FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日12/16は朝から異常に冷え込んでいましたね・・・・

しかも朝からあいにくの雨模様・・・・

先日の記事にて
「最近首と肩の筋肉が凝り固まってしまい、疲労も重なり、頭痛が結構やばい感じ・・・
どこかで一日日帰り天然温泉にでも行ってリフレッシュしてこようと思っていたら
うちの奥様が、またまた懸賞で、杉戸町の雅楽の湯という日帰り天然温泉の優待ペア券を
当選させたので、行って来よう・・・」という記事を書いたものの
やはり朝から寒いし
何か一部の天気予報では「みぞれ・雪になる可能性もある」という予報が出ていたせいもありますし、
何よりも遠いから
当日になってうちの奥様が
「遠いし寒いから出かけたくない・・・」とごね出しましたので
仕方なく今回は杉戸の「雅楽の湯」は諦め
(ま、有効期日までまだ時間がありますから別の機会に・・・・)
今回は、うちから車で20分程度の戸田天然温泉/彩香の湯に行ってきました・・・

この日は近くの戸田・七福の湯が休みと言うせいもあり
朝の開店と同時に行ったのですけど、なかなか混雑していました・・・
ここの「彩香の湯」にくるのは実に7年振りかな・・・・
だけど、温泉の設備とか価格とか周囲の景色もほとんど変わりなく、特に「久しぶり・・・」という感覚は
ありませんでした。
以前来た際は、竹の柵で囲まれ、何か「和の庭園」を意識した作り・・・みたいなイメージがあったのですけど
あいにく本日は朝から雨模様・・・
もやなのか湯気なのかはよく分かりませんけど
あまり景色を楽しむという雰囲気ではありませんでした・・・
ま・・・、というか露天風呂は外だし、マジで寒かったですからね・・・・

でも・・・・

来てよかったな・・・・

3時間近くも滞在していましたけど
ずーーーっと温泉に浸かっている感じでした・・・・
露天は寒かったせいもあり、お湯の温度が少し「ぬるいかな・・・」とも思ったのですけど
逆にそのおかけでのぼせる事も無く
長時間のんびりと温泉に浸かる事が出来ました・・・・

その間に、
首と肩の「凝り」をセルフマッサージで揉んで揉んで揉みまくったという感じなのですけど
最初はあまりにも首全体がカチカチに固まっていて
どこから揉めばよいのかわからない感じでしたけど
徐々にほぐれてきて、最後はすっかりコリコリ感を取り除くことができて
この数日間困っていた「頭のモヤモヤ感」とか「頭痛」が嘘のように消えてしまい、
今現在も大変すっきりとした状態でいます・・・・!!
何かやっと「元気」を貰ったというか
体がリフレッシュ出来たと思いますし、
これであと「御用納め」まて残り二週間程度を何とか乗り切っていけそうな気がしてきました・・・・

でも・・・・

改めて思ったのですけど
首の筋肉のコリコリ感って本当に「頭痛」の原因そのものなのですね・・・・
色々と考えたのですけど
車の長時間の運転とか日常の仕事上でのストレスとか「やや猫背気味の姿勢」が
原因なのかも・・・・

ま、とにかく今後は、首の筋肉がコチコチになる前に、
姿勢を良くしてセルフマッサージを施し、事前の対処をしたいと思っています。




蠖ゥ鬥兩convert_20141216194843


この「彩香の湯」でよかったのは「つぼ湯」かな・・・・

この一つのつぼに自分一人だけでゆったーーりと浸かっているのは中々気持ちの良いものです。
またこのうちの一つがここの温泉の「源泉」とかで
ここのつぼだけは行列待ち状態でしたね・・・・

南埼玉の天然温泉は、比較的茶色とか黒系のお湯が多い中、
この「彩香の湯」は透明な感じでしたね。
舐めてみると塩っぽい感じ・・・・
ナトリウム系の温泉なのかな・・・・??

そうそう、良かった点としてジャグジーがありました・・・・

このジャグジーにおいて、自分の肩と首の位置に丁度良い角度と位置で水流が当たるので
「見事に自分の肩と首のツボにジャストフィット!!」という感じで
とても気持ちが良かったですね。
何か水流がうまい具合に肩と首を揉みほぐすという感じもありました・・・・

サウナとか露天風呂でも
従業員さんが
「熱くないですか・・・、氷のサービスもありますから良かったら使ってください」というのは
何か「気配り」を感じられて
とても良かったと思います。

とにかく、首と肩の筋肉のコリコリ感と頭痛が消え去っただけでも、私はしてもありがたいです!!

また近いうちに、こうした天然温泉に浸かりに行きたいものですね。
スポンサーサイト



このブログでも何度か書いたことがあると思いますが
私自身、1988年~2001年は銀行員 2001年以降は木造住宅メーカー等の建築関係の仕事に
関係しているのですけど
確か2004年頃の話だったかな・・・・
自分の顧客が、秩父で親と同居用の「セカンドハウス」を建てる事になり
その建築計画に最初から関わっていました。
当時、自分は所沢の若狭と言う所の「総合住宅展示場」でポンコツ営業担当をしていたのですけど、
所沢から秩父は結構遠かったな・・・・
大体車で一時間半程度は掛かったかな・・・
仕事上、秩父から所沢に戻る際、既に真っ暗になっている事も多く、
その際に、「何かが出る・・・」と噂が非常に強かった「正丸峠」のトンネル内を通過する際は
何か妙に怖いものがありましたね・・・・

そのお客様の施工場所は、秩父鉄道の線路沿いでして、
確か単線だったと思いますし、電車によっては「一両編成」みたいなものもあったような記憶があります。
とにかく何とも言えない「のどかな雰囲気」でした・・・

そのお客様が無事に地鎮祭を迎えられ、
設計担当・工事監督と共に地縄立会い→地鎮祭に参加し、
神主さんが「かしこみ、かしこみ・・・・」などと祝詞を唱えられていると

なんと・・・・

目の前の線路で昔ながらの蒸気機関車・・・、そうそう「SL」が煙をもくもくと立てて目の前を
通過していきました。

正直、あの時は何か驚いたな・・・・

だって、まさか既に「過去の遺産」と思っていた蒸気機関車、SLをあんな間近で見られるなんて・・・
あの時は何か妙にテンションがあがって、
何か地鎮祭どころではありませんでしたね・・・・(苦笑・・)

後で聞いた話では・・・・
「パレオエクスプレス」は秩父鉄道が1988年3月より運行しているSL列車で、
秩父地方で発見された海獣「パレオパラドキシア」の化石にちなんで、この名前が付けられたとの事です。
土・休日や春休み・夏休みの時期を中心に、熊谷駅から奥秩父の三峰口駅までの間を1往復し、
C58型蒸気機関車が12系客車4両を牽引しています・・・

との事で、自分が地鎮祭の際に目撃したSLは、まさにそれだったのですね・・・・

大宮から仙台まで新幹線で行くと1時間20分を切る「スピードの時代」に
こうした「のんびりとゆったりとしたSLの旅」というのも
何か素敵なものを感じます。
見ていても、あの轟音と煙は、何か「郷愁」みたいなものを感じてしまいますね・・・・


SL縺瑚。後¥_convert_20141216190456


かつて、全日本吹奏楽コンクール課題曲でも「SL」をテーマにした素敵な曲がありましたね・・

そうそう、2001年度課題曲Ⅳなのですけど、
この年は課題曲Ⅰ/栄光をたたえてに人気が集中してしまい、
どちらかというと「小編成」での演奏を意識して作られたこの課題曲が全国大会で演奏される回数は
かなり少なかったのは何か勿体ない感じはしましたね・・・・
この年の課題曲Ⅲ/あの丘を越えては、スコアを見た限りでも演奏を聴いた限りでも
かなり難しい要素はありましたね・・・・
マーチであそこまで高度な技術を求められるのは少し珍しいかも・・・・
だけど対照的にこの課題曲Ⅳ/SLが行くは
技術的にも平易だし、シンプルな構成だし、何よりもその「分かり易さ」が実に素晴らしかったですね。
演奏時間も確か2分半程度のかなり短めでしたね・・・

この課題曲、何が素晴らしいかと言うと、そののどかな雰囲気・・・・

あののどかな雰囲気は、まさに自分が見た「地鎮祭での秩父でのSL」そのものでした・・・

この課題曲を聴くと、なぜかいまだにあの時の秩父での地鎮祭ののどかな光景を思い出し
何かいまだに「くすっ」となってしまいます・・・・

そうそう、この課題曲、
確か打楽器はティンパニーは使用せず、小太鼓・大太鼓・シンバル・グロッケンのみの
非常にシンブルな構成でしたね。
この課題曲は、
やはり、浜松交響吹奏楽団の、テンポ設定を比較的遅めに設定した「優雅なおとなっぽい雰囲気」と
磐城高校のテンポ設定を速めに取り、若さ溢れる躍動感をイメージさせた
二つの対照的な演奏スタイルが
とても強く印象に残っています。

何かこの曲の事を書くと
「あー、たまには秩父にでも行きたいな・・・」と思ったりもするのですけど
秩父は同じ埼玉でも別世界・・・・
冬は積雪が大変だし、何よりも寒いのですよね・・・・(苦笑・・)

うーーーん、とにかく寒い、寒い・・・・

なんだこの寒さは・・・・(苦笑・・)

今は本当に12月なのかな・・・この寒さは2月ぐらいの感覚ですね・・・・

先日、寒い時は坦々麺とか肉まんがとても美味しいと書き
そのついでに「おにぎりとえび味のでん六豆の柿の種の食べ合わせは結構美味しい・・」と書いたところ
何人かの皆様より素敵なコメントを頂きました。

この場を借りて御礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました!!

特にこのブログではお馴染みの七森様の

「柿の種とご飯はあいますよぉ(-_☆)

以前、新潟のお土産で「柿の種ふりかけ茶漬け」というのをいただいたのですが、それが結構美味しかったんです♪

ふりかけの中に柿の種のあられがそのまま入っていたりして、
ちょっと面白いふりかけですよ(*´艸`*)」

とのコメントには

「ふむふむ、なるほど・・・」と感心させられたものです。

ちなみに七森様のブログ「あちこち神社」はとても素敵なブログですので
興味がある方は是非一度覗いてみて下さい。
ちなみにリンク先の上から3番目のブログです。


縺医・_convert_20141216013959


このでん六豆の「えび味の柿の種」にあれ以来なぜか少しツボに入っています・・・・(笑)

12/15も寒かったですね・・・

だから少しヘンな事を実験してみました・・・・

ファミリマートでお昼ご飯を兼ねたのですけど、
カップヌードルみたいな容器に入っている「お茶漬け」の中に、この「えび味柿の種」を入れ
お湯を注いで電子レンジに入れ
あらかじめ用意しておいた「チューブに入った生姜」と紅生姜と天玉をちょい足ししてみると・・・・

これが中々意外と美味しい・・・・!!

お茶漬けの柔らかい食感と柿の種の固い食感のアンバランスが何か妙に絶妙・・・・
しかも生姜を入れているから
体は温まるし
何か冬の寒い日の昼ごはんにはうってつけ・・・みたいな感じでした。

ま、寒いし、昼ごはんの休憩時ぐらい少しは楽しまないとね・・・・
10月からテレビ東京ではじまった「GF」も後二回で最終回・・・・

それなのに・・・

ま、日曜深夜のAM25:35放映開始と元々遅い時間帯だったのですけど
ご存じの通り先日の放映時は各局ともに衆議院総選挙の選挙特番で
通常の番組は軒並み中止なっていました。
「GF」も中止かと思っていましたけど、
さすがに「ぶれないテレ東」・・・・、選挙特番はあっても放映はちゃんとやっていましたからね・・・

だけどGFの放映開始が何と午前3時過ぎ・・・・

月曜は普通に出勤でしたので、「何とか眠気をこらえて見よう・・・」と思っていたのですけど
あっけなく爆睡していましたね・・・
しかも録画も忘れていました・・・

せっかくこの日は、明音の回だったのに
見逃してしまってホント、残念・・・・

選挙特番さえなかったらね・・・・





次回のGFはクロエですので、
これは絶対に爆睡せずに見てみたいと思います。

だけど・・・・

このクロエちゃんの回が終わると次は最終回なのですね・・・・

10月に開始されたと思ったらもう最終回・・・・

やっぱん三か月の1クールは短すぎますね・・・・

最近のアニメは三か月で終了、たまに半年で完結というのもありますけど、
それを考えると「プリキュア」のように毎年毎年一年間かけてじっくりとメンバー達の成長を描いていく
アニメは本当にありがたい事ですし、凄い事ですよね。


99bb3567_convert_20141106234736.jpg


そうそう・・・・

プリキュアと言えば、「高校受験特番」と「選挙」のあおりをまともに直撃して
実に5週間近くも休止していたテレビ埼玉の「スイートプリキュア」がやっと再開します・・・・

メフィストが人間界に降臨し、謎の黒仮面プリキュアがついにその仮面を脱ぎ去り
「キュアミューズ」が登場した・・・・
という非常においしい場面で5週に渡って放映が止まっていて
テンション下がりまくりなのですけど
ま・・・、これは再度気持ちを入れ直してじっくりと見てみたいものですね。

というか、再放送だから既にストーリーもネタも分かっているのですけど
リアルタイム放映時と同じような感覚でついつい気持ちが入ってしまいますね・・・・(苦笑・・)
サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」はとにかく「爽快」な音楽ですよね!!
私が仙台の田舎から上京した当時は
コンサートホールに本格的な「パイプオルガン」が設置されていること自体極めて少なく
NHKホールと東京文化会館ぐらいしかなかったようにも思えます。
でも両ホールとも音響は極めて良くないから、
あまり設置している意味も無いような気すらありました・・・・

この流れが劇的に変ったのは、やはり1986年の「サントリーホール」の登場かな・・・
そしてサントリーホール以降は、
東京芸術劇場・川口リリア・すみだトリフォニーホールなど
素晴らしい「パイプオルガン」を設置するコンサートホールも続々と登場し
サン=サーンスの交響曲第3番とかマーラーの交響曲第2番「復活」などオルガンが大活躍する曲の
本来の響きを普通に聴けるようになってきたものです。

サン=サーンスの交響曲第3番は、誰がどう聴いても四楽章形式だと思うのですけど
作曲者本人は二楽章形式と言い張っているというか、一つの楽章の中に二つの「部」を設置しているから
あの絢爛豪華な終楽章は
サン=サーンス的には第二楽章第二部という事になるのだと思います。
この交響曲は、「オルガン付」というタイトルが付いているものの
「オルガン」が登場するのは
第一楽章第二部の静かな部分に弱奏として入る部分と
第二楽章第二部の冒頭から強奏で絢爛豪華に入る部分の二つの楽章のみで
第一楽章と第二楽章の各一部には登場しません。

ま、この曲は何と言っても終楽章のオルガンを交えたあの絢爛豪華で華麗なる音の絵巻の
あの部分に尽きると思いますけどね・・
ま、だけど第一楽章第二部のひそやかな感じとか
第二楽章第一部のリズムの扱いの面白さなど
やはり色々と聴きどころは満載で、
全体しては魅力たっぷりの交響曲ですね。

この交響曲には一つユニークな所があると思います。

何かと言うと、終楽章【第二楽章第二部】には、ピアノも登場します。
しかも奏者は二人・・・・
この交響曲には、オルガン奏者を含めると
何と3人ものの鍵盤楽器奏者がいる事になります・・・
これは意外と珍しい構成なのかも・・・・
そして交響曲の分野に「ピアノ」を一つの楽器としてオケの中に組み入れたケースも
当時としてはかなり斬新だったのかも・・・・
ま、20世紀以降ならば、
ショスタコーヴイッチの交響曲第5番とか矢代秋雄の交響曲とか
交響曲の中にピアノを組み入れる事は全然珍しくなっていますけどね・・・
ショスタコの5番の場合、ピアノ奏者はチェレスタも掛け持ちするケースが多いですね・・・

ところで、サン=サーンスの交響曲第3番の場合、
せっかく二人ものピアノ奏者を使用しているのに、出番はほんのわずか・・・
メロディーライン担当と言うよりは、小刻みに動く裏メロ部分を担当しているので
うっかりしていると聞き逃してしまう事もありそうなのですけど、
この部分はかなり小刻みに機械的に動いているので、実はかなり印象的な部分でもあります。

だけど・・・・

二人いる奏者の内、第一奏者の出番は大体30秒程度なのですけど、
第二奏者にいたっては・・・・
オルガンがストップ全開で華麗に鳴り響いた後の、二人の連弾で弾くわずか9小節だけですので
時間にして8~10秒程度なのかな・・・

第二奏者はこのほんのわずか9小節のために
曲の開始から25分程度待機し
自分の短い出番が終わった後もそのままステージ上で待機しなければいけないから
これはこれで結構大変なのかも・・・・??

この連弾の部分は、小刻みで動きが速いし、正確なタッチを求められるから
ミスは許されないし
この部分が開始されるまではずーーっと待機状態だから
その「タイミングの取り方」も自分達の目に見えない所で
色々と苦労がありそうですね・・・・

 | BLOG TOP |