FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


チルノ時計


12/28(日)も朝から出勤・・・

世間的には金曜で御用納めという会社も多いと思いますし、12/29(月)で年内の業務完了と言う所も
多いと思いますが、
大掃除&忘年会を含めて12/30の自分自身の「年内の業務完了」までは
とにかく駆け抜けていきたいと思います。

あと少し・・・・、あとわずかで年内の仕事が終わる・・・・

そうすれば12/31~1/6まで一週間たんまりと休めるし、
「プリキュア」をはじめ
「見たい、見たい」と思っているアニメの視聴三昧のぬくぬくした日々が待っている・・・・・(笑)

ま、一応12/28(日)でもって、
私自身は、自分自身の仕事はほぼ完了できた、
「一応年内の任務は全て完了!!」と思っています。
会社的には、
「12/29(月)は、各自の仕事が終わった段階で、勝手に各自の判断で直帰して構わない」との事なので
ま、そのお言葉に甘えたいと思います。
ま、突然の「クレーム対応要請」が無ければの話なのですけど、
一般的にクリスマスを過ぎた後のクレームはまず起きない傾向があるので、ま、多分
大丈夫でしょう・・・・
あれれ、本当に大丈夫かな・・・・
ま、多分大丈夫でしょう・・・・(不安・・・・・??)

ま、12/29は午前中であがりたいと思います。
(その点、ポンコツ営業さんとか工事の現場監督は大変そうですね・・・・
ま、彼らは普段こちらに散々迷惑を掛けているから、一日ぐらいこうなってもバチは当たらんでしょう・・・)

それにしても・・・・

最近の記事でも書いた通り、
本来は休みであるはずの12/30に召集をかけて大掃除&忘年会とは・・・・
うーーん、これは正直迷惑な話・・・・

しかも・・・・

忘年会の開始予定が午後一時ですからね・・・・(苦笑・・・)

うーーん、「昼酒」ですか・・・・

昼酒なんてすごい久しぶりのような気がする・・・・
(誰かの結婚式以来・・・・??)

昼酒なんてやると、すぐに酔ってしまいそう・・・・


さてさて・・・・

本日12/28なのですけど、
朝、会社の車にエンジンを掛けようとすると・・・・

エンジンが全然かからない・・・・

アクセルを何度か踏んでキーを廻しても全然掛らない・・・・

仕方がないので任意保険のロードサービスを呼んで来てもらったのですけど
バッテリーに電圧は問題なくあり、
バッテリーが原因ではないとの事・・・
「多分、エンジンのスターターに問題があるのでしょう・・・」という事になったのですけど、
この時期は、車屋さんも既に年内の業務を終わらせている所が多いし、
何よりも部品は年末年始は取り寄せできないとの事・・・
一応、年が明けてエンジンが掛らないようならば、レッカーで修理工場に持っていこうとという
話になったのですけど、
問題は本日どうするか・・・という事・・・・
他に空いている車は無いし、
本日も最後に遠方顧客は廻る必要があったし・・・・
「うーーん、困った・・」と思っていたら
ロードサービスの方が、
「こういうのって、ゴムハンマーでエンジン周辺を少し叩いてみると意外とエンジンが掛る事が多いのですよ。
やってみます・・・??」と言うから、お願いしたところ・・・・

何と・・・・

本当にエンジンが掛りました・・・・

「マジかよ・・・、嘘みたい・・・」とも思いましたけど
ま、本当に掛りましたからね・・・・

「一応エンジンは掛ったけど、エンジンを一度切ってしまうと、次にエンジンが掛る保証はない・・・
心配ならば乗らない事、
または合鍵を持参し、エンジンを掛けっ放しにして鍵を掛けた状態で車外に出れば一日はもつかも・・」との
事でしたので
12/28はその方法で何とか一日乗り切りました・・・・

よく、「故障寸前のテレビって、ひっぱ叩けば一時は直る・・」みたいな話は聞いたことがありますし、
私自身も、故障寸前で画像が乱れがちなテレビを叩いて画像の乱れを直したことはありましたけど、
まさか、車もそうとはね・・・・

あんなゴムハンマーでコンコン叩いただけで一応は直るとはね・・・

ま、あの車も、中古で買ったもので走行距離も既に12万キロを超えていますから
確かに限界なのかもしれませんよね・・・
スポンサーサイト



さてさて・・・・

「ハピネスチャージプリキュア」も年内の放送が終了してしまいましたね・・・
感想等については改めて書きたいと思いますけど、
ラブリー達がかなりやばい状況に追い詰めた際に登場したのは・・・・

まさか、まさか・・・でしたけど、
キュアテンダーでしたね・・・
このお方の再登場があるとは予想していなかっただけに、ある意味嬉しい誤算でしたし、
世界各国のプリキュア大集結と言う事で
かなり見栄えはありましたね。

テンダー達は地上の赤いサイアーク達と・・・

そしてラブリー達は、

「赤い星」に向けて旅立っていきましたね・・・・

テンダーが乱入する直前に
瞬間的に、
「これはミラージュがプリキュアに復活するしかない!!」と思っていたのですけど、
巫女さんはただの傍観者になってしまいましたね・・・・(苦笑・・)
このお方は、ディブミラー(レッド)の洗脳が解けてしまったら・・・
うーーーん、何か普通の人になってしまいましたね・・・・(苦笑・・・)
ラブリーと激戦を繰り広げ髪がチリチリになっていた頃のクィーンミラージュ様時代が
今となっては懐かしいですね・・・・

さてさて・・・・

最近の公式画像&声優さん発表と合わせて
ついに・・・・
「プリンセスプリキュア」の公式映像が流れていましたね。

やはり・・・・

あの第一話のお知らせを見る限りでは・・・・

もしかしたら・・・・

やっぱりキュアフローラは「おバカさん」なのかな・・・・??

うーーん、主人公ピンク系がおバカさんというのは、最早プリキュアの伝統なのかもしれませんよね。

話は全然違うのですけど、
「プリキュア5 GoGo!」の第24話の「レインボー・ローズ・エクスプロージョン」という
5人の新しい力登場の回にて、
ココが、
「プリキュアに新たなる力を! キュアフローラ!!」と叫んでいたような記憶があります。
ま、これは声優さんの発音の微妙さだとは思いますが、
当然のことながら、これは「キュアフルーレ」という名称なのですけど
この部分は何度視聴しても
ココは「キュアフローラ!」と発音しているように聞こえます・・・・・

うーーーん、

まさか・・・・ココは・・・・

この後の7年後、7代後のプリキュアのピンク主人公を予言していたのかな・・・・??






あ・・・・何か前振りが長くなってしまいました・・・

我ながらまたか・・・・という感じなのですけど
テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」のハロウィン回でのアコちゃんが
あまりにも可愛かったもので、
この関連の話をほんの少しだけ・・・・・(苦笑・・)

前回の記事の中で
メフィストの親バカ振りを書きましたけど、
あれってよーく見てみると、
メフィストは、「可愛いアコ、可愛いアコ」と連発するだけでなく、
響や奏、そして一応は元部下(?)のエレンに対しても
「こんな事頼める義理ではないのは分かっているが、くれぐれもアコをよろしく・・・」と
何と土下座までしているのですよね・・・・

うーーん、なんて威厳の無い国王様・・・・・(苦笑・・・)

そして・・・・寝室では・・・・

妻のアフロディテ様に対しても

「今回は・・・・本当に申し訳なかった・・・・」とベッドの下で土下座しているのかな・・・・(苦笑・・)

それにしてもアコちゃん、あまりにも可愛い・・・・!!

何て言うのかな・・・・

ギャップが大きすぎるのですよね・・・・

響に対する「アンタ、もてないでしょ」発言等の毒舌家としての眼鏡をかけたツンツン娘としてのアコと
ハロウィン回のアコの変装姿とかキュアミューズとしての姿の
違いがあまりにも大きすぎるから
何かついつい「萌え萌え・・・・」みたいになってしまうのですよね・・・・

この点は、同じ小学生プリキュアでも
プリキュアに変身した途端に、随分と大人っぽくなり上から目線を炸裂する「キュアエース」とは
違うものがありますね。
ま、あまり関係ないですけど、
亜久里が何回か髪を下した描写もあったのですけど、
あの時の亜久里は、まさにレジーナとうりふたつ・・・
ま、そりゃ、結果的に亜久里とレジーナは元は一緒だから、それは当然なのですけどね・・・
だけど・・・・
何で元は「同じ」なのに、
片方は小学生、片方は中学生になってしまったのだろう・・・??

スイートのこの回のハロウィン回では・・・・

一人で孤軍奮闘しようとするミューズに対して
メロディが、
ミューズの口元に飴を差し出し
「ミューズはもう一人ではない・・・・
今までのように何でも一人で抱え込まなくて構わないし、一人きりで戦う必要もない・・」と
諭していたのは
実に良いシーンでしたし、メロディの成長の証でしたね・・・
何か飴(キャンディ)を使って餌付けなんて、
何かのちのゆうゆうみたいでしたね・・・・(笑)

ツンデレしまくるアコちゃんに対して響の
「何だか生意気な妹が出来たみたい・・・・」
セリフが実に印象的でした・・・・!!
物語の序盤で、家族とのすれ違いという問題も抱えていて
弟と喧嘩ばかりする奏を横目に
「私、一人っ子だから・・」とややいじけていた響にとっては
アコちゃんの存在は、確かに「生意気な妹」みたいな存在なのかもしれませんよね。

でも・・・

響とアコちゃんだったら、本当にこれが実の姉妹だったら
中々いい組合せなのかもしれませんよね。
少し抜けている姉に対して、それに対して毒舌のツッコミを入れつつも
姉に対する「深い情愛」が感じられる素晴らしい姉妹になっていたかもしれませんよね。

ま、話は全然関係ありませんですけど、
歴代プリキュアには、アコ&亜久里という「可愛い妹ポジション」はいますけど、
一人だけ・・・、そう小学生・中学生プリキュアではない
高校生プリキュアがいましたけど・・・・

うーーん、あのお方は・・・・

どちらかというと「おっかねーお姉さん」でしたね・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

あのおっかねーお姉さんと同じチームを組んでいたメンバーの一人が
歴代でもNO.1の異色&プリキュアにあるまじき言動を連発するマリンですからね・・・・

考えてみると、マリンとムーンライトが同じチームというのも
何だか「奇跡的」のような感じもありますね・・・
ま、この辺りは「ハートキャッチ」の後半の見どころの一つではあるのですけどね。
あれれ・・・

吹奏楽カテゴリで記事を書くのは二週間振りですね・・・・

何か最近は相変わらずプリキュアと自分自身の仕事上のしょーもない愚痴とか
なぜかマルコム=アーノルドの交響曲の事ばかり記事にしていましたので
吹奏楽もたまには書いてみたいと思います・・・・

最近、仕事でかなり遠方の移動をする事が多々あり、その際の車内のBGMとしてクラシック音楽を
掛ける事が多かったのですけど
管弦楽の響きは、当然ながら、弦楽器+管楽器+打楽器の主として三種類の楽器群から構成され、
その三種類の楽器の絶妙で精密な響きを楽しむという事が出来ますけど、
吹奏楽の場合、ま、簡単に言ってしまうと、
そのうち弦楽器を欠くわけで、管楽器+打楽器のみという聴き方によっては
かなり「生臭い」感じになってしまうのが
吹奏楽の「難点」の一つかな・・・・とも改めて感じてしまいます。
その難点を克服するカギはやはり「吹奏楽オリジナル作品の充実」という事だと思いますが、
この点は最近の吹奏楽オリジナル作品の中で特に邦人作品がかなりの充実を見せているので
その点は、自分が現役奏者だった頃とは
「随分と時代が変わったものだ・・・」と痛感する事が多いです。
だけど、管弦楽用に元々作られた作品を吹奏楽用にアレンジする場合、
管弦楽では、比較的、メロディーラインは弦が担当し、管楽器はメロディーラインに更に「華」を
与えるスパイスみたいな役割を持っている事が
特に木管楽器においては多いと思いますが、
吹奏楽アレンジでは、元々が木管楽器が弦楽器の役割を担っているのに
更にその上に「スパイス」みたいな役割を持たせることには自ずから限界があるような気がします・・・
特に、クラリネットセクションに、メロディーラインとスパイスみたいな二つの役割を無理やり負わせると
一つの楽器が二つの役割を担ってしまい、過重負担&モノトーンというか単色の世界に
陥りがち・・・・という側面もあるのではないかと思ってしまいます・・・・

例えば・・・・

現在でも吹奏楽コンクールでは大人気自由曲のラヴェルの「ダフニスとクロエ」第二組曲も
特に「夜明け」の部分は、
元々のメロディーラインは弦とハーブが担い、
クラリネットとフルートが「鳥のさえずり」という華のあるスパイスを醸し出している所が良いのに
吹奏楽アレンジでは、
クラリネットがメロディーラインと鳥のさえずりをやってしまう傾向があるから
どうしても聴きかによっては「単色」に聴こえてしまうのですよね・・・・

この点、アレンジは本当に難しい・・・・・

弦パートを単に機械的に管楽器に移調しても、上記のようにモノトーンになってしまうと意味がないし、
逆にあまりにも奇抜なアレンジだと、
原曲自体の雰囲気をぶち壊し、全然違った曲になってしまう危険性も秘めているし・・・

うーーん、アレンジャーの方の苦労は昔も今も変わりはないのかもしれませんよね・・・・


〇中山中学校

 B/交響組曲「寄港地」

 1990年の初出場の際の「時の踊り」よりは数段の進歩があったと思います。

 だけど・・・・
 
 サウンドに終始落ち着きと安定性を欠いている印象があり、一生懸命頑張っているけど
 あまり伝わらない・・・
 そうした「もどかしい」演奏だった記憶があります。
 課題曲は、もう少し鳴らしてもよかったと思いますし、少し感情を抑え過ぎたような気もします。
 自由曲も、チュニス~ネフタというオーボエにとっては腕の見せ所の曲のはずなんだけど、
 奏者の調子が今一つ・・・
 ヴァレンシアも「南国」らしい華々しい感じもそれほど表現されておらず
 全体に聴いていて大変「もどかしい」感じ・・・・

 全体的には銅に限りなく近い銀賞かな・・・・
 (私の評価は完全に銅でしたけど・・・・)


〇雄新中学校

 B/バレエ音楽「三角帽子」

 これも前述の中山中と似たような印象・・・・
 というかほぼ同じ感じ・・・・
 うーーん、何て言うのかな・・・
 伝わってこないのですよね・・・・「躍動感」とか「音楽をする楽しさ」が・・・・

 何か先生から
 「こういう風にやりなさい」と指示されたから、そのまんま義務的にやっている感じがありました。
 前年度の「ロデオ」の時も感じたのですけど、
 響きにシャープさとか鋭い切れ味に乏しいから
 何か印象が散漫です・・・・

 ま、この頃は、まだ鈴木先生時代の頃の「伝統」と白石先生に変わってからの
 音楽のコミュニケーションが今一つ徹底されていなかったのかな・・・・
 何となく音楽自体が迷っている感じ・・・・

 その点、翌年の「幻想交響曲」は白石先生としての「こういう音楽をしたい!!」の思いが音楽にも
 よく表現されていて大変好感が持てました。
 

 | BLOG TOP |