FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/8は、テレビ埼玉の再放送の「スイートプリキュア」が
年末年始の休みからやっと再開しました。
毎年、1月は、リアルタイム中のプリキュアとテレビ埼玉の再放送中のプリキュアの「最終決戦」が
重なる事が多かっただけに、
今年に限っては・・・
「スイート」の再放送の放送休止があまりにも多く
(夏の高校野球・高校入試特番・衆議院選挙の政見放送)
スイートの最終決戦は、多分2月中旬以降かな・・・・
今年に限っては、二つのプリキュアの最終決戦を同時に見る事は出来なかったですね・・・

ま、それは仕方がないか・・・・

「スイート」の後版組は何だろう・・・・

出来れば「スマイルプリキュア」を再放送して欲しいですね!!

そうですね・・・・

スマイルが終わって、ドキドキとハピネスチャージと続きましたけど
意外とこの二つのシリーズはテーマが重たいというか、シリアスな部分とか謎要素が多く
少し「娯楽的な要素」は弱かったような気もします。

ま、私個人の感想としては、それはそれで全然問題なく、
この両作品は大好きなシリーズなのですけど、
さすがに3シーズン続くと少し重たいかな・・・・
その意味では、次回作の「プリンセスプリキュア」は、お年寄りから小さい子供さんまで
無条件で自然と「微笑み」が沸き起こるような作品を期待したい気持ちはありますね。

その意味でも、テレビ埼玉の再放送シリーズとしてのプリキュアは
是非「スマイルプリキュア」を再度改めて見てみたい・・・とも思いますね。

ま、スマイルは・・・・

歴代でも際立って「ギャグ回」が多く、
シリアス回の方が珍しいという感じのシリーズでしたけど、
それはそれで大有りだと思いますね。





でも・・・・

その中でも、「キュアハッピー」は本当に可愛いプリキュアでしたね・・・・

リアルタイムで最初にハッピーを見た際は
「え・・・、何なのこの反則的な可愛いさは・・・・ずるーい!!」と思ったものですけど
まさしくハッピーは誰からも愛されるプリキュアでしたし、
まさしく「笑顔満点」がこれほど似合うプリキュアはいませんでしたね・・・・
多分・・・ハッピーは、
仲間からもクラスメイトからも家族からも・・・
そして敵幹部からも
制作者からも・・・・(??)
愛されていたのでしょうね・・・・・(笑)


CIMG6378_convert_20140202233305.jpg


そうそう・・・・

こういう被り物のショーの際もハッピーは違和感なく
アニメ同様「可愛らしさ」は遺憾なく発揮していましたね。

2015年の新しいプリキュアも、このくらい「誰かにも愛されるプリキュア」になって欲しい・・・・と
つくづく感じてしまいますね。
スポンサーサイト



1/7は私にとっては御用始めの一日・・・・

どうか本年も無事に乗り切る事が出来ますように・・・・・(祈・・・)

本日は、早速さいたま市の南側の顧客よりお呼び出しがありましたので、
それを済ませた後で
浦和駅近郊の「調神社」にお参りをしてきました。





うわわ・・・・、元旦から一週間近く経過していますけど、中々賑わっていましたね・・・・

駐車場も空きを待っている状態でした・・・・

この神社は、埼玉県の県庁所在地の最寄駅である浦和駅から徒歩12分程度で、周辺は
商業施設とか高層マンションが乱立するエリアに位置するのですが、
ここの神社付近は、森が生い茂り、緑に囲まれ、隣接地も公園のせいか
何か妙に心が落ち着くスポットなのです。
でもどうして神社にお参りに来ると、不思議と心が落ち着くとか、
ふと我に返るとか、何かホッとする感覚が働くのも
何か「日本人の原点」がこうした場所に存在しているからなのでしょうかね・・・
何か少し不思議な感覚です。


002_convert_20150107161515.jpg


「調神社」は、つきじんじゃと呼びます。
間違っても「しらべじんじゃ」とは発音しません・・
だけど地元の人間は、「つきのみやじんじゃ」と呼ぶことが多いです。
なぜか知りませんけど、七五三の時期は、大変親子連れで混雑する神社です。

ここの神社の最大の特徴は二つありまして、
一つはこの神社には、鳥居や門が存在しないのです。
これは全国的にも大変珍しい事なのかもしれません。
二つ目は、神社と言うと、狛犬とかきつねが定番ですけど、
この調神社には、「うさぎ」が祀られています。
だから人によっては、この神社はうさぎ神社と呼ばれることもあるそうです。

お清めの手洗い場にも、こうやってうさぎが祀られていますし、
境内入り口にも祀られています。
神社にうさぎとは少し意外な組み合わせ化もしれませんが、
何ともユニークなものも感じます。
ま、もっとも「古事記」には「因幡の白兎」の伝説もありますので、
意外と神様とうさぎは何か近い関係があるのかもしれませんよね。


003_convert_20150107161601.jpg


近くの池の噴水にて、
うさぎの口から水が出てくるのも、何か楽しいものがありますね・・・・



004_convert_20150107161654.jpg


この「調神社」の隣接地は比較的大きな公園があります。

この場所は、埼玉県の県庁所在地の「浦和」駅から比較的近い場所にあるのですけど、
こうやって何か「ほっ」と出来る雰囲気の場所があるのは
本当にいいものですよね。

さてさて・・・・

ここでお参りを済ませると
ちょっとしたご利益(?)が二つもありました。

一つは・・・・

昨年夏からこのブログでも何回か取り上げた私の「尿管結石」なのですけど、
秋にレントゲン写真を撮った際は
「もう一個体内に残っている」と示唆されたのですけど、
多分その「もう一個」が、調神社の隣の公園のトイレで用を足している際に、ポロっ・・・と出てきました・・・(苦笑・・)

ま、これでやっと「健康体」に戻った訳です・・・

もう一つは・・・・

予定では、1月~2月に予定されていた仙台の関連支社への長期出張が
今回は上層部の方針で急遽延期・・・・
一応3月以降に変更となりました・・・・
よかった・・・・
あの厳冬の東北の地で「1~2月の寒さは、寒がりの私には耐えられないな・・・」と閉口していただけに
これは嬉しい誤算・・・・
(ま、一応、私、生まれも育ちも東北なのですけどね・・・・)

ま、だけど何はともあれ
ちょっとした御利益もあり、
スタートしては、なかなか良いものがあったのかな・・・・??

吹奏楽コンクール史上も「もっとも難易度が高い課題曲は何かな・・・」と考えると
もう思いつく答えは一つしかない・・という感じです。

それは・・・

1994年の課題曲Ⅲ/饗応夫人です・・・・

だって・・・、この課題曲・・・演奏時間が6分半程度で、ファゴット・テナーサックス・バスクラ等に
極めて難易度が高いソロがあり、
何がメロディーラインなのか細目見当が付かない・・・という「謎」の代物でしたからね・・・
あれ、一度だけクラリネットのパート譜を見た事があるのですけど、
感想は・・・・
「うん・・・、絶対自分には吹けない・・・」(苦笑・・)というものでした・・・・

大変古い話で恐縮ですけど、
1960年代のコンクールにおいて、当時の課題曲の一つ、序曲「廣野をゆく」が
「技術的に難しすぎる・・・」と現場では大ブーイングだった・・・みたいな話があったそうですけど、
この課題曲を現代の視点から聴いてみると
「あれれ・・、この課題曲のどこが難しいの・・・?」みたいな感覚になってしまいますよね・・・
ま、それだけわずか半世紀足らずで「アマチュアの吹奏楽団の驚異的なレベルアップ」を
裏付けていますよね。

歴代の課題曲で難解な曲と言うと何があったかな・・・・

思いつくのは、

1979年度 課題曲B/プレリュード

1984年度 課題曲A/変容-断章

1988年度 課題曲A/深層の祭り

1991年度 課題曲A/斜影の遺跡

あたりかな・・・・

最近の課題曲では・・・・

技術的という意味ではなくて、表現の難しさと言う観点では、
個人的な意見としては、原博の「吹奏楽のためのミニシンフォニー」なのかな・・・・

だけど・・・・

個人的な感覚としては、1982年の課題曲B/序奏とアレグロもかなりやっかいな難曲だったと
思います。
だって・・・・
冒頭がいきなり長めのトランペットソロから開始し、
シェーンベルク・ウェーベルンを彷彿とさせる無機質な「無調音楽」的な展開・・・・
メロディーラインはさっぱり分からず、
「言語不明瞭・意味不明瞭、だけどやたら難解・・・」みたいな課題曲でした。

1982年当時・・・

こうした無調現代音楽な課題曲は、多分初めての試みだったようにも思えます。
ま、厳密には1979年の課題曲B/プレリュードという事例がありますが、
「プレリュード」の世界は、それでも何となく「日本の和音」みたいな情緒は幾分残ってはいました・・・・

だけど「序奏とアレグロ」は・・・

そんな情緒もへったくれもなく、ただただ「冷たい氷の世界」・・・・・

だけどあの世界は・・・・・

当時音楽の歴史とか背景なんか専門的な事を何も分かっていない
田舎の県立高校生としては・・・・
何かとてつもない「ショッキングな世界」でしたね・・・・

こんな「冷たく無機質な音楽」がこの世の中には存在するんだ・・・・みたいな事を
初めて教えて貰った曲のようにも思えます。

だから・・・・この課題曲B/序奏とアレグロは、私にとっては「原点」みたいな曲であり、
今となってはこの曲にしても感謝しています。

余談ですけど・・・・

この課題曲の作曲者は、木下牧子氏で、木下さんは現在はどちらかというと
管弦楽曲よりは「合唱」の分野の日本の第一人者の一人という感じがします。
この課題曲の作曲当時は、確か現役の音大生だったかな・・・・
当時のBJに木下牧子の写真が掲載されていて、
田舎の男子高校のアホ共は(私を含めて・・・・)
「こんな美人さんがこんな訳のわからん課題曲を作っているんだべ・・・、東京ってやっはすごいべさなー」とか
言っていたものです・・・・(苦笑・・・)

ま、現在の自分だったら・・・・
もしもこの難解な課題曲を指揮しろと言われたとしたら・・・・
序奏はテンポを極端に落とし、
アレグロに入って以降は、終始機械的に同じテンポを保ったまんま速い速度で展開し、
最後の三つの音だけ、わざとゆったりとぶった切る・・・・
みたいな解釈を取るのかな・・・・・


4.観音寺第一高校

 B/序曲「フィンガルの洞窟」

この課題曲Bは上記の通り、技術的にも表現的にも大変難易度が高く、
 支部大会・県大会では「玉砕・・・・」というチームも数多くあり、そうした演奏には何度も遭遇しました。
 だけどさすがに全国大会レベルになると、
 技術的な不安を感じるチームは少ないですね。
 このチームも、一定水準維持用のものを有していて、特にアレグロ以降は
 「快速なテンポ感」を十分保っての高揚感は感じられました。
 だけど序奏は少し甘かったような・・・・やや不安定な立ち上がりは気になりました。
 全体的にサウンドが薄く、やや貧弱な響きに感じられたのもマイナス・・・・

 しかし・・・・

 一転して自由曲は大変素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

 メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」という古典的名曲をこうした吹奏楽にアレンジして
 演奏すること自体大変勇気がいりますし、
 そういう古典的名曲を無謀にも演奏し玉砕した事例は数多く知っていますけど
 このチームは、そうした難点を特に違和感なく現代風にしっとりと聴かせてくれたのは
 大変ポイントが高いと思います。
 原曲は、金管にトロンボーン、そして当然ながらユーフォニウムも入らないのですけど、
 この両楽器とかサックスセクションを加算しても、
 決して「厚化粧」みたいな響きにならずに
 古典的な「控えめでかれんな演奏」をしっとりと聴かせることが出来たのは大変素晴らしい事だと
 思います。
 原曲は打楽器はティンパニーのみにのですけど、このチームの吹奏楽アレンジは
 これに小太鼓・大太鼓・シンバルも加わっていましたが、
 なぜか原曲を損なうような響きにはなっておらず、さほど違和感は感じさせず、
 むしろ原曲に元々そうした打楽器が入っているかのような雰囲気さえ感じさせてくれました。

 これはどこが成功要因なのかな・・・・

 元々このチーム自体が持つ「控えめな感じ」がプラスに出たとも思えますし、
 指揮者のバランス感覚の良さもあるとは思います。

 とにかく吹奏楽で、こうした古典的名曲を表現出来る事は
 吹奏楽の「無限の可能性」みたいなものも感じさせてくれましたね。
 特に木管、特に特にクラリネットセクションの「ひそやかさ」は素晴らしい響きでしたし、
 ラスト近くのクラリネットだけのうねりみたいな部分も特に際立っていたと思います。

 結果は銅賞でしたけど、私個人としては銅賞以上の価値がある演奏だと思います。

 前年度、四国大会で支部代表に選出されたにも関わらず、
 ブートゥリー編曲ではない渡部修明先生編曲版を使用した事が著作権上問題となり
 全国大会代表を後日辞退した「鬱憤」を晴らす見事な演奏だったと
 思います。

 | BLOG TOP |