FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年末あたりから
「デート・ア・ライブ」の私の大好きキャラである「時崎狂三」のフィギュアを購入しようかどうしようか・・・
みたいな記事をたまーに書いていたと思いますけど、
ほんのすこーしばかり「臨時収入」が発生・・・・
何かと言うと、12月の年末商戦において
会社から
「営業担当以外の部門から、工事契約につながる情報提供をし、且つそれが実際に100万以上の
工事契約として締結した場合、1件に付き、○○円の情報提供料を出すから
どんどん情報提供して!!」みたいな
一週間限定のキャンペーンがあったのですけど、
こういう場合、悪運が強いのは自分なのかな・・・・(苦笑・・・)
たまたまアフターで廻った際に、たまたまその種の情報をゲットし、営業担当と共に色々と動いていたら
本当に締結になってしまった・・・・
そういうのが数件あり、
結果として雀の涙程度ですけど
少しばかりのおこぼれに預かりました・・・・
普段は、「このポンコツ営業共!!」と文句たらたらの私ですけど
こういう時は「営業様様・・・・☆」という感じですね・・・
ホント、現金なもんだ・・・・(苦笑・・・)

だから・・・・

ついつい衝動買いしてしまいました・・・・

「デート・ア・ライブ」の時崎狂三のフィギュアです。

しかも・・・・

色々と調べていると、アマゾンよりも安い所も色々発見し、
思ったよりは安く入手する事が出来ました。
ま、もっともこれは、まだ「予約中」という事ですので、実際に商品が届くのは今年の3月~4月あたりに
なりそうです。
丁度その時期に、昨年やはり予約購入した「スイートプリキュア」のキュアメロディも届く頃ですので、
これは結構楽しみにしています。





FIGURE-008770_07_convert_20150120113330.jpg


年末年始も「デート・ア・ライブ」の第7~10話を見まくっていたけど
やはりこのアニメは「時崎狂三」が登場すると、俄然話が急展開し、ストーリーが引き締まるのですよね・・・

狂三の外見的特徴としては・・・・

うーーん、いかにも「妖しい夜の蝶」という感じなのですよね・・・・

黒髪を左右非対称のツインテールに括り、赤と黒を基調としたドレスを着用し、
普段は前髪で隠しているけど、眼はオッドアイで、
左目が金色の時計の文字盤となっており、針までしっかりと動いている・・・・
というのが際立った特徴ですね・・・

戦い方は・・・・

うーーん、一見、「魔法少女 まどか☆マギカ」の巴マミさんのように銃を用いているのですけど
マミさんの場合は比較的優雅な戦いを繰り広げるのに
時崎狂三の場合は、歩兵銃と短銃の二丁拳銃でもって乱射しまくる狂った戦い方・・・・

しかも・・・

このお方は、「時間を操る」というとてつもない能力をお持ちなので
大抵の場合、
少しやぱくなると、自らの脳に銃弾を発射し、一度自分を殺し、過去の無尽蔵に存在する自分自身を
呼び起こす・・・という
とんでもない力を発揮されますからね・・・・

ま、典型的な「ヤンデレ」のお方でして・・・・
ま、その・・・、色々な意味で言動は危ないお方ですね・・・・

人間体の時も含めて
基本的には「・・・・ですわ」とか「あらあら・・・」みたいな丁寧語をベースにしながらも
興奮すると・・・・
「きひひ・・・」みたいな笑い方になり、
過度に興奮すると「ザァァァァァフキェェェェェル」みたいにやたらと語尾を伸ばす話し方にも
なったりしますね・・・・

本心を隠すような、つかみどころのない言動が極めて印象的ですけど、
とある目的で動いていることが判明しております・・・
その目的とは・・・・
ま、それを語るとネタバレになってしまいますので自粛しておきます・・・・

もしも・・・・
時崎狂三が、十香や四糸乃のように士道によってデレさせられてしまったら・・・
もしも・・・能力が封印された「普通の女子高生」になったとしたら・・・・
相当魅力的なんでしょうけど、
ま、元々が「狂っている」お方ですし、ヤンデレ傾向なので
多分、壊れたまま(?)日常生活を送るのかな・・・・

「デート・ア・ライブ」は昨年も二期が放映されていて、後半に時崎狂三も存在感を発揮していましたけど
やっぱり第一期の時のインパクトには及ばなかったですね・・・・
スポンサーサイト



いよいよ「ハピネスチャージプリキュア」も次回で最終回!!

そしていよいよ「プリンセスプリキュア」の登場ですね!!

どちらも期待感で一杯です。

ま、というか・・・・「ハピネス」については、
前回の「めぐみと誠司」の「今後の愛の示唆」でもって、大体完結したようなもの・・・・
自分にとっては前回でもって「ハピネスの物語は一応完結・・・」みたいな感じもありましたので、
正直、残りの問題である「レッドをいかに料理するか・・・」という問題は
うーーん、正直、「本流から外れている・・」みたいな感じもあります。
ま、その辺りは歴代プリキュアも大体同じ傾向でして、
別に「最終決戦」自体は大した話ではない・・・・
むしろ、その最終決戦に至る「心の持ちようの変化」とか「その最終決戦の前にどのような提示がなされるか・・」
みたいな方が大切みたいな感じもあったりもします・・・・

ま、それに・・・・・

うーーーん、レッドの話は・・・・
あまにもしょっぱすぎて少しテンションが下がりました・・・・(苦笑・・・・)

あれでは・・・・・

リストラされた中年サラリーマンが会社に逆恨みし、機関銃を社内で乱射しまくり
関係ない多くの人達に多大な迷惑を掛けた・・・・みたいな話ですね・・・(苦笑・・・・)

というか・・・・

かつて自分が守護したレッドという星が壊滅したのは
それはその星の守護神とも言えるレッドの責任以外の何者でも無い・・・・
それを全く無関係の地球に対して
「逆恨み」とも言える感情で崩壊に追い込む事時代、まるで「逆恨み」の話・・・・

ま、その辺りは歴代プリキュアの敵の最高親玉たちも
「なぜこの世を崩壊に追い込まなくてはいけないのか・・・」という動機付けが
必ずしも明確になってはおらず、
その意味では、ま、レッドの主張は・・・・、一応しょっぱい理由とはいえ
動機付けにはなっているから、まだマシかも・・・と思う反面、
本当に地球をはじめとする神々にはロクなのしかいない・・・とも感じてしまいますね・・・・・(苦笑・・・)

ま、そういうレッドが、
地球の神、ブルーが、ミラージュをはじめ色々な女の子をたぶらかしているのを見て
「カチン」と来てしまうのも、ま・・・、決して分からなくはないのですけど・・・
あれれ・・・、そうなるとやはり諸悪の根源は
結局は「ブルー」という事になってしまうのかな・・・・(苦笑・・・)





それでも・・・・

やっぱり「キュアラブリー」は、ハピネスの物語の主人公です!!

やっぱりラブリーこそがハピネスの主人公なのです!!

ああいうジコチューで理不尽な一応「神」に対しても・・・・

「思いや願いは決して消えたりはしない。あなたもよく知っているはず。
あなたはブルーと同じ。この星の生きとし生けるもの全てを愛していたんでしょう? 
失った悲しみだけじゃない。幸せな気持ちだってあったはず」
と言い切ってしまうラブリーはやっぱり素晴らしい!!

ダメでどうしようもない神々さえも、「超越」ではなくて「包み込んでしまう」その優しさと強さ・・・

それが「プリキュア」たる由縁なのです・・・!!

何か・・・・

今回の話は、

「キュアラブリーは無敵なんだから・・」というよりは

「キュアラブリーがあんたみたいな腐った根性を叩き直す!!
顔を洗って出直してきやがれ!!
私はプリキュアやって色々ミスったし失恋もした・・・
一度別の星を救えなかったという理由だけで私達を巻き添えにするな!!
一緒に滅ぼうだと・・・・!? ふざけんな!!
その腐った根性をこのキュアラブリーがフォーエバーラブリーフォームで叩き直してやる!!
その上で、改めて大森食堂で一緒にご飯を食べて
今後について色々と語ろう!!」

みたいな後日談みたいな脳内妄想が湧いてきそうな話でしたね・・・・


184c37e2_convert_20150119231850.jpg


61b2f012_convert_20150119231733.jpg


それにしても、やっぱりラブリーは主人公に相応しい!!

物語の中盤までは
「ハピネスの物語の主人公はプリンセスなのか・・」とも思ったほどですが、
やっぱりラブリーは素晴らしい!!

さすが私の「歴代プリキュア大好き四天王」の一角ですね・・・・!!

それにしても・・・・

前作の「ドキドキ」同様、
今回も主人公のピンク系一人だけが最終変容フォームになってしまうのかな・・・・
ドキドキでは、マナのみが「パルティノンモード」を得て
最終決戦では、ほぼ一人で撃破・・・・という結果になってしまいましたけど、
今回も「フォエバーラブリー」仕様を得たラブリー対レッドという一対一の戦いになるのかな・・・・

でも泣いても笑ってもあと一回で最終回・・・・

最終回は正座でもして心してみようかな・・・・(笑)

誠司との関係は・・・・
まだ正式な「愛の告白」はしていないけど、
個人的にはあのままでよいと思います。
だって・・・
誠司とめぐみは、既に心の中で通い合っていますからね・・・・
そういう時、かえって「言葉」は邪魔になるかも・・・・

さてさて、そうしている間に「プリンセスプリキュア」が近づいてきています。

前回の予告は、トゥインクルがメインでしたけど、
やっぱりトゥインクルは実にいいですね・・・・!!
私が放映開始前からピンク系ではなくて黄色系にハートキャッチされてしまうのは
初めてですね・・・・

さてさて、実際に放映が開始されるとどうなるのかな・・・・

それもまた楽しみです。
12.淀川工業高校

 C/エル・サロン・メヒコ

 1982年のコンクールは、正直に書くと課題曲はコンクールの歴史に残る「課題曲の外れ年」だったと
 思います。
 こんなに課題曲に恵まれなかった年は極めて珍しい・・・・
 というか、課題曲B/序奏とアレグロが抜きんでる課題曲で、この課題曲だけは本当に
 素晴らしいと思います。
 課題曲Dは普通の感じ・・・
 課題曲AとCは、うーーん、「スカ」ですね・・・・(苦笑・・)
 高校の部では、課題曲はBに集中してしまい、Aは2チームのみ、Cも3チームのみしか
 選択しませんでした・・・・
 というか、実力あるチームならばB以外の選択肢が無いような気も・・・・

 ま、といっても私の高校も、とてもあの難曲極まりない課題曲Bはとても演奏不可能でしたので、
 課題曲は結局C/アイヌの輪舞を選択しましたけど、
 ま・・・・、技術的にも難しい部分があまり無く楽は楽だったのですけど、
 印象に残るものは薄かったな・・・・
 打楽器パートで、ドラ・ツリーチャイム・ドラムセットという珍しいものを使用していたのは印象的です。

 この課題曲C/アイヌの輪舞なのですけど、
 私が聴いた限りでは、
 県大会・支部大会の段階では、中間部は比較的どのチームもとにかくテンポよくかっ飛ばしていたような
 印象があります。
 楽譜の指定とか模範テープでは、中間部はそんなにテンポアップしない指定だったと
 思いますけど、何かやたらとテンポを速めて乱暴に奏でるような印象がありました。
 だけど、全国大会の演奏は、高校の部もそうですけど中学の部でも、この課題曲Cを選んだチームは
 スコアの指定を遵守し、節度あるテンポをキープしていたと思います。
 特に当麻中学校の課題曲Cは、まさにこの課題曲の理想像を提示した演奏だったと思います。

 淀川工業も課題曲の選曲は苦労したかも・・・・

 当時の淀工は、課題曲は基本的には選ばないし、ましてや現代系はパス・・・
 となるとAとCしか選択の余地が無いので
 消去法としてCしか選びようがなかったのかな・・・・

 だけど淀川工業の課題曲Cは大変スタンダードな演奏でしたね。
 スコアを隅々までよく読み、無難な解釈と実に端正な演奏だったと思います。
 中間部の踊りのテンポ設定も節度をわきまえた落ち着いた演奏だったと思います。

 自由曲は、とにかくよく練習してある・・・・という印象ですね・・・・
 この「エル・サロン・メヒコ」は、スコアを読むとよく分かるのですけど、
 かなりの変拍子で、指揮者としては大変振りにくい曲・・・・
 おまけにトランペットやクラリネットのソロは大変な聴かせどころではあるのだけど
 大変技術的に難しい・・・・
 コンクールの自由曲としては、決して有利な曲ではないと思いますが、
 ソロも完璧に吹きこなし
 変拍子を変拍子として感じさせないほど楽に聴かせてくれて
 しっとりとした雰囲気も十分醸し出せたし、酔っぱらいみたいな雰囲気も申し分なく
 表現出来ていたと思います。

 技術・演奏ともほぼ完璧な仕上がりで、当然の金賞を受賞していました。

 あ・・・・一つだけ難を言うと・・・・

 自由曲の中盤あたりで、トランペット奏者の一人が「フライイング」をやってしまい、
 一人だけ全合奏のちょっと前に
 飛び出して吹いていたのは、少しこっ恥ずかしいミスだったかな・・・・(苦笑・・)

 淀川工業と言うと、どうしてもここ20年ほどの「同じ自由曲の使い廻し」がとても気になっているのですけど、
 大阪俗謡による幻想曲・ダフクロ・スペイン狂詩曲以外の曲にも
 色々と魅力的な曲は多いし、
 これだけ長年に渡って見事な演奏を披露し続けているのだから、
 丸谷先生もそろそろ「勇退」の時期が近付いているのだから
 最後に新しい挑戦はして欲しいものですね・・・・
 むしろ「新しい朝鮮」が出来るからこその「伝説の丸ちゃん先生」なのでしょうから・・・・

 例えば・・・・

 ○ピータールー序曲

 ○吹奏楽のための木挽歌

 ○バレエ音楽「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日

 ○交響詩「ローマの松」

 ○復興(保科洋)

 ○「ビザンティンのモザイク画」~復活の天使

 なんかは、淀川工業のサウンドに合いそうな気もするのですけどね・・・・

 大変古い話ですけど、1991年のサントリーホールで開催された「吹楽」というプレミアムコンサートで
 淀川工業は、小山清茂の「吹奏楽のための木挽歌」を大変しっとりと時に激しく聴かせてくれましたけど、
 ああいう路線も悪くない・・・と思うのですけどね・・・・

 | BLOG TOP |