FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12/14(日)の「ハピネスチャージプリキュア」の余震がまだ続いています・・・・(苦笑・・・)

あれからもう三日も経過するというのに
いまだに
「めぐみを大泣きさせるブルーは、爆発炎上しちゃえ!!」みたいな感覚が根強く残っています・・・・
これまではブルーに対しては
「ま、一応地球の神様なんだから・・・・」
「何か事情があるに違いないから・・・・」
「神様にだって、迷いや苦悩とか間違いがあっても良いのでは・・・?」みたいな
擁護的な感覚でいたのですけど
12/7と12/14を見て以降は、何か「見方」が完璧に激変してしまいましたね・・・・
やっぱり「女の子の涙」は強いのかな・・・・??

ブルーを見ていると、
どうしても思い出してしまう人が一人います。

そうそう、前作「ドキドキ」のジョー岡田です。

ブルーもジョー岡田も「胡散臭いイケメンさん」という共通点があるものの、
最近までは
「ジョー岡田の胡散臭さに比べれば、ブルーなんてまだ全然マシ・・・」とすら思っていたのですけど
「胡散臭さ」だけならまだしも、
ブルーの物語序盤からの「隠蔽体質」がここにきて、何かカチンとくるものがあったりします・・・
ひめの指摘通り、物語の序盤の段階で
クイーンミラージュ様に1万回程度土下座して(?)許しを乞うていれば
そもそもこうした悲劇はもっと早い段階から防止できたような感じすらありますし、
ミラージュが元々は実はプリキュアであった事とか
なぜ巫女さんがミラージュに変容してしまったのか等
大事な事をずーーっとブルーは隠蔽していましたからね・・・・

しかも・・・・

更に「レッド」についても何か思い当たる節があるようなのに
それすらも何も言及しない・・・・

うーーーん、
本当に「爆発しちまえ!!」という感じですね・・・・・(苦笑・・・)

ブルー様が、これまでの「悪評」を打破するために出来る事は・・・・
「レッドと刺し違えて、自らも消滅する事」ぐらいなのかも・・・・
そして・・・・
最終回の最後の場面で
めぐみが、
「ブルー、結局逝ってしまったね・・・・」と涙ぐんでいる前で
誠司が
めぐみの肩をそっと抱き寄せ
「だけどお前には俺がいるじゃないか・・・」と言ってくれたら
私は大感激ですけどね・・・・

ま、プリキュアの世界では「予測・予想」はほとんど当たった事がありませんけどね・・・・

だけど「誠司の悪堕ち」の予想は当たってしまった・・・・、うーーん、どうしよう・・・・・(苦笑・・)





ジョー岡田の場合、良かった点は
節目節目ではきちんと「真実」をマナ達にきちんと語っていた事なのかな・・・・
それにブルーと違って、ある程度の「戦闘力」はあるし、
アン王女一筋の「ひたむきな面」もあるし、
最後の局面で、婚約者であるアン王女が、二人の少女(亜久里とレジーナ)とアイちゃんという
何と三者(・・・・!!)に分離してしまい、
アン王女を失ってしまうという「悲劇」が何かジョー岡田をブルーとは違う位置づけにしていたような
気さえします。

ま、もっとも悪意がある解釈をしてしまうと、
「ドキドキプリキュア」の物語は、
元々王族でも何でもないただの兵士が、アン王女をたぶらかし、
最終的には「大統領」の地位にまで登りつめた
豊臣秀吉も真っ青の「出世物語」てあった・・・・
なーんて側面もあったりしますよね。
そして、王女の夫という地位では満足できずに、
アン王女の病気→国王のジコチュー化を影で操り、
結果として、国王を退位に追い込み、自分は「大統領」という漁夫の利を得た・・・・
という事も言えなくはないのかな・・・・

何かそういう脳内妄想が自分の中にあったせいか
ジョー岡田は何かクセモノ・・・・、胡散臭さは歴代プリキュアでも断トツ・・・という感覚がつい最近まで
あったのですけど、
申し訳ないのですが
その地位は、完全にブルー様が奪取してしまいましたね・・・・・(苦笑・・・)

そうですね・・・・

関係ないけど
もしもハピネスチャージの物語をドキドキのメンバーが演じていたらどうなるかという
自分の脳内妄想の中では、
間違いなく、マナ・六花達は
ブルーに「何が真実なのか、ちゃんと私達に納得いくように話して!!」と強引に直談判するだろうな・・・・と
思ったりもします。
特に、あの六花さんだったら
ブルーの隠蔽体質とか
自分が一番「恋愛」に関わっているのにプリキュア達には「恋愛禁止令」を厳命するそのブルーの矛盾点を
容赦なく断罪し、問い詰めるのだろうな・・・・

最後に・・・・・

振り返って見ると、六花がプリキュアとして覚醒した回に
ジョー岡田は、六花の鋭い追及を巧みにするっとかわし、そればかりでなくかなり強引に
ラビースを渡していましたね・・・・

あの時、多分、ジョー岡田は
六花にボディータッチしていましたし、見方によっては「胸タッチ」していたかも・・・・・・??

そうそう・・・・

あの瞬間から、大の六花ひいきの私がジョー岡田を毛嫌いするようになった瞬間なのかも・・・・・(苦笑)

だけど、ドキドキが終わって一年後に
その後輩プリキュア達のポンコツ神様によって
まさかジョー岡田の評価・見方が劇的に良い方向に向かうなんて
一年前の自分は全く予測できませんでしたね・・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |