FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日12/16の記事で
「戸田の天然温泉・彩香の湯」で3時間近くも温泉にほんわりと浸かり
首と肩をセルフマッサージを施したら
最近少し困っていた頭痛と頭のモヤモヤ感とか疲労感がすっかり取れて
とても楽になった」と書きました。

それはとてもよかったと思います・・・・

だけど一つ問題が発生・・・・

俗にいう「マッサージ後の揉み返し」です。

揉み返しとは何かと言うと・・・・

マッサージをした後に起こる症状で、マッサージが強すぎて筋膜や筋繊維を損傷してしまい
炎症が起こっている状態をいいます。
マッサージを受けることで、肩こりやふくらはぎなどの筋肉が凝り固まって
パンパンになっている所をほぐしていくのですが、強く揉むことによって筋肉が収縮し、筋肉痛が起こると
言われています・・・・

との事です。

まさに自分の症状のそのまんまという感じですね・・・・
「筋肉痛」というか首のあたりが少し捻挫したかのような感触があります・・・・

ついつい昨日調子に乗ってしまい(?)、首周辺の筋肉をグイグイと揉んでいたら
確かにやっている間は
とても気持ちがいいですし、
お湯の中だから「痛い・・・」という感覚もほとんど無いのですよね・・・・
だけど・・・・
朝、起きてみると何やら首が痛い・・・
押してみると何だか捻挫したかのような感じ・・・・

うーーーん、確かに少しマッサージし過ぎたかもしれませんよね・・・

だけど反面、頭痛とか頭がだるい感じは全然なく、むしろ非常に目覚めが心地よい朝でした。

実際、昼間の仕事の最中も
月曜あたりまでの
「疲れた・・・」
「何か頭が重いし、体がだるい・・・」という感覚は全くなく
気分はリフレッシュ・・・!!という感じなのですけどね。

要は「バランス」なのかな・・・・

筋肉痛になるまでセルフマッサージはやる必要はない・・・
むしろ「ほどほど」が一番という事なのでしょうか・・・・??

ま、夕方過ぎになって、首の捻挫っぽい痛みも薄れてきたし
頭は全然重くないし
明日以降も何か「すっきりとした状態」で一日を過ごせそうな予感がありますね。
スポンサーサイト



私、どちらかというと「ハピネスチャージプリキュア」の中では
多分数少ない「ブルー擁護者」だったと思います。

「多分、ブルーにだって何か事情があったのだろう・・・」
「ブルーだって色々と思い悩み後悔している・・・」
「闇落ちしてしまった元カノに対する対抗措置として、今カノ・ラブリーを当てるのは
仕方がない側面もある・・・」
「最後は、多分、自分が悪かった・・・・と言い残して自分と言う存在自体を消滅させるのでは・・・??」
「神様だって至らない点があってもいいじゃないか・・・」
「神様だって過ちを犯すし、それに対してはもう少し温かい目を向けても良いのでは・・・??」
みたいな気持ちもあったとは思います・・・・

だけど、12/7の回でラストで、
ラブリーが見ている目の前で、ミラージュに熱いキスを交わしている場面を目撃してしまい・・・・
何か一気に流れが変わったような気がします・・・・(苦笑・・・)

何て言うのかな・・・・

ラブリーびいきの自分としては
気持ちとしては、
「めぐみ(キュアラブリー)を本気で泣かせてしまう原因を作ったブルーは、爆発してしまえ!!」という気持ちですね・・・・


2887c589_convert_20141216210127.jpg


めぐみは、幻影帝国に侵略されていた世界を救い平和をもたらしたばかりでなく、
ブルーとミラージュのヨリを戻した「最大の第一功労者」なのでしょう・・・
だけど、それで得たものとは何なのか・・・・
結局は「ブルーに対する失恋・・」、そして「喪失感」というアンハッピーな出来事ばかりなのでした・・・
おまけに、自分の見ている目の前で
ブルーとミラージュは熱いキスを交わしてしまうし・・・・
(あれって、いくら鈍感なラブリーでも気持ちとしては凹んでしまいますよね・・・
 冒頭のパジャマパーティーで、ひめ・いおなは、ブルーの事を「デリカシーが無い」と評していましたけど
まさに「その通り!!」という感じですね・・・)

自分がボロボロになりながらもミラージュとの激戦を制し、「ミラージュを倒し巫女さんとして復活させれば
ブルーと復縁してしまい、自分は振られてしまう・・・」という事が分かっていながらも
「ブルーとミラージュの幸せは自分の幸せ」というロジックの下で
結果的に「自己犠牲」をする事で世界を救った一人の女の子はそれで幸せになれるのか・・・・
本当にめぐみはそれで幸せなのか・・・・という大変重たい「課題・試練」を
ハピネスの物語は、最終決戦前夜というのに
私達に与えてしまうのですよね・・・・
これまでの歴代プリキュアの最終決戦は、「真の敵」・「許しがたい真の敵」とバトルを繰り広げる事で
ラストは比較的スカッとした終結を迎えてくれてはいたのですけど、
一体ハピネスの物語は、最終決戦で一体何を提示してくれるのだろう・・・・
しかも次回は、当初の懸念通り(?)「誠司」がついに闇堕ちしてしまうし・・・・・
うーーーん、歴代でもここまでストーリーがもつれた「最終決戦」ってあったかな・・・・

でもな・・・・

めぐみの気持ちを考えると
何か自分まで心が痛くなってしまいますね・・・・(苦笑・・・)

「自分が好きな人(ブルー)に幸せになって欲しい」

「ブルーが愛するミラージュにも幸せになって欲しい」

「だけどブルーとミラージュが復縁する事で自分は愛を失ってしまった・・・・」

「ブルーが幸せになる事は嬉しいけど、自分が降られたという気持ちは、とても悲しくせつない・・・」

めぐみは、誠司との二人っきりのシーンでポロポロに大泣きして
「嬉しいけど悲しい・・・」と心情を吐露していましたけど
これはまさにめぐみの「偽らざる本音」でしたね・・・・

「世界を救う」という自分の行為は正しいし、「誇り」に感じても良い事・・・・
同時に「失恋」して「苦しい」と感じるのも、自明な事だと思います。
「嬉しくて苦しい」と感じるめぐみは、極めて普通の感覚の持ち主だと思います。
結果的に一人のポンコツな女の子が世界を救った・・・
だけどその結果残されたのは、傷ついた女の子とその子を心配する一人の男の子・・・・
何かそういう「哀しい側面」も提示しているというのは
歴代プリキュアでも極めて異例な出来事だと思います。
(この辺りが、多分歴代プリキュアでも一番ストーリーが難解とか意図が中々伝わりにくいという
今作のプリキュア、ハピネスの強みでもあり弱点でもあるのかな・・・・)

でもな・・・・

遅咲きのピンク系主人公のラブリーをここまで悲しませる原因をつくったブルーに対しては
何か今までの数少ない擁護者の立場を忘れて
「ラブリーをここまで悲しませる原因を作ったブルーは、自爆して逝ってしまえ・・・・!!」
と声を大にして叫びたい気持ちですね・・・・(苦笑・・)

先々代のプリキュアのキュアハッピーの一つの口癖は
「みんな、笑顔でウルトラハッピー」というものがありましたけど、
このみゆきが言う「みんな」には当然みゆき自身が含まれていました・・・・

だけどその点めぐみはどうなのかな・・・・

めぐみの一つの思考パターンとして
「他人の幸せは自分の幸せ」
というものがあります。
だけどそれを軽く言い過ぎていた傾向がもしかしたらあるのかもしれません・・・
というか、当事者間意識に欠けるというか
第三者的に評論家風に言っていた感じもあります・・・

だけど今回の一件はどうだったのか・・・・

「プルーとミラージュという他人の幸せを願い、結果的にその他人の幸せを自分はもたらすことが出来た・・・
だけど、その結果自分は失恋し、苦しむ結果となってしまった・・・」
という事なのですけど
もしも「他人の幸せは自分の幸せ」と本気で心の底から信じていたとするならば
めぐみは決して苦しむことは無い・・・
やはり「他人の幸せも大事たけど、それ以上に自分の幸せも大切・・・」という気持ちがあるからこそ
めぐみはここまでボロボロに傷ついているのです・・・
要は、これまで放置していた「自分の幸せとは何・・・??」という「問い」をずっと放置していたツケを
何と最終決戦直前で払うという大変やっかいな形で
この物語は「人間の幸せとはなーに??」という問題に対して提示していくことに
なるのです・・・・



333741d7_convert_20141216210155.jpg


やはり、めぐみのそうした諸々の課題に対して
何らかの「一筋の光」を当ててくれそうなのは言うまでも無く「誠司」なのでしょうけど
その誠司をあえて一旦闇堕ちさせることで
めぐみ自身に対しても
「自分の幸せとは何か・・・」という問いかけにも気が付き
そしてめぐみらしい何らかの「答え」を出していくような気もします。

だからハピネスの物語の最終決戦の相手は
幻影帝国でもディープミラーでは無かった・・・・

「自分自身の心」なのかもしれませんよね・・・・

うーーん、一体何て重たい最終決戦の予感・・・・

ハピネスの物語は、序盤が比較的ひめに焦点を当てていたのに
後半になればなるほど、めぐみに色々な意味でスポットを当てているような気がしますね・・・
ま、ラブリーびいきの自分としては
「もう少し早い段階からめぐみの諸々の問題に対して光を当てていれば・・・」と愚痴りたい気持ちにも
なったりはしますけどね・・・・

ハピネスの物語は、
何かポンコツで色々と問題児のめぐみとひめに対して
メンタル面がしっかりとし「大人的なポジション」で対応しているゆうゆうといおなの
違いが明瞭すぎるほど描かれていて大変面白い感じはありましたし、
キャラの使い分けという意味でも大変効果的な面があったと思いますね。






それにしても・・・・・

今回の話の序盤の女の子4人だけの「パジャマパーティー」は大変面白かったですね。

というか「ブルー糾弾集会」みたいな要素もあったりして
何というのかな・・・・
あの流れは、これまでハピネスの視聴者が感じていた「ブルーに対するマイナス的側面」を
代弁するような流れになっていたから
何か自分としても見ていて「溜飲が下がった」思いです・・・・(苦笑・・・)

私はこれまでは数少ない「ブルー擁護論者」だったと思いますが
最近の流れで、すっかりこの流れは断絶したような気がします・・・・
ま、その辺りの詳しい話は、この後の②でもって
お話したいと思います・・・・

ま、だけど確かにいおな・ひめが糾弾する通りブルーは、何かデリカシーに欠けていたかな・・・・??

勿論、300年以上待ち続けたミラージュと久しぶりに対面できたという理由は理解できますけど
めぐみの気持ちを分かっているはずのブルーが
めぐみの目の前でミラージュと熱いキスを交わすのは
確かに「反則」でしたよね・・・・(苦笑・・)
それにブルーとミラージュの目の前で
「だった私もブルーが大好きだから・・・!!」と大胆な告白をしていましたからね・・・・

ゆうゆうがブルーに対しては多分色々と言いたい事は多々あると思うのです・・・・
だけどそれを口に出さずに
「ブルーの胸元がヘン」と笑いを取る事で
一気にめぐみの気持ちを楽にさせ、めぐみに語らせるきっかけを作ったのは
さすが・・・!!としか言いようがないですね・・・・
ホント、ゆうゆうはハピネスのメンバーでいるのが何か勿体ない・・・・
別のシリーズで主人公にしたいくらいですね・・・・

ひめが、「ブルーは意気地なし!!」と断罪しましたけど
確かに、ブルーが少し勇気を出してミラージュに謝りに行けば、こうした悲劇は元々起きなかったはず
なのですけどね・・・

だけど・・・・

物語の序盤で敵前逃亡を繰り返してはブルーから慰められていたプリンセスの事を考えると
ファントムではありませんが
「お前が言うな・・・!!」
という感じですね・・・・・(苦笑・・・)

そうそう、今現在のファンファンとファントムのギャップがあまりにも激しすぎて
個人的には何だか付いていけません・・・・(苦笑・・)


1ef1ed89_convert_20141216205932.jpg


いおなの指摘、
「ブルーが恋愛禁止令を出しのに、一番恋愛していたのはブルー」というツッコミは
多分誰しもが感じていた事だと思います・・・・

だけど、改めて見てみると
ゆうゆうといおなが目くばせしていたのを見てみると
この二人なりに「失恋して傷ついているめぐみ」に対するフォローを
「パジャマパーティー」という事でめぐみに発散させていたのは
「さすが・・・、大人ポジションは違う・・」と痛感しましたね・・・・


7e87b9af_convert_20141216205958.jpg


めぐみのフィギュアスケートのシーン・・・・

そうか・・・・「かわるんるん」はこういう事にも使えるのですね・・・・(笑)

あのスケートをするめぐみは本当に可愛かったですね。

誠司も、まずはめぐみと楽しいひと時を過ごさせることで
のちにめぐみの「本音」へと誘導する一つのきっかけづくりをしていたと思われますけど
何か今作は、
誠司と言い、ゆうゆうと言い
何かきちんと周りに「配慮」できる人が揃っていて
その点が出来ないめぐみとひめとの対照的な感じを演出しているのが
何か面白い感じはしますね。

あのめぐみのフィギュアの衣装を見ると、
何だか映画を思い出してしまいますね・・・・

そうそう、あの映画での挿入歌を多分今回の戦闘シーンでも使用していましたね。
何かあの曲を聴くと
映画のラストの「感動」が蘇ってきます。

だけど・・・・

アニメ本編は、最終決戦直前になって急激に話がややこしくなってきましたね・・・・

一体本編ではどういう「最終提示」を見せてくれるのでしょうか・・・・
(その②に続く・・・)


1991年の課題曲は、以前も書いたと思うのですけど個人的には共感できる曲があまり無く
そのためなのかこの年の吹奏楽コンクールは他の年に比べると
少し印象度・記憶の鮮明さが低いようにも思えます。
ま、それでも高校の部なんかは、
埼玉栄のシュワントナーの「・・・・・そしてどこにも山の姿はない」の歴史的ウルトラ名演とか
伊予の例年のコンクールの価値基準だったら間違いなく銅賞レベルの演奏にも関わらず
この年の審査員の粋な計らいで(?)
たぶん最初で最後の(??)金賞受賞とか
関西代表3チームは珍しく全国で3チームとも金を取り逃がすなど
(だって・・・、この年の関西大会は、惑星~木星の兵庫とかカルミナ=プラーナの天理がスカ金ですからね・・・)
色々と記憶に残る出来事は多かったけど
中学の部は、後半の内灘~土気~八戸第三以外は正直大した演奏は少なかったからな・・・・(苦笑・・)
中学の部で、例えば「ダフニスとクロエ」が計6チームも演奏しているなど
自由曲の重複が極めて多かったことも
この年の印象度を弱めているようにも感じられます・・・・

ま、そんな中・・・

課題曲B/コーラルブルーは、鳴る部分としっとりと聴かせる部分の対比が実に鮮やかで
メロディーラインも民謡を素材に使っているせいか
とても分かり易く人の心にまっすぐと伝わるものがあり
この課題曲だけは他の三曲と比較して唯一何とか聴ける課題曲だと思っています。

この課題曲の正式タイトルは
「コーラル・ブルー 沖縄民謡「谷茶前」の主題による交響的印象」というものですけど、
タイトル通り、沖縄のどこかで聴いたことがあるようなメロディーを効果的に使用していると
思います。
作曲者の真島俊夫氏は、1985年にも課題曲B/波の見える風景で
吹奏楽コンクールに登場していますので
この年で2回目の課題曲という事になりますが
「波の見える風景」は比較的しっとりとした情感と内省的な雰囲気が漂う素晴らしい名曲だと思いますが
「コーラルブルー」は少し表面的効果にこだわり過ぎたかな・・・・みたいな印象が
今でも自分の中にはあったりもします。
曲の冒頭は、南国沖縄の暑い日差しを思わせる沖縄音階のベルトーンから始まり、
次いで木管楽器によってゆったりと谷茶前の主題が奏でられ、そして唐突にというか
不意打ちを食らったかのように
4分の3拍子が織り込まれる原曲「谷茶前節」のリズムを踏襲しながら、
一転、アップテンポで主題のバリエーションがたたみ掛けるように流れてきます。
この部分の「音のうねり」は上手いチームがやると本当に何か感動を覚えたりもします・・・
音楽はこの後激しく盛り上がり、そして一転してしっとりとした歌の部分へと続き
ラストは激しく高潮し、ドラのすさまじいロールの響きを加味しながら
劇的に閉じられていきます。

この課題曲は確かスコア上での指示では打楽器奏者は5人使用となっていますけど
5人だけだと、
一人の走者が幾つもの楽器を担当しなくてはいけなくて
例えば、一人の奏者が、シロフォーン・大太鼓・ツリーチャイム・ドラ・トムトムを担当しているケースも
目撃した事があります・・・・

作曲者の真島氏は、コンクール課題曲以外でも
吹奏楽作品として

〇ミラージュ

〇百済伝説による交響組曲「神門物語」

〇三日月に架かるヤコブのはしご

などがありますけど
最近では「三つのジャポニズム」が大人気で全国大会でも頻繁に自由曲として演奏されていますね。

そうそう、1997年の課題曲Ⅲ/マーチ「五月の風」という素敵なマーチも作曲されていましたね。

何か印象としては、作風が統一感が無いというのか
良く言えば多様な作品を描けるという多才な感じもするのですけど
何となく「器用貧乏」みたいな雰囲気を感じてしまうのは自分だけなのかな・・・・??


〇宝塚市立中山五月台中学校

 B/火の鳥

 結論から言うと、
 何でこのチーム「銅賞」なんだろう・・・・
 うーーん、よく分からない・・・・
 このチームを銅賞にするなら、よっぽど銅賞に相応しいチームはあったと思うのですけどね・・・

 このチームの課題曲Bはとても素敵な演奏でした・・・

 何て言うのかな・・・・

 果敢に攻めていくというのか「表現の積極性」も良かったし
 中間部のしっとりとした歌い廻しも申し分なかったと思います。
 前述した通り、この課題曲は冒頭のゆったりとした感じから一転してテンポが速くなるのですけど
 この際の「音のうねり」をほぼ完璧に表現出来ていた数少ないチームだったと
 私は思います。
 自由曲の「火の鳥」も
 通常の「魔王カスチェイの凶悪な踊り~終曲」という構成ではなくて
 86年の御影高校とか87年の今津中学校のような「王女たちのロンド~魔王カスチェイの凶悪な踊り」という
 構成を取っていましたけど
 ま、確かに「王女たちのロンド」はソロ陣の非力さと不安定さは否定できないのだけど
 あの部分の「ふわっとした幻想みたいな雰囲気」とか「魔法のエコー」みたいな感じは
 よく出ていたと思いますし
 王女たちのロンドでの「欲求不満」を「魔王カスチェイ」で一気に爆発させていたのは
 大変印象深いです。

 ま、コンクールには往々にして
 会場の聴衆の雰囲気と審査員の審査結果が噛み合わないというのは
 よくある事ですけど
 このチームもそうしたケースの典型例なのかもしれませんね・・・

 ま、このチームは後年、宝梅中で色々と名演を聴かせてくれた渡辺秀之先生が転任してからは
 すっかり全国大会の常連さんになりましたね。
 今年も久しぶりに全国で金賞を受賞されていましたね。

 | BLOG TOP |