポンサーサイト



16.習志野高校

 B/呪文とトッカータ

 あ・・、この話は何度も書いていますけど
 バーンズ作曲のこの自由曲は現在では「祈りとトッカータ」という表記になっていますけど
 この曲が1982年に初登場した際の表記は「呪文とトッカータ」・・・
 だから何か個人的にはこの「呪文とトッカータ」というタイトルの方がしっくりときます・・・・

 さてさて・・・

 習志野高校吹奏楽部と言うと、現在の石津谷先生も素晴らしい演奏を聴かせてくれていますけど
 どうしても前任者の新妻先生時代の事を思い出してしまいます。
 新妻先生は、どちらかというと、
 フランスもののアレンジ作品の名演という印象が大変強く、
 特に、ダフニスとクロエ第二組曲・海・スペイン狂詩曲・七つのヴェールの踊り・ローマの噴水が
 素晴らしい演奏を聴かせてくれましたし
 特に特に、1987年の「ダフニスとクロエ」第二組曲~Ⅱ.パントマイム・Ⅲ.全員の踊りの
 音色の限りない透明感&繊細さ・&美しさは
 永遠不滅の名演だと確信しています。
 他にも矢代秋雄の交響曲(91年の演奏は個人的にはイマイチ・・・83年の演奏が素晴らしかったし
 あそこまでホルンの雄叫びを強調した演奏は多分習志野が初めてかも・・・)とか
 三善晃の交響三章の世界は素晴らしいかったです!!
(個人的な感想ですけど、三善晃/交響三章は、何と言っても1980年の秋田南が断トツなのですけど
 他には1989年の習志野が大好きです!!)

 そんな感じで、習志野と言うと、
 「吹奏楽アレンジ作品」とは極めて遠い位置関係にあり、事実吹奏楽コンクールでは
 1982年と84年の名取吾朗/地底以外は選曲していません。

 だからこそ、習志野高校の数少ない吹奏楽オリジナル作品へのアプローチは大変貴重だと
 思います。
 しかも・・・・、ギリングハムとかフーサみたいな「メッセージ性の高い作品」というのではなくて
 いかにもアメリカの吹奏楽バリバリのバーンズのオリジナル曲ですからね・・・・

 とにかく習志野としては「全くありえない選曲」であり、その意味でも大変貴重な演奏だと思います。

 しかも・・・・・

 この習志野の「呪文とトッカータ」なのですけど、
 「洗練された音色」が売りの習志野とは思えない、荒削りで粗野でゴツゴツとした響きなんですよね・・・・
 あの87年の「究極に洗練されたダフクロ」と全く同じ指揮者&演奏団体とは思えないけど
 荒っぽいドライブです・・・・
 このチームは前年の1981年が全国大会初出場で、この時はやはり音色が洗練され
 比較的おとなしい表現のイベールの「寄港地」だったのですけど
 (あの時の寄港地のオーボエソロは本当にお見事でしたね・・・・!!)
 1年後にはああいう響きになっているとは・・・・
 正直かなり意外な感じでした・・・・

 だけどこの「呪文とトッカータ」なのですけど、
 低音セクションをかなり大胆に使い、不気味なリズム感を上手に演出しています。
 打楽器の粗野な響きも曲自体には大変マッチしていますけど
 この演奏、現在改めて聴いても 
 「これ、本当にあの習志野なの・・・・?」と感じてしまうほど
 新妻先生=習志野高校の歴史の中では、「異色な演奏」だったと思います。

 課題曲も流れがあまり良くないし、何か少し不安定・・・・
 自由曲も荒っぽいし、
 個人的な意見としては、銀賞は少し大甘なのかな・・・・

 だけどこのチームは翌年の矢代秋雄/交響曲で大化けし、
 この1983年の習志野をもって「真の習志野サウンド」が始まったようにも感じられます。

 この年は、そうした「一つの過程」だったのかも・・・・
 

 | BLOG TOP |