FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12/28(日)は年内最後のハピネスの回でした。
1/4の放送はどうなるのかな・・・と思っていたら、案の定お休みで
年明けの放送は1/11になってしまいます。

あれれ・・・・

そうなるとハピネスは残り三回でもう最終回ですか・・・・

何かあっという間というか極めて名残惜しいものですね。
フォーチュンがやっとハピネスのメンバーになったかと思ったら、その後の展開が
あっという間だったようにも感じられます。

何かこうやって毎年毎年一年間プリキュアを見続けていると
「あの回の時は、当時の自分の状況は〇〇だった・・・」とか
「あの回の頃は、ある人からこんな風に言われて大変嫌な思いをした・・・・」とか
ま、プリキュアの回と実生活の自分が色々とリンクする事も多々あり、何か年末とか
最終回が近づくと、毎年毎年感慨深いものがあったりもします。

でも・・・・

思ったのですけど、何も師走に無理して第46話を放映するよりは、
1/4から4回に渡って最終決戦+最後のエピソードを流した方が何となく
効果があったような気もします・・・・
年明けのハピネスが3回で最終回とは何か少し勿体ないような気もします。

古い話ですけど、
「フレッシュプリキュア」は多分歴代で唯一第50話に達したプリキュアだと思うのですけど
フレッシュの場合、何と1/3に通常放送をしていましたね・・・・
確かこの時の回は、「ウエスターとサウラー、最期の戦い」という大変素晴らしい回でしたね・・・・
最期の最後で「メビウスの無慈悲さとプリキュア達との心の交流」を果たしながらも散っていった
ウエスターとサウラーが印象的でしたけど、
ホント、このマヌケ幹部二人は最終局面でまさかの復活を果たせて良かったですね・・・・!!
確か・・・・
歴代プリキュアの最低視聴率回は、実はこのフレッシュの1/3の回と聞いたことがあります。

ま・・・、それも仕方ないか・・・・

だってまだ三が日の間だし、ましてや裏番組は大学駅伝中継ですからね・・・・

多分、そんな関係で、三が日近辺の放送は避けたのかな・・・・?





自分の中では・・・・

ハピネスの物語は、12月の「ラブリーVSクィーンミラージュ」の激戦でもって一つのクライマックスが
来てしまったような感じがあります・・・・
現在の「レッド」の話は・・・・
うーーん、何ていうか、既に「最終決戦後の壮大なエピソード」という感じすらあります・・・・

ま、ストーリーとしては、大体決着しているというか、
後は「レッド」をいかに料理するか・・・・という感じなのですけど、
当然ながら・・・・

物語のエンディングとしては・・・・

めぐみの

「誠司・・・!! 私にはあなたが必要なの!! 今まで見守ってくれてありがとう!!
あなたの幸せは私の幸せ
私の幸せはあなたの幸せ
これからは二人で"幸せ"をつかみとっていこう!!
"私があなたを幸せにする"という事ではなくて、二人で一歩ずつ歩んでいこう・・・・!
そして二人で幸せになろう!!」

というド直球のストレート過ぎる「愛の告白」
この一年間のプリキュアの物語を締めくくって欲しい・・・・、という気持ちがありますね。

そうでないと・・・・

何か誠司も気の毒だし、何よりもめぐみが・・・・
主人公ピンク系プリキュアなのに、一人浮かばれない・・・・・

ま、それにしても・・・・

ハピネスの物語は、一年に渡っていい人過ぎる誠司を少し放置し過ぎたかな・・・・(苦笑・・)

誠司が最後の最後で悪堕ちしてしまったのは、
何となく「当然の帰結」のような感じもあります。
ま、それを象徴していたのは、
めぐみの誕生日回でありイノセントフォーム取得の回でありながら
誠司がブルーに対して複雑な感情を持ってしまったラストシーンだと思います・・・・

ま、そんな観点から言うと・・・・

悪堕ちした誠司が戦う相手は・・・・
プリキュアではなくて、ブルーだと思うのは自分だけなのでしょうか・・・・・(苦笑・・)

最早、ストーリーとしては大体予想が付き易い・・・・

後はいかにレッドを料理し誠司を奪還するか・・・・
ま、その過程において色々とあるのかはしれませんけど、
「誠司を奪還する」という大義名分がある戦いですから、ストーリーとしては
大変すっきりとしたものになりそうですね。

とにかく・・・・

私としては、最終決戦そのものよりも
戦いの後のエピソード・・・・
前述の通り、めぐみのストレート過ぎる「告白」というか「思い」を期待したいものです・・・・

ま、そうでないと・・・・

一年間ハピネスの物語を見続けて、歴代プリキュアに比べて
ややメンタル面と幸福度合が弱いラブリーが何か浮かばれない・・・・

最後は決めて欲しい・・・・・

今回、年内最後のお話で、
世界中のプリキュア達は赤いサイアークと・・・・
そしてラブリーはじめハピネスのメンバーは赤い惑星へ・・・・
それぞれバトルを開始しています。
ラブリー達の「旅路」はどういう旅路になるのか・・・・
果たしてラストでラブリー達はどんな「ハピネス」を掴むことが出来るのか・・・・

うーーーん、新年早々期待で心は爆発寸前(?)という感じですね。


69b822a9_convert_20141229174902.jpg


最終決戦においても
ややメンタルが不安定なラブリー・・・・

赤いサイアークに正面から侵攻されても、最早避ける気力すら残っていない感じ・・・・

それを救ったのは・・・・

キュアテンダーでしたね・・・・

うーーん、テンダー姉さん、かっこいい!!!

さすが、いおなの姉ですね!!

ハピネスの援護に入った世界各国のプリキュア達がこんなに揃うとやはり壮観ですね。

それにしても・・・・

一つ大変嬉しかったのは、予想外の嬉しい誤算でしたけど
プリキュア史上初の「姉妹による合体技」が出ましたね・・・・!!
テンダーとフォーチュン姉妹ならば、かなり強そう・・・・
この姉妹で「ふたりはプリキュア」してても多分、ブラック&ホワイトよりも強いかも・・・・??
テンダーとフォーチュンの合体技は
いかにも初代の「マーブルスクリュー」みたいで、何かとても懐かしい感じがありました!!


db465a9b_convert_20141229174943.jpg


こういうボロボロ状態のめぐみもいいですね・・・

変身を解除された状態でのめぐみ達の「視線の鋭さ」が実に良かったと思います。

また、誠司の回想シーンを挟みながら、プリキュア達のバトルを同時に描くという演出も
大変新鮮であり
面白く感じました。

ま、とにかく残り三回は・・・・心して見る事にしましょう・・・・!!

そしてハピネスの一年間の物語が終わったら、次期第10代目のプリキュアの事を
考える事にしましょう・・・・
スポンサーサイト



テレビ東京の日曜深夜アニメ「GF」もついに最終回を迎えてしまいました・・・・

うーーん、やっぱり12話の1クールだけだと短すぎる・・・・

このアニメは可愛い女の子満載で見所が多いし、何よりも「毒」の要素が皆無というのが
いいですね・・・・
何かみているだけで「ごちそうさま・・・!!」と言いたくなるような
清涼感たっぷりのアニメでしたし、
この三か月見ているだけで癒されました・・・・

このアニメは、人気声優さん達のオールスターみたいな感じもあって
人気の女性声優さん達が豪華に使われていて、その点でも実に素晴らしかったですね。

出来れば二期もあればいいな・・・・と思わせてくれるアニメでした。





今回のお話は・・・・

このアニメはホント多くの素敵な女の子たちが登場してくれたのですけど
その中でも特にメインと思える、椎名心実・村上文緒・櫻井明音の3人を中心に
最終回を展開し、
それにクロエちゃんを絡ませていたのは
とても良かったですね・・・・
最後にとても素晴らしい風景を拝ませて貰ったような気持ちです・・・・(笑)

放映日においては、まだ一年は終わっていないのですけど
何か一足お先に
可愛い女の子たちから
「よいお年を・・・!!」
「あけましておめでとうございます!」と言われているような感覚がある回でしたね。
というのも、
日本文化をもっと知りたいというクロエとユーリアの二人を心実たち3人が
おせち・お飾り・着物・たこあげ・カルタ・羽根つき・初詣・除夜の鐘と色々と案内してあげるという展開の
お話でしたので、
何か、ホント、一足お先に気分だけ「お正月が来てしまった・・・」という感じでしたね・・・・(笑)
そうした展開の中で、
これまでの11回の話の中で登場してきた様々な女の子たちの年末のエピソードを盛り込んでいく流れ
でしたので、
スピード感はあるし、清涼感はあるし
「いやいや、このまま最終回では実にもったいない・・・」と改めて感じてしまいましたね・・・・
最終回で笹原先輩の壮大なボケを見られたのも実に良かったですね・・・・

だけど・・・・

多分、クロエちゃんは、日本文化を色々と誤解しそうだな・・・・・(苦笑・・・)

恐らくは・・・・

神社とお寺さんの違いとか羽根つきとテニスの違いとかなど
色々と勘違いしたまんま、いずれ母国・フランスに帰国し、
間違った日本文化とか日本の習慣を伝授しまくり・・・・みたいな予感がありますね・・・・(苦笑・・・)

でもクロエちゃんのヘンなカタコト日本語がもう聞けなくなるかと思うと
少し寂しいものですね・・・・

関係ないけど、
フランスの大作曲家、ラヴェルの主要作品の一つにバレエ音楽「ダフニスとクロエ」がありますけど、
クロエちゃんのこの名前は
多分このバレエに由来するものなのかな・・・・??
この年の全国大会・中学校の部に出場した生徒さんも
現在は37歳~40歳くらいの年になり
既に社会の中堅層を担っていると思いますし、
各自、職場に家庭に色々と各々の立場で頑張っている事と思います。

今現在、当時の中学生の方で、現在も吹奏楽に関わっている事が出来ている人は
どのくらいいるのだろう・・・・?
とたまにふと思ったりもします。

ま、当然ながら現在も現役奏者という方はそれほどはいないとは思いますけど
何よりも、
「音楽を楽しむ心」だけは忘れないで欲しいと思いますし、
現時点で各自の立ち位置において色々と辛い局面もあったりするかもしれませんけど、
「かつては、吹奏楽の甲子園球場とも言われる普門館で支部を代表して演奏できる機会が
与えられたこと」は
生涯の誇りとして
胸に秘めて欲しいな・・・・とも思ったりもしますね・・・・

以前何度も書いている通り、
私のように
「全国大会で演奏したい・・・、せめて無理ならば普門館で開催される都大会には一度くらいは出場したい!!」と
切に願っても叶わなかった人間だって大勢いると思いますから・・・・


〇出雲第一中学校

 A/「ダフニスとクロエ」第二組曲より

 うーーん、正直「風格」が全然違う・・・・
 何か「貫録勝ち」という感じでしたね・・・・
 やっぱり長年の「伝統」の重みを感じさせる演奏でした。
 勿論、技術的には決して完璧ではありませんし、
 ミスも意外と目についたし、
 特に課題曲は意外と未消化みたいな部分もあったし、自由曲も例えば「夜明け」の部分は
 もう少し繊細な感じとか「ひそやかさ」を求めたくもなるのですけど
 そうした小さい不満事項を全て覆い隠してしまう「おおらかさ」があったと思います。

 私よりも年代が上の「吹奏楽の更なる(?)オールドファン層」の方ですと
 「ダフニスとクロエ」は1976年の出雲第一で決まり!!みたいな事を言う人はいまだに多いと
 思いますけど、
 ま、確かに1976年の出雲第一のあのダフクロは、ハーブもチェレスタも何もないのに
 あそこまで繊細なダフクロの世界を構築していましたからね・・・・
 あの演奏は夜明けの盛り上がり方も美しかったし、全員の踊りのスピード感も申し分なかった
 ですよね。

 私ぐらいの年代で言うと、ダフクロというと、やはり1986年の埼玉栄高校なのかな・・・・??

ま、だけどこの年の出雲一中の「ダフニスとクロエ」も良かったと思います。

 前述の通り、その「おおらかさ」・「全体的な余裕感」が良かったと思いますし、
 その点が、この年、やたらこの曲を自由曲にするチームが多い中、このチームは
 断トツに抜きんでいたダフニスとクロエだったと追いますし、当然の金賞を受賞・・・・


〇幸田北部中学校

 D/交響曲第3番「オルガン付」より終楽章(サン=サーンス)

 このチームは評価は銀賞でしたし、
 会場内の雰囲気も正直「ふーーん」みたいに印象が薄いとか地味すぎる・・・・みたいな声が
 多かったような気がします。

 だけど・・・

 私としては、この演奏悪くは無いと思っています。

 何が素晴らしいかと言うと、
 「音作り」・「サウンドの透明感」を多分最優先にして練習してきたような雰囲気がうかがわれ
 聴いていて「清涼感」というか「サウンドの清潔さ」に
 何か惚れ惚れとするものがありました。
 そういう意味では大変選曲も良かったように思われます。

 こういう方向性の音楽は、
 この年の高校の部の関東一高の「トッカータとフーガ二短調」にも
 見られていたと思います。

 課題曲、自由曲共にサウンドに「濁り」がほとんど無いから
 聴いていて実に「爽快」というか気持ちがいいのですよね。
 「ローマの祭り」・「ベルキス」みたいに咆哮するコンクールもいいのですけど、
 たまにはこういう方向性の音楽が出てくると、何かとてもホッとするものはありましたね・・・・


〇札幌琴似中学校

 C/ダフニスとクロエ第二組曲

 課題曲C/ロックンマーチを選ぶチームは少ないだけに、印象に残っているはずなのですけど・・・・

 ごめんなさい・・・・

 課題曲も自由曲もほとんど印象&記憶に残っていません・・・・

 少し影の薄い演奏だったのかな・・・・??

一つだけ印象に残っているのは・・・・・

 課題曲でウッドブロックを叩いていたツィンテールのパーカッションの女の子が
 「あ・・・、何か可愛いな・・・」と思った事かな・・・・(苦笑・・)

 | BLOG TOP |