FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


チルノ時計


めっきり寒くなってきました・・・

こういう時はこたつで丸くなっているか布団の中でボーーッと歴代プリキュアを見て
「ぬくぬく」しているのが一番なのかな・・・??
本日は約一週間ぶりのお休み・・・
午前中からうちの奥様のお買い物に同伴させて頂き(苦笑・・)
合間を見ては、年賀状の購入やらお歳暮の手配だの、プリンターのインクを買ったり
はたまた「2015年のハピネスチャージプリキュア」のカレンダーを購入したりと
何か気持ちとしてはせわしい感じになってしまいました・・・・

ま、これも「師走」らしい光景なのかな・・・・?

普段ですと、平日のイオンとかイトーヨーカドーなんて駐車場はかなりガラガラなのですけど、
やはり早めの正月の準備なのかクリスマスの下見なのか、原因はよく分かりませんけど
どこの大型スーパーにいっても駐車場はかなり埋まっていましたね・・・・
店内も普段の平日とは思えないほど何か「活気」・「混雑」はありました・・・
もっともお客さんが買い物している最中に、商品の陳列のために店員さん達が通路一杯に
段ボールとか台車を置いている風景には
「何か反則・・・・」
「お客が来る前に商品ぐらいきちんと陳列しておいてよ・・・」みたいな感じもありましたけどね・・・・

さてさて、そうこうしている間にもこのブログでも
いつの間にか「プリキュアカテゴリ」の掲載記事が600記事を突破してしまいました・・・・
夏頃に「プリキュアカテゴリで500記事に到達・・・」とか書いていましたけど
更に上積みをしていましたね・・・・
正直、その当時の意識としては
「プリキュア10周年という事で、多分80%近い確率でハピネスでもってプリキュアシリーズは打ち切り・・
だから来年の今頃はプリキュアシリーズは完結している」という感覚が濃厚だったため
「えーーい、シリーズが続いている間に色々とグタグタと書いておこう・・・!!」という感覚だったと思いますけど
ご存じの通り、
おかげさまで来年度もプリキュアシリーズの継続が既に決定していますので
ま、この感じでいくと
来年の今頃も「プリキュア」の事を色々と性懲りも無く語っている光景が予測できます・・・・(苦笑・・)

だけど何にせよ、
プリキュアカテゴリだけで600記事も書くことが出来たのは
普段から皆様より温かい拍手を頂いたり、素敵なコメントを頂戴したり
また時には、このブログのリンク先でもある「五月雨日記〈仮の宿〉」の管理人である「風月時雨」様から
私の「リクエストイラスト」にも嫌な顔一つせずに
素敵な数々のイラストをプレゼントして頂いたりと
皆々様のおかげです!!
本当に感謝の気持ちで一杯です!!

本当にありがとうございました!!

風月時雨さんの数々のイラストの中では特に
「ピンク四天王でお祝い」(ラブリー・ハッピー・ドリーム・メロディ)
「おおかみさんと一緒」(ハッピーとウルフルン)
「男の娘プリキュア」(アンラブリー)
「いのりのしるし」(キュアパイン)
「希望の星」(キュアフォーチュン)

プリキュアではないけど・・・・

めだかボックスの「誰かの役に立てること」&「ヤンデレ怒江ちゃん」(江迎怒江)は

特に私のお気に入りの絵です。
興味がある方は是非一度訪問してみて下さい。
〈リンクの上から5番目です・・〉


そして今後とも、こんなしょーもない記事ばかりですけど
このブログを温かく見守って頂ければ本当に幸いです!!!

さてさて、「ハピネスチャージ」もついにあと一か月半程度で「フィナーレ」を迎えてしまいますけど
振り返って見ると、歴代の作品はどれも素晴らしいものばかりですし
「プリキュアシリーズに外れ作品は一つも無い」というのが私の持論です。
そして各キャラクターも全員素敵な子ばかりなので、
「全員大好き!!」という感じなのですけど
今回は「600」の「6」にかこつけまして、
もしも色ごとに「好きなプリキュア」をチョイスし
「新・プリキュア6」をシャッフルしたみたらどうなるか・・・という自分の妄想をネタにしてみました・・・・

結果は・・・・・??
(あくまで私の個人的好みです・・・・)

ピンク→ドリーム

青・白→ダイヤモンド

黄色→ハニー

紫→→フォーチュン

緑→マーチ

赤・橙→エース

となってしまいました・・・・
何だか最近のプリキュアばかりになってしまいましたね・・・・
現役と先代から4人も入ってしまっている・・・・(笑)




ま、私にとって、過去も現在も、多分この先も
「のぞみ=キュアドリームを超越するプリキュアは存在しない・・・」という感じなのだと思います。
今年は口を開けば「ラブリー、ラブリー」とばかり言い続けていましたし
昨年は口を開けば「六花、六花」とばかり言い続けていましたけど、

やはり・・・・

自分にとっての「一番大好きなプリキュア」はドリームに尽きますね・・・・


img_1202571_37557132_14_convert_20130226233916.jpg


青系といえば、
アクア・ビューティ、そしてマリンもいるのですけど、
やはり「幸せの王子」のパートナーである「ツバメ」である六花は本当に良かったですね・・・・
焼きもち六花もいいけど
マナとの「対等なパートナー」としての六花も素晴らしいと思います。


JIGS-000464.jpg


紫と言うと、一般的にはムーンライト、ミルキィローズなのかもしれませんけど、
ムーンライトは、あの無愛想さが・・・・ローズは、あの性格の悪さ(苦笑・・・)が
何か引っかかってしまいます・・・・(笑)

いおなも過去の紫系先輩と同様にやや「頭が固い」側面もあるのですけど、
そのオカンキャラとかケチン坊キャラとかお姉ちゃんっ子の所でポイントを稼ぎましたね・・・

でも、歴代の中でも優秀&強さは群を抜いていると思いますし
その「凛々しい」感じが私は大好きですね。


15469da9_convert_20140403233502.jpg


黄色系といえば、
以前は、スマイルのピースに代表されるように、マスコットキャラみたいな扱いもなくはなかったのですけど
その流れを打破したのがロゼッタでしたし
それを更に発展させたのがハニーでしたね。

こんなに「万能型」の黄色は他の追従を許さない感じがありますね・・・


20120228115937_convert_20130319234856.jpg


「緑」といえば、

ま・・・、その・・・・・ミントとマーチしかいないのですけど、
ポニーテール好きの自分にとっては、やはりなおちゃんに軍配が上がるのかな・・・・(笑)
だけど・・・・
なおちゃんは、虫嫌い・お化け嫌い・高所恐怖症、正真正銘の大食いキャラ、足が速い、まっすぐな性格と
属性はホント、てんこ盛りでしたね・・・・


35d712ed_convert_20130708000617.jpg


赤系といえば・・・・

うーーん、迷ったけど、
やはり「凛々しさ」と「上から目線ぷり」と「亜久里とのギャップ」から考えると
やはりエースなのかな・・・・

でも初登場時のインパクトは大きかったな・・・・

サンシャインの初登場時もかっこよかったけど、エースは更に上を行っていましたよね・・・・
特に変身アイテムをいきなりマナから問答無用で没収したあたりはとても秀逸でした・・・・!!


だけど・・・・

ドリーム・ダイヤモンド・ハニー・フォーチュン・エース・マーチのコラボも中々面白そう・・・・
性格も攻撃スタイルもバラバラだけど
何か「妙に統一感」というか「チームワーク」が取れていそうな感じもしますね・・・・

スポンサーサイト



年賀状作成

本日12/9(火)は久しぶりの休み・・・・

暮れも近いという事で、そろそろお歳暮の発送とか年賀状作成とか
来年のカレンダー(当然「ハピネスチャージプリキュア」です!!・・・・苦笑・・)を購入したりとか
大掃除用の洗剤を購入したりとか
色々やる事はありそうですね・・・・

だけど何か面倒くさいな・・・・

ま、毎年毎年「御用納め」が完了した後にドタバタし、何となく新年を迎えてしまった・・・というパターンが
続いているので
「今年は早めに動こう!」と思い
まずは年賀状を購入し、
住所と裏面(簡単な一言コメントのみ手書き)を印刷しようと思ったら・・・・

なんと・・・・

住所録が無くなっている・・・・

「え、何で無くなっているの・・・」と思ったら

確かにそうでしたね・・・・

このブログは、基本は「毎日更新」・「一か月70記事」を一つの目安に日々しょーも無い事ばかり
綴っているのですけど
振り返って見ると今年の4月だけは飛び抜けて掲載記事数が少ない・・・
これはなぜかというと、4月にPCが壊れてしまい
10日ほど修理に出していたからなのです。
当然ながらデータも初期化されてしまいますから、
筆ぐるめで保存しておいた住所録とか裏面データが全て消去されてしまっている・・・・

すっかり忘れていました・・・・(苦笑・・・)

仕方が無い・・・・

まずは、改めて「住所録」を作る事から
師走の色々なバタバタ作業の第一歩を始める事にしましょう・・・・

でも、やっぱり面倒くさい・・・・(苦笑・・)
これは12/7の日曜日のお話・・・

社用車で仕事の移動中に、とある交差点にて先頭で信号待ちをしていた所、
高校生らしき若いおにーちゃんが携帯で話しながらこちらに突っ込んでくる・・・・

「危ない・・・・、ぶつかる・・!!」と思ったら
案の定車体のフロント部分に接触してしまいました・・・
「あれれ・・・怪我はないか・・・、大丈夫か・・」と思って車から出ようとしたら
無言でそのおにーちゃんは、猛ダッシュで逃げて行ってしまいました・・・・

車体を見てみると・・・・

凹んだ痕跡が・・・・・

自転車と言えどもやっぱり接触してしまうと凹み傷は付くものですね・・・・

追いかけようとしても既に逃げてしまっているし、どこの誰だか全然分からないし
何よりも次にお伺いする顧客とのアポ時間が迫っていましたし
凹み傷といっても大した傷ではなかったので、
やむなく自分自身もその場を立ち去ってしまいました。

だけど・・・・

帰社後、一応この件を報告しておくと
理由はどうであれ、社用車を傷つけてしまったから
規定により「顛末書提出」という事になってしまいました・・・・

「えーー、それって自分のせいなの・・・・!?」とも思ったのですけど
ま、確かに冷静に振り返って見ると
アポ先に一度連絡を取った上で、警察を呼ぶべきでしたね・・・・
車体の凹み傷は大したことが無く、特に修理とか保険適用というレベルではないのですけどね・・・
もっともその車自体、元々傷と凹みだらけのポンコツ車両なのですけどね・・・・

だけど・・・・・

なんか「顛末書提出」は何かモヤモヤしますね・・・・・(苦笑・・)






うーーん、それにしても
逃げた高校生は何を考えているのだろう・・・・

瞬間的に「ヤバい・・・」と判断し逃げちゃったのかな・・・・

でもな・・・・
「顛末書提出」は何か気分が良くない話・・・・

キュアブロッサムではないけど
気分としては
「私、堪忍袋の緒が切れました!!」みたいなものなのかな・・・・??

ま、そんなに怒ってはいないけど・・・・
バレエ音楽というと
自分自身としては、チャイコフスキーの三大バレエ(くるみ割り人形・白鳥の湖・眠りの森の美女)とか
ストラヴィンスキーの三大バレエ(火の鳥・ペトルーシュカ・春の祭典)というように
ロシアというイメージがあるのですけど、
フランスのバレエ音楽にも中々いいものが多いですよね。

その中の優れた作曲家の一人がL.ドリーブなのかな・・・

この方は、「コッペリア」の方が有名なのかな・・・・??
(吹奏楽コンクールでは、1985年の中村学園の演奏以降は完全にコンクールレパートリーとして
定着していましたね・・・
だっていまだにコンクールでは演奏され続けていますから・・・)

ドリーブとチャイコフスキーって何となくチャイコの方が大先輩のような感じもするのですけど、
実際は逆にチャイコフスキーの方がドリーブのバレエ音楽に影響を与えた側面も少しはあったようで、
ドリーブのバレエ「シルヴィア」を絶賛し、知人タネーエフに
「もし私がもっと早くこの作品を知っていたら、私は『白鳥の湖』を作曲しなかっただろう」
と語ったエピソードが残されています・・・

ドリーブの「コッペリア」と「シルヴィア」なのですけど、
吹奏楽コンクールでは頻繁に演奏される人気曲の一つなのかもしれませんけど、
オケの演奏会ではあまり演奏されないようにも思えます・・・
私自身、この両曲の生演奏は新日本フィルの演奏以外聴いたことがありません・・・・
特に「コッペリア」のマズルカ・ワルツ・チェルダッシュとか
「シルヴィア」のバッカスの行列は
聴いていて本当に楽しい曲ですし
子供向けの「ファミリーコンサート」なんかには最適な曲だとは思いますけどね・・・

さてさて、「シルヴィア」なのですけど、
バレエの大筋は、ギリシア神話から題材を取っています。

ストーリーを簡単に記すと・・・・

羊飼いの青年アマンタが美しい妖精シルヴィアに恋してしまった・・・
しかし、妖精と人間の恋愛はご法度で絶対的に「禁じられた恋・・・・」
そんな二人を愛の神エロスが何とかしようと画策する中で、
悪しき狩人のオリオンがシルヴィアを奪い自分の洞窟に「お持ち帰り」をしてしまった・・・
拉致されたシルヴィアはオリオンをお酒で酔いつぶし、
そのスキにキューピットに助けられて洞窟から逃亡を図る。
最後は愛の神エロスのとりなしにより、めでたくシルヴィアとアマンタは結ばれ
めでたく結婚することになる・・・

確かそんなような話だったと思います。

全体的に暗い影も無く明るく楽しい作品で「ハッピーエンディング」で終るところがいいですね。

全体的な印象としては、平凡な普通のお話なのですけど
その意味では、「人形」をバレエの世界に持ち込み、人形を初めてバレエの主人公にしてしまった
「コッペリア」の方が斬新と言えるのかもしれませんよね。
考えてみると、人形が主人公のバレエと言うと
圧倒的に有名なのはストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」なのですけど、
ドリーブはストラヴィンスキーの「先駆者的存在」だったのかも・・・・??
ま、もっともドリーブの音楽はストラヴィンスキーみたいな過激・野蛮・ワイルドさとは全く別次元の
洗練された平和な音楽ですけどね・・・

このバレエは、四つの曲から構成される組曲版としての方が音楽としてはお馴染みなのかな・・・

この組曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.前奏曲と狩の女神

Ⅱ.間奏曲とゆるやかなワルツ

Ⅲ.ピッチカート

Ⅳ.バッカスの行列

Ⅰは、全体的にホルンが大活躍を見せていますね。冒頭のトランペットのファンファーレと絡む
ティンパニーが格好いいです!
Ⅱは、いかにも抒情的なバレエの調べという感じですね。
主役がソロをゆったりと踊っているシーンが何となく目に浮かんできそうです。
Ⅲは、意外と知られている曲かも・・・・
確か昔何かのCMで使用されていたような記憶が・・・・、うーん何のCMだったか思い出せない・・・
チャイコフスキーの交響曲第4番第三楽章のように
とにかく全体を「弦を爪でポンポンとはじく」ピッチカート奏法をかなり効果的に使用しています。
この「シルヴィア」は確か以前Eテレでハイライトを放映した事があったと思いますが、
この「ピットカート」の部分は確かバレリーナがソロで可愛らしく踊っていたような記憶が・・・
Ⅳは、とにかく楽しい曲です!!
ⅠのメロディーがⅣで再現されています。
トランペットの勇敢なファンファーレが素敵ですよね。
ラスト近くで一旦静まりかえり、そこからティンパニーのソロが少しばかり展開され
華麗に曲が閉じられますが
この際の金管セクションの「和音の響き」が実に見事にハモっていて、「あ、いいなー」なんて
思ったりもします。

フランスのバレエ音楽と言うと
どうしてもラヴェルの「ダフニスとクローエ」なんていう豪華絢爛な音の絵巻を思い出してしまいますけど
こういうシンプルだけど楽しい曲も
いいものだと思います。

 | BLOG TOP |