FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12/7のハピネスのラブリーVSミラージュの戦いは本当に迫力がありましたし
何よりも一対一の対話の中で
ミラージュの本音、ラブリーの思いが痛いほど伝わってきて
その点でも大変素晴らしいものがあったと思います。

それにしても・・・・

一人のプリキュアが(ま、いくら対戦相手がラスボスとはいえ・・)
あそこまでボコボコニされるのも珍しい・・・・
ま、だけどあのシーンがあるから後半の戦闘シーンが活きてくるのですけどね・・・
プリキュア対敵幹部の一対一の決戦は過去にもいくらでもありましたけど、
あそこまでのマジ激戦バトルは無かったかも・・・・
昨年の「ドキドキ」のハートの場合は
初登場時から最終決戦における一対一のバトルは比較的「優雅・・・」という印象すらあるほど
比較的美しい戦い方をしていた感じもあるのですけど、

ラブリーは・・・・・

うーーん、さすがに武闘派・・・・、「キュ荒プリー」を遺憾なく最大限発揮していましたね・・・・

ああいう戦い方は、何だかフレッシュのピーチVSイースを彷彿とさせてしまいます・・・・






ミラージュがああなってしまった理由は、「愛を失くした深い悲しみ」なのでしょうけど、
それに対してのラブリーの
「愛する事を怖がらないで・・!」
「もう一度やり直せる事も出来る・・・」という提示は
さすがに「愛のプリキュア」に相応しいものであったと思います。
ラブリーがミラージュの羽をつかんで叩き付けた様子などは、あれは
「罪を憎んで人を憎まず」の論理でイースと戦ったピーチを思い出してしまいます。
イースの場合も
「過去に過ちを犯してしまった・・・・そんな自分に何が出来るのか・・・」というイースの内面からの
問いかけに対して
「過去をやり直すことは出来ないが、未来でやり直すことが出来る・・・・イースだって幸せになったって
全然構わない・・」といった
一つの「救済」の物語でしたけど、
今回のミラージュの話も見方によっては
「ミラージュの壮大な救済の物語」という感じもしますよね。

今回のミラージュの救済の第一の功労者は言うまでも無くラブリーなのですけど、
一つの捉え方によっては・・・・
元カノと今カノの激戦の中、
慈愛の心が深い今カノの方が身を引き
元カノとブルーは元の鞘に収まったものの
今カノの方は振られてしまった・・・・という感じになるのかもしれません。
ラブリーとしては、
①神様、ブルーも大好き
②皆が幸せになって欲しいし、その「皆」の中にミラージュも含まれている
という両方の思いがあったのでしょうけど
当然ながらこういうロジックは「二兎を追うものは一兎をも得ず・・」の言葉通り
両方を手に入れる事は出来ません・・・
ブルーの願いを、そしてミラージュの幸せを願った結果
ラブリー自身は振られてしまった・・・・

何かそういう話にも見方によっては感じてしまいます・・・・
その辺りを示唆するのが、三幹部との戦いの前のラブリーの浮かない顔と
ミラージュが元にの姿に戻った際の
「よかった、よかった・・・」と言いながらも涙ぐんでいるシーンなのかな・・・・

一つの幸せを叶えると別の幸せはどこかに逃げて行ってしまう・・・・

そうした場合どうすれば良いのか・・・
今後どういう事に「幸せ」を感じればよいのだろうか・・・・
そういった事を真の意味での最終決戦時に臨みながらも提示していってもらえれば
ラブリー贔屓の自分自身としては
嬉しい限りなのですけどね・・・・

そして何らかの形で再度「誠司との関係」にも光を当てて欲しいな・・・とも思います。

事前の自分の予測では、
「誠司はもしかして闇堕ちの可能性あり・・・・、それを救済する過程の中で
めぐみと誠司は本当のお互いの気持ちに気が付く・・・」というものが
ありましたけど、
この辺はどうなのかな・・・・

「何が起こるのか分からない」のがプリキュアの大原則・・・・

残りわずかですけど、そういう意味からもハピネスの物語を楽しんでみたいと思います。
スポンサーサイト



「サンライズ・マーチ」というと
若い世代ですと2005年の課題曲、
自分のようにオールド世代ですと、1982年の課題曲を連想するのかな・・・?
そして中間の世代は1997年の課題曲Ⅰ「ライジング・サン」を連想するのかな・・・

ま、厳密に言うと
2005年の課題曲は「サンライズマーチ」
1982年の課題曲は「サンライズ・マーチ」というのが正式タイトルのようですね。

1982年の「サンライズ・マーチ」は、私が高校二年の時の課題曲Dでした・・・・
当時自分達の高校は課題曲にC/アイヌの輪舞を選曲したのですけど、
同じ課題曲と自由曲ばかり吹いているとたまーに飽きたりもするもので、そんな時に
よく気分転換の曲としてこの「サンライズ・マーチ」は吹きましたね・・・
技術的にも特に難しい部分も無く吹いていても実に楽しくハッピーになれる曲でした。

だけど・・・・

この曲、シンバル奏者にとってはかなりプレッシャーがかかる曲だったかも・・・・

だって冒頭がいきなりシンバルのffで「ジャーン」という一撃から開始されるのですから
シンバル奏者にとっては大変神経を使う曲でしたね・・・
実際、地区予選とか県大会とかで下手くそなチームがこの課題曲Dを選択し
シンバル奏者がミスったり、しょぼい音を出したり、スカッと空振りに近い音を出したこともありましたし、
ジャーン!!という豪快な音ではなくて「ぼしゃーん」というへんちくりんな音を出したりと
まー、当時は色々と珍演が続出していましたね・・・・(苦笑・・)

でも擁護する訳ではないけど
コンクール課題曲で、ソロで開始される曲とか
非常に音が薄く書かれた部分から開始される曲とか
弱奏で開始される曲というのは
かなり難しいですよね・・・・
強奏の出だしの場合、正直誰か一人ぐらいミスっても全然ごまかすことは出来るのですけど
ソロとか音が薄いとそうはいきませんからね・・・・
その意味では、例えば1992年の課題曲Aネレイデスとか1992年の課題曲B/フューチュリズムとか
1996年の課題曲Ⅰ/管楽器のためのソナタとか2000年の課題曲Ⅲ/胎動の時代の出だしなんかは
かなり指揮者泣かせの曲なのかも・・・・

1982年の課題曲D/サンライズマーチは
演奏するチームによって表現は全然異なっていましたね・・・
例えば亜細亜大学のように豪快で押して押して押しまくる「前進あるのみ!!」の演奏も良かったですし
就実高校のように金管ではなくて木管主体の演奏として表現したチームもありましたし、
福岡工大付属高校のように「正統派マーチ路線」みたいなスタイルもありました。

ま、だけどどの演奏も全て素敵な「サンライズ・マーチ」でしたけど
就実みたいな「ひそやかな感じのマーチ」も全く別の意味での「新しい可能性」を感じさせる演奏であり
当時本当に感服したものです・・・
ベルリオーズの「幻想交響曲」を初めて聴いたのは
やはり吹奏楽コンクールにおける吹奏楽アレンジ版としてでした。
確か1983年の宮城教育大学の県大会の演奏が一番最初に聴いた「幻想」なのかも・・・・
その後この曲は、
Ⅳ.断頭台への行進
Ⅴ.ワルプルギスの夜の夢(魔女の夜宴-魔女のロンド)は
吹奏楽コンクールでは何度も何度も耳にする機会が多かったのですけど
原曲というか管弦楽版を全曲として生で聴いたのは結構遅く、確か1990年頃の都響の演奏会
だったかな・・・・??
関係ありませんけど、
アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」においてよく「ワルプルギスの夜」というワードが出てきましたけど
これはもしかしてこの「幻想交響曲」における「魔女」の影響が
少しはあったのかな・・・・??

幻想交響曲は、聴き方によってはかなり「毒」がある曲だと思いますし
ベートーヴェン大先生が亡くなってわずか数年後にこんな大胆で過激な作品が作られた事自体
「音楽史における一つの奇跡」とも思えるのですけど
特に第五楽章の毒は強烈ですよね・・・・
あんな劇的要素を秘めた曲自体中々ありそうでないし、
指揮者の解釈によっては、とてつもない表現とか思い切った挑戦が出来るのかもしれませんよね・・・
だけどこの「幻想交響曲」を初めて生で聴いた時
圧倒的に驚いたのは第三楽章「野の風景」かな・・・・
それまでこの曲はレコード・CDでしか聴いたことが無く、第三楽章は
「コールアングレのソロの背景で何かティンパニーが地響きを立てているな・・・」く゜らいの印象しか
無かったのですけど、
実際に生の演奏会でこの曲を視聴してみると、
第三楽章は、コールアングレとオーボエのソロのバックで
ティンパニー奏者をなんと4人も使用しているのですね・・・・
しかも一人に付き一台のティンパニーを割り当てていて、A♭・B♭・C・Fの四つの音を4人で
叩きだしているのですよね。
しかもこの場面は音量のダイナミックスレンジも幅広く、pp~fの範囲でクレッシェンド・デクレッシェンドを
繰り返させているから
見ていても大変面白いものがあります・・・・
この4人のティンパニーをBGMにオーボエとコールアングレの二人の奏者が掛け合いを見せていて
この部分も大変印象的ですよね。
指揮者によってはこの場面について、オーボエ奏者を舞台裏に配置させ、舞台裏から吹かせることで
「遠くから響いている・・・」という音の遠近感を演出させている事もあったりします。

ま、この辺りは正直CDでは中々分かりにくいかな・・・・

マーラーとかベルリオーズみたいな作曲家は楽器使用についても独特の美学・考えをお持ちで
その視聴覚的効果もちゃんと計算に入れているから
生の演奏会で聴かないと「正しい意図」は中々分かりづらいのかも・・・・

ベルリオーズの第三楽章は、
要は振られた主人公が野原を彷徨い歩き、恋人の幻想を見る・・・みたいなイメージだとは思うのですけど
この野原における「遠雷」を4台のティンパニーが演出しているのですけど
このあたりの表現は極めて巧みですよね・・・・
ま、指揮者の解釈によってはこのあたりを珍解釈する方も中に入るみたいで、
例えばバレンボイム指揮/ベルリンフィルの場合、
この4人のティンパニーは、「遠雷」ではなくて
ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」第四楽章みたいな「落雷」ですね・・・・・(苦笑・・)

ま、バレンボイムの場合、濃淡をくっきりと出した演奏と言えるのかもしれませんけどね・・・・

「幻想交響曲」は生演奏会でも色々と名演は耳にしましたけど
ハインツ=レークナー指揮/読売響とかジャン=フルネ指揮/都響みたいな高齢者指揮者の場合
異常にテンポが遅く
かえって「不気味な世界」を表現していたのがとても面白かったです・・・
フルネの場合、
確か2000年の春の都響のプロムナードコンサートだったかな・・・・
確か当時年齢は90歳近かったかな・・・・
前半がラロの歌劇゛イスの王様」序曲とタイトルもソリストも全然記憶にないのですけど
誰かのコールアングレ協奏曲
そして後半が「幻想交響曲」でしたけど、
前半のコールアングレの女性ソリストが、後半も前半のステージい仕様のまんま
幻想の第三楽章であの長いソロを吹いていたのは何かとても面白い感じがしました・・・・
あれはもしかしてソリスト自身
「フルネの指揮で演奏できるのはこれで最後かも・・・、だったら協奏曲だけてなく
ベルリオーズもフルネの指揮で吹きたい・・」みたいな希望を出しのかな・・・・
それともフルネ自身の希望だったりかな・・・・

でも協奏曲でのステージ衣装のまんま着替えることなく
幻想を第一楽章から吹いていましたので
団員の統一ステージ衣装の中では、かなり浮いた格好になっていたのは
何か視覚的には面白かったですね・・・

 | BLOG TOP |