FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.嘉穂高校

 D/バレエ音楽「三角帽子」

 この年の全国大会・高校の部なのですけど、
 個人的な印象としては、大変印象に残るチームは比較的午前中に集中した感じがあります。
 ま、昼休みの休憩後の後半も、市立川口・就実・首里・福岡工大付属と素晴らしい演奏を残して
 くれたチームもでるのですけど
 全体的な印象としては、帯広三条・逗子開成・観音寺第一・仁賀保・屋代・尼崎西・名電・秋田南・
 富山商業などが出場した前半の方の印象が極めて強いですね。
 
 私自身、何度も全国大会は聴きに行きましたけど
 やはり全体的な感想としては、午前よりは午後に出場するチームの方が
 普段の実力とか練習の成果を十分発揮し、名演を残しているような感じもあります。

 そんな中、この年は不思議と午前中に出場したチームの方が
 自分にとってはインパクトを残してくれる演奏が多かったような気もします。

 嘉穂高校は・・・
 うーーん、プログラム11番でお昼にも近いから
 「コンディション不良で普段の練習の成果が発揮できなかった・・・・」という訳ではなかったと思いますが
 何か印象としては、
 「細部の詰めが少し甘いな・・・」と感じさせるものでした。
 前年度の「ガイーヌ」のレスギンカ舞曲のあまりにも完璧で驚異的な木管セクションのテクニックを
 堪能させてくれた素晴らしい演奏とどうしても比較してしまうのですけど
 何か細かい部分が消化できていない、音符に書かれている事を完璧に音にしていない、
 特に木管セクションの指が廻っていない・・・・と
 感じさせる部分が比較的目立っていたと感じます。
 勿論、全体的な雰囲気はかなり良かったです。
 音楽が全体的には大変生き生きとしているし、いかにも「スペイン音楽」みたいな躍動感は
 十分伝わっていました。
 特に課題曲D/サンライズマーチは、技術的に平易と言うせいもありますが、
 チーム全体の「若さ」というものが特に遺憾なく発揮されていたと思います。

 このチームの指揮者の竹森先生は、何度も普門館でその指揮を拝見しましたけど、
 ホント、大振りをしない先生です。
 ポイントポイントだけを的確に指示を出すという感じで、
 決して大げさな表現とかせずに、
 とても音楽に「誠実さ」を感じさせてくれ、
 音楽がいかにも「手作り」という感じがします。
 いかにも、「公立の普通の先生と普通の生徒たちが手作りで一生懸命音楽を創り上げた」という
 雰囲気がよーく伝わってくるのが
 このチームの伝統的な雰囲気だったようにも思えます。
 嘉穂高校は、吹奏楽の名作オリジナル作品とか親しみやすいクラシックのアレンジ作品を
 自由曲に選ぶ傾向が強いのですけど、
 時折、「スキタイ組曲」みたいな過激な曲を選んだりしていて面白いものがあります。

 この年の「三角帽子」は、木管セクションにやや難があったものの、
 金管セクションや打楽器は、「タッ、タッ、タッ!」みたいなスペイン独特のリズム感覚の歯切れのよさとか
 生き生きとした躍動感があっただけに
 少し勿体ない感じはありましたね・・・・
 
スポンサーサイト



1/18も日曜なのに朝から出勤・・・・

うーーん、「ハピネスチャージ」の最終回まで残り2回だというのだから
せめてラスト2回ぐらいは録画ではなくてリアルタイムで見てみて――――・・・・!!(苦笑・・・)

それにしても相変わらず朝から寒い・・・・

でもまだ1月中旬なのですよね・・・
寒さはむしろこれからが本番・・・・
うーーーん、一体どうやって3月下旬までこの「寒さ」をやり過ごせばいいのだろう・・・・

木曜日に一度大雨が降りましたけど
あれ以降は相変わらずのカラから気候が続き、
空気がとてつもなく乾燥しているような気がします。

こういう時って・・・・

以前もこの事は記事にしましたけど、「静電気」がひどくなるのですよね・・・・

私の場合、この静電気が結構と言うか、シャレにならないレベルでして、
日曜も、朝、社有車に乗ろうとドアに手を掛けた瞬間にビリっ・・・・!!と静電気が発生し、
本当に瞬間的ではありましたけど、「電光」みたいにピカッ・・・と火花が散りました・・・・
これって感覚的に特に痛くは無いのですけど、
やはり驚きますね・・・・

最近のコンビニやスーパーでは、レジでおつりを貰う際に
店員さんがおつりを差し出しながら、こちらの手を軽くさっと握るようにマニュアルかなんかで
指導されている店もあったりするものですが、
こういう乾燥した時に、あれをされると・・・・
店員さんの手がこちらの手に触れた瞬間に、やっぱり静電気が起こり、火花が瞬間的に光る事も
あったりします・・・
ああいう時って、大抵店員さんが「ギャッ!!」と軽い悲鳴を上げる事が多いもので、
何か周囲の人たちの目が
「こいつ、店員さんにセクハラでもしているのか・・・」みたいな感じになって
自分としても少々居心地が悪い時もあったりします・・・・(苦笑・・・・)

家に戻っても・・・・

玄関ドアを触れた際に、やっぱり電光が走ったりしまいし、洗面台のシングルレバー水栓に触れただけで
やっぱり火花が散る場合も多々あります・・・・
ひどい時は、うちの奥様の長い髪に少し触れただけで、彼女の髪が魔女のように跳ねる場合も
あったりします・・・・

やっぱり「静電気を溜め込む事」は一つの体質なのかもしれませんよね・・・・
私は子供の頃から、静電気を溜め込んでしまう体質みたいです。

でもこれって、冬特有の現象でして、
夏場等は全くありません・・・・

以前誰かに言われたのですけど、
自分のように寒がりで、厚着をしてしまう人間は、体内の衣服に静電気を溜め込みやすく
そうした現象が発生しやすいらしいです。

だから・・・

静電気の害を防止するには、薄着をするしかない・・・・

だけども寒がりの為、それは中々出来ない・・・・

うーーん、しぱらくは、寒さとの戦いでもありますけど、
「静電気」との戦いでもありますね・・・・

本日もある顧客宅で、書類を書いて頂くために、上着からボールペンを出し、
85過ぎの高齢の奥様に、ボールペンを渡そうとしたところ、
やっはり静電気&火花が発生し、
そのご高齢の方は、瞬間的にのけぞっていましたから、
これって・・・・
やっぱりシャレにならないですよね・・・・・(苦笑・・)

 | BLOG TOP |