FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日も本日も寒いですよね・・・

ホント、寒がりの私にとっては嫌な季節の到来です。
しかも今年は事前の「暖冬予報」がほぼ完璧に外れ、
例年以上の「寒さ」がこれからも予想されます。

ううう・・・・、一体どうやって3月下旬まで持ちこたえればいいのだろう・・・・

とにかく厚着しまくり、首にマフラーをかけて
ホント、現在は「着ぶくれ」状態になっています・・・・・(苦笑・・)

だけど最近は・・・・・

足元が冷えて冷えて仕方が無いという感じなので、靴下も2枚履いてしまう時もあります。

でもこれって意外と効果はあり、2枚も履くとさすがに「足の指の先が冷えてどうしようもない・・・」
みたいな症状は大分軽減されます。

でもね・・・・

これをやってしまうと、ま、夜寝ている時はいいのですけど、
昼、仕事中に靴下2枚も履いて車を運転していると、
たまーにですけど
自分がすさまじい厚底ブーツを履いて運転しているような感覚にも陥り、
自分が載せている足がブレーキなのかアクセルなのかたまーに分からない時すらあります・・・・(苦笑・・)

ま・・、いくら寒がりでも、これはまずいですよね・・・・

車を運転する際は、やっぱり靴下は一枚にしておきましょう・・・・・(笑)
スポンサーサイト



1/8に普通に顧客廻りをしていると・・・・

現場監督から連絡があり、非常に嫌な予感がしたものの、℡に出てみると・・・・
「〇〇さんの家で、昨日めったに運転をしない奥さんがバックで車庫入れをしたら、誤って
ブロック塀にぶつけてしまい、
そのブロック塀は部分的に倒壊寸前・・・・
ここの家のすぐ近くに小学校があり、児童の通学路にもなっていて、万が一ブロック塀が倒壊し
児童に怪我でもさせたらまずいから、
大至急、資材置き場に行って、ハンマーを持ってきて
その倒壊寸前の部分のみハンマーで叩き壊し、残骸を回収して!!」みたいな要請が入り、
その監督は、年始の着工の現場が多く、とても行けないというので
仕方なく私が対処する事にしました・・・・

現場に駆けつけてみると・・・・

うーーん、確かに悲惨な状況・・・・

自動車は凹みまくっているし、ブロック塀は1m近く倒壊寸前の状況・・・・

その顧客と色々と打ち合わせをし、
緊急避難的な意味で、とりあえず当社側で無償で危険部分のみのハンマーを使っての撤去処分を
行い、
その後は・・・・
こちらで再度ブロック塀を積み上げた場合と生垣を作った場合の「比較見積り」を作るので
あとはどうするか、よくご主人と相談して決めて・・・・
そして、補修工事をやる場合は、ここまで協力したから、他社への相見積無しで
無条件にうちを指定して・・」と釘を刺しまくり
一応、私自身が下記写真のハンマーを振りかざし
ブロック塀を叩き壊し、
無事に任務が完了しました・・・・






たしか・・・・

昨年12月の記事でも
「ハンマーを使っての植木鉢の叩き割りはストレス発散にもってこい・・・」とか書きましたけど
同様に・・・・
「ハンマーを使ってのブロック塀の叩き壊し」は中々気分爽快ですね・・・・(苦笑・・)

そうそう・・・

ここの家のブロック工事の施工は40年前らしいのですけど、
その当時は
現在のような「短い感覚でブロックの間に必ず鉄の支柱を入れる」というような基準が適用されていない為、
ブロックの間には1.5mも鉄の支柱が入っておらず、
叩き壊す方としては、大変楽でしたね・・・・
一応専門的な話をすると、
1978年の「宮城県沖地震」でブロック塀倒壊による子供の死者が相当出た反省から
「ブロック塀新設の際は、必ず等間隔に鉄支柱を入れる」という基準が策定されましたから、
改めて見てみると、
現在でもそうした古い時代の基準の「遺物」みたいなものが残っているのですよね・・・・

だけどこうやって「ハンマー」を振り回していると・・・・

クラシック音楽の世界でも
打楽器の一つとして「ハンマー」を使い、
曲の途中でこのハンマーを叩きこみ「ドスン!!」とものすごーく鈍い衝撃音を発生させることで
「運命の一撃で倒れる・・・」→「死の暗示」という事で
効果的な威力を発揮している曲もある・・・・という事を
またまたふと思ったものです。
(というか、このハンマーネタは通算3回目くらいかな・・・・でもやっぱりハンマーはそれだけ効果的
なのですよね・・・・)

このハンマーを使う代表例は・・・・

マーラー/交響曲第6番「悲劇的」第四楽章とベルク/三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲が
ありますよね。

ベルクの「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲は
都響の演奏会で視聴した感じとCDで聴いた感じでは、
ハンマーはハンマーでも「何か金属的な打撃音」という印象があります。
金属製のハンマーを金属棒に叩き付けるみたいな打撃音だったような印象はあります。
マーラーの「悲劇的」の場合は、
木製ハンマーを板に叩き付けるという感じでしたね。

さてさて、ベルクの「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲と言うと
やっぱりどうしても1983年の花輪高校の吹奏楽コンクールの演奏を思い出してしまうのですよね・・・・

 このチームは前年度はウォルトンの交響曲第一番を圧倒的名演を成し遂げながらも
 東北大会で涙をのみ、全国大会には進めませんでした。
 その雪辱を誓ってのこの年にコンクールに臨んだと思うのですが、
 大変な路線変更を行っています。
 だって、自由曲は、無調音楽バリバリのベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」ですから・・・
 ベルクは、21世紀に入って秋田南が「ルル」を演奏した事がありましたが、この時代に
 こうした無謀な選曲をする事がいかにも花輪というか、指揮者の小林先生らしいと思います。
 最初この自由曲を聴いた時、当時は無調音楽とかベルクとか知る由もなかったので、
 「あー、花輪も前年のスカ金に懲りて、今年は行進曲みたいな爽やか路線で行くのかな」と
 思っていたら、ああいう無調音楽バリバリの路線でしたからね・・・
 最初にあれを聴いた時は・・・・
 「なんじゃ・・この陰鬱な曲は・・・」という感じでしたね。
 だけど、この曲、本当に陰鬱な曲で聴いていて生きているのが嫌になってしまいそうな曲ですね。
 前述の通り、途中でハンマーの叩きつけというすごいインパクトのある部分が出てきますが、
 もしかしてマーラーの交響曲第六番「悲劇的」の第四楽章と同じ効果を意図したものかも
 しれませんよね。マーラーとベルクは交流があったようですし・・・

 演奏自体は、正直評価するのに悩む演奏でしたね・・・
 課題曲のヘンな印象が響いて銅賞になったのかなとも思えます。
 曲のラスト近くで一旦静粛な世界になったと思ったら、突然ドラと金管が咆哮して絶叫していくような
 終わらせ方は、やはりマーラーの交響曲第六番の終わらせ方と似ているとも
 思えます。

 何かこの曲を聴くと、いつも思い浮かぶ場面があります。
 この曲は「全員うつむいてトボトボと暗い顔で歩く」というイメージがあるのですが、
 1984年に大学受験で、朝霞台駅からキャンパスまでの長い田圃道を歩いている時、
 ハッと後ろを振り帰ると、全員暗い表情でトボトボと歩いていました。
 その際、なぜかこの花輪高校のベルクの陰鬱な行進曲の世界が頭をよぎったものです。
 ちなみに朝霞台駅やその周辺も現在は随分とおしゃれな感じになっていますね・・・・


 あ・・・・何か建築現場の「ハンマー」とベルクにマーラーに、そして吹奏楽の花輪高校・・・・

 うーーーん、我ながら「支離滅裂」の記事ですね・・・・(苦笑・・)
〇東海大学第一中学校

 C/管楽器と打楽器のための交響曲第2番より、第Ⅱ・Ⅲ楽章(チャンス)

 個人的に大好きな曲を全国大会で演奏してくれていて、とても強く印象に残っています。

 あ・・・、というか曲の方ね・・・・

 演奏は・・・・

 うーーん、課題曲共々「薄口」すぎて、表現を変えると綺麗ごとに収まり過ぎて
 あまり印象に残っていません・・・
 何となくですけど、楽譜に書いてあるドレミ・・を特に工夫無く
 音にしただけ・・・という印象はありました。
 ま、元々持っている技術が大変高く、それだけでもかなりの音楽的説得力はありますし、
 この曲自体、「何かうっとりするような情緒性」で聴かせるタイプの曲ではなくて
 どちらかというと「メカニック的」な曲だから、
 それはそれでこのチームの演奏は悪くは無いのだと思います。

 さてさて、ここから先は、東海大学第一中の話ではないのですけど・・・
 

チャンスは、作曲家として脂がのっている頃に不慮の電気接触事故で亡くなっているのは
大変悔やまれるものがあります。
偶然かわかりませんが、亡くなる直前の作品に「エレジー」という哀感漂う作品があり、
一度フェネル指揮/東京佼成の大宮ソニックでの演奏会で聴いた事があるのですが、
不思議な感覚の曲です。
何となく作曲者には「自らのしの予感」というものがあったのではないか・・と勘ぐってしまうほど
何か「予感的なもの」・「死の香り」・「この世への未練と諦観みたいな感じ」は
不思議と痛いほど伝わってきます。
近い作品としては、リードの「イン・メモリアム」とかC・ウィリアムスの「カッチァとコラール」が
何か「共通性」みたいなものはうるような感じもします。

だけどチャンスと言うと、自分としては最も大好きな作品は、
管楽器と打楽器のための交響曲第二番です。
タイトルは長いけど、要は吹奏楽のための交響曲です。
この曲、タイトルに打楽器と記されている割には打楽器の種類は少なく、
ティンパニー・小太鼓・大太鼓・ドラ・グロッケン・シンバルくらいしか使用されていません。
チャンスは、「朝鮮民謡の主題による変奏曲」とか「呪文と踊り」では各種多彩な打楽器が曲に
スパイスを与えているけど、この曲では打楽器というよりも
「ティンパニー」の格好よさについつい惹かれるものがあります。

実は、この曲はずーーっと全曲を一度聴いてみたいと思っていたのですが、中々そのチャンスに
恵まれず、自分が学生時代には、この交響曲の全曲盤の録音も見当たらず、
コンクールで聴いた第二・第三楽章しか知らなかったので、第一楽章ってどんな展開なんだろうと
ずっと気になっていました。
(最近では全曲版のCDも出ていて普通に購入可能です)
輸入盤の全曲版を聴いて、
「ああ・・・、こういう曲だったのね・・・」と分かったものでした・・・・

第一楽章は、どちらかというと、「静かなエネルギーを秘めている」というような印象です。
第一楽章の主要メロディーは、第二楽章のメロディーとほぼ被っていますので、
新たな発見は特にないという感じでしたが、その静かな内面的エネルギーには
思わず勝手に「予感」というタイトルを付けたくなるような印象がありました。
この曲の最大の聴きどころは、第三楽章のティンパニーのソロですかね。
あのソロはティンパニー奏者にとって「相当の腕の見せ所」でありますし、何よりもかっこいい
ですよね。
もしも自分がティンパニー奏者だったら・・・・
第三楽章のあの長大なソロをピシっと決める事が出来たら・・・
「もう死んでもいい・・・」と思ったりもするのかな・・・・(苦笑・・)
ラスト近くの木管セクションのヘビのようにうねるような感じの掛け合いも見事ですね。
最後の和音の伸ばしも、中東的な色彩も感じられ大好きな部分です。

全体的に、第一楽章の主要メロディーが第二・第三楽章でも再現されているのだから
フランクとかチャイコフスキーの交響曲ではないけど
一種の「循環主題」みたいな交響曲なのかもしれませんね。

ま、チャイコみたいにメロディーラインがとても魅力的とか「泣かせる・・・」という感じては無くて
あくまで現代的なドライな感じの「メカニックな感じ」の循環主題なのですけどね。

コンクールでは・・・・

この曲は全国大会では、前述の91年の東海大学第一中学校を含めて4チームしか
演奏されていません。
84年の大曲吹奏楽団も割と印象に残っている演奏ですが、
少しもっさりしているのが欠点かな・・・・
関東一高も拓南中も正直今一つ・・・・

そうなんですよね・・・

コンクールの演奏もプロによる演奏も、この交響曲の
「これで決まり!!」みたいな決定打の演奏が無いのですよね・・・・・
この曲が再評価される事も期待していますし、
何かとてつもない名演が登場しないものかな・・・と実は密かに期待もしています・・・・
(ま、多分ムリだけど・・・)

個人的な見解としては、コンクールにおけるこの曲の最大の名演は
82年の関東大会の法政大学第二高校の演奏だと思います。
惜しくもスカ金で全国には行けませんでしたけど、あの演奏は、
神秘的というか何か「気迫」が隅々まで伝わってきて、背筋が凍るような緊張感漂う
名演でしたね・・・・
メカニックだけど、とにかく「鮮やか!!」という印象です。
ラストの和音をわざとゆっくりと異常に引き延ばした終わり方が大好きです。
この時の録音の音源はもうないのかな・・・??
(一応自分は当時のトラヤの音源テープを持っていますけど・・)

 | BLOG TOP |