FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本来ならば本日は休みなのですけど
今回も休日出勤・・・・
11月以降は、月曜が休みの際は毎回毎回休日出勤していますね・・・・(苦笑・・)

そう思っていたら最近の南関東の冷え込みは、「寒がり」な私にとっては
少々こたえるものが・・・・(苦笑・・)

ま、「師走」の何かとせわしい日々の中で
あと三週間程度でこの2014年も終わってしまいます・・・・

あと少し・・・・

もう少し頑張れば、とにかく一年は無事に終わります・・・・

なんとか少しでも「ハッピー」な気持ちで「フィナーレ!!」を迎えたいと思います。

ま、そのためにもまずは今日も一日頑張りましょう・・・という感じなのかな・・・・??
スポンサーサイト



カバレフスキーというとほとんどの方は「誰、それ・・・??」みたいな反応になると思いますけど
この方には、多分誰もが一度は耳にしたことがあるはずのメロディーを作曲したソ連の大御所先生なのです・・
大体、ハチャトゥーリアン・ショスタコーヴイッチ・プロコフィエフと同世代のお方です。

その曲とは・・・

組曲「道化師」の第二曲「コメディアンギャロップ」なのですけど
この曲は、本当に今現在でも運動会の定番のBGMですよね・・・・

他にも交響曲第4番とかヴァイオリン協奏曲とか知る人ぞ知るマイナー曲になってしまいますけど
私はその「分かり易さ・明るさ」が結構好きですね・・・
ま、CDはほとんどないし、演奏会で取り上げられることは皆無に近いですけどね・・・

だけど・・・・

カバレフスキーにはすごく短い曲(4分30秒程度・・・)なのですけど
素晴らしく素敵な曲を残しています。

それが歌劇「コラブルニヨン」序曲なのです。

この歌劇は、元々はロマン=ローランの小説「コラ・ブルニヨン」に題材を取り音楽化したものですけど
うーーん、
実際はほとんど上演はされていないみたいですね・・・
後にこの歌劇から序曲と三曲から構成される組曲「コラブルニヨン」も残していますけど
こちらは何枚かCDは出ています。

ちなみに組曲版の構成は

Ⅰ.民衆の祝賀

Ⅱ.世の災い

Ⅲ.叛乱

から成り立っています。

だけどこの序曲が圧倒的に面白いのですよね。

A-B-Aのシンプルな三部構成なのですけど、
出だしからしてかなり強烈なインパクトがありますけど
全体を通して「溌剌さ」・「明るさ」・「軽快さ」を感じさせてくれます。
シロフォーン・タンバリンをはじめとする打楽器の使い方も巧みだと思います。
全体的にリズムの切れがいい曲ですね!!
とてつもなく歯切れの良い曲だと思いますし、さすが「コメディアンギャロップ」の作曲者だなーと
妙に感心してしまいます。
中間部も徐々に盛り上がっていく感じが実に単純明快でいいですね。
ラスト近くで一旦静かになったあたりで、
管楽器とティンパニーの掛け合いが実に面白いと思います。
ラストはかなり盛大に盛り上がり、ティンパニーのズドンという一撃で終ります。

この曲、吹奏楽にもアレンジされ
全国大会でも確か二回ほど演奏されたかな・・・・
1994年の課題曲が異常に長い年に、この曲の「短さ」がかなり人気となったようで
色々なチームが自由曲として取り上げていましたけど
どのチームも全国に進めなかったのは惜しまれます・・・・
特に龍谷大学と玉川学園は惜しかったですね・・・・

この曲をCDで聴く場合、
吹奏楽アレンジ版なら秋山和慶指揮/東京佼成
管弦楽なら、ジョン=ウィリアムズ指揮/ボストンポップスがいいと思います。

でもね・・・

この曲の管弦楽の演奏、一度も生で聴いたことがないのですよね・・・・
「オールロシアプログラム」の一曲目にぴったりだと思うのだけどな・・・・

 | BLOG TOP |