FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、ついに「ハピネスチャージプリキュア」が最終回を迎えました。

とにかくハピネスの物語、特にキュアラブリーには「一年間ありがとう!!」という感謝の気持ちしか
ないです・・・・





ま、ハピネスの感想については後日ゆっくりと書きたいと思います。

とにかく今は「ありがとう・・・」の気持ちしかないです!!

特にラブリーの最終形態の「フォーエバーラブリー」はとても良かったです!!

そして・・・・

物語全体も大変すっきりとした「ハッピーエンド」で終ってとても後味が良かったですね。

特にマヌケ三幹部がいつの間にか人間界に復帰して、それぞれの立ち位置で頑張っている姿が
とても印象的でした。
そして・・・・、何か邪魔者の(?)神様兄弟とミラージュは、惑星レッドに去ってくれましたし
ファンファンも結局は・・・・ゆうゆうの家で居候・・・・という
一番望ましい形で終らせてくれましたし
(ファントムの形態でご飯を作っているのが印象的・・・・)
何か全員が「笑顔」で「ハッピー」のまま物語を閉じてくれましたので
とても良かったです!!

幹部・ラスボスを含めて誰一人として「殉職者」がいない・・・というのもシリーズを通じて初めてかな・・・・

そして・・・・

最後に「引き継ぎ」が行われていたのがとても面白かったです。

何か・・・・

ラブリーの「あとはたのんだよ!! 一年間精一杯頑張って・・・」みたいな思いをフローラに託していたような
感じがとても好印象でしたし、
ラブリーをはじめとする歴代プリキュア達の「思い」は、10代目プリキュアたる「プリンセスプリキュア」にも
しっかりと受け継がれているものと確信しています!!

とにかく・・・・

くどいようですけど、ハピネスの物語に「ありがとう!!」と伝えたいですね!!!
スポンサーサイト



14.市立川口高校

 C/無言の変革より、そこに人の影はなかった

 いやいや、これはある意味「伝説の演奏」だと思います。
 現在の若い世代の皆様に「市立川口高校」とか「無言の変革シリーズ」と言っても
 「なにそれ・・・??聞いたことがない・・・」みたいな感触になってしまうとは思いますが、
 私のように1980年代に中学~大学で吹奏楽に携わっていた世代にとっては
 ある意味ノスタルジックなチームだと思います。

 市立川口高校は、
 1970年代後半あたりは、
 例えば、ジェイガー/第二組曲、ロッシーニ/どろぼうかささぎ序曲、ベルリオーズ/ローマの謝肉祭
 みたいにかなりオーソドックスな路線を歩んでいたと思いますが、
 1979年の全国大会初出場でいきなり金賞を受賞したネリベルの「二つの交響的断章」の
 歴史的ウルトラ名演によって一気にブレイクしたと思いますが、
 1981年~82年の2年間は、更にとてつもない「偉業」を成し遂げてくれました。
 それが何かと言うと、
 当時の指揮者の信国康博先生による「無言の変革」という自作自演の自由曲を二年間に渡って
 全国大会でお披露目し、
 そのあまりにもぶっ飛んだ内容で
 当時の吹奏楽関係者に強烈なインパクトを残しています・・・・

 ま、だけど・・・・

 この2年間に渡る市立川口の「無言の変革」シリーズの際は、
 私は高校1年~2年の時だったのですけど、
 こんな音楽の事なんか何も分かっていない当時の自分にとっては、市立川口の演奏の「毒」は
 効果覿面でしたね・・・・
 結果的に・・・・
 「こんなもの凄い事をやってのける高校の演奏を是非生で聴いてみたい!」とか
 「まずは高校を卒業し上京し、出来ればこんな凄い学校がある川口市に住んでみたい・・・」とか
 考えるようになり、
 なんと、本当に後年川口市内に家を建てて、川口市に永住するという事に
 まさか本当になってしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)

 ま、それだけ「市立川口」の演奏は、結果として、とある仙台の田舎の県立高校の吹奏楽部在籍の
 青少年の運命すらも左右する事になっていましたし、
 それだけ印象度の極めて高い演奏を私達に残してくれたのだと思います。

 コンクールの自作自演という例自体極めて少ないと思います。
 この市立川口の信国先生以外では、
 母校の浜松北高校を1991年に指揮し、自作の「北海変奏曲」を東海大会で振った伊藤康英くらいしか
 思い浮かばないですね・・・・
 (多分他にも相当事例はあるとは思いますけど・・・・)

 だけど・・・・

 1981年の「無言の変革」~問いは凄かったな・・・・・

 あれはまさしく「伝説の演奏」に相応しい演奏だと思います。

 1981年の市立川口の課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュも
 前半のテンポをすさまじいくらい遅めに設定し、信国先生らしいアクの強さを全面に押し出しただけでも
 既に「お腹一杯」だったのですけど、
 自由曲の自作自演の「無言の変革」~問いは、更に・・・・
 凄い事になっていましたね・・・・

 演奏ユニフォームが当時としては斬新だった真っ赤なブレザーに白スカート(白ズボン)
 そして何よりも・・・・
 打楽器奏者が10人くらいいたかな・・・・・
 普門館のステージにとにかく打楽器をずらーーーっと並べ、
 二台のティンパニー、大小のチャイム・カリヨン(鐘)・大小のドラ、様々なトムトム、各種鍵盤打楽器を
 曲の冒頭から叩きまくっていましたね・・・・
 さらにその上で、
 曲の中間部あたりで突然ホルン奏者等が立ち上がり体をくねらせながら「法螺貝」を吹きまくったり
 グランドハープを恐らくコンクール史上初めて普門館に持ち込んだりと
 とにかく見た目の演奏効果は抜群でした!!
曲自体とても斬新でしたね・・・・
 アルトサックスのソロも素晴らしかったです!!
当時としては、「やや硬直化しマンネリ気味だった自由曲の選曲」について
 「こういう方法はどうなのか・・・・」という斬新な「問いかけ」という意味合いももしかしたら
 信国先生は意図していたのかな・・・・?
ま、今となっては知る由もありませんけど・・・・
 曲の終わらせ方も極めて秀逸で、コラール風に荘厳に鳴り響き、
 「これから何かとてつもないことが始まろうとしている・・・」みたいな事を暗示するように
 大変高潮化したような気分のまま興奮のるつぼのまま
 曲が劇的に閉じられ、
 とにかく「凄まじいインパクト」は残してくれたと思います。
 確実に普門館の聴衆に「何か」は伝えていたと思います。

 そうした中で、翌年の1982年も信国先生の自作自演が普門館で再現されました。

 タイトルは1981年と同様に「無言の変革」ですけど、
 1982年の場合は、「そこに人の影は無かった」という部分が選曲されていました。

 この「無言の変革」という自作自演の曲ですけど、
 これは今でも実は・・・詳細は私自身は把握していません・・・・
 組曲なのか、単作なのか・・・・
 そして「問い」と「そこに人の影は無かった」以外の楽章は存在するのかしないのか・・・
 続編はその後作られたのか否か・・・・
 概要は正直「謎」です・・・・

 大学時代の吹奏楽団のメンバーの中に、一人この市立川口の「無言の変革」を
 県大会・関東大会・全国大会で聴いたという人間がいて、彼の話は実に興味深かったです・・・・
 それによると、埼玉県大会の段階と全国大会では、演奏も大分「変化」があったみたいで、
 演奏過程の中で、大分信国先生が色々と書き加えたり、修正をしたみたいですね・・・・
 ちなみに・・・・
 市立川口は、1983年は吹奏楽コンクールには出場していません。
 代わりに世界音楽祭に参加し、その際に
 「無言の変革」~そこに人の影はなかったを演奏しているようですけど
 この時の演奏は、1982年の全国大会の演奏に色々と修正をしているようですね・・・・
 一例をあげると・・・
 82年の全国大会では、曲のラストは「カリヨン」(鐘)がコーンコーンと響いて終わるのに
 83年の世界音楽祭では、カリヨンの音が響いた後に再度全体での弱奏が続いたらしいです・・・
 そして82年の全国大会では使用されなかった「法螺貝」は、
 83年の世界音楽祭では用いているそうです。

 この83年の世界音楽祭の演奏は、公式には確かCD化されていなかったかな・・・・

 後年、市立川口高校吹奏楽部による
 「響華Ⅱ 全日本吹奏楽コンクール創奏の軌跡 川口市立川口高等学校吹奏楽部」という
 確か「記念盤」みたいな形でCDが定期演奏会の際に二枚組CDとして
 発売されていましたけど、
 この時、私、これ買わなかったのですね・・・
 これ、今でもすごーく後悔しています・・・・・
 あのCD欲しかったな・・・・
 今となってはとてつもない貴重な資料だと思います。
 以前ヤフオクで出ていて、入札したのですけど、その後とてつもない高値が付き
 落札を断念した記憶があります・・・

 あ・・・、何か話が全然それてしまいました・・・・・

 話を1982年の全国大会の市立川口に戻します。

 課題曲C/アイヌの輪舞は不思議な演奏・・・・・

 なんで他校が演奏するととてつもなく安っぽく聴こえるこの課題曲がこのチームが演奏すると
 とてつもなく「哀愁の帯びた演奏」になってしまうのだろう・・・・
 前半のゆったりとした部分は大変説得力がありましたけど、
 中間部の踊りの部分は少しやり過ぎ・・・といか、煽り過ぎ・・・・・
 自由曲は前年の「問い」に引き続いて、この年も自作自演・・・・
 しかもタイトルが「そこに人の影は無かった」という大変意味深なもの・・・・
 前年同様に打楽器の数は多かったですね・・・・
 
 だけど・・・・・

 少し厳しく言うと、2年目の゜そこに人の影は無かった」は、1年目ほどのインパクトは無かったようにも
 思えます。
 「問い」はラスト近くのコラールのメロディーがとても訴えるものがあり感動性が強かったのですけど
 「そこに人の影は無かった」は、
 うーーーん、終始「機械的で冷たい感覚」の世界が続きます・・・・
 「問い」に比べて、管楽器のソロの扱いが大きくなり、
 「無言の変革は打楽器だけではないぞ・・・」みたいなアピールもあったのかもしれませんけど、
 打楽器の扱いもやや平板な感じがします。
 全体的に金管楽器の響きが甲高過ぎというかヒステリックにも聴こえ、
 あまり「心地よい・・・」という感じはありません。

 何て言うのかな・・・・

 単に「演奏効果」だけを狙ったような曲という印象が強いです・・・・

 「問い」のような感動性とか「これから何かとてつもない事が始まる・・・」みたいなドキドキ感が希薄だったのも
 少しまずかったかな・・・・

 打楽器セクションの多さ・ハープやカリヨンといった特殊楽器の響きだけに頼りすぎて
 聴衆を「音そのもの」だけでびっくりさせようとする意図があまりにも見え見えすぎて
 聴く方としては、正直「うーーん・・・」みたいなものはあったと思います。

 やはり「二匹目のドジョウはいなかった・・・」という事になるのかな・・・・??

市立川口の演奏は、正直べらぼうに上手いです・・・、技術的にはこの年の高校の部のトップクラスだと
 思います。
 だけどその「音楽の表現」に疑問符を付けた審査員が多かったのかな・・・・
 確か市立川口の評価はかなり割れていたように記憶しています。
 結果的に「銀賞」という評価に留まっていますけど
 このあたりはコンクール審査の難しさはありますね・・・・
 だって、技術的にはほぼ満点・・・、だけど審査員の好き嫌いで評価は割れ
 銀賞という結果に留まったと思います。

 当時の高校生の私なんかは
 「えーーー、なんて゛市立川口、あんな問い以上に斬新な演奏をしたのに銀賞なんだよ・・・・
 曲も凄いのに・・・」と
 大変ぶーたれたものですけど、
 今現在の視点で改めてこの「そこに人の影はなかった」を聴いてみると・・・
 うーーん、確かに「音楽の中身」はあまり無いですね・・・・
 単に打楽器等の特殊楽器効果でもって聴衆の度胆を抜こう・・・みたいな意図しか感じられません・・・・

 ま、だけど・・・・

 1980年代前半の高校部門において、
 こうした斬新で聴く者に「何か」は確実に伝えた市立川口の偉大さは全く永遠に不滅だと
 思いますし、
 私にとっては絶対に忘れる事は出来ない演奏の一つですね・・・・
 それは間違いなく言える事だと思います。



カリヨン


「無言の変革」~そこに人の影は無かったのラストは
「カリヨン」(鐘)が完全なソロで、コーンコーンと荘厳な響きを鳴らしていますけど
あの部分は、何かすこしベルリオーズの「幻想交響曲」~Ⅴ.ワルプルギスの夜の夢のチャイムに
似ているような気も・・・・??

だけど・・・・・

コンサートチャイムではなくて、コンクールに「カリヨン」みたいな本格的な鐘を持ってくること自体
市立川口はやっぱり凄いですよね・・・・

私自身、オケの演奏会でも「カリヨン」を見たのは
マーラーの交響曲第2番「復活」とベルリオーズの幻想交響曲くらいかな・・・・

 | BLOG TOP |