FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


第10代目プリキュアたる「プリンセスプリキュア」が考えてみると
あと三週間足らずでついに始まってしまいます。
ま、あくまで現在の心境としては、「ハピネスチャージの物語を最後までしっかりと見届けたい!!」という気持ちの方が
圧倒的に強いのですけど
ま、どうしても次回作も気になりますよね・・・・

今回の新しいプリキュアは・・・・

まずは3人体制で始まりそうですけど、中一が2名と中二が1名という構成みたいですね。
何となく第一印象としては・・・・
出来る子2名と出来ない子1名という感じが自分の脳内妄想では漂っていて。
何となくですけど、
「プリキュア間の格差」(・・・・苦笑・・??)が感じられそうな気もします・・・・

ま、それを言ってしまうと・・・
現役のハピネスの物語だって、
優秀な立ち位置のハニー・フォーチュンに対して
ボンコツな立ち位置のラブリーとプリンセスという「プリキュア間格差」は相当なものはありましたけどね・・・・
ま、そうした表面的な「格差」を全く感じさせないで
全員で頑張っていくのがプリキュアらしさ・・・・

新しいプリキュアも、多分そうした方向性になるのかな・・・・

「プリンセスプリキュア」で密かに注目している事は・・・・・
「シリーズディレクター」が田中裕太氏といって
歴代プリキュアの演出に色々と携わっていた方なのですけど、
このお方が「ドキドキプリキュア」で演出を担当された回が、ほとんど全てと言っても過言ではない「神回」の
素晴らしい出来栄え・・・・
特に、まこぴーの新曲発表の回とか六花とイーラの回とか、四葉家お泊り回が
素晴らしかったし
特に特に個人的には、このブログでも何度も取り上げていますけど
まこぴーの新曲発表の回の神がかり的な出来栄えはまさに圧巻でした・・・・!!
あのドキドキの第40話は、歴代プリキュアの中でも確実に自分の中ではベスト5には入ると思います。
そうした方がシリーズ全体のディレクターを担当されますので、
何か嫌でも期待は高まりますし、
またまた一年間を通して「素敵な物語」を私達に提示してくれそうな期待と予感はあります。



縺ゅj縺兩convert_20150110231110


プリンセスプリキュアのピンク系のフローラは、
何か「ごきげんよう・・」みたいな挨拶をするのですね・・・・
ピンク系でこういうお嬢様風な挨拶をするのも珍しい・・・

歴代で「ごきげんよう・・・」みたいな挨拶をされていた方は・・・・

ブッキーというか祈里や四葉ありすが思いつきますね。
確かプリキュア5のかれんさんも何回か言っていたような・・・・・??

だけど、その中では特に「四葉ありす」が印象的ですね。

最近もこの件については少し触れていますけど、四葉ありすのプリキュアにおける
「歴史的意義」は大変大きいものがあると思います。
すなわち・・・・
従来のおっとり・マスコット例の黄色系を
「万能タイプ」に変革させた最初の成功例であり、その流れが
現在のハピネスの「キュアハニー」という歴代であらゆる意味で優秀・・という稀有な存在に
つながっているような気もします。

ま・・、もっとも歴代で黄色系というと、
実は「キュアサンシャイン」という大変優秀なプリキュアもいましたけど、
サンシャインの場合、
初期の頃は・・・、ま・・、半分男の子みたいなものだからな・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

うちの奥様みたいに
「キュアサンシャインだーい好き・・・!!」みたいな人も相当多いと思います。
うちの奥様は、冷蔵庫とか電子レンジの扉や換気扇のレンジフードに
やたら「キュアサンシャイン」のシールをペタペタ貼り付けていますけどね・・・

ま・・・そういう自分自身もそれに対抗して(?)
洗濯機とかプリンターにやたら、ハッピー・メロディ・ラブリー・六花のシールをペタペタ貼り付け
彼女から「Eーーーー加減にしなさい・・・!!」と時折怒られていますけどね・・・・(苦笑・・・)
うちの奥様のお気に入りプリキュアは、ミルキィローズ・サンシャイン・パッション・ビートですね・・・・
彼女が嫌いな(?)プリキュアは、ピース・プリンセスあたりかな・・・・
彼女に言わせると「存在自体信じられないプリキュア・・・」という事らしいです・・・・(苦笑・・)

ま、とにかく「新しいプリキュア」については、
こうやって毎年毎年、
「今度のプリキュアはどんな感じなんだろう・・・」と色々と事前に妄想するだけで
楽しいものですけどね・・・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト



1/10(土)、本日は朝から大宮区エリアに特化した「顧客への新年挨拶回り」の一日・・・・
朝から堀の内~寿能町~浅間町~東町~桜木町~三橋あたりを
クルクルと飛び回っていました・・・・
寿能町~高鼻町あたりを廻っていると
やたらと「人の波」が激しい感じ・・・・

「あれれ・・・」と思っていたら、そっか・・・・この辺りは
埼玉県で初詣の集客数がNo.1の「大宮・氷川神社」のお膝元でしたね。
だけど・・・
それにしても人の数が半端なく多い・・・
既に元旦から10日も経過しているのに
世間では三連休というせいもありますけど、やはり「お参り」に来る人は多いみたいですね。
もしかして・・・・
お正月の間は、帰省とか海外等に行かれた方が、
「三連休の間に、地元の神社にもお参りに行こう・・・」という事で訪れた人が多かったのかな・・・

この神社の参道は
吉敷町あたりからずーーーっと延々と続いていて、駅で言うと2駅くらいの距離は悠にありそうです。
その参道の間には、屋台がずっと軒を並べていて
たこ焼きとか広島風お好み焼きとか焼きそばとかチキンステーキとか焼きとうもろこしなどの
美味しそうな香りにそそられます・・・
寒い日なんか、こういう「温かくて香りが美味しそうなもの」についつい誘われてしまいそうですね・・・・

ま、一応・・・私は仕事中ですので・・・・(苦笑・・)






ま、これも何かのご縁と思い、
御用始めの日の浦和駅周辺の「調神社」に続いて、こちらの氷川神社にもお参りを
させて頂きました・・・・

どうか本年も無事に過ごすことが出来ますように・・・・・(祈・・)

でも参道も境内も大変な混雑でしたね。

ホント、「まだまだお正月は続いている」みたいなのどかな雰囲気が感じられて大変
気持ちはすがすがしかったです。

おみくじとか破魔矢を販売するために一時的な「巫女さん」として雇われた若い女の子たちも
結構いましたね・・・
でも何か「巫女さん」と言うと・・・・
ついつい私なんか、「ハピネスチャージプリキュア」の「クィーンミラージュ」を連想してしまい、
何か一年間の習慣の為か(?)
巫女さんを見るとついつい「愛を失くした哀しい巫女さん・・・」と先代の偉大なるピンク系プリキュアの方を
懐かしんでしまいます・・・(苦笑・・・)


002_convert_20150110180946.jpg


浦和の「調神社」の場合は、大きな特徴として鳥居・大門が無いという事があげられると
思いますが、
大宮・氷川神社の場合、鳥居も大門も絢爛豪華にそびえ立っている印象があります。

何か気持ちとしては、こういう大門をくぐる際は
何か幾分気持ちは引き締まる思いもあります。



003_convert_20150110181038.jpg


大門をくぐると目の前に大きな池が見えますけど、

いかにも寒そうな雰囲気・・・・

だけど、樹木と水と澄みきった空気でもって、何となく「凛とした雰囲気」は確かに
伝わるものがあります。

何か「日本人の心のふるさと」・・・・みたいな感じもしましたね。

元旦以降、これでお参りは三神社で行いましたが、
神頼みはここまで・・・・
後は・・・
神様に見守られつつ、「自分の頑張りと周りの方のご協力」でもってこの一年間を無事に
乗り切りたいものですね・・・!!

 | BLOG TOP |