FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めに・・・
最近の記事で「デート・ア・ライブ」の事を書きましたけど
大事な事を書くのを忘れていました・・・・
そうそう、この作品なのですけど、今年の夏に劇場用映画として公開されます。
あんな大きなスクリーンで「時崎狂三」を拝めるだけで
何かとてつもなく「ハッピー」な感じがします・・・
(ま、ちと怖いけど・・・・苦笑・・・)

「プリキュアシリーズ」とか「物語シリーズ」とか「らき☆すた」とか「デート・ア・ライブ」みたいな作品を
見ていると
何だか時折無性に
普通の「ラブコメ」作品が見たくなったりもします・・・・

なんでかな・・・・??

そんな時、結構お勧めなのが「ニセコイ」ですね・・・!!

この作品はかなり大好きです!!

この作品は、実は原作の漫画でその世界に一気に惹かれ
昨年アニメ化されましたので、それをずーーっと見ていました。
あのアニメ版も素晴らしかったですね!!
原作の漫画の雰囲気を全く壊すことなく、アニメでも遺憾なく再現されていましたし、
よくアニメで陥りがちな、アニメ版だけのオリジナルキャラとかオリジナルストーリーもあまり無く
とにかく原作のあの世界を大変うまく描いていてとても好感が持てました。

このアニメ、今年の4月から第二期の放映が決まっていて
これはとても楽しみです!!

だけど・・・・

「ニセコイ」って、本当に今時珍しい「ベタ」な王道ラブコメですね・・・・!!

いやーーー、実にあの世界は素晴らしいです!!

「ニセコイ」のストーリーってそれほどややこしいものは無く
コミカルタッチの現代日本版「ロメオとジュリエット」みたいな感じもしなくはありません・・・・
要するに・・・・
ヤクザの一人息子とギャングの一人娘が、
ヤクザとギャングの抗争を止めさせるために
親の命令で高校生活3年間の間、「恋人同士の振りをしろ」・・となってしまい、
(二代目同士が恋人関係なら、若い衆も暴れやしないだろう・・という発想ですね・・)
こうして楽と千棘の二人は「ニセモノの恋人」、つまり「ニセコイ」を演じる羽目になった・・・・という
大変ベタな話です・・・・
それに楽に好意を寄せる小野寺小咲(本当は・・・・楽とは両想い・・・)とか
楽の婚約者とか千棘に好意を寄せる転校生とか色々絡んできて
ドタバタラブコメディーが展開されていきます。

第二期は・・・、やっと・・・、満を持して小咲の妹の小野寺春が登場しますので
これは実に楽しみです!!

だけど・・・・

普通この手の作品って、小野寺小咲みたいに健気で優しく、やや不遇な扱いを受ける女の子は
「家庭的」というのか、
料理が上手・・・といのがベタだと思いますけど、
小咲の場合、頭もそれほど良くなくて、料理が激下手くそ・・・・というのが
実に面白いですね・・・・!!
あの味付けは・・・・
うーーん、とても和菓子屋の娘とは思えない劇的な「味覚音痴」というのか単に料理下手といのか・・・・
とにかく小咲ちゃんは最高です!!
ついでに書くと・・・・
るいは集と最終的には付き合ってしまえ・・・!!みたいに言いたくもなりますね・・・・(笑)




千棘のいかにも帰国子女みたいな気の強そうな雰囲気・・・

小咲のおっとりとした雰囲気・・・・

いやー、実に対照的ですけど、これがいかにも「ベタ」な感じがプンプンしてたまらないです・・・・(苦笑・・・)


E381A8E38289E38389E383A9EFBC91_convert_20150120191529.jpg


さてさて、もう一つ「ラブコメ」というと、好きな作品があります。

少し古いけど20008年~09年にアニメ化もされた「とらドラ!」です。

この作品は、うちの奥様が大のお気に入りで、彼女の影響で自分自身もはまっていったアニメです。
ちなみに原作はライトノベルです。

これはすこーしだけ「ニセコイ」と似ている側面があり、
ツンデレヒロイン・逢坂大河は、北村祐作の事が好きなのに中々告白出来ない・・・
そしてもう一人の主人公、高須竜児は、大河の親友の櫛枝(みのりん)に密かに好意を抱いている・・・・
ある時、ひょんなことがきっかけで、大河と竜児は、
「大河と北村を結びつけるのに一肌脱ぐから、その代わりそれが成功したらみのりんとの仲をとりもて!」
みたいな共同戦線を張る事になり、
かくして当初はいがみあっていた大河と竜児の二人三脚が始まる・・・
そこに川嶋亜美という性格極悪女が絡んだり
色々とドタバタがある中で、徐々に大河と竜児はお互いにひかれあっていく・・・・

そんな感じのストーリーです。

「とらドラ!」の凄い点は・・・・

正直、序盤は「ニセコイ」以上のドタバタコメディーで、
特に大河と亜美ちゃんの絡みは必見ですね・・・・

だけど・・・・

後半になればなるほど、前半のドタバタ・コメディータッチは影を潜めていき
ラスト近くは「心理モノドラマ」みたいに大変繊細な作りになっています・・・・

あれは・・・・

高校生の「微妙な心理の変化」をうまーく描いていますね・・・・

本当に感心させられました・・・・

あのラストも意外な終わり方でしたね・・・・
(あ・・、ネタバレになってしまいますから、これ以上は語りません・・・・)

前半ドタバタコメディー、後半やや深刻で繊細な心理ドラマ・・・・
そうした素敵な作品でした・・・・

余談ですけど・・・・

大橋高校聖夜祭にて、大河と亜美ちゃんが歌った「ホーリーナイト」という挿入歌はとても
素敵な曲です。
あの曲のためだけに、「とらドラキャラクターソング集」を中古で買ってしまったほどです・・・・

更に余計な話ですけど、
声優さん繋がりで言うと
亜美役は、プリキュアで言ったらキュアベリー役の喜多村さん
大河役は、プリキュアで言ったら亜久里役の釘宮さん・・
亜美と大河は序盤よく派手ないがみ合いを演じていましたけど、
二人ともプリキュアそのまんまの声で演じていましたので
聴き方によっては、「私、完璧」の美希と「レディーのたしなみ」を説く亜久里の全面戦争のようにも
聞こえるので
ま、このあたりは下種な楽しみ方・・・・という事で・・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト



前作「ドキドキプリキュア」のベスト1回は・・・?と聴かれると
多分迷うことなく、第40話のまこぴー新曲発表会を挙げると思いますけど、
それでは「ハピネスのベスト1回は・・?」と聴かれたら
これも文句なく「アンラブリー回」と言うと思います。
そのくらい、あれは大変インパクトがあり内容的にも素晴らしいものがありました・・・・
あれは・・・・、多分自分の中でも歴代プリキュアのベスト10の回に入れても構わない回だとさえ
思っています。

ハピネスの物語は、勿論このアンラブリー回以外でも
ひめといおなの確執解消の一連の流れの回とかファントムを看護するゆうゆうの回とか
ファントムVSキュアハニーの戦いの回とか
クイーンミラージュVSラブリーの戦いの回とか
先日の誠司悪堕ちの回とか
色々と名場面は数多くありました・・・
だけどあの「アンラブリー回」だけは別格ですね・・・、あの回は特に神がかっていました・・・・

というか、あの回を改めて見てみたのですけど
とても日曜の朝8時半から放映されている健全な幼児番組とは全然思えないですね・・・・
あそこまで、めぐみの「心の弱さ」に踏み込みめぐみの心の隙を抉るとは・・・・
今見ても、「信じられない・・・」という感じですね・・・・
極めて感銘度の高い回だと思います。
(ま、もっとも、映画「人形の国のバレリーナ」もめぐみの軽はずみな余計な一言が
 最終的にめぐみ自身を苦しませ、めぐみの心の弱さをこれでも・・・!!という程抉り出している
 とてつもない名作誉れ高い作品ですけどね・・・)

余談ですけど・・・
ファントムの正体は、ミラージュのかつてのパートナー、妖精ファンファンという事が判明したのですけど、
何かあの泣き顔みたいなファンファンの顔とあのファントムの雄姿が全然一致しないのですよね・・・(苦笑・・)

ましてや・・・・

ファントム=アンラブリー=妖精ファンファンと全然リンクしてこないのですよね・・・・(苦笑・・・)

でもね・・・・

現在のファンファンは大使館に居づらいだろうな・・・・

夜になると・・・・

どうせひめはグースカぴーすか大爆睡でしょうし、
寝室では・・・・
ブルーとミラージュがイチャイチャしているから、いたたまれないかもしれませんよね・・・(苦笑・・)

うん、やっぱりそうですよね・・・・

ファンファンは、おおもりご飯に居候すべきですね・・・・!!

そして・・・・

毎回毎回ご飯の度にゆうゆうに「ごちそうさま・・・」みたいなセリフを言ってくれると
何かそれだけで幸せな気分になれそうですね・・・・(苦笑・・・)





d0739677_convert_20140902192058.jpg

eba095a5_convert_20140902192130.jpg


でも・・・・

アンラブリーのえぐい心理攻撃はすさまじかったな・・・・
耳元でささやくように
「めぐみは本当は誰の役にも立っていない・・・」と言う所は
「小悪魔・・・」以外の何者でも無いですね・・・

ま、だけど
あの回の「めぐみは本当は誰の役にも立っていないのでは・・・・?」という疑問から
深大寺マミさんのロケット発射のお手伝い時の
「何でもかんでも足を踏み入れるのではなくて、自分に出来る事から始めてみよう・・・」みたいに
変化していき、
そして・・・・
最終的にめぐみが出来る事、そして一番望んでいる
「この小さな街で誠司と共に生きていく・・・」という「めぐみ自身が見つけた幸せ」に出会っていくという
物語になっていきましたので、
やはりあの「アンラブリー回」の重要さはとてつもないものがありましたね。

以前も書いたのですけど、年末年始のお休みの際に、
ハピネスの物語を第一話からずーーーっと見続けていたのですけど、
ひめといおなの確執解消あたりまでは、
ハピネスの主人公は「ひめ」のようにも感じてしまうほど、ピンク系主人公なのに
扱いはやや不遇かな・・・とも思わなくはなかったのですけど、
後半以降は、やっぱりハピネスの主人公は・・・・、言うまでも無く「ラブリー」でしたね・・・・

ハピネスの物語は、ゆうゆうといおなという最初の段階から比較的完成されたキャラがいて、
それに対してひめとめぐみというポンコツキャラがいて、
前半はひめの成長を、そして中盤から後半にかけて「めぐみ」の成長を大きく描いていたと思います。
やっぱり主人公が序盤にポンコツだと、その分その後の「成長」をドキドキしながら見れるから
そうした傾向の方がやっぱりプリキュアらしいですよね。

さてさて・・・・

間もなく「プリンセスプリキュア」が始まるのですけど、
うーーん、やっぱり何度予告編を見ても
フローラは「アホ」にしか見えない・・・・・(苦笑・・・)
フローラは、「花のプリキュア」という扱いらしいですけど、
「花」というと、2代目のSSもモチーフは「花鳥風月」で、キュアブルームというか日向咲というのが
「花」のプリキュアでしたけど、
フローラもブルームも「明るく元気なおバカさん系」というのは何か似ているかも・・・・??

それにしても・・・・・

「キュアトゥインクル」(きらら)は一体何ですか・・・・あれは・・・、
マジで可愛過ぎますし、
黄色系なのにピンク系主人公の人気を一人で食っちゃいそうな勢い・・・・(苦笑・・・)
よーく見てみると、トゥインクルは「3番目のプリキュア」という事で
まだしばらくはプリキュアとしての姿をお目に掛れないのですね・・・、マジで残念・・・・

さてさて、話をハピネスに戻しますと、
何度見てもレッドの「青い地球を見るとムカムカする・・・」という例の主張はやはりしょぼいですね・・・(苦笑・・)
あんなつまらん理由で侵攻される地球人はたまらんでしょうね・・・・
言い換えると理不尽な主張・・・・

フレッシュあたりから芽生え始めたテーマでもあり
ドキドキで顕著になった
「敵と仲良くする事は出来ないのか・・」という問いなのですけど、
それは今作のハピネスではどうなるのか・・・・
あんなしょぼい理由で世界を破滅に追い込もうとするレッドに対しても
それでも「敵と仲良く出来ないか・・・」という理屈は通用するのか・・・という点も少し着目しています。
「敵と仲良く・・・」という表現よりは
そうですね・・・・
「敵を許すことは出来るのか・・・」という問いに置き換えても良いと思います。
この場合の「敵」とは
プリキュア達のさりげない幸せの場でもある「日常」を破壊するものだと思います。
プリキュア達は、別に「国家」対「国家」とか「イデオロギー」対「イデオロギー」という事で戦っている訳でも
なんでもない・・・・
あくまで、「自分達の日常をぶち壊すもの達」との戦いなのです・・・・

確かにレッドの行為はとうてい許しがたいもの・・・・

だけど確かにレッドにも遠い過去においては、そうした「小さな日常の幸せ」を守護する立場にいたもの・・・

果たしてその辺りの最終的な兼ね合いをどうやって
プリキュアらしい決着で収めるのか・・・・
レッドを許すことは出来るのか・・・・
それともまさかまさか・・・・、ブルーがレッドと刺し違えるか・・・・・??
(もしもブルーが最後の最後にそうした刺し違えという選択をし、レッドと共に消滅したら・・・・
 少しはブルーの株も上がってエンディングを迎えるのかな・・・・苦笑・・)

そのあたりも「最終回」は、心を締めて見ていきたいと思います。

ま、本当に泣いても笑っても後一回で終わりですからね・・・・・
先日、日曜日の夜に家に戻って何気なくテレビのリモコンを廻していたら
どっかで聴いたことがある音楽が流れていました。
「あ、そうそう・・・、この曲はレスピーギのローマの松だ・・・」と思っていたら
この日は、Eテレの夜9時からサンティ指揮/NHK交響楽団の定期演奏会の模様が放映されていました。
私が家に戻ってきたのが夜9時40分頃だったから、
もう少し早く帰宅していれば、
ロッシーニの「どろぼうかさざき」序曲とかベルリオーズの「ローマの謝肉祭」とか
チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」といった私が結構お気に入りの曲を聴けたのに残念・・・・
だけど、「ローマの松」を聴けただけでも御の字ですね。

演奏は素晴らしかったけど、
バンダ(別働金管部隊)は、オケと同じステージ上で吹いても少し効果に欠けるんじゃないのかな・・・・?
このバンダは、例えばパイプオルガンの位置からとか
二階客席からなと゜のように
オケの位置から離れた場所から吹き鳴らすから「遠近感」みたいな効果を感じられるのに
これでは、あまりバンダの意味が弱いかも・・・・
ま、音響の極めて良くないNHKホールだから、元々そういう「遠近感」みたいな効果を期待する方が
間違いなのかな・・・・??
でも・・・、やっぱりN響はうまいですよね・・・・!!
特に管楽器の一人一人が上手なので、ソロでも音が薄い部分でも
全然貧弱と言う感じがしませんし、とても魅力的な音を出していましたね。
(ま、思わずそう感じてしまうのは、吹奏楽コンクールの聴き過ぎによる弊害なのかも・・・苦笑・・)
特にファゴットなんかホント「縁の下の力持ち」みたいに、見えない所で良い仕事をしていました!!

第Ⅳ曲/アッピア街道の松はやっぱりいいですよね・・・・!!

多分この曲は、古今東西あらゆる管弦楽曲の中でも
断トツに華麗で色彩効果もある聴くだけで「スカッ」とした気分になれる曲だと思います。
特に「アッピア街道の松」なんか、
あれを車内の移動時間中に聴いてしまうと、
非常に危ないかも・・・・??
あれは、まさに音楽の「イケイケ」ですね・・・・

さてさて・・・

この曲は第一曲と第四曲はかなり騒々しい音楽で、第二曲と第三曲は比較的静かな音楽で
その「対比」が極めて鮮やかですね。
だけど第三曲/ジャニコロの松なんかしっとりとした感じていいですね・・・・
冒頭のクラリネットのソロも大変美しいし瑞々しい・・・・
ちなみにこの「ジャニコロの松」の部分のラストで、録音テープによる「うぐいすのさえずり」が流れますけど
クラシック音楽史上、この曲は初めて「録音」したものを曲の中に取り入れた最初の曲という位置づけに
なっています。
「ジャニコロの松」は、あれは・・・・「ppの熱演」が求められ
指揮者にとっては腕の見せ所ですね・・・
逆にああしたしっとりとした部分があるから、第四曲/アッピア街道の松の絢爛豪華さが
生きてくるのですけどね・・・・

さてさて・・・・

第一曲/ボルゲーゼ荘の松では、
打楽器に一つ珍しい楽器が登場します。

それが何かと言うと「ラチェット」という体鳴楽器です。
この楽器は別名「ガラガラ」とも言われているのかな・・・・

歯車と、薄い木片などの舌から構成され、
舌の一方を固定し、他方に歯車を合わせ、歯車が回転すると、歯車の歯が舌をはじき
これによって音が出るという基本構造になっています。
これが継続するため、大きなガラガラという音が出ます・・・・

全体を手などで保持して、歯車をハンドルで回して音が出るハンドル式と、
ハンドルをつかんで全体を振り回して音を出す振り回し式の
二つのタイプが楽器として存在します。

1/18のN響の放映では、ちらっとしか見えなかったので正確かどうかは分かりませんか
確かハンドル式だったような感じです。






ちなみに、上記は「振り廻し式」です。

見た目には、確かに木の板が何かクルクルと回転するような感じです。


414zmhCKmmL__SY300_.jpg


こちらは「ハンドル式」です。


この「ラチェット」ですけど、それほどオケでは使用される機会は少ないです。

この「ローマの松」以外では、
ベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」とかチャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」とか
R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピケールの愉快ないたずら」くらいかな・・・・
だけど、「ティル・・・」はかなり効果的に使用されていると思います。

何年前かな・・・・・

一度東京芸術劇場の日本フィルのサンデーコンサートを聴いた時
この「ローマの松」が演奏されていて、
この時の「ラチェット」はかなり目立っていました。

上記の方式で言うと「振り廻し式」なのですけど、
打楽器奏者が頭上にこのラチェットを持ち上げ、頭上でこの楽器をブンブンと振り回していましたので
かなり目立っていましたし
とてもインパクトがありました。

ちなみに・・・

「ローマの松」のⅣ.アッピア街道の松では、
ティンパニー・大太鼓・シンバル・ドラが壮絶な大音響を叩きつけていますけど
(あの部分の大太鼓奏者なんて気持ちいいでしようね・・・・)
トライアングルを二人の奏者が鳴らしていますので
かなり金属的な音がホール内の空気を駆け巡りますので、この響きも結構面白いと思います。

ま、実際にはトライアンクル2台でも、
金管とバンダの圧倒的な響きの前にはかき消されてしまいがちですけどね・・・・(笑)

 | BLOG TOP |