FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ハピネスチャージプリキュアも」いよいよ後2回で終了・・・・

うーーん、極めて名残惜しいです・・・・

2月から、ラブリー・ハニー・フォーチュン達にお目に掛れないと思うと
とても残念ですね・・・
ま、だけど「オールスター映画」もありますし、
多分2/1から「Go! プリンセスプリキュア」が始まると
多分、「フローラが・・・」とか「トゥインクルが・・・」とすぐに気持ちが新しいプリキュアに
切り替わってしまうのですけどね・・・・
(うーーん、毎年毎年我ながら感心しますけど、新しいプリキュアが始まると気持ちがすぐに
気持ちが切り替わってしまい、先代プリキュア達は、「過去の偉大なる先輩プリキュア」として
メモリアル的な存在になってしまいますからね・・・・苦笑・・・)

この事はいつも愚痴っていますけど
日曜出勤の会社のため、こういうプリキュアの最終回の時だけは
「何とか上手い事理屈付けて、最終回だけはリアルタイムでみたいな・・・」とも思うのですけど
ま、こればかりは仕事ですから
そういう訳にも中々いきませんからね・・・(苦笑・・)



18e54dac_convert_20150113202121.jpg


思えば「ハピネス」の物語は
11月中旬に「プリキュア達の日常」みたいな日常の平和なシーンをほのぼのと描いた回が一度あって以降は
ハニー対ファントム、プリキュア対3幹部、ラブリー対クィーンミラージュ、そして幻影帝国との決戦
誠司の悪堕ちとレッドの登場と
11月下旬からは
既に「最終決戦」モード・・・・
こういう早い段階からの戦いの連続というのは、歴代プリキュアでは極めて珍しいパターン・・・・
フレッシュが12月の中旬から最終決戦モードに入ったよりも
更に早い展開でした・・・・

そうですね・・・・

希望を言わせて頂くと、戦闘シーンは1/18で終わらせて
1/25は、「平和な日々の中でのエピソード」とか
「幸せ」とはいったい何なのか・・・・というプリキュアらしいファイナルアンサーを提示して貰えたら
嬉しいですね・・・・
一つの素晴らしい見本が、スイートの最終回かな・・・・
スイートの最終回は戦闘シーンは一つも無し・・・、
ああいう最終回の提示もありですね・・・・
ま、あの最終回は別にプリキュアに変身しなくても良かったのですけど
最後の最後で、何か「時間稼ぎ」と「最後の変身シーン」を見せるためだけに
変身シーンで物語を終わらせたのは、
何か面白いエンディングでしたけどね・・・・







さてさて・・・・

商品化の世界では・・・・

多分今頃は、ハピネスの在庫整理とプリンセスプリキュアの商品化準備等で
現場は大変かもしれませんよね・・・

だって・・・・

例えば、イオンのショッピングモールのおもちゃコーナーにおいては
フォーチュンタンバリンが700円、フォーチュンピアノが2000円で叩き売りされていましたし、
ハピネスのハンカチセットが100円で在庫整理されていました・・・・

以前購入したハピネスのふりかけとわかめスープも
2月で使用未期限切れ・・・・

うーーん、これは早い所食べないと勿体無い・・・・・(苦笑・・・)

先日、「ハピネスチャージわかめスープ」を食べてみたのですけど
「プリキュアカレー」と同じ傾向なのですけど
(プリキュアカレーは薄味で味がほとんど無い感じ・・・、LEE20倍カレーと混ぜると丁度良い感じ・・)
要は「幼児向きの味」という事で
味は薄味で、少し物足りない感じ・・・・
わかめもほとんど入っていない・・・・

ま、大人が食べると、少しパンチに欠ける感じです・・・・

そこで、仕方なく今回は少し「ちょい足し」を・・・・

この「ハピネスチャージわかめスープ」2袋に大量の乾燥わかめを投入し、そこに溶き卵を加え、
更に私が「冷え症」の為、その対策食物として「しょうが」を大量に入れると・・・・

結構これが中々いい味を出してくれます・・・・

元々の「味の薄さ」はしょうがが補ってくれますし、
わかめは食物繊維が一杯入っていて栄養があるし、何よりも風味が出てくるし、
卵のおかげで華やかな感じも出てきます。

半分ほどスープで頂き体を温めて、
残った半分にご飯を加えると、これはまた意外といけたりもする「おかゆ」に早変わりしてくれます・・・・

ハピネスの話の中で
ゆうゆうがファントムにつくってあげた「おかゆ」に比べると
「ま、それには敵わないか・・・」とも思ったりもしますけど
ま、「ハピネスのわかめスープ」をベースにしたおかゆも、ま、我ながら「まあまあか・・・」とも
思ったりもしますね。

あーあ、だけど、自分もゆうゆうに作って貰った「おかゆ」を食べてみたいな・・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト



10.富山商業

 D/バレエ組曲「ロメオとジュリエット」


 プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」は確かつい最近クラシックカテゴリの中で
 書いたような・・・・

 少し振り返ってみると・・・・

 ソフトバンクのテレビCMというと、あの白の「お父さん犬」がとても知名度と人気がありますけど、
 初期の頃は、「お父さん犬」が登場すると決まってBGMとして
 このプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」が流れていました。
 ちなみにそのBGMの曲で流れていたのは、
 第二組曲の第1曲「モンターギュ家とキャピレット家」です。

 だから多分・・・・

 「モンターギュ家とキャピレット家」を流すと
 「ああ、あのソフトバンクね・・・」と思う人は意外と多いかもしれませんね。

 ちなみに第一組曲は以下の七曲で構成されています。

 1.民衆の踊り
 2.情景
 3.マドリガル
 4.メヌエット
 5.仮面
 6.ロメオとジュリエット
 7.タイボルトの死

 第一曲の「民衆の踊り」が私は大好きでして、冒頭の「タッ、タッ、タッ」という短い打撃音から開始される
 あの部分が始まると・・・
 「ああ、これからロメオとジュリエットの世界が始まる」と何かワクワクしますね・・・
 この第一曲ののぴやかな雰囲気はとにかく素晴らしいです!!

 でも圧巻は「タイボルトの死」ですね・・・・

 この部分の弦楽器のめまぐるしい展開は凄いものがあります・・・
 ティンパニーによる打撃音のソロ以降の金管楽器による勇壮な感じは、
 かなりの「悲壮感」が感じられます。
 これは家としての宿敵、タイボルトを成り行きとはいえ殺めてしまった・・・みたいなロメオの
 「後悔」の気持ちも含めて、
 大変迫力ある音楽が展開されていきます。

 さてさて・・・・

 私がこのプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」を知るきっかけを作ってくれたのが
 1982年の富山商業の全国大会での演奏でした。
 最初にこの演奏を聴いた時は
 「うーーん、何て大変な迫力と劇的な緊張感・・・・
 ラストの小太鼓の叩き方なんて、宿命を暗示する感じ・・・・、何て因縁を感じさせる凄まじい曲・・・」と
 本当に感銘を受けたものでした。

 吹奏楽コンクールでの演奏は、1981年の駒澤大学が初演かな・・・と思っていたら
 実は既に1975年に逗子開成が演奏をしていました。
 だけど私にとってはプロコのロメジュリと言えば、
 どうしても1982年の富山商業となってしまいますね・・・・
 勿論、林紀人先生のアレンジによる中央大学の演奏とか1990年の東海大学第四高校など
 他にも素晴らしい演奏はたくさんあるのですけど
 やはり82年の富山商業の印象度が強いですね・・・
 ちなみに富山商業は、1988年にも同じ自由曲を取り上げていて、こちらも1982年と甲乙付け難い
 素晴らしい演奏を聴かせてくれていますけど
 こちらは銀賞に留まっています。
 林紀人先生のアレンジの場合、後半に「タイボルトの死」を持ってきて
 前半に、少女ジュリエット・喧嘩などの短い場面をうまい具合にチョイスする構成が中々
 素晴らしかったですし、
 87年の天理や90年の東海大学第四みたいに「ジュリエットの墓の前のロメオ」を挟む構成も
 あったりして、これも中々しっとりと聴かせてくれますし
 特に東海大学第四の「タイボルトの死」におけるクラリネットセクションの指のパッセージは
 まさにため息もの・・・・実に鮮やかなテクニックでしたね・・・・

 だけどこのバレエ組曲の場合、
 やっぱり定番カットというのか、初めに「モンターギュ家とキャピレット家」を持ってきて
 後半に「タイボルトの死」を持ってきた方が
 劇的効果も十分あるし、音楽が引き締まるような感じもします。

 富山商業の場合
 課題曲D/サンライズマーチは大変堂々として申し分ないのですけど、
 少し勿体なかったのは、トランペット奏者の一人が緊張のせいかはよく分かりませんけど
 終わるタイミングを間違えて吹いてしまい、
 トリオが終わってマーチはまだ続いているのに、一人だけ「ラストの和音」を吹いてしまい
 何かその部分だけ妙に浮き上がってしまいます・・・・(苦笑・・・)
 「モンターギュ家・・・・」は、木管セクションの透明感が良かったですし、そのメロディーラインに融合する
 ホルンとトランペットの高音が大変見事に決まっているけど、その少し甲高い響きが
 「若い二人の宿命」を暗示するかのような「悲鳴」のようにも聴こえて、かなりポイントが高いと
 思います。
 「タイボルトの死」も「鮮やか!!」以外の言葉しか思いつきません・・・・
 それと大変劇的・・・・

 成り行きとはいえ、ついつい家同士の宿敵の息子を殺めてしまったロメオと深い後悔と
 「さてさて、これからどうする・・・」みたいな宿命に立ち向かう決意みたいな「悲壮感」も感じられて
 曲の内容と劇的で悲壮な表現が
 見事に合っていると思います。
 小太鼓がタタタタ・タッ・タッ・ターと執拗に反復する中での金管セクションの高音もほぼ外すことなく
 決まっていました・・・

 82年の富山商業の演奏は、「モンターギュ家・・・」は後年見られたような、フルートソロが入る部分は
 あっさりとカットされ
 勇壮な雰囲気のまま、続けて「タイボルトの死」に入ります。
 また、「タイボルトの死」では、1984年の高岡商業からティンパニーだけの叩き付けのソロが
 入るようなカット・構成が採用されますけど
 この頃は、まだそうした構成はなされていませんでした。

 1988年の富山商業のロメジュリでは
 「モンターギュ家・・・」にフルートソロを入れたり
 「タイボルトの死」にティンパニーのみの打音を入れたりと
 82年の演奏に「相違点」を演出しようとする感じはよく伝わります。
 
 でも、結果的にこの富山商業の演奏をきっかけとして
 ロメジュリの世界とかバレエ音楽「シンデレラ」とか
 歌劇「三つのオレンジへの恋」とかバレエ音楽「道化師」を聴くようになりましたから、
 やはりこの演奏の功績は自分にとってはとても大きいですね・・・・
 その意味でも、既にご逝去されていますけど指揮者の坪島先生とか当時の奏者の方に
 感謝の気持ちで一杯ですね・・・・

 改めて「ありがとうございました!!」とお伝えさせて頂きます。

 | BLOG TOP |