FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近、この事ばかりグタグタ書いていますが
「ハピネスチャージプリキュア」も泣いても笑ってもあと一回で最終回・・・・
うーーーん、何かあっという間だったな・・・
昨年のある意味衝撃の第一話(プリンセスの全戦全敗、フォーチュンの「あなたを許さない! 絶対によ!!」)から
もう一年が経過してしまったのですね・・・・
うーーん、早すぎる・・・・
ブルー・ミラージュ・ぐらさん・ファンファンはともかくとして(?)
ラブリー・ハニー・フォーチュン達の雄姿が2月から拝めなくなると思うと
やはりとても寂しいものがありますね・・・・

ま、そうやって少し寂しい思いをするのはハピネスが終わって、Goプリが開始される一週間だけの話であって、
Goプリが始まってしまううと、
「トゥインクルが・・・・」
「マーメイドが・・・」
「フローラが・・・」などとなってしまうのは
既に火を見るよりも明らか・・・・(苦笑・・・)

だけど、とにかくハピネスの最終回は、正座でもして心して見る事にしましょう・・・
(リアルタイムでの放送中は仕事中ですけど・・・・)






テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」もこちらもあと8回で終了・・・・

リアルタイムで見ていた頃は、
メフィストの洗脳が解け、黒ミューズが仮面を脱いで以降の一か月近くは
何か「キュアミューズ強化月間」のようにも感じたものです。
今回も、話としては、ピーちゃんの正体がついに判明・・・という事以外は
大きな進展は無かったものの、
やはりキュアミューズの強化月間の最終仕上げ・・・・という感じでした。

でも、アコちゃんは、歴代プリキュアで最年少(小学3年生)ながらも、ある意味最強のツンデレ&毒舌キャラ
なのかもしれませんよね・・・
雨の中、音吉さんを待つアコとか傘を差しだす奏太とのやり取りを見ていると
改めて、「アコは本当にツンデレだな・・・」とも思ったりもしますね・・・・(笑)

だけど・・・・

上記のアコの画像は回想シーン・・・・

アコがメイジャーランドから人間界に降臨したばかり頃だから
大体1年前の話なのかな・・・・
何か現在のアコよりは少し幼い雰囲気が感じられます。

改めて思ったのですけど、
メフィストの洗脳とアコが人間界に降り立ったのはほぼ同時期のはず・・・・
そしてアコは多分人間界で一年ほど過ごしていますので、
メフィストの洗脳から一年後あたりに
メフィストは、トリオ・ザ・マイナー+セイレーンを伴ってメイジャーランドに乗り込んでいますから
一体メフィストは一年間何をしていたのだろう・・・・ともふと思ったりもしますね・・・・
ま、マイナーランドの建国準備(?)という感じなのかもしれませんけど、
実態は単なる食っちゃ寝の一年間だったりして・・・・??
メフィストがメイジャーランドに乗り込んだ゛時期とミューズ・メロディ・リズムの覚醒はほぼ同じですので、
こうやって時系列的に考えると、
メフィストは、プリキュア達の覚醒前に色々と仕掛けていれば
簡単にノイズの復活を実現できたはずなんですけどね・・・・(苦笑・・・)



d8d63d3f_convert_20150122230158.jpg


前回もその前も音吉さんがパイプオルガンを奏でるとピーちゃんはいつのまにか姿を消してしまうのですけど、
ま、それも・・・・
既にその時点から「ピーちゃん=ノイズ」は確定的だったのですよね・・・・

今回の話で改めて感じたのは・・・・

もしもアコが妙に意地を張って
「私、それでもピーちゃんを信じる!!」とか
「こんな怪我をした鳥をいじめないで!!」とか
「ピーちゃんは、私を頼ってくれた・・・・、私はおじいちゃんも信じたいけど、ピーちゃんも信じたい・・」
みたいな事を言うと
「あ・・・・、正直やっかいな問題を抱えてしまうな・・・・」とリアルタイムでの放映を見ていた頃は
感じていましたけど、
ま、その点、アコちゃんは、さすが王女様!!
その点は賢明です・・・・
最後は、「おじいちゃんを信じる・・・!!」となってくれましたから・・・

ま、その点は、同じ王女様でも
どこかの国の「ポンコツプリンセス」とはエライ違いですね・・・・・(苦笑・・・)

今回の話を改めてよーく見てみると
少し驚いたのは・・・・

なんと・・・・

響がピアノだけではなくて「パイプオルガン」すらも難無く弾きこなしている事ですね・・・・・

だって・・・・・

音楽的、楽器的に語ってしまうと、
ピアノとパイプオルガンは、全然異なるものですから・・・・
ま、確かに共通項として「鍵盤」があるというのはそうなのですけど、
楽器の構造も奏法も音の出し方も全く別のモノ・・・・
そうですね・・・・・
一例をあげると、
オルガンは鍵盤を押す事でパイプに空気を流して音を出します。
一方、ピアノは鍵盤を押す事でハンマーが弦を叩いて音を出します。
だから・・・・
ピアノ→キーを押すと響きはするが、減衰するのみ、途中からあと膨らみや、同じ音量で保つことはできない・・・

オルガン→同じ音量で保って長く伸ばすころが可能

という違いが出る事になります。

だから・・・・

ピアノとパイプオルガンは全くの別物・・・・

スイートの物語の序盤の頃の響は、奏との連弾すらも上手く弾けない・・・という感じでしたから
それを思うと・・・・・
うーーん、驚異的な「進歩」ですね・・・・!!


2e86eb01_convert_20150122230317.jpg



スイートの最終回は本当に素晴らしいものがありました!!

私の中では、歴代プリキュア屈指の最終回と言っても過言ではないと思います。
だって戦闘シーンが全くない「丸々エピソードだけ・・・」というのはかなりの冒険だつたと思いますけど
結果的にそれは大正解だつたと思います。

特に・・・・

最終回の一つ前の回で撃破したノイズ(=ピーちゃん)だったのですけど、
物語完結直前で
まさかの「ピーちゃん」の復活・・・・
ピーちゃんが響達の前に思いがけずひょっこり姿を現します・・・・

色めき立つ音吉さんを前にして

響達が放った言葉が極めて印象的ですし、あれはまさしく「プリキュアの鑑」みたいな感じはありました。

 「おかえり、ぴーちゃん」
 「待ってたよ」

 「音吉さん、いくら幸せの世界になっても悲しみや苦しみが全て消えるわけじゃないわ」
 「私達はピーちゃんを受け入れた上で前に進みたいの」
 「悲しみを見ない振りをするのは幸せとは言えないもの」
 「よく見れば可愛いよ」

 この言葉は・・・・

 まさしく「幸せと不幸は二つで一つ・・・・」を示唆する素晴らしい言葉でしたね・・・・・

 ホント、スイートの「フィナーレ」は最高でしたね・・・・!!

最後に・・・・これは余談ですけど、

 スイートのキュアメロディの最終形態である「クレッシェンドキュアメロディ」は
 これは実は・・・・既に映画「とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ」でも前取りして登場していましたね・・・・
 「ハピネス」では、本編のラブリーの最終形態は「フォーエバーラブリー」なのですけど、
 映画での最終形態の「スーパーハピネスラブリー」とは全く別物です・・・・
 
 うーーん、メロディは少し手を抜かれたのかな・・・・・(苦笑・・・)

 個人的には、ラブリーに関して言うと、フォーエバーラブリーよりは
 「スーパーラブリー」の方が断然可愛いと思います。
 (ま、全く同じことはキュアハッピーにも言えるのですけどね・・・・)
スポンサーサイト



吹奏楽カテゴリで、過去の全国大会・支部大会の演奏について記事にする事も
多いのですけど、
それを書く際に、やはりそのチームの演奏を改めて聴くことも結構多いです。
というか、最近ホント、マジで記憶力&頭の悪さに拍車がかかり、過去の演奏についても
「記憶」だけで書いてしまうと、
後で「あ・・・、いっけね・・」なんてこともあったりもしますので・・・・

だけど私が記事にするのは、1980年代~90年代の演奏が多いので
その音源は・・・・
勿論、CDとか最近ではYou Tube等でダウンロードしたものが多いのですけど、
トラヤ・日本ワールドレコード社・ブレーンの「カスタムテープ」という音源も結構多いです。
この「カスタムテープ」には、課題曲も自由曲も収録されていて、
拍手・アナウンスなど全てが含まれていますので、資料としても大変貴重だと思います。
最近、ブレーン社の「レジェンダリーシリーズ」とか過去の名演集等で
結構過去の素晴らしい名演がCD化される事も多く、
私としては大変有難い限りなのですけど、
大抵の場合、それは「自由曲」のみの収録で、課題曲の演奏は含まれない事がほとんどです。
カスタムテープの場合、
実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手・会場の雰囲気があますところなく収録されていて
当時の雰囲気を知るにはかなり貴重なものとなっていますけど、
それを保存するものは「カセットテープ」なので、
やはり10年以上経過すると、音のひずみとかが出てきますし、
またテープですので、デッキにテープが絡んでしまう危険性もあったりします。

確か1990年代の後半頃だったかな・・・・

従来の「カセットテープ」に代わる保存用ツールとして「MD」(ミニディスク)が世に出てきたのは・・・・

最初にこれを見た時は・・・
「これすごーい、カセットテープみたいにかさばらないし、テープみたいに音がひずんだり機材に
テープが絡む心配も無い・・・・
永久性はないけど、ある程度音質はキープできるし・・・
これは・・・
もしかしてカセットテープに代わる救世主・・・??」と思ったものでしたけど・・・・

実際は・・・・

うーーん、思ったほどは普及しませんでしたね・・・

というか、このMDが登場して間もなく、i-Podが登場し、あっという間に普及し
「CDで音楽を聴く時代」から「ダウンロードして音楽を聴く時代」に
変わってしまいましたからね・・・・

だけど・・・

1990年代中ごろ、私なんかは
「カセットテープなんて時代遅れ・・・、これからはMDが中心となる・・・」みたいに勝手に予測し、
当時持っていたトラヤ・ブレーン・日本ワールドレコード社の「カスタムテープ」をほとんど
MDに移し替えてしまいましたからね・・・・(苦笑・・・)

だから・・・・

いまだに・・・・

非常にアナログな話でお恥ずかしい限りなのですけど、
過去の吹奏楽コンクールの実況中継の録音を聴く場合、
いまだに「MD」で聴くことも多いです・・・・

ま、だけど、MDの音質はそれほど悪くないし、
普門館の広い会場で独特に響き渡る音を結構今でもクリアに再現していますから、
ま、それはそれでいいか・・・・

先程「カセットテープ」とか言いましたけど、
最近の若い世代の皆様、もしかして平成生まれの皆様方は・・・・
既に「カセットテープ」なんて言葉自体、既に「死後の世界」なのかもしれませんよね・・・・・






「ドキドキプリキュア」第四話(四葉ありすがプリキュアとして覚醒した回・・・・)で
登場した怪物(ジコチュー)は、
まさしくその「カセットデッキ」なのですけど、
主人公ピンク系プリキュアのキュアハートが
「カセットってなーに?」と六花に訪ねていたくらいですから
ま・・・、確かに「カセットデッキ」自体、過去の遺物なのかもしれませんよね・・・・・

最近、何かうちのミニコンポ(→これも死語の世界かも・・・・・??)に掲載されている
「MDデッキ」の調子が今一つ・・・・
たまーに音が飛んだりします・・・・

まずい・・・・、これが壊れたら・・・・

あの膨大な「過去の吹奏楽コンクールの実況録音」が聴けなくなってしまう・・・・(苦笑・・・)

壊れたら修理を・・・と思っても
修理できる所がもうないかも・・・・
「部品取り寄せ」となっても、その部品自体が存在しないかも・・・・

やっぱり、私、アナログ人間ですね・・・・・(苦笑・・)

そうそう、だけど「カセットデッキ」は、その手ごろさとか過去の古いカセットを聴きたい人のニーズもあるようで、
ラジオの通販では、
今でも結構人気商品のようですね・・・・

そういえば・・・

むかーし、「CDMD付ラジカセ」なんてのもありましたけど、
さすがにこれは中古品すらないでしょうね・・・・(苦笑・・・)

 | BLOG TOP |