FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


新年最初のハピネスチャージプリキュア・・・・

これで後残り2回で最終回・・・・

うーーん、実に名残惜しいですね・・・

「スマイル」の時もそう感じていたのですけど、これを1年間で完結させるのは勿体ない・・・
個人的希望を言わせて頂くと、初代やプリキュア5のように
2年間のシリーズでも全然構わないと思いますし、
スマイルやハピネスチャージは2年間見ても多分全然飽きないと思います。
ま、それをやっちゃうと、バンダイはじめグッズの売れ行き等スポンサーが「絶対ダメ・・・」と
言うのでしょうけどね・・・(苦笑・・)
ま、それはあくまで「商業化」という大人の事情・・・・

でもね・・・・

これは何かリアルタイムで見たかったですね・・・・(笑)

ま、本日1/11も朝から仕事・・・

帰宅後にやっと録画しておいたハピネスを見たのですけど、
何か昨年末からモヤモヤしていたものとか引っかかっていたものが一気に「スッキリした!!」という
大変後味の良いものになりました・・・
後は・・・・
ま、全員でレッドをいかに料理するか・・という感じですね・・・・

予想通りの展開なのですけど
めぐみと誠司の二人っきりの会話が実にしびれましたね・・・・

「一緒に学校に行くこと、一緒にご飯を食べること、一緒におしゃべりすること、
一緒に生きることそのものが愛。そして誠司が今までずっとたくさんの愛をくれていたことも。
誠司、ありがとう。いっぱい…いっぱい…愛をありがとう」
「私…自分の願いを見つけたよ。私の願いはぴかりヶ丘でみんなと幸せに暮らすこと。
友達と家族と、誠司と一緒に生きていくこと」

このあたりは、マジにじーーんとくるものはありました・・・・

今回の話の感想については、今回は一旦保留にさせて頂きたいと思います。
改めて、私が休みの日に時間がある時に
じっくりと記事にしたいと思っています。

ま・・・、というか、
「答え」は既に出ていましたけどね・・・
自分のブログの記事でもその「答え」らしきもの→すなわち、チルチルミチルの「幸福の青い鳥」の世界
なのですよね・・・

だけど・・・・

プリキュアの世界観は、初代プリキュアからハピネスに至っても
全くぶれることなく終始一貫していると感じます。

それが何かと言うと・・・・

何気ない日常の中にこそ「幸せ」がある
という事なのだと思います。

あまりにも身近にありすぎて気が付かないもの・・・・

あまりにも当たり前の事過ぎて気が付かないもの・・・・

それが「日常の中の小さな幸せ」だった・・・・

だけどそれこそが最大の「幸せ」なのかもしれませんよね。

人間の能力やキャパには限界があるし、「一兎を追うものは二兎を得ず」の言葉通り
人間と言うものは、あまりにも多様なものを追い求めても
結局大切なものを失う結果にもなってしまう・・・・
だからこそ「日常の何気ない幸せ」を大事にしよう・・・・

そうした事がハピネスのメインテーマでもあり、歴代プリキュアを貫く一つの「信条」なのかもしれませんよね。


フローラ


さてさて・・・・

ハピネスの事を色々と語っている内に

実は・・・・

もう時期プリキュア達はすぐそばに来ています・・・・(笑)

今回の告知は「マーメイド」メインでしたね。
やはりこのお方は・・・変身前は「かれんさん」を彷彿とさせますね。

次期プリキュア達は・・・・

何か学校の制服がとてつもなく魅力的に感じます。

最近のプリキュアは、ドキドキもハピネスも学校の制服は少し普通過ぎて、勿体ないような感じも
していたので、
この制服は実に素晴らしいですね!!

この制服を着た、はるか・きらら達を早く見てみたいものですね・・・!!


一番くじ


ハピネスの余韻に浸って、新しいプリキュアを色々と妄想していたりすると
現実の商業化のアイテム関連においては・・・・

オールスター映画とかそれに合わせた「一番くじ」まで
既に告知されています・・・・・

今回の「一番くじ」で一番欲しいものは・・・・

やっぱり「フィギュア」ですね・・・・

今回は、フローラ・フォーチュン・エースの3種類みたいですけど、
個人的には、「フォーチュン」が何が何でも絶対に「ホッシーワ」(「ホシイナー」・・・??)という
感じですね・・・・
スポンサーサイト



5.仁賀保高校

 B/交響曲より第四楽章(矢代秋雄)

 確か1983年頃に出版されたエイト社の「吹奏楽と11人の先生」という本の中でも登場していた
 仁賀保高校の当時の指揮者の高野豊昭先生のモットーは
 「スピード感溢れるサウンド」という事だったと記憶していますが、
 まさにスピード感溢れる演奏だったと思います。
 更に素晴らしい事は、スピード感だけではなくて
 全体のサウンドの透明感が本当に見事だったと思います。
 サウンドに一点の濁りも無かったと思います。

 1982年の仁賀保の演奏は「スピード感の切れ味の鋭さ+音色の透明さと清潔感」という
 ある意味「無敵な音楽」を聴かせて貰いましたけど、
 残念ながら東北大会でスカ金で全国には進めませんでしたけど
 1985年の仁賀保の課題曲B(波の見える風景)/自由曲 バレエ組曲「火の鳥」は
 まさしくそうした「無敵な音楽」の再現でしたね。
 この素晴らしい音楽は是非普門館でも披露して欲しかったな・・・・
 高野先生はこの後、新屋高校に転任され、この学校で仁賀保高校での経験を更にスケールアップされた
 数々の素晴らしい演奏を私達に残しています。

 だけどね・・・・

 結果論になるのですけど、高野先生はあれだけ全国大会に出場されても
 実は「全国大会・金賞」は仁賀保と新屋での一回ずつで、計2回のみ・・・・
 しかもその自由曲が2回とも矢代秋雄/交響曲ですから、
 この曲と高野先生の相性は相当良かったと思います。
 でも、高野先生は、矢代秋雄の交響曲以外でも数多くの素晴らしい演奏を残していますので、
 演奏と評価が必ずしも一致するものではない事を立証している典型例のような気もします。
 私は、新屋での1992年のB/ガイーヌは死ぬほど好きでしたけどね・・・
 
 とにかく・・・・・

 「惜しい銀賞」を連発されていた印象がとても強い先生ですね。

 話がそれました・・・・

 このネタは以前も記事にしているのですけど、
 仁賀保の全国大会の前の東北大会での演奏を少し振り返って見ると・・・・・

 とにかく課題曲B/序奏とアレグロから既に他チームとは全然「別次元」の演奏でしたね。
 この不協和音のてんこ盛りで変拍子が全体を支配する難しい課題曲を
 聴いていて「難しい!」と全く感じさせない自然なドライヴだったと思いますし、
 やはり「透明なサウンド」が「素晴らしい」以外の言葉が出てきませんね・・・・
 この「透明感」は、いくら褒めても褒め足りないほどの見事なものがありました。
 アレグロに入ってからも、一点の濁りも迷いもなく突き進んでいたと思います。
 そして何よりもその「スピード感」は素晴らしい!!
 自由曲の矢代秋雄の交響曲もほぼ完璧な演奏でしたね。
 全く文句の付けようが無い演奏でした。
 演奏が終始緊迫感に溢れていたのも
 勿論、前半の静かな部分との対比が効果的であった事もあるのですけど、
 後半の「切れのあるスピード感」が大きな要因になっていたと思います。

 細かい話ですが、
 後半のアレグロに入る直前に
 コンサートチャイムが鳴る個所があるのですけど、
 そのチャイムの響きが実に素晴らしく
 原曲のオケの演奏でも、その後何度か聴いた吹奏楽コンクールの演奏でも
 この仁賀保高校の寂寥感を伴ったチャイムの響きを再現できた演奏チームは
 今の所聴いたことがありません・・・
 ラストの金管楽器のコラールもホント、胸にしみましたね・・・
 後日この交響曲は「循環主題」という形式を用いたシンフォニーと知り
 第一楽章のテーマが第三楽章ラストや第四楽章の最後で高らかに再現されるのですけど
 当時、そうした事を全然知らなくても
 「何だかラストは胸に響いたな・・・何という清潔な響き・・」と感じたものでした。

 さてさて・・・・
 そして仁賀保高校はこの年の東北大会で初の全国大会代表を勝ち取り、普門館でプログラム5番として
 演奏をしています。
 (ま、くどいようですが、そのあおりを受けて花輪高校が、あんな素晴らしいウォルトンの交響曲第一番の
  演奏をしたのに、東北大会でスカ金になっています・・・・・泣・・・・)

 勿論、全国大会でも素晴らしい演奏を披露し、全国大会初出場ながら金賞を受賞しています。
 だけど、全国大会は、出演順が早かったせいもあると思いますし
 初出場の緊張感もあったと思いますが
 課題曲B/序奏とアレグロの冒頭のトランペットがまさかのミスがあったり
 なぜかクラリネットが曲のあちこちでリードミスをし、音楽的緊張感を損ねています・・・・
 ピッコロとファゴットのデュエットでファゴットがしくじったりと
 色々と勿体ない部分は相当ありました・・
 だけどこれらのミスを帳消しにしても有り余る「スピード感と透明感」は全国大会でも健在で
 全国大会でも金賞に輝いていました。

 この全国の演奏をレコードで聴いたとき
 「えーー、東北大会の時の方が全然良かった・・・」と感じたものですが
 ま、音楽は生き物であり、
 ライヴ演奏に「予想外の事態」は付き物ですので、
 それは仕方ないと思います。
 全国大会での演奏は、勿論自由曲もよかったのですけど
 課題曲Bの「快速感」はやはり素晴らしかったです。
 個人的には全部門を通じて最高の課題曲Bだったと思います。

 またまた余談ですが
 仁賀保の全国大会の出演順は5番目だったのですけど、
 プログラム6番が長野県の屋代高校で
 このチームもやはり全国は初出場で
 自由曲は松村禎三の「交響曲」第三楽章でした・・・
 偶然とはいえ、矢代秋雄に松村禎三の交響曲が2団体連続で、演奏されたことは
 コンクール史上、後にも先にも無い事だと思います。
 屋代高校は、結果的に銅賞だったのですけど、
 松村禎三の世界を見事に吹奏楽でも再現し、私個人の感想では大変満足感の強い素晴らしい演奏
 だったと思います。
 とにかく1982年という時代において
 矢代秋雄と松村禎三の交響曲に果敢に挑戦していた二つの初出場の学校があったというのは
 今にして思うと、すごい事だと思います。
 そして私自身、仁賀保高校と屋代高校の演奏を通して、
 「現代邦人音楽」に対して興味を持つようになり、
 矢代秋雄・松村禎三・三善晃・吉松隆・伊福部昭・黛敏郎といった作曲家の曲に触れ合うきっかけとなれたことは
 本当に大きかったと思います。

 この仁賀保高校の演奏から既に33年が経過しているのですが、
 この演奏は自分にとっては「永遠不滅」の演奏です。
 指揮者の高野先生や当時のメンバーの皆様に
 時代を超えて敬意を表したいと思います。

 本当にありがとうございました!!

 余談ですけど・・・・

 1982年の仁賀保高校の演奏時のこの矢代秋雄/交響曲のアレンジは、高野先生自ら
 されていたようですけど、
 1998年の新屋での演奏の際は、天野正道氏のアレンジとなっていました。
 率直に言うと・・・・
 この曲のアレンジは、1979年の秋田南と1982年の仁賀保を単純に比較すると
 高野先生の方のアレンジの方が優れているようにも聴こえます・・・
 1998年において、高野先生が天野氏のアレンジを採用したのは、やはり著作権の関係なのでしょうか・・・?

  それにしても・・・・
 
矢代秋雄の「交響曲」は、邦人シンフォニーの中でもトップクラスの名曲だと
 思います。
 この曲は、変拍子・不協和音の炸裂など難しい側面がある一方、第一楽章のテーマが
 「循環主題」のように、第三楽章で変容され、第四楽章の終曲部のコラールでも高らかに
 再現されるなど、分り易い面も多々あります。
 個人的には、第二楽章のティンパニーの「テンヤ・テンヤ・テテンヤ・テンヤ」という特徴ある
 リズムが大好きですし、二楽章のこの特徴あるリズムを前面に出したティンパニーとシロフォンとピアノの
 掛け合いは特に大好きですね。

 矢代秋雄の交響曲は、私が所有してるものは、
 ①渡部さん指揮の日本フィル
 ②佐藤功太郎指揮の都響
 ③湯浅さん指揮のナクソス盤

 ですけど、いずれの盤もそれぞれいい所があってどれも素晴らしいのですけど
 やはり渡辺氏の日本フィルの演奏が圧倒的に素晴らしいですね・・・!!
 しかもこの録音、ライヴ演奏なんですよね・・・・
 ライヴであそこまで精密な作りが出来てしまうとは・・・・
 うーーん、日本フィルもやる時はやりますね・・・・

 ちなみに・・・・

 広上淳一指揮の日本フィルで、この交響曲を聴いたことがありますけど、
 あれも緊張感溢れる素晴らしい演奏でした。

 矢代秋雄自身は、かなり若い時期にお亡くなりになっているのですね。
 矢代さんの作品は、正直この交響曲とピアノ協奏曲と交響的作品しか聴いたことがないのですが、
 それはそうなのです。
 だって、この方は恐ろしいほどの寡作家で、生涯の作品リストも極めて少ないとのことで、
 管弦楽曲はせいぜい10曲程度とのことです。
 だけど、矢代氏は、この交響曲一曲だけでも後世に素晴らしい名曲を残してくれました。
 この事には本当に感謝しても感謝しきれないものがありますね・・・・

 | BLOG TOP |