FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/11の「ハピネスチャージプリキュア」は見ていて大満足の回・・・・!!
正直これで最終回と言われても全然遜色の無い素晴らしい回でしたし、
年末のめぐみの大泣き以来、自分の中でモヤモヤしていたものが一気にスッキリと解決した・・・
みたいな感じでした。

全体的な印象としては・・・・・
以前から「プリキュアシリーズ」と「恋愛もの」は相性があまり良くないと書いてきましたし
そうした感覚は今現在も全く変わってはいません。
それでは「プリキュア」として
ここまで幾分捻じれてヘンな方向性にも行きかねない「恋愛要素」に対して
どういう最終提示を示してくれるのか・・・と
ある意味興味津々で見ていたのですけど、
なるほどね・・・・、そういう方向性を提示してくれましたか・・・・
ある意味「プリキュア」らしい素晴らしい提示でしたね・・・・

それが何かと言うと・・・・

プリキュアらしい「人を愛する事ってどんなこと・・・・??」なのだと思います。

そうしたある意味面倒な事を
やっぱり最後に、ハピネスの主人公に相応しいめぐみ(キュアラブリー)を丸々一話使って
きちんと提示してくれた素晴らしい回だと思います。





さて・・・・

誠司が悪堕ちしたその背景にあるものですけど、
改めてそれを整理してみると・・・・

1.ブルーに対する嫉妬の感情

2.めぐみを自分だけのものにしたいという独占欲

3.一人の生身の人間としては、プリキュア達の戦いの役に立っていなかった・・・、むしろ、
  一度ナマケルダによって鏡に閉じ込められたように、むしろ足を引っ張っている・・・
  めぐみが感じていたように
  「自分はプリキュア達にとって役に立っているのか・・・」という劣等感みたいな感情

4.思春期特有の「照れ」みたいな感情

なのだと思います。

ま、正直これらは誰にでもある事で、特段誠司に問題があるとは思えませんし、
それを悪に利用する方があくどいのは言うまでも無い事です。
いわば誠司はそうした「自分のちょっとした心の隙間」を利用された様なものです。

考えてみると・・・・

そうした「人間の心の弱さ」なんて誰もが持っているもの・・・・

「せこい自分・・・」

「都合が悪い事はごまかし隠蔽する自分・・・」

「スケベな自分・・・」

「自分勝手で他人への思いやりを欠く自分・・・」

「自分の事は棚に上げて他人に対する焼きもちばかり妬く自分・・・」

だけど、そういう負の自分もやはり自分に他ならないと思うのです。

「人を愛する」という事は、そういう「負の自分」も含めてそれをひっくるめて愛する事という事なのだと
思います。
人を愛するという事は、表面的な格好の良さ、表面的な聖人君子づらだけを対象にするのではなくて、
その人の「負の部分」もまとめて「全てを受け入れる」という事なのでしょう・・・・

「相手の全てを受け入れる」事・・・、それが究極の「愛」の姿なのかな・・・・??

大変古い話で申し訳ないのですけど
私が大学生の頃あたりに大人気コミックであった「めぞん一刻」なのですけど、
あれも最後はそんな感じもありましたね・・・・
響子さんに対するプロポーズの言葉の中に確か
「あなたと出会った頃には、既にあなたの心の中に亡くなったご主人が存在していた・・・・
だから自分は、ご主人が心の中にいるあなたを含めて、あなたが好きだ・・・
自分は、あなたの心の中で生き続けているご主人と共にあなたを生涯大切に守っていく・・・」みたいな
ものがありましたけど、
ま、あれも言ってみれば
「相手の全てを受け入れる」という事でしょうけどね・・・・


18e54dac_convert_20150113202121.jpg


48c958c1_convert_20150113202218.jpg


それにしてもやっぱり「キュアラブリー」はハピネスの物語の主人公です。

そしてその主人公に相応しい提示を示してくれました・・・・

今回の話を見ていて、少し古い話ですけど、何か妙に2代目プリキュアのSSにおける
中盤回の満と薫との対決の回を思い出してしまいます・・・・

あの時・・・・

咲と舞は、満と薫に対して
「うちの店のパン屋を手伝ってくれた」

「妹のみのりをかまってくれた」

「傘をさしてくれた」

「一緒にスケッチに付き合ってくれた」などと

日常の細かいエピソードを引き合いに出して
「そういう日常の小さな出来事がとても楽しかった・・・」
「あなた達もそういう小さな日常の出来事が楽しかったでしょう・・・」と諭し

「そんなちっぽけな事・・・」とため息をつく満と薫に対して

「ちっぽけな事ではない・・・」と言い切った咲の姿が重なります。

ラブリーの
「一緒に学校に行くこと、一緒にご飯を食べること、一緒におしゃべりすること、
一緒に生きることそのものが愛。そして誠司が今までずっとたくさんの愛をくれていたことも。
誠司、ありがとう。いっぱい…いっぱい…愛をありがとう」
「私…自分の願いを見つけたよ。私の願いはぴかりヶ丘でみんなと幸せに暮らすこと。
友達と家族と、誠司と一緒に生きていくこと」
という言葉が「全て」なのだと思います。

この物語の最終到達点は、この言葉に尽きるとさえ感じました。

めぐみが一年間かけて「プリキュア」として学んだことは色々あるとは思いますが
やはり最終的にはそこなのだと思います。

日常の中の何気ないありふれた光景・・・・

「日常の中の何気ない幸せ」、それこそが初代プリキュアからハピネスに至るまで
歴代プリキュアの中で脈々と受け継がれてきた素晴らしい伝統なのだと思いますし、
この11年間全くその点だけはぶれる事がなかった「プリキュアの素晴らしさ」なのだと思います。
この「日常の中の何気ない幸せ」というのは、
シリーズによっては、「笑顔」とか「ハッピー」とか「ドキドキ→胸の高まり」とか色々と表現は
変わってはいるのですけど
基本は全く同じだと思います。

とにかくハピネスでもこの良き美しき伝統が忠実に守られていたのは、「さすが・・・!!」としか
言いようがないと思いますし、
プリキュアは全然ぶれないですね・・・!!

「人を愛する事」ってなーに??という問いについては・・・・

前述の通り、悪い事を含めて相手の全てを認めて受け入れる事なのだと思いますけど、
「人を愛する事」には特別の覚悟も特段の資格も必要無いと
私は思っています。

相手を全て許容し受け入れた上で・・・・

「一緒にいて何かホッとする・・・、安心する・・・」

「一緒にご飯を食べるといつも以上に美味しく思える・・・」

「一緒にいるだけで楽しい気持ちになれる・・・」

「空気がやわらぐ感じ・・・」

小さな日常の出来事を通してそのように感じる事が出来たならば
それこそが「愛」が具現化したものなのだとさえ思います。
ま、要するに「夫婦一緒に仲良く元気で」というコツは、その辺りにあるのかもしれませんけどね・・・

だからこそ、肩に力が入りまくった覚悟とか愛する資格なんてのは「クソくらえ・・・!!」みたいな感じもあります。

要は、めぐみと誠司ではないけど
「幸福の青い鳥」ではないけど、
「幸せ」とは意外とすぐ目の前にあるものなのかもしれませんよね・・・・
だからこそ、気合入りまくりの覚悟なんて要らない・・・・
必要なのは、「一緒に楽しめて共感できる自然な雰囲気」なのだと思います。

クィーンミラージュ、そしてレッドが言う
「愛は幻、幸せは一瞬」というのは、別に間違った事を言っているのではないと思います。
それは、あくまで「出会った初期の頃の話、熱に浮かされている頃の話なのだと思います。
だけど・・・・
「愛」というものは、そんな熱いものではない・・・・
そんな浮ついたものではない・・・・
それは、前述の通り、「日常の小さな出来事」という「現実」の積み重ねなのです。


0021f1df_convert_20150113202148.jpg


ここから先は余談になってしまいますけど・・・・

誠司が幼い頃に訪れた際の氷川道場にいた幼い頃のいおなは可愛かったですね・・・・
(現在もいおなは可愛いですけどね・・・)

今回の話で
めぐみが「びかりが丘でこの先ずっと誠司と生きていく」みたいな話がありましたけど、
幼い頃とは逆方向の発想で
もしも、10年後にハピネスのメンバーが同窓会をしたら・・・という脳内妄想をしてみると・・・・

いおな→氷川道場で「師範」の日々、だけど傍らには将来を誓い合った海藤が微笑んでいる・・・

ひめ→ブルースカイ王国で、花嫁修業の日々・・・

ゆうゆう→姉と一緒に大森食堂を切り盛り・・・・、彼氏は・・・、うーん不明・・・・??

めぐみ→誠司の大学卒業と共に入籍・・・、そして既に二人の子持ち・・・・

という感じもありますね・・・・・(笑)

スポンサーサイト



「ハピネスチャージプリキュア」も残り2回で最終回・・・・
本当に名残惜しいものがあります。
そう言えば昨年の今頃も、「ドキドキプリキュア」の最終回間近の頃は、
「歴代でも極めて珍しいこんだけ優秀で聡明なプリキュアの物語が終わってしまうのは、本当に残念・・」と
思っていて、
ハピネスの物語が始まって第一話にて、
開始から5分も経たないうちに
プリンセスの「全戦全敗」とか
フォーチュンの
「私はあなたを許さない、絶対によ!」発言とか
プリンセスの「また負けた―」発言とかを見ている内に
「おいおい、今度の新しいプリキュアは大丈夫かいな・・・・、こんなポンコツばかりで・・・
まじでドキドキとはエライ違いだな・・・・」と感じ、
「ドキドキが終わった事は、本当に残念だったな・・・」としみじみ感じていたものですけど
早いもので・・・・・
あれから既に一年が経過しようとしているのですね・・・・

「ハピネス」の次のプリキュアとして「プリンセスプリキュア」が既にスタンバイOK状態で、
それはそれですごーく楽しみなものがありますけど、
毎年そうなのですけど、
「プリキュア」を表の顔とすると
「プリキュア以外のアニメ」も結構色々と見ていたりするものでして、
それはそれですごーく楽しみです。

最近では・・・・

2012年では、例えば「謎の彼女X」とか「氷菓」・「あの夏で待っている」・「えびてん」とかが結構好きでしたね。
2013年では、「デート・ア・ライブ」・「絶対防衛レヴィアタン」・「物語シリーズ~セカンドシーズン」・
「凪のあすから」・「ささみさん、頑張らない」・「フォトカノ」・「変態王子と笑わない猫」あたりが好きでしたし
昨年は・・・・
リアルタイムでは無かったですけど「ガールズ&パンツァー」が素晴らしかったですし、
「ニセコイ」・「いなり、こんこん、恋いろは」・「ガールフレンド(仮・「月刊少女野崎くん)がとても印象的でしたね。

今年は・・・・

何と言っても「艦これ」が今とっても気になっています・・・・

これゲームでは大変な人気ですよね・・・・





CIMG7986_convert_20150113200920.jpg


そうそう・・・・

昨年の終わりから結構気になっているのが
「ラブライブ」ですね・・・・

この種の集団系のアイドル育成系は、アイカツとかプリパラとか正直あまり好きなジャンルではないのですけど、
なぜかこの「ラブライブ」だけは気に入っています。
これ、リアルタイムで見たかったですね・・・・

何か最近これも妙に気になっていて
最近、リサイクルショップでこの「ラブライブ」の3枚セットのミニタペストリーが180円で
売られていたので
ついつい買ってしまいました・・・・(苦笑・・・)

ま、私の場合、
あくまで「大本命」の意中の人は「プリキュア」・・・・

これは多分絶対的に不変なのですけど、
「お節に飽きたらカレーね・・・」の宣伝文句ではありませんけど
(これは既に古いかな・・・既に死語の世界なのかな・・・)
「プリキュア」にすこーし飽きたら、別のアニメもね・・・・という感じなのかな・・・・??

「スペイン奇想曲」(リムスキー=コルサコフ作曲)というと個人的には大変思い入れがある曲です。

というのも・・・・

高校3年の最後の定期演奏会の曲の一つがこの曲でして、
当時ポンコツクラリネット奏者ではありましたけど、
「スペイン奇想曲」のあのクラリネットのソロを是非挑戦してみたい・・・という気持ちは少なからず
持っていたと思います。
あ・・・、お断りしておきますけど
原曲の「スペイン奇想曲」は主にヴァイオリンがソロパートを担当するのですけど
吹奏楽アレンジ版の場合、どうしてもヴァイオリンパートはクラリネットが担当する事が多いのですよね・・

当時「スペイン奇想曲」というと、
私にとっては1981年の中村学園が一つの「モデル」みたいな感じはありましたね。
その頃は「スペイン奇想曲」というと山王中学校が断トツ・・・みたいな感じもありましたけど、
自分としては、中村学園のややダーダー吹きみたいな少しリズムがベタベタしたようなあの感じが
結構気に入っていました。
中村学園のあのソロを担当したクラリネット奏者はすごいですよね・・・・ソロはほぼ完璧!!でしたね。

自分達の高校は、スペイン奇想曲から第三~第五楽章のいわゆるコンクールバージョンを演奏
したのですけど、
問題は「クラリネットのソロ」をどうするか・・・という事でした・・・・
何分田舎の県立男子高校で、元々クラリネット奏者は慢性的に絶対的不足・・・・
とても一人であの難解で華麗なソロを吹ける力量の奏者はいなかったので、
指揮者とも話し合った末に、結局は3人の3年生が、「一人ずつ一つの楽章のソロを担当する」という事になり、
あみだくじで誰がどの楽章を担当するか決めました・・・・(苦笑・・・)
私としては、超絶的テクニックを要求される第三楽章だけは絶対に嫌・・・・
やるならば、パックに一つの楽器も存在しない、正真正銘のカデンツァみたいなソロがある第四楽章を・・・と
思っていたのですけど
結果として一番無難な第五楽章を引き当て
内心「ホッ・・・」としたものです・・・・
ま、それでも第五楽章のソロは数か所もあるし、結構大変でしたけどね・・・・

だけど・・・・

これって練習中とかリハーサルでもよく指摘されたのですけど、
3人の音色が異なる奏者がそれぞれの「考えや美感」をもってソロにあたるのですから、
楽章ごとに違った音色のソロが展開され、
聴き方によっては「全然統一感が無い・・・」と思われますけど
後にその定期演奏会の録音を聴いてみると
「確かに、三者三様・・・・というかバラバラ・・・・」みたいな感じはありましたね・・・
よくOBからも「一人の奏者が担当した方がいいんじゃないの・・・」とも言われたものでしたけど
ただ・・・当時としては3人とも「一人であのソロを担当するのは正直荷が重い・・・」という気持ちしか
無かったですね。
ま、結果として「一人が一つの楽章を責任もって担当する」という方針がうまく機能し
本番では3人ともノーミスだった・・・というのは一つの救いでしたけどね・・・・
あれって今振り返って見ても、
第三楽章は、とにかくひたすら前向きに前へ!という一直線の駆け抜けるソロ
第四楽章は、やや武骨で不器用な感じのするソロ
第五楽章(→一応、私です・・・)の中村学園みたいにダーダー吹きというかふわっとした感じの音色と
本当に統一感が無いですね・・・・(苦笑・・)

ま、だけどそれも今となっては「いい思い出」です・・・・

この時のアレンジは確かハインズレー編曲だったかな・・・・

この編曲版では二つほど問題があって、
一つは第四楽章にて、原曲でハープが華麗にカデンツァしている部分は、ハープがそのまんま指定
されているのですけど、
そんな高級楽器、こんな田舎のポンコツ男子高校にないない・・・、ある訳ない・・・
仕方ないので、この部分は、そっくり「ヴィヴラフォーン」で代用・・・・(苦笑・・・)
二つ目ですけど、
第三楽章は、ハインズレーの編曲の楽譜をそのまんま演奏すると、
メロディーラインは・・・・、何とソロを担当する1stクラリネットの3人のみ・・・・
あと残り全員は、「リズム担当」という何ともバランスの悪いものでした・・・・
そこで、第三楽章は(本当は著作権上ダメなんですけど・・・)
結構自分達で色々とアレンジしましたね・・・・(苦笑・・・)

指揮者は、音楽の顧問の先生がいないため、コンクール同様、生徒が振ったのですけど
一度その指揮者が風邪でダウン・・・・
指揮者ダウンの際は、(ポンコツでも雇われマダムでも)部長が振るというしきたりがあった関係で
一度だけこの「スペイン奇想曲」を指揮した事があるのですけど、
気持ちいいですね・・・・!!
いつもの演奏ですと、どちらかというと「優雅なスペイン・・・」という感じなのですけど、
自分が振ると・・・
まー、テンポをかっ飛ばしまくり、とにかく「一直線に一気に駆け抜ける」みたいな情熱的なスペインに
なってしまいましたけどね・・・・


7.尼崎西高校

 B/スペイン奇想曲

 実は・・・・
「スペイン奇想曲」は1982年にこの尼崎西高校が演奏して以降は一度も高校の部では
演奏されていません・・・・
何か勿体無い気もしますけどね・・・・
でもこの曲は、現在でも吹奏楽コンクールの自由曲としてよーく演奏されていますよね。
確か昨年の全国大会でも中学の部で演奏されていましたね。
そう言えば・・・
1986年の全国大会・中学の部は、この曲が大人気で4チームがこの曲を自由曲に演奏していましたね。

尼崎西高校の演奏は・・・・

一言で言うと大変アクの強い演奏で、課題曲と自由曲共に大変「個性」が強い演奏になっています。

課題曲は、幾分「洗練さ」・「音色の統一感」にやや欠けるものがあるものの
指揮者のアクの強さが全体に漲っていて、
圧倒的な威圧感で終始この難解な課題曲を押して押して押しまくっていたような印象があります。
とにかく「攻める演奏」でした。
自由曲は、そうした積極性の他に「スピード感」がプラスされて一層素晴らしいものに
なっていたと思います。
一つ難点を言うと、音色が少し粗いかな・・・・
いかにも「管楽器のむき出しの音・・・」みたいな感じもあり、
少しゴツゴツした響きではありました。
だけど、それがスピード感とリズムの切れが生命線でもあるこの自由曲の「スペイン奇想曲」においては
かなりプラスの方向に作用し、
とにかく爽快なスピード感が溢れる生き生きとした演奏を聴かせてくれました。
ま、こういう音色と指揮者のアクの強さでは、
例えばラヴェルの「ダフニスとクロエ」とか「スペイン狂詩曲」をやってしまうと、
多分サウンドが全面崩壊してしまうのでしょうけどね・・・

奏者も一人一人が「自信満々!!」みたいな感じで吹いていたのも印象的でしたね。

クラリネットの例のソロも
(後で述べますけど第四楽章のカデンツァ以外では)大変堂々とした気持ちの良いソロを
聴かせてくれましたし、
金管の鳴り・バランスも申し分ありませんし、
タンバリン・カスタネット等の打楽器の響かせ方も「ラテン系」のノリの良さを感じさせる
大変気持ちのよいものでした。
他の学校の演奏では、あまり聴こえてこない「オーボエ」もクラリネットの陰に隠れることなく
存在感を十分アピールしていましたし、
ラストのコーダも全員が一つの気持ちになって一直線に駆け抜けてくれて好印象です。

一つだけ残念なのは・・・・・

第四楽章のカデンツァの部分でクラリネットがかなり強烈な「リードミス」をしてしまった事かな・・・・

あれはホント、惜しい・・・・

だけどそれ以降はミスも無く、そうしたミスに動揺する事なく堂々と残りのソロも吹ききったのは
素晴らしいと思います。

だけど・・・・

尼崎西の演奏を聴いた、うちの学校で同じく第四楽章のソロを担当していたクラリネット奏者は・・・・
相当ヒビっていましたね・・・・
尼崎西のあんな上手い奏者ですら本番でミスってしまう・・・・
本当に自分は大丈夫なのか・・・・と
定期演奏会の本番開始30秒前でもステージ上でブツクサ独り言を言っていましたから・・・・

 | BLOG TOP |