FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


さてさて・・・・

ついに次回作プリキュア、実に10代目プリキュアでもある「Go! プリンセスプリキュア」の
公式画像&声優さんか発表されましたね・・・・

今回は、フローラ・マーメイド・トゥインクルですか・・・・
一番最初にネタバレ画像としてグミのお菓子の画像を見た際は
正直「ううーーーん、微妙・・」というものがありましたけど、
こうやって公式画像を見ると
「ふむふむ、なるほど・・・」と思いますね。
なるほど・・・・今回はそういう路線できましたか・・・・

何となくアホっぽく見えるピンクのフローラに
何となく高慢っぽい感じで、ミルキィローズのようにも見えなくもないマーメイドに
何となくロゼッタの後継者のようなトゥインクルですか・・・・

ま、だけど今からとても楽しみです・・・

「ドキドキ」の公式画像を一番最初に見た時、六花(キュアダイヤモンド)は、
「えーー、何か高慢で生意気そう・・・、一年間大丈夫かな・・・」と危惧したものですけど、
番組が始まって二週間もしないうちに
「六花さん、六花様・・・」となっていましたからね・・・・(苦笑・・)

ま、プリンセスプリキュアもいいけど、
今は、「ハピネスチャージ」の最終決戦をとにかく心して見たいと思います。
昨年の今頃も、
「次回作のハピネスもいいけど、今はとにかくドキドキの最終決戦を心して見よう・・」と思っていたのと
感覚は全く同じですね。

さてさて、テレビ埼玉の再放送中の「スイートプリキュア」ですけど、
改めて書くと、本当にアコちゃんは可愛いお姫様ですね。
マジで、初期の頃の眼鏡としての毒舌家としての印象は完全に吹き飛んでしまいました・・・・(苦笑・・)

アコちゃんがこんなに可愛いのなら、
せめてあと一か月登場が早ければ、スイートのグッズももう少し売り上げがアップしたのかも・・・??





5062ad52_convert_20141227152201.jpg


それにしても・・・・

父親のメフィストの親バカぶりがとても面白い・・・・

結果論ですけど、ま、メフィストはマイナーランドの悪の親玉時代も
妙に調子がいいというか、あまり威厳がないというのか、
時に悪の親玉とは思えないお茶目な時もありましたし、
「バカモーン」という決め台詞もあまり威圧的なものではありませんでしたからね・・・

奥様のアフロディテ様よりの
「何だか以前よりも国王らしくなってきた・・・」という幾分嫌味(??)っぽいセリフも
要所要所は締める音吉さんに頭が上がらない様子も
何だか「婿養子としての悲哀さ・・・」(・・・苦笑・・)みたいなものもあり、
とても面白いものがありましたね。
ま、妻と義父に頭が上がらないから、愛娘のアコちゃんが可愛くて可愛くて仕方がないのかも
しれませんよね・・・・

それにしても・・・・

トリオ・ザ・マイナーのバスドラ・バリトンさんの二人は・・・・

ホント、気の毒な結果になってしまいましたね・・・・(苦笑・・)

ま、バスドラはどうでもいいとして美形のバリトンさんがあんな醜い半漁人みたいな姿に
なってしまうなんて・・・・
バリトンさんがあまりにも泣くもんで、
ファルセットにバスドラが
「可哀想だから元に戻してやれよ・・・」と言うあたりは
「あれれれ、この人意外といい人じゃん・・・」とも思ったりもしましたね・・・・


07d7807b_convert_20141227152122.jpg


アコちゃんを支える響と奏がいかにも「優しいお姉さん」風で実に素敵・・・!!
この回は、響ももちろんいいけど、魔女姿の奏が殺人的に可愛かったのがとても印象的です。

歴代プリキュアは、
どちらかというと、何の取りえもないダメダメ主人公の女の子が一生懸命頑張って
ゼロからスタートし、最後は力強く巣立っていく・・・みたいな印象もあるのですけど、
その点、「スイート」は少し違う・・・・

というか・・・・

「ゼロ」からのスタートではなくて
この物語は「マイナス」から始まっているのですよね・・・・

響と奏のすれ違いの日々・・・・

セイレーン(後のキュアビート=黒川エレン)のハミィに対する黒い嫉妬の感情・・・

自らの正体と目的を隠すために仮面を被らざるを得なくて、
その結果「コミュニケーション」を放棄してしまったアコちゃん・・・・

そういう「マイナス」を、
物語前半の響と奏の再スタート
中盤のキュアビートとしての覚醒、
そして・・・・、前回のキュアミューズの登場・・・・

長かったけど、ここにきてスイートの「マイナス編」がやっと完結し
ようやく4人としての「プラス」の物語が始まったと言えるのかもしれませんよね。

というか・・・・

序盤の響と奏の喧嘩三昧の回から
一体誰が、最終決戦時における
「誰でも幸せになりたいと願っている・・・だけど、幸せと不幸は二つで一つ・・・・
両者は切り離すことが出来ない関係性を有する。
だから不幸の象徴でもあるノイズ(=ピーちゃん)も受け止めてあげよう!!」という
壮大なスケールの大きさの物語を
予想出来たのでしょうか・・・・??

さてさて・・・・

ハピネスチャージも既に最終決戦モードに突入していますけど
ハピネスの物語は
最後に一体どんな物語を自分達に提示してくれるのか・・・・
それはすごーく楽しみです。

そして・・・・・

それが終わったら「プリンセスプリキュア」に気持ちを切り替えましょうか・・・・・
スポンサーサイト



これは、先日、福島と栃木の顧客周りをした際の話です。

今回もかなりの遠距離での移動になってしまい、車内のBGM用として
何枚かCDを持ち込みました。
以前、ショスタコーヴイッチの交響曲第5番をBGMとして流したら、自分の感性がどんどんと曲の中に
入り込んでいってしまい、運転する立場としては危険極まりないため、
BGMとしてはうってつけのマルコム=アーノルドの交響曲の方が運転する立場としては安心みたいな事を
書きましたけど、
この日は、ショスタコーヴイッチの交響曲第7番「レニングラード」ならどうか・・・と思って流してみたのですけど
第一楽章の例の「チチンプイプイ・・・・」の執拗な繰り返しの部分辺りまでは
何も難しい事は考えずに聴けるのですけど
その後は、自分の感情が曲の中にどんどん入り込んでいってしまい、やっぱりダメですね・・・
仕方なく第二楽章の途中で止めてしまいました・・・
ま、「レニングラード」の指揮者がゲルギエフでかなり重厚な解釈&表現+遅いテンポ設定を取って
いましたので、
「レニングラード」ならテンポ設定が速く、ルロイ=アンダーソンのような「おもちゃ箱」みたいな感覚で
さくさく進めていくネーメ=ヤルヴィ指揮の方が
まだ合っていたかな・・・・??

ま、それはどうでもいいとして・・・・

この時は、マルコム=アーノルドの交響曲第4番を流してみました・・・・

うーーん、やっぱりこの曲は運転中のBGMとしては最適ですね・・・・
運転中のたいくつしのぎにはうってこいですし、色々と刺激&変化に富む曲だから飽きないし
眠くはならないし、
ホント、BGMとしては申し分ないですね。

アーノルドの交響曲第4番はこれがまた実に面白い曲で、生で聴いた事は一度もありませんが
実は大変「隠れた名曲」だと思っています。
特に第一楽章が実に素晴らしい!!
この楽章は、南米とかアフリカ大陸を連想させてしまう曲の雰囲気なのですが、
第一楽章だけなら、「サバンナの夜」とか「熱帯雨林の夜の香り」というタイトルを
付けたくなります。
管楽器の下降音と同時にパーカッションのリズムがいきなり全開という感じで始まり、
序盤は管楽器の掛け合いみたいに幾分「渋い」感じもあるのですけど、なぜか唐突に
スローなダンスミュージックが開始されます・・・
この部分は実に面白い!!
実際にスローダンスにも使えそうですし、何かいかにも「ムード歌謡」みたいなノリもあったりします。
そのスローに感じに、ボンゴに代表されるようなラテンパーカッションのノリが加わり、
曲が段々とリズム感が激しくなっていく実に印象深い楽章だと思います。

さて、改めて考えてみると、ラテンパーカッションの一つであるボンゴとコンガなのですが
この楽器の違いって何でしたっけ??
「ゆうゆうワイド」の中の「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」のBGMで出てくる音が
ボンゴではないか・・・という話もどこかで訊いたことがありますけど、
実際は、両者の違いは「大きさ」で、大きい方がコンガ、小さい方がボンゴだったと
思います。
コンガはスタンドで固定されていますが、ボンゴは確か膝に乗せて演奏するのが大きな違いなのかなーとも
思います。
だけど、実際クラシック音楽のジャンルで、ボンゴとかコンガが登場する曲って少ないと
思います。
自分が知る限りでは、モートン=グールドの「ラテンアメリカシンフォニエッタ」と
チャベスのインディオ交響曲を民俗楽器ではなくて、西洋楽器で代用した場合くらいしか
思いつきません。

アーノルドの交響曲第4番は、比較的おとなしめの第二・第三楽章を経て
再び第四楽章で爆裂します。
だけど、第四楽章では何となくですけど、微妙な寂寥感も感じさせます。
何でしょうかね、「夜の不安感」というか、何かに怯えるような表情も時折見せてくれます。
だけどラストはそれを吹き飛ばすかのような金管楽器の凄まじい咆哮で曲が閉じられ、
ズシンという感じで終わります。
交響曲第2番のように「スカッ」とした感じの終わり方ではなくて、何か一癖あるような
完全にスカッと終わらないような感じです。
何でしょうかね、この感覚は・・・

だけどそうした瞬間瞬間の「違和感」もアーノルドを聴く魅力の一つなのかも・・・

そうそう・・・・

この第四楽章なのですけど、車内のBGMとして聴いても、
「あれれ、アーノルドの感覚って何かおかしくない・・・・??
なにこの躁と鬱状態の入れ替わりの激しさ・・・
この人、何か病んでいない・・・??」とも思ったりもします。

前述の通り、フィナーレとしては妙な「寂寥感」もあるのですけど、
激しい部分で突然「不安感」の感情が入り込んだり、
唐突に「軍楽マーチ風」の音楽が乱入して来たり、何か躁鬱と言うよりは「精神分裂症」みたいな
音楽の感じもあったりします。
ま、ラストは幾分の不安感を最後は強引に力で押し切って無理矢理終わらせてしまった・・・・みたいな
感覚もあったりします。

アーノルドは、晩年は、色々と私生活上のトラブルを抱えたり、
三男が自閉症に陥り、三男との関わりかたを巡って色々と思い悩んだり、
はたまた最晩年は自身の認知症の症状に苦しんだりと
イギリス音楽界の中での「華やかな成功と名声」の陰で、色々と人には言えない苦労もあったとは
思いますが、
私生活上の様々な悩みと公の顔としてのギャップの違いが、
アーノルドの交響曲のある意味奇怪とも言える瞬間的な感情のスイッチの切り替えの早さの
一因にもなっているのかもしれませんよね・・・

アーノルドの交響曲って、改めて見てみるとタイトルが付いている曲って一つもないのですよね。
何か意外なような気もしますし、
「自分の曲を聴いてどう感じるかは、聴いた人の自由」という言葉が返ってきそうな感じもします。

それにしてもアーノルドの交響曲は映画音楽のように、場面の切り替えが唐突過ぎることがあまりにも多い・・・
急にアップテンポになったり、スローになったり、感情が唐突に爆発したりと、
頭のスイッチの切り替えにたまに付いていけない時もあります。

だけど、それこそがアーノルドのたまらない魅力なのかもしれませんよね。



 | BLOG TOP |