FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


仕事の移動は車を使用する事が多いのですけど
結構ナビを使用する事もあります。

何て言うのかな・・・・

土地勘がそれなりにあったり、別にナビを使用しなくても大体わかるような所なんかでも
一応用心のためにナビを使う事もあるのですけど
たまーにナビの「おバカさんぶり」に腹が立つ時もあったりします・・・

そういう時って・・・

「えーー、何でその道を行くんや・・・・、こっちの抜け道を使った方が早よ到着するで・・・」と
関西弁でツッコミを入れたり
「われ、ほんまに妙な道を指示するじゃけんのおー、こっちの道を行った方が早よ到着するけんのおー」と
なぜか広島弁でツッコミを入れたり
「なんで、わざわざそんな迂回ルートを選ぶんだべさ・・・・」と東北弁で
ツッコミを入れたりと
なぜか全国各地の方言を使って、ナビに対してツッコミを入れてしまい、
以前ブログで書いたように
車中でブツクサ独り言をつぶやく結果になってしまいます・・・・(苦笑・・・)

ま、ナビにはナビとしての「蓄積された情報」がありますので、あまり余計なツッコミは入れないで
素直にナビに指示された通りの道を行った方が
ま、一番確実なのかもしれませんけどね・・・・
だけど、既に抜け道とか近道を熟知している場合は
「ホントにこいつ、アホだな・・・」と思う時もありますね・・・・

そういう時は、我ながらしょーもねーなーと思うのですけど
車内でのナビとの喧嘩になってしまいますね・・・・

だけど・・・・

全然知らない所に行く場合とか
12/24のように都内に「お上りさん」状態になる時は
素直にひたすら指示通りに動いてしまいますね・・・・(ま、当然ですけど・・・・)





そんな中、本日、台東区の浅草寺近辺の顧客宅を辞する時に
目の前に「東京スカイツリー」がそびえているのに気が付きました・・・・

「東京スカイツリー」って、実は埼玉からもよーく見えるのですよね・・・・
晴天の際、高所から結構綺麗に見えたりもします。
だけど、こんま間近で見たのは結構久し振りでしたね・・・・

あー、こんな素晴らしい風景を、台東区・荒川区・墨田区・江東区の皆さんは間近で見られて
何か羨ましい・・・とも思いましたね・・・・

試しにナビで、その時いた地点からスカイツリーまでの距離と言うか予想移動時間を検索してみると
5分という事でしたので
ホント、すぐ間近だったのですね・・・・

クリスマスの時期だから、多分夜はライトアップしているのかな・・・・・?

夜景として眺めたら、それはまた綺麗なのでしょうね。
スポンサーサイト



12/24は、師走という事もありますし、「クリスマスイブ」と言う事で配送関係の車が多いせいか
普段以上に道路は激混みという感じでしたね・・・・
この日は、埼玉県を離れて、東京都内の顧客廻りに半日専念していました。
普段、特に日曜日の午前中の時間帯ならば、
埼玉→足立区→台東区→板橋区→埼玉というルートならぱ、大体2~2.5時間程度もあれば
一通りは廻れるものなのですけど
この日は、予想通りの道路は渋滞ばかりの激混み状態・・・・

大抵、こうした激混みに巻き込まれると、ハンドルを握った身としては
かなり「イライラ・・・・」する事が多いのですけど、
この日は、「多分道路は激混みだろうな・・・・」と予想していたので、こうしたイライラ防止のグッズというか、
車中にCDを2枚ほど持ち込み、
「あ・・・、渋滞でそろそろイラッとしてきたらこれでも聴いて気を紛らわそう・・・」と考えていました。
だけどこれが結果的に大正解・・・・
おかげさまで(?)
普段ならば2時間程度の所要時間が本日は4時間以上も掛ったのですけど
イライラする事も無く
無事に久しぶりの「都内の顧客廻り」という「お上りさん状態」を満喫できました・・・・(苦笑・・・)

今回は、
ショスタコーヴイッチの交響曲第5番と
最近、このブログでもしばしば登場している爽快感満開のアーノルドの交響曲第2番(+第1番)の
二枚を持ち込みましたけど、
うーーん、ショスタコの5番のように
メッセージ色が強くて、曲に終始劇的要素が加味される曲を移動中に聴くのは
止めておいた方が無難ですよね・・・・

だって・・・・

どうしてもショスタコの5番何か、BGMとして掛けているだけでも
どんどん曲の中に自分の感性がのめりこんでいってしまい、
とても車の運転に集中できない・・・・、というかむしろ怖い・・・・・
だから第二楽章の途中で止めてしまいました・・・・
だって、「仕事と言う現実」の中において、何か「虚構の世界」が入り込んできて
妙な感覚にもなってくるのですよね・・・・

たから・・・・

今回は、アーノルドの交響曲第2番に変更しました・・・・

それにしても・・・・

この交響曲はBGMとして聞流すには「うってつけ」の曲ですね。
しかも第二・第四楽章、特に第四楽章のスピード感と爽快感は半端ない感じ・・・
ショスタコのような「内面性」とか「メッセージ色」は正直皆無の曲ですし、
悪く言うと映画音楽というかイージーリスリングみたいな曲という側面もある20世紀の交響曲ですから、
聴いていて、運転の支障になる要素はないですね・・・・

アーノルドの交響曲作品って、
多分音楽評論家のエライ先生たちの視点からは
「これは安っぽい映画音楽・・・・」
「何のメッセージ色も訴えるものも無い・・・・単に色彩感とか外見的派手さのみを狙った
音楽的価値の乏しい作品」と
酷評される事は間違いないと思うのですけど、
私としては、
「別に安っぽくたって、メッセージ色が無くたって、新しい技法が無くたって、
聴いていて、楽しい!!と感じれば別にそれでいいじゃん・・・・」と思ってしまいますね・・・・
別に「音楽」とは「芸術的素描」だけを求める必要もないと思いますし、
何も難しい事を考えずに、聞き流すだけでも何となくの楽しさ・ウキウキ感・ドキドキ感が伝われば
それだけで十分・・・・
そういう曲がたまにはあってもいいじゃないか・・と思いますけどね・・・・

アーノルド自身若い頃はロンドンフィルに所属していた時期もあり、トランペット奏者を務めていた
そうです。
これは何となく分りますよね。
アーノルドの交響曲第2番・第4番・第5番に親しんでしまうと、いかにアーノルドが管楽器、
特に金管楽器の使い方が巧みで、どうすればより高い演奏効果が得られるのかを熟知しているのが
よーーく伝わってきます。

交響曲第1番は、実は新婚間もない頃の作品であり、同時に作曲家として生きていこうと決意をした時期とも
重なっているようです。
だからこそ第一楽章冒頭の「高らかな気持ち」が表現され、
フィナーレで「決意に満ちた感じ」が出されていると思うのです。
だけど船出による「気負い」が少々感じられるのも少々痛い所・・・

その点、次作の交響曲第2番では、そうした気負いも取れ、実にストレートでシャープな感覚の曲が
生まれる事となります。
第1番が少々肩の張ったホルンの壮大なファンファーレで開始されるのに対して、
第2番は、何か「ダッ、タッターン・・」と「膝かっくん」を食らったみたいな脱力した感じから始まり、第一楽章は
終始穏やかな表情で終わります。
リズム感の面白さと遊び心の第二楽章を経て、
長大なアダージョ楽章の第三楽章へと至るのですが、この楽章が実に陰鬱というか、
いかにも「夜の世界」・「暗黒の世界」みたいな感覚の音楽なのです。
中間部に大きく盛り上がる部分があるのですが、これも何か悲愴感が漂います。
そして第四楽章のフィナーレへと至るのですが、これがまた元気が良くてスピード感があって
豪快に金管楽器が鳴り響く「華麗な音の絵巻」という感じの音楽なのです。
この楽章を聴いてしまうと、
「じゃあ、先程までの夜の音楽の第三楽章とは一体なんだったの?」という感じになってしまうのですが、
そんな細かい事や伝統的手法に全然こだわらないのがアーノルドの良い所。
楽章ごとに突然表情が変わってしまうのは、アーノルドのシンフォニーの世界の特徴であり
その「突然さ」がアーノルドを聴く楽しみの一つだと思うのです。

個人的には第四楽章の爽快感にしびれます・・・
あのスピード感はたまらない魅力ですよね。
特にラスト近くのティンパニーソロは、多分ティンパニー奏者冥利に尽きるとおもいますね・・・・
あのソロから辺りの金管楽器の爆発的咆哮は、多分奏者は相当爽快であり、たまらないと思います。
ま、聴いている方も「気分スッキリ!!」という感じになれますね・・・
あの第四楽章のラスト近くのティンパニーソロとか
ウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番第四楽章の二人の奏者によるティンパニーの叩き付けなんかは・・・・
あれは一度是非経験したいものですね・・・・
あれを打点を完璧にビシッと決めて叩けたら
「何かもう死んでもいい・・・・」みたいな恍惚感というかエクスタシーに浸れそう・・・・

ま、それはともかくとして・・・・

とにかく凄まじい道路渋滞にも全然イライラする事も無く、
久しぶりに車内という狭い空間で思いっきり「音楽」を堪能できた一日でもありました・・・・

あ・・・、でも仕事は別にサボっていた訳ではありませんからね・・・・(苦笑・・・・)
以前から何度もこのブログで書いている通り、とにかくウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番ロ短調が
死ぬほど大好きです!!
この「人の不安感に対しては不安を持って対処する・・・」みたいな「魂の孤独」というのか
特に第四楽章の壮絶なフィナーレ、
そして特に特に二人のティンパニー奏者による強烈な叩きつけはまさに圧巻の一言です!!

でも・・・・

この交響曲第一番から約25年後に作曲された交響曲第二番は、第一番のような「壮絶なドラマ」も無く、
名人芸的な作風を一人孤独に静かに楽しむ・・・・みたいな心境が
何となく窺えますし、
正直、一番の世界と二番の世界を結んでいるものは
何も無いと言っても過言ではないと思います。

ウォルトンって中々面白い作曲家でして、
交響曲第一番とかヴィオラ協奏曲みたいに重厚な作品を残したと思えば、
例えば、ファサード組曲とか喜劇的序曲「スカピーノ」とか序曲「ポーツマスポイント」みたいに
妙にウィットに富んでいるというか軽妙な曲を書いたかと思えば
オラトリオ「ペルシャザールの饗宴」みたいにかなり複雑で大規模な編成の作品もあったりと
かなりヴァラエティー豊かな作曲家だったと思います。

そんな中・・・・

映画音楽の分野にもかなり積極的に作品を残し、
ヘンリー5世・リチャード3世・ハムレット・お気に召すままのような
シェークスピア映画の音楽とか
メジャー・バーバラとかバトル・オブ・ブリテンなどのような第二次世界大戦をテーマにした映画音楽も
残しています。

そうした中で・・・・

軽い小品という位置づけになるかもしれませんし、
ウォルトン自身の作品と言うよりは
パーマーという方が、「バトル・オブ・ブリテン」で曲を作りながらも映画音楽として採用されなかった部分とかを
メインに構成・アレンジしたのが
「ア・ウォータイム・スケッチブック」という作品なのてす。

パーマー自身の構成・アレンジという意味では
最近このブログでも取上げたアーノルドの組曲「第六の幸福をもたらす宿」と経緯はよく似ていますよね・・
でもそれにしても、ウォルトンとかアーノルドから
このパーマーという方は余程全幅の信頼があったのでしょうね・・・・
大抵の場合、作曲家は、劇音楽・バレエ・映画音楽から組曲版を作る場合は、本人自ら関わることが
多いのですけど、
アーノルドやウォルトンは、ある程度「お任せ・・・・」みたいな側面があったのかもしれませんよね。

この「ア・ウォータイム・スケッチブック」は、曲の感じから想像すると
戦時中の「兵士の一コマ」というか、戦場を一時離れた兵士の瞬間的な憩いの場を
何か意図したような作品にも聴こえますね・・・・

この曲は、下記の8曲から構成されています。

Ⅰ.プロローグ
Ⅱ.自転車競争
Ⅲ.スケルツォ-ゲイ・ベルリン
Ⅳ.フォックストロット
Ⅴ.逃亡者たち
Ⅵ.恋人たち
Ⅶ.ストリップショー
Ⅷ.エピローグ

ⅠとⅧの音楽を聴くと、
あー、やっぱりグランドマーチ「クラウン・インペリアル」の作曲者なんだな・・・・という事を
改めて痛感いたします。
この堂々とした感じ、威風堂々とした感じはエルガーのあの有名な行進曲の世界に繋がるものが
間違いなくあると思います。
個人的に好きな部分は、Ⅵの恋人たち(ラバース)かな・・・
とても短い楽章だけど、全体的に大変ロマンチックな香りが漂いますし、フルートソロが実に秀逸ですね・・・

でもね・・・

この曲で大変面白いのは、何と言ってもⅦの「ストリップショー」ですね・・・・

この曲はある意味すごい・・・・

だって、クラシック音楽で露骨に「ストリップショー」なんてタイトルを付けていること自体極めて珍しいし、
その音楽も実にお下劣で・・・(苦笑・・)、とても面白くて
何か思わずニヤニヤしてしまいそうな音楽ですね・・・・
何て言うのかな・・・・・
非常に古い話ですけど
子供の頃に見ていた「ドリフターズ」の加藤茶の「ちょっとだけよ・・・・、あんたも好きねー・・・・」の
「タブー」の世界そのまんまの音楽ですね・・・・
何か下着姿のお姉さんたちが、ゆっくりゆっくりと男どもを挑発しながら
ステージから観客席に向けて練り歩いているような音楽を、何か想像しちゃいますね・・・・

でも・・・・

それにしてもこの曲を作った方って、
本当にあの交響曲第一番の「魂の孤独」を描いた方と同じ人なのかな・・・・・??

うーーん、何か別の意味で「人の無限の可能性」というのか「愛すべき多様性」を
まざまざと感じさせてくれますね・・・・・

 | BLOG TOP |