FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年末年始のお休み期間中は、とにかく「プリキュア」ばかり見ていた感じですね・・・(苦笑・・)
特に現役の「ハピネスチャージ」を中心に見ていたのですけど
ハピネス以外では「スイート」をかなり見ていたような気もします。
ま、それはテレビ埼玉で再放送中という事情もあるかもしれませんけど・・・

でも「スイート」は・・・・

改めて感じた事は、とにかく序盤は、歴代プリキュアでは珍しいほど
極めて「不安定な立ち上がり」を見せてくれていましたね。
響と奏のすれ違い、響と父親のすれ違い、セイレーンのハミィに対する黒い嫉妬の感情・・・・
リアルタイムで見ていた頃は・・・・
「えーーー、ちょっと今作のプリキュアは大丈夫・・・・??」と正直かなり懸念したものでしたけど、
ま、それは何のことは無い・・・・
計算され尽くされていましたね・・・・

自分自身、第三話の「響が音楽嫌いになった背景」あたりまでは
「本当に大丈夫かな・・・、何この不安定なプリキュア・・・」と思っていましたけど
第四話の響のテニスルックをお目に掛って以降は・・・・
「え・・・、響ってこんなに可愛かったっけ・・・・? 魅力的だったっけ・・・?? なにこの響の
スポーティーなエロ格好よさは・・・・」と
すっかり開眼(・・・・?? 苦笑・・・)してしまい、
一気に「スイート」の世界にはまっていったものでした・・・・

響ってスポーティーな感じもあるのだけど、
どことなく「ハートキャッチ」の「キュアサンシャイン」に近い雰囲気、少し中性っぽい雰囲気が感じられ、
その点も「あ、・・・いいな・・」としみじみ感じたものです。

というか・・・・

スイートの場合、4話の響のテニスルックで魅了されてしまい、それがきっかけとなって
ストーリー自体にも共感できるようになり
作品全体としても大変満足度と共感度の強い作品になっていったような印象があります。

ま・・・、アニメというのは、
こういう風に、服装一つでガラリと印象が180度変わる事が多々ある事を示した
典型的な話なのかもしれませんよね・・・・

だけど、この初期の話の時点では、
最終決戦時のまさかあのような「スケールの大きさ」というか「物語としての懐の深さ」に至るなんて
夢にも思わなかったですけどね・・・・


ひび


ひびき


ひ



うーーーん、やっぱり響は可愛い!!

いや可愛いというよりは、格好いい!!

だけど、この回の響は・・・・・

奏に対して
「私、奏には嘘なんてついてない。私、奏の為ならケーキ100個でも200個でも食べる。
 美味しかったら美味しいって言う。そうじゃなかったらそう言う。
私はコンテストの審査員じゃないけど、小さい頃から奏のケーキ誰より食べてる。
奏のケーキの一番のファンは私だから!!」と

真昼間から公衆の面前で、まるで「公開プロポーズ」のように宣言していましたね・・・・

あの時の響は・・・・、うん、やっぱり格好良すぎる!!

そして無言で去りながらも
それをしっかりと受け止める奏も素敵すぎる・・・・・

スイートというと、どうしても第7話とか響と母親の絡みの話とか
中盤のエレンのプリキュアとしての覚醒とか
後半以降の壮大な物語ばかりに目が行きがちですけど、
序盤にも、色々と素晴らしいシーンはてんこ盛りのようですね・・・・・

あーあ、プリキュアって本当に奥が深い・・・・
スポンサーサイト



1982年当時・・・・
私自身はこれまで何度か語っている通り、仙台市内のある田舎の県立男子高校の
ポンコツクラリネット奏者兼名前だけの部長・・・
ま、その当時の感覚としては・・・・
「全国大会なんて夢のまた夢・・・、まずは県大会で何とか県代表の座を射止め、
何とか東北大会に一度は出場したい・・・」と
限りなくゼロに近い可能性に賭けて、ひたすら練習の日々という感じでしたね・・・・

うーーん、我ながら「あまずっぺー」・・・・

そうですね・・、青春とは「挫折」の連続ですから・・・・(苦笑・・)

ま、現実的な話をすると、
当時何が一番困っていたかというと、練習場所の確保の問題と
田舎の貧乏学校の為、「予算」がなく、コンクールで使用する「打楽器」が全然足りない・・・・
「打楽器」については、色々な学校に掛け合って、
「三ヶ月限定で貸して下さい・・・」と色々と頭を下げまくって、
課題曲C/アイヌの輪舞で使用するドラとかツリーチャイム、ペダルティンパニーなんかを
借りていましたね・・・・
当時一応顧問の先生はいたのですけど、
音楽の事は完璧にド素人で、部の運営とか音楽作りはほぼ生徒たちのみで切り盛りしていました。
但し、楽器のレンタルに関しては、
一応保証人みたいな形で顧問の先生に署名捺印をお願いして貰ったのですけど、
毎回毎回その先生は・・・・
「借用書」に、
「ペダルチンパニーお借りいたします」なんてポンコツ借用書を書き上げていて、
毎回持っていく度に少し恥ずかしい思いをしたものです・・・・(苦笑・・)
というか、「チンパニー」はさすがにないでしょう・・・・(苦笑・・)

あと・・、練習場所の確保は結構困っていましたね・・・・

一応「音楽室」はあるものの、そこは、軽音部とか合唱部も使っていて、
毎回毎回軽音部の部長と合唱部の部長といがみあっていたものです・・・・
だって・・・・
実績と部員数だけなら吹奏楽部が圧倒的に優位なのにね・・・・
ま、結局、週に5回は吹奏楽部が使用するという事におちつきましたけど、
週二回は・・・・
まさしくジプシー状態でしたね・・・・
そういう場合は、各教室でパート練習を行い、
全体練習は・・・・、何と体育館の舞台上・・・・
体育館は当然ながら、バレー部とかバスケ部とかハンドボール部が日々練習で使用していて
そこに吹奏楽部が体育館中を大音響で吹き鳴らしていましたから・・・・
ま・・・、その一色触発状態でしたね・・・・(苦笑・・・)
よくバレー部から「ホント、おめーら、やかましい・・・」と嫌味を言われ続けたものです・・・・

全然関係ない話ですけど、アニメ「けいおん」のさわちゃん先生も
軽音部と吹奏楽部の顧問の掛け持ちをしていましたから、
練習場所については、陰で調整をしていたのかな・・・・??


3.逗子開成高校

 B/バレエ音楽「四季」より第四場・秋

 この年・・・・今ではあまり考えられない事態なのですけど、
 関東代表の3チームは全て銀賞に留まり、金賞はゼロという状況でした。
 だけど、関東の3チームはそれぞれが素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたので、
 それは全体的なレヴェルアップ及び審査員の好き嫌いが多少はあったのかも・・・・

 この学校の「四季」は特に素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたね。
 日本人の感覚で言うと、一年で「一番お祭りらしい季節」というと「夏」を想像しがちですけど、
 ロシアの方にとっては、それは「収穫祭」である「秋」という話を以前どこかで聴いたことがあるのですけど、
 この逗子開成の演奏は、いかにも「収穫祭」に相応しい
 「収穫に対する感謝と喜び」の気持ちに満ち溢れていますし、
 聴いていてとにかく「溌剌としてかっこいい!!」という印象が強いですね。
 それとリズムが極めてシャープなため、
 この曲自体決して洗練された曲ではなくむしろ土臭い曲なのですけど、
 「都会的・・・」という印象すらありました。

 一つ問題点をあげると・・・・

 これは奏者は責められないのですけど、「アレンジ」があまり良くない事かな・・・・・

 原曲の弦パートを機械的に管楽器に割り振ったような感じもありますし、
 中間部のロマンチックな部分でハープ゛演奏される部分をなぜか「マリンバ」を使用していましたので
 何か違和感は相当ありました・・・・
 
 だけど、全体的にはリズムの切れはいいし、中間部はしっとりと歌い上げているし
 大変惜しい銀賞の一つだと思われます。

 | BLOG TOP |