FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.屋代高校

 B/交響曲より第三楽章(松村禎三)

 最近の記事でも書いたのですけど、
 この年の仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲と次の演奏団体の屋代高校の松村禎三/交響曲の
 演奏によって、自分自身が邦人現代音楽に興味を持つようになった経緯があるため、
 この屋代高校の演奏は、仁賀保高校の演奏と共に自分にとっては大変思い入れのある曲の一つです。

 以前何かの本で読んだのですけど
 (立ち読みだったため、本のタイトルは忘れました・・・、確か邦人作曲家に関する著作だったような・・・・)
 松村禎三氏自身、1982年の全日本吹奏楽コンクールの高校の部を聴きに
 普門館の会場に自ら足を運び、その屋代高校の演奏を聴き、大変満足されたとの記述が
 確かありました・・・・
 これって結構すごい事かも・・・・
 もしも自分が演奏する立場だったら・・・、もしも事前に作曲者自ら普門館まで足を運ぶという事を
 知っていたとしたら・・・・
 うーーん、ものすごーくプレッシャーが掛るかもしれませんよね・・・・
 松村禎三の交響曲自体、吹奏楽コンクールで演奏される事は・・・・
 うーーん、ほとんどありません・・・・
 過去の吹奏楽コンクールにおいて松村禎三の交響曲が演奏されたことは2回のみ・・・・

 しかし・・・・

 その2回とも支部大会を通過し全国大会で演奏されています。
 一つが屋代高校で、もう一つは1983年の東海大学です。
 ちなみに東海大学は第一楽章の方を演奏しています。
 私は個人的には、屋代高校の演奏も東海大学の演奏も両方大好きですし、両チームとも
 松村禎三の「すさまじいエネルギーの力」の世界を見事に表現していると思います。

当時の東海地区の高校の部は・・・・・
名電・浜松工業・東海第一の三大巨人がしのぎを削っていましたが、浜工と東海第一を
蹴落としての全国出場はお見事だと思います。
というか、長野県の普通の県立高校で、特に音楽的教育を日常的に受けていない生徒の皆さん方が
ああやって松村禎三の交響曲の世界を見事に表現されただけではなく、
結果的に吹奏楽コンクールの名門校を撃破しての全国大会出場は大変立派な事だと思います。
この事実は、同じく田舎の県立高校の楽器も予算も実績も何もない吹奏楽部員に対して
どれだけ「希望」を与えてくれたものか・・・・
そういう意味でも、この屋代高校とか仁賀保高校の演奏は大好きですね。

松村禎三の交響曲は、個人的に大好きな曲の一つです。
残念ながら生で聴く機会は極めて少ないのですが、
一度だけこの曲を聴く機会に恵まれました。
確か1992年の冬だったと思いますが、
都響のサントリーホールにおける定期演奏会にて、「オール松村禎三プログラム」が組まれました。

曲目は・・・・

〇管弦楽のための前奏曲

〇ピアノ協奏曲第二番

〇交響曲

でした・・・

松村禎三は、後に交響曲第2番を発表していますけど、
この都響の演奏会の頃とか1982年の屋代高校の演奏時においては、2番はまだ未発表でしたので、
この時点では「交響曲」という表示になってしまいます。

私、この松村禎三の作品展を聴きに行くため、
1992年は山梨県在住でしたけど、
「都内の叔母が危篤状態・・・」と大嘘をつき、有給を取得し、わざわざこの演奏会を聴くためだけに
上京したものです・・・・
ま、ちなみに私が過去において、有給休暇を取得したのは、
後にも先にもこの一回のみです・・・・
というか、日本社会においては、ほーんと、「有給休暇」は取得しにくいですよね・・・・

松村禎三の「交響曲」は生で聴くとすごいエネルギー感を感じますね。
熱気というか、内面的な充実感をものすごく感じる曲です。
第一楽章と第三楽章の「和のすさまじい破壊力・パワー」もいいけど、
両楽章の間に挟まれた静粛感の漂う第二楽章も短いのですが
印象的です。
でも圧巻は第三楽章ですね・・・・・
第二楽章から休む間もなく続けて演奏されるのですけど、
クラリネットのつぶやくようなソロから始まり、
段々と盛り上がっていき、戦場での馬の悲鳴・雄叫びのような展開を経て
少し静かになって突然和音を叩きつけて終わるという感じなのですが、
本当にこのエネルギーにはただただ脱帽するしかないです。
打楽器みたいに形で使用されるピアノとか二台も使用されるコンサートチャイムとか
トムトムと小太鼓のロックみたいな響きとか
確実に「何か」は伝わってくる曲だと思います。

屋代高校の演奏は確かに難もあります。
木管楽器、特にクラリネットセクションがあまりにも貧弱というか、音が薄過ぎ・・・・
特に冒頭部分なんか、あまりにも貧弱すぎて
「サウンドがうすべったい・・・平板・・」みたいな印象を与えてしまいます・・・・

だけどffでのパワーは原曲に迫るものもあります。
アレンジも原曲を再現しながらも、独自のカラーも出しています。
いい例がコンサートチャイムの使い方だと思います。
中間部での強奏において、原曲では、ピアノがそのリズムを支える役割がありますが、
屋代高校では、ピアノの代わりにコンサートチャイムを何と二台も使用し、斬新な響きを
展開させていきます。
チューバなどの低音楽器も比較的大胆に使用し、重圧感も醸し出していたと思います。
「ヒヒーン」とも聞こえる馬の悲鳴みたいなトランペットのトレモロとか
ラスト近くの小太鼓の凄まじいロール
ラストのコンサートチャイムの荘厳な響き
打楽器セクションの圧倒的存在感
一旦静粛になった部分でのオーボエのつぶやくようなメロディーの詠い方
大胆不敵とも感じられるチューバセクションの低音の響かせ方・・・などなど
全てが光り輝いていました・・・・!!

屋代高校の場合、中間部とか終結部のffの表現・雰囲気が実に素晴らしかっただけに
音の薄い部分に対して、もうひと工夫あると
もう少し高い評価を受けていたかもしれません。
強奏と弱奏の対比にもう少し「鮮やかさ」とか「恐ろしいぐらいのダイナミックスレンジの幅の落差」が
あると一段と演奏に凄味が出てきたようにも思えます。

だけど、松村禎三の「和の圧倒的エネルギーの世界」をあそこまで的確に表現し、
確実に聴衆に対して「何か」を伝え、
あの演奏から既に33年以上経過した現在においても
「私」という存在に今でも「感銘」を残しているのは、
あの屋代高校の演奏なのです。

とにかく屋代高校は、普通の先生と生徒たちが夏の間に手作りで自分達の音楽を作り上げ
自分達なりに表現できたと言う意味で本当に素晴らしいと思いますし、
1982年の全国大会で見事に松村禎三の世界を表現された屋代高校の指揮者と生徒の皆様に
33年後の私が埼玉の地から心の底から敬意を表したいと思います。

本当にありがとうございました!!

結果として、評価としては銅賞なのですけど、
そんなのこの演奏の前では全く無意味に感じます。
だって、コンクールの評価とは、絶対的なものではなくて、あくまで複数の審査員の点数を集計した数値を
相対的に評価しただけのもの・・・
少なくとも、「私」には、銅賞以上の何か大切なものを間違いなく
伝えてくれました。
スポンサーサイト



お正月休みの間は、何か色々とアニメばかり見ていた・・・・という感じなのですけど
(ま・・・、大半はプリキュアシリーズでしたけど・・・)
それ以外に見ていた作品の中では、
「ガールズ&パンツァー」・「ニセコイ」・「偽物語~物語シリーズ」が特に素晴らしかったですね。
その中でも際立っていたのが・・・・
「偽物語」の中の「月火フェニックス」でしたね。

ま、あれは見る前から
色々な方が既に記事にされていて、
「歯磨きシーンは物語シリーズの中でも圧倒的に人気があるシーン」とか
「物語シリーズの中でも屈指のエロシーン」とか言われてはいますけど、
「その通り!!」としか言いようがないですね。

物語シリーズは、2013年のセカンドシーズンから見始めましたので
ファーストシーズンは、2014年の一年間をかけてじっくりと見させて頂き、
その最終上げが「偽物語」という感じだったのですけど、
とにかく例の「歯磨きシーン」は、凄まじかったですね・・・・(笑)

うん、確かにあのシーンは物語シリーズ屈指の名シーンであり、
内容的には・・・・R10指定にされても文句が言えないほど素晴らしい「エロシーン」の連続でしたね・・・

あれは・・・本当にお正月早々
「いいものを見させてもらった・・・」
「ごちそうさま・・・!!」という感想ですね。

物語シリーズのファーストシーズンは、戦場ヶ原ひたぎとか羽川翼の時のように
かなりシリアスで重たい話も多いのですけど
(ちなみに私の中では、「物語シリーズ」で一番大好きなヒロインは、戦場ヶ原ひたぎに尽きますけどね・・・)
この「偽物語」は、正直・・・・
うーーん、別に無くてもストーリーの大勢に影響は全く生じない
どちらかというと「膨大な無駄話」というか「番外編」というのか「エピソード」という感じが
漂います。
ま、勿論、「戦場ヶ原ひたぎ」を語る上で絶対に外せない「貝木泥舟」は、この「偽物語」で登場しますけどね・・
とにかく印象としては、「偽物語」は一つのファンサービスみたいな感じですね・・・・

「偽物語」は、暦の「でっかい方の妹」の火憐(かれん)がメインキャラの「かれんぴー」と
「ちっちゃい方の妹」の月火(つきひ)がメインキャラの「つきひフェニックス」から構成されますけど、
「かれんビー」はDVD3巻から構成されているのに
「つきひフェニックス」はDVD2巻の収録に留まり、
しかも上巻の方は、
主人公のはずの月火の登場はほんのわずか・・・・
ほとんどが暦と火憐から構成され、
月火の主な登場は下巻から・・・・という何か気の毒な感じがありますね・・・・(苦笑・・・)

その上巻の方に例の「歯磨きシーン」が登場するのですけど
あれを見てしまうと、
正直・・・、下巻の方の
「月火の正体は実は・・・」みたいな物語の核心の話がほとんどかすんで見えてしまいますね・・・・(苦笑・・)

とにかくそのくらい凄まじいインパクトがありましたね・・・・

だって・・・「つきひフェニックス」の上巻の中の丸々一話をそっくり「歯磨き」だけで
使っていますからね・・・・





o0600043612002539505_convert_20150113133643.png


o0800045011820640852_convert_20150113133716.png


ま、話としては・・・・

火憐が兄の暦に
暦の知り合いの神原駿河を紹介して欲しいと依頼をするものの、
エロの塊りでもある(?)神原を妹に出来れば引き合わせたくない暦は
「暦が火憐の歯を磨いて5分間耐えることができたら火憐の勝ちで、神原を紹介をする。
 5分以内に音を上げたら暦の勝ちで、紹介はしない・・」と持ち掛け
「歯磨きプレイ」を開始する・・・

そういう話です。

暦に言わせると・・・
「歯磨きを他人に任せるという経験は、通常ありえるものじゃない。
散髪やマッサージとかと違って、普通は自分でできるし、自分でやるもんだからな。
つまり、他人に歯を磨かれる行為にはかなりの心理的抵抗が生じるってことなんだ」という事なのですけど

ま、一つの「羞恥ゲーム」みたいなものなんでしょうね・・・・

だけどその「歯磨きプレイシーン」が実にエロ過ぎて、こわい・・・・・(苦笑・・・)

シリーズでも珍しくスカートを穿いていた火憐が妙に珍しく可愛く見えたというのもありますけど、
あれは・・・・
とにかく火憐の声優さんの喜多村英梨さんの「あえぎ声の演技」がまさに「神業」の域に達する
「迫真の演技」でしたね・・・・
とにかくあの喘ぎ声は・・・・
うーーん、妄想エロに浸りがちな(?)中学生・高校生には
聞かせてはいけませんね・・・・
喜多村さんは、フレッシユプリキュアで「キュアベリー」も演じられていましたけど、
あの声は・・・
うーーーん、プリキュアでは「厳禁」でしょうね・・・・(苦笑・・・)

ちなみに・・・・

その出来は、原作者の西尾維新も
「ここまで過激だったか?」と原作を読み返したほどだった・・・・という話が残されています・・・
ちなみに、原作者の担当編集が物語シリーズを通じて一番絶賛したという
エピソードも残されています・・・・


001_convert_20150109163804.jpg


うーーん、だけど、
あそこまで「歯磨きシーン」が凄いと、
「つきひフェニックス」の主人公の月火が少し気の毒・・・・(苦笑・・)

ま、だけど、月火は・・・・・

物語シリーズの中でも屈指の「キレキャラ」というか、
あの凶暴さは・・・・
うーーん、もしかして戦場ヶ原姉さんよりも怖いかも・・・・

そんな中・・・・

先日いつもの中古おもちゃショップで月火のミニフィギュアが100円で売られていましたので、
ついつい「つきひフェニックス」での冷遇(?)が可哀想になって、
思わず買ってしまいました・・・・

でもやっぱりフィギュアの世界でもも月日は凶暴でした・・・・・(苦笑・・・)

「つきひフェニックス」では、
影縫余弦(かげぬいよづる)と斧乃木余接(おののきよつぎ)も初登場するのですけど
その二人すらもかすんで見えてしまうからな・・・・
やっぱりあのシーンはすごい・・・・・
御用始め以降初めての休日です。

やはりあれですね・・・

年末年始の一週間の休みで一日アニメ視聴三昧+食っちゃ寝のぐーたら生活をしたあとに速効で
現実の仕事モードに切り替えてしまうと
やっぱり色々と無理が生じてしまいましたね・・・
6日しか仕事していないのに、何か新年早々「へろへろモード」になっています・・・

しかも・・・・

悪い事に社内では、既に3人インフルエンザのため出勤停止になっています。
(ニュースを見てみると、なぜか埼玉の発症率とか学級閉鎖の数は高めなんですよね・・・)
しかもその3人が、隣・真後ろ・真向いですので、
自分がいつインフルエンザに発症してもおかしくないな・・と思っていました。
そうしたところ、1/12に会社に戻ってみると
何やら「悪寒」が・・・・
熱は無いけど、体が何か寒くてガタガタしている感じ・・・・
「これはまずい・・・」と思い、早めに帰宅したのですけど、
家に戻ると、なぜか強烈な睡魔が・・・
速効で寝てしまったのですけど、気が付いたら翌日の昼近くになっていました・・・・(苦笑・・)

あらら・・・、そうなると私、昨晩から実に14時間も爆睡していたのですね・・・・

「我ながら、よく寝れるもんだ・・・」と妙に感心しますけど
ま、「寝る子は育つ・・・」と言いますから・・・・、てもう「育ち盛り」はとっくの昔に完了していますけどね・・・(苦笑・・)

ですけど、

目覚めてみると、風邪らしい症状も何もないし、熱も悪寒も全くなく
「あ・・・、よかった・・・風邪でもインフルエンザでもなかったんだ・・・」と安心しました。

だけど、14時間とは我ながらよく寝たもんだ・・・一度も目覚めていない中で
連続して14時間だからね・・・、ある意味すごい・・と
やっぱり思ってしまいますね・・・

 | BLOG TOP |