FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ハピネスチャージの放映まであと8時間程度・・・・

うーーーん、ミラージュVSラブリーのブルーの元カノVS現カノとしての戦いは
とても楽しみですね。
ま、どっちにしても日曜は仕事の為、リアルタイムで見る事は出来ません・・・・
丁度今から24時間後に、見られそうですので
ま、これは「後のお楽しみ」ですね・・・・
毎回そうなのですけど、こういう場合は、極力ネットは開かないようにし
事前に余計なネタバレ情報が入らないように、一応万全の策(・・??)は講じております・・・・(笑)
ま、問題は・・・・
帰宅後のうちの奥様からの
「今日のプリキュアはねーー・・・・」という余計な「情報公開」ですね・・・・(苦笑・・)

さてさて、前回でまだ11月だというのにマヌケ三幹部は揃いも揃って幸せそうに「浄化」
されてしまいました・・・・
ま、これも一つの「救済」ですよね・・・・
だって、初代とかSSとかプリキュア5の頃の敵幹部は容赦なくプリキュアから抹殺されてしまうか
味方から粛清されてしまう・・・というパターンばかりでしたから
フレッシュ以降の「敵幹部に対する救済」にも光が当てられ始めたのは、とても良い事だと思います。
(あ、勿論プリキュア5以前の作り方・世界観も、一種の「勧善懲悪」の世界であって
 あれはあれでとても分かり易い世界を構築していたと思います。)

フレッシュでは、一度粛清されたのに、復活し、「温かみのある心」を取り戻していましたし
ハートキャッチでは元の人間の姿に戻っていましたし、
スイートでは元の三銃士の姿に戻っていましたし、
スマイルでは本来の妖精の姿に戻っていましたし、
今作のハピネスでは、確かに一旦浄化されてしまったけど「生まれ変わり」みたいな事も
示唆されていたような作りにはなっていましたし、
こうやって考えると
敵方幹部達にも「救いの手」が差し伸べられているのがよく分かります。

こうした「敵幹部の救済」という道を最初に開いたのは誰なんだろう・・・・と思っていたら
案外プリキュア5の「ブンビーさん」がその先駆者的使命を果たしたのかもしれませんよね・・・






ブンビーさんの場合、実はその点も非常に微妙な部分もあったりして、
別に元の姿に戻ったとか
プリキュア達によって「救済」されたという訳ではありません・・・・
フレッシュ以降は、プリキュア達の最終決戦をきっかけに元の姿に戻ったという側面が強いとも
思うのですけど、
ブンビーさんの場合は、これまで自分が所属していた組織「ナイトメア・エターナル」での酷い扱いとか
冷たい仕打ち・不条理さによって、自ら
「このままでは自分は駄目になってしまう・・・」と自覚する事で
自ら組織を離脱する事で、結果的に「自らを自分自身で救済した・・・」という大変珍しいパターンに
なっているような気もします。

ま・・・、必ずしも最近の傾向の「敵幹部に対する救済」と同意義という訳ではないのだけど
結果的に最終決戦後も生き残る事が出来たというのは
広義の意味ではやはり「一つの救済」なのかな・・・・??

そういう意味では、「敵幹部にも光を当てた」という意味においては
先駆者的役割を担っていたのかもしれませんよね。

初期の頃のブンビーさんって、
何となくSSでいう所の「ゴーヤーン」みたいな立ち位置というか、ラスポスの片腕みたいな位置づけなのかな・・と
思った時期もあるのですけど、
実態はどんどん立場が悪化し
嫌な性格の上司の登場→自分の部署の閉鎖と新しい部署への異動→肩書きの没収
→肩たたきとおべんちゃらの日々という大変悲惨な扱いを受けていましたね・・・・
エターナルでも、結局は「お茶くみ要員・・・・」(苦笑・・・)

だけどブンビーさんの「救済」って何だったのかな・・・・

ブンビーさんの場合ねプリキュア達から救われたというのではなくて
自らの意志で、敵組織を離脱し
「新しい会社を立ち上げる」事で
自分の存在意義というのか、「便利屋」という「誰かのために役立てる」意義を自ら
見出していたことに
とても意義があったようにも思えます。

そうした「組織離脱後の自我の確立」と「組織時代における中間管理職の悲哀」とか
「社内での不合理な扱い」が
色々な立場の方に共感を持って貰ったというのが
ブンビーさんの根強い人気の秘密なのかもしれませんよね・・・・

そういえば、敵幹部としては、常に「スーツ&ネクタイ着用」というのは唯一のキャラでしたね・・・
ま、一応「軍服」という制服を着用し続けたキャラも最近までいましたけどね・・・・
スポンサーサイト



管弦楽団の演奏会を聴く楽しみの一つは、曲によっては管楽器のソロがたまらなく魅力的という事が
多々ある事です。
(他には、ティンパニー以外の各種打楽器が多彩に使用される曲ですと、打楽器奏者の動きを
 見るだけでなんだかとてもワクワクドキドキしてしまいます・・・)

管弦楽曲のソロというと、何か知らないけど
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」の冒頭のファゴットの超高音域で開始されるソロを
思い出してしまいます。
作曲者としては、
「鳴らない音を必死で出そうとする感覚」が欲しかったとの事ですが、
奏者にとってはまさに「迷惑千万」という所ですね・・・

昔、と言っても確か1985年頃のある演奏会のプログラムですが、
「管弦楽の中のソロ楽器」と銘打たれたプログラムでして、

例えば・・・

〇オーボエ⇒イペール/交響組曲「寄港地」より、Ⅱ.チュニスからネフタへ

〇コールアングレ⇒ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」

〇ティンパニー⇒小山清茂/管弦楽のための木挽き歌

〇ホルン⇒R・シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピゲールの愉快ないたずら」

などが組まれていました。

他にどんな管楽器があったのか、その曲目は何だったのか、そもそも指揮者と演奏団体は誰だったのか等の
情報は、全然記憶にないので、あいまいなのですが、
お客の入りも左程良くない東京文化会館の夏の演奏会だったものの
とても楽しかった印象は残っています。

でもホルンやコールアングレなんか他にもっと適当な曲があるのでは?と今では思って
しまいますけどね。

だけどオーボエの「寄港地」については素晴らしい選曲だと思います。

このイベール作曲、交響組曲「寄港地」なのですけど、
(最近では佐渡裕さんが好んでこの曲とか同じくイベールのディヴェルティメントを取り上げられて
 いますよね・・・さすが!! お目が高いという感じです!!)
イベールの第一次世界大戦中の海軍士官として地中海を航海した経験とかローマ留学中の
イタリア~スペイン~チュニジアの旅行時の経験が
見事に曲に活かされていると思います。
イベールが地中海各地で受けた印象をそのまんま組曲にまとめた「華麗なる音の絵巻」という感じが
非常に濃厚な一曲ですね。
だけど黙って目を瞑って聴いていると
蛇遣いの妖しい雰囲気とか情熱的な感じとかアラビアの砂漠とか
色々とイマジネーションが勝手に起きてくるのは、さすが・・・!!という感じですね。
20世紀の作品なのに、こんなに分かり易くて粋で楽しい作品はあまり無いような気もします。

この交響組曲は、下記の三曲から構成されています。

Ⅰ.ローマからパレルモへ

Ⅱ.チュニスからネフタへ

Ⅲ.ヴァレンシア

正直、Ⅰ.ローマからパレルモへは、あまり印象に残らないのですが
Ⅱ.チュニスからネフタへの音楽は、まさに「アラビアンナイト」の世界で、
いかにも怪しげなヘビ遣いが、ドロドロと壺の中からへびを出そうとしている妖しい音楽です。
また、聴き方によっては、アラビアの妖しいお姉さん達が
何かだるそうに男を誘惑しているようにも聴くことも可能と言えば可能かな・・・・
Ⅲ.のヴァレンシアは一転してスペインの情熱的なカラッとした晴天の音楽です。
後半のカスタネット・タンバリン・シロフォーン・ドラを交えた音楽の高まりとリズム感は
本当に「情熱」そのものです。

だけど、全体的に・・・、というかⅡとⅢのオーボエ奏者は大変プレッシャーがかかる曲ですね。

一つの楽章においてほぼ丸々と一つの楽器がソロとして使用されている曲は極めて珍しいと
思いますし、
オーボエ奏者の腕の見せ所ですよね。
またⅢにおいてもオーボエはソロとしても使用されていますし、
オーボエの第一奏者と第二奏者のアンサンブルもありますし
組曲の間中は、オーボエ奏者は一瞬も気が休まる事は無さそうですね・・・・・

Ⅲのヴァレンシアの「情熱の発散」も実に素晴らしいと思います。

そうそう、イベールは日本ともほんの少し関わりがありましたね・・・

1940年の「紀元節2600年」の際に日本政府から委嘱を受けて、記念作品として作曲されたのが
「祝典序曲」です。
面白い事に、特に「日本的なもの」を意識されて書かれた部分は全く皆無で
純粋に喜びに溢れた音楽が14分近くも展開されます。

ま、だけど、
同じく紀元節の記念作品として委嘱を受けた
イギリスのブリテンは
「シンフォニア・ダ・レクイエム」という「鎮魂歌」を日本政府に送り付け
当然のごとく当時の日本政府から演奏拒否&抗議の洗礼を受けていますが、
いやいや、実にブリテンらしい話ですね・・・



 | BLOG TOP |