FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ハピネスでどーも最近気になっている事が一つあります・・・

何かと言うと、ファントムが浄化されて元の妖精の姿に戻ったのは、別にいいとして
何かそのファンファンがタレ目で何か弱そうで、何か「泣き顔」っぽい感じがするのは、
あのあまりにも凛々しくて強い「ファントム」とのギャップがありすぎて、
正直いまだになんかしっくりきません・・・・(苦笑・・)

やっぱり、ファントムというと「アンラブリー」に尽きると思うのですけど、
あの邪悪なアンラブリーと今のファンファンの間のギャップがどーもね・・・・
ま、これはストーリー上仕方がないか・・・・
ま、これはあくまで個人的希望なのですけど
出来れば「アンハニー」なんかは見たかったですね・・・・(笑)
ホッシーワなんかは前回の最後の戦いでも「この、ごはん娘が!!」と連発していましたけど
そのごはん娘のゆうゆうの「本心」とか「心の深層」なんかは是非覗いてみたかったような気もしますね・・・
ゆうゆうのメンタル面の強さは一体何に由来しているのか・・・
めぐみなんかは心の深層に「弱さ・脆さ・不安」を抱えていたから
アンラブリーにすぐにメンタル面の不安を指摘されてボロボロになってしまいましたけど、
果たしてゆうゆうだったら一体どうなるのだろう・・・・
ついでに書くと、
ま、これはシリーズの枠を超えた話になってしまいますけど
アンハートとかアンハッピーなんかも見てみたい気もしますね・・・
ま、ハッピーには「バッドエンドハッピー」なーんてのもいましたけどね・・・
ハッピーはあまりにも純真すぎて「心の裏」とか「深層」なんかはないのかな・・・
ハートは・・・、うーーん、あまりにも優秀すぎてつけ込む隙が無いのかも・・・
その点だったら、シリーズ屈指の寂しがり屋で意外と繊細な「アンメロディ」の方が面白いのかな・・・??





さてさて、ついにオレスキーも浄化されてしまいました・・・

最近仕事で「クレーム対応」をする事が結構多いのですけど、
要は三つに分けられると思います。
一つは「本当に金銭目的」と「補償目的」のタイプ・・・
こういう場合は、大抵の場合、本人は表に出てきません・・・・
奥様、ご主人、息子、従業員等を使って間接的に礼節に合理的に計算に基づいて
シビアに要求をしてきます・・・
こういう場合はこちらも割り切ってビジネスライクで対応できます。
もう一つのパターンは、意外な事に自分達の会社の「隠れファン」というのかな・・・・
「本当はこんな事言いたくない・・・」
「だけどあなた達の会社が良くなっていくためには、あえてうるさい事を言わせてもらう・・・」
「こんな事をあえて言う自分という存在を分かって欲しい!!」
「自分の話にもきちんと耳を傾けて欲しい」
というのが意外と本音なのかもしれません。
三つ目は・・・・、これが一番多いけど「あげ足取り」・「ヒマな方」・「何か文句を言わないと気が済まない方」・
「文句を言うと、何かいいものくれるかな・・・」みたいな感じなのかな・・・・

だけど会社にとっては、そして自分にとっては一番ありがたいのは二つ目のタイプの方ですよね・・・

こういう方たちの話をじっくりと聞いていると、

要は・・・

「自分の話をちゃんと聞いて欲しい」

「そういう話をあえてする自分と言う存在をきちんと認めて欲しい」
という事になるのかもしれません。

ま、それは単に「自己満足」というオレスキーとは少し次元が異なる話なのだとは思いますけどね・・・

何て言うのかな・・・・

人は誰かに「何か」を認めてもらう事で全然変われるもの・・・・

そういう意味では
最後にフォーチュンに「オレスキーの強さ」をきちんと認めてあげて
浄化させたのは
改めて見るととても印象的でしたね・・・・

やはりオレスキーが求めていたのは・・・・

形だけの勲章ではなくて
「誰かに自分と言う存在を認めてもらう」という事だったのかもしれませんよね。
そしてそれが少し変化したものが
「誰かの役に立つことの意義」なのかもしれません。
スポンサーサイト



〇野田中学校

 A/ローマの祭り

  この年の中学の部の特徴は以前も指摘したけど「ダフニスとクロエ」第二組曲への過度の集中かな・・・
  印象としては、前半よりも後半の方に素晴らしい演奏をしたチームが多く、
  特にプログラム19番~21番の内灘・土気め八戸第三の連続した素晴らしい演奏の数々は
  この日の「花」でしたよね。
  前半の中では、野田と城陽と出雲第一が特に突出した素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが
  特にこの野田の演奏は良かったですね。

  「ローマの祭り」というと、
  例えば1980年の兵庫高校の自由曲のように「主顕祭」のみを演奏するというパターンが
  多かったのを、
  Ⅰのチルチェンセスの前半とⅣの主顕祭を組み合わせて演奏するようなパターンを
  定着化させたのは、1982年の弘前第三中学と1983年の高岡商業だったようにも思えます。
  そして、Ⅲの十月祭の前半部分とⅣの主顕祭を最初に組合せ定着化させたのは
  1985年の習志野高校だったようにも思えます。
  十月祭+主顕祭の場合、十月祭は、冒頭のティンパニーの打撃音から開始し、ほんのさわりのみを
  演奏して次の主顕祭りになだれ込んでいくパターンが多かったと思いますが、
  1991年の野田中は、これまでのパターンに「新しい風」を吹き込み
  ティンパニーの打撃音から開始するのではなくて
  十月祭の前にⅡ.五月祭のラスト部分→鐘とピアノの打撃音から開始させ、
  この鐘とピアノの「コーン」という大変印象的な効果音から開始させ、そこから十月祭のティンパニーの打撃、
  そして主顕祭という風に構成させたのは、
  何か当時としてはとても画期的なアィディアであり、
  その意味では大変インパクト溢れる演奏でした。

  また課題曲もA/斜影の遺跡を選んでいましたが
  難曲中の難曲を難なくこなしたその「安定感」も抜群のものがあったと思います。

  そうそう、先ほど少し話が出た兵庫高校なのですけど、
  当時の指揮者、吉永陽一先生は、大変ユニークな解釈&演奏をされる先生でして、
  その独特な解釈とかあまりにもアクの強い表現は、
  他の追従を許さないものがありましたね。
  吉永先生と言うか「ヨーイチ」の評判は、遠く離れた仙台にすら色々尾ひれを付けて
  色々と伝わってきたくらい
  淀川工業の丸谷先生と同様に「関西の名物先生」でしたね・・・・

  兵庫高校時代も凄かったけど、その後西宮高校に異動後も数々の強烈な演奏を聴かせてくれていましたね。
  特に1986年の課題曲A/変容と自由曲の「呪文とトッカータ」の切れ味の鋭さ
  87年の「プラハのための音楽」の異常なテンポの速さ
  (そういえば課題曲A/風紋もテンポはかっ飛ばしていましたね・・・・苦笑・・)
  90年の「メトセラⅡ」のまさかまさかの、ラストを静かに閉じるエンディングの珍解釈
  93年のベルキスのソプラノサックスにⅢの「暁のベルキス」のソロを任せた英断
  98年の祝典序曲の誰もが驚く「間の取り方」・・・・
  いやいや、色々と楽しませて貰いました・・・・

  まさに「ごちそうさま・・・」という感じですね。

  こんな名物先生は、関西大会の、天理・淀川工業・洛南などといった常連名門校の壁に
  はばまれ、わずか4回しか全国大会に出場出来なかったのは
  何かとてももったいなかったですね・・・・
  これが四国大会ならば間違いなく毎年全国大会出場なのですけどね・・・・(苦笑・・)
先日だったかな・・・

ある顧客から
「使用しなくなった家の庭にある大小様々の鉢を処分したいと思っているが、
そのまんまでは大きすぎてゴミの日に出せないので、かなり細かく砕く必要があるが、
家にはデカいハンマーが無くて困っている・・・」という話を聞きました・・・

それならば御安い御用・・・と思い、社内の資材置き場に置いてある巨大ハンマーを持ってきて
この巨大ハンマーで次から次へと鉢を砕いていたら、何か妙に面白くなってきて、
何か自分自身の日頃のストレスを一気に発散したかのように
巨大ハンマーを振り回しては、鉢を粉々に砕き、
結果的にその顧客からも
「これで不燃物のゴミの日に出せるし、庭の不用品も無くなってさっぱりした・・・、ありがとう・・」と
感謝をされてしまいました。

だけど、「ハンマー」を振り回して何かモノを破壊する行為は中々面白いものですね・・・・

これはかなり日頃のストレスを思いっきり解消するのに有効な手段になるかも
しれませんよね・・・・(苦笑・・)

この「ハンマー」で鉢を叩き割っている時に
思い出したことがあります・・・・

そう、マーラー作曲/交響曲第6番「悲劇的」第四楽章です。

この楽章の中でマーラーは、巨大ハンマーをなんとクラシック作品の中に用い
「死の象徴」というか「不吉・崩壊を暗示するもの」として
用いています。
実際この曲は二回ほど生で聴いたことがあるのですけど、視覚的効果は相当なものがありますね・・・・
一回目は沼尻竜典指揮/新星日本で、
二回目はスヴェトラーノフ指揮/N響で聴いたのですけど
このハンマーの部分は、打楽器奏者は、叩き付けるかなり前からハンマーを手にしているので
見ている方も
「いまか、いまか・・・」と何かハラハラドキドキしてしまうのですよね・・・
そして実際ハンマーが叩きつけられると
「ドゴ―――――ン」と凄まじい打撃音を発しますので
聴覚的にも視覚的にも凄まじい威力を発揮します。

この「ハンマー使用」については、ま、色々諸説あるようですけど
元々の初稿の段階では5回叩き付けられる指定になっていたようですね。
それが3回に減らされ、
最終的には、
「英雄は3回目の打撃で倒される・・・」とい伝説を信じたマーラー自身が
その伝説を自身に重ねたどうかは定かではありませんけど
最終的には2回になっています。

マーラーの6番に関する文献を色々と読んでみると
元々の「3回の叩き付け」は、
一回目は「結婚生活の崩壊」、二回目は「生活環境の崩壊」、三回目は「自身の崩壊=死」を
示唆したという話もあるそうです。
ま、実際に、マーラーは、晩年は
妻のアルマの不倫に悩まされ、楽団員との軋轢等によりウィーンを去らざるを得なくなったりしていますから、
「さすがに3回目を叩かせたら、自分自身の崩壊=死を呼び込むのかもしれない・・・」と
軽快したのかもしれませんよね。

一般的に現在のオケの演奏会では、ハンマーは2回の叩き付けという事が多いですけど
バーンスタインや佐渡裕のように3回叩き付けを指示する方も
中にはいるようです。


ハンマー


でもこの「ハンマー」を担当する打楽器奏はかなり緊張するだろうな・・・・

だって出番は限られているのに、聴覚的にも視覚的にも大変インパクト&注目度が高いから
ミスったりタイミングを外してしまうとかなり目立ちますからね・・・・

「ハンマー使用」のクラシック音楽って、このマーラーの6番が圧倒的に有名なのですけど
他には、マーラーの弟子みたいな方ですけどベルクも「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」で用いています。
マーラーは自作作品を初演指揮する際のリハーサルでは
場合によってはオーケストレーションを変更したり、
スコア変更をする事はかなりあったようなのですけど、その際に、「後処理」として
変更後のパート譜面の修正とかスコアの書き直しをする際は、
オットー・クレンペラーとかワルターといった後の大物指揮者とか若き日のベルクも駆り出されていたようですけど、
ベルクも案外マーラーの6番の「ハンマー」の視覚的効果を目の当たりにして
「いずれ自作にも使用したい・・・」という風に思った可能性は無いのかな・・・・??

ま、そのあたりの真偽は自分にはよく分かりませんけど・・・・

余談ですが、このマーラーの交響曲第6番の第三・第四楽章では「カウベル」という牛の首に付ける鈴が
打楽器として使用されています。
しかもこのカウベルは表舞台では鳴らされず
舞台裏から鳴らされます・・・・
でも結構これは効果的です・・・・
何か「牛の鈴」というと牧歌的で、子供の頃に遊びに行った山の頂で聞いた何か「懐かしい響き・・・」みたいな
効果もあると思います。
何となくこの「カウベル」が登場すると、
何となくですけど、
「あ・・・、マーラーはこの場面では、子供の頃の楽しい記憶がフィードバックし、現在の厳しい状況から
一時的に逃避しようとしているのかな・・・」みたいなイメージはすぐに湧いてくるから
何かその点では実に不思議な味わいがあるものです。

でもこうやってハンマーて牛の鈴みたいに身近にあるものでもクラシック音楽の世界では
「何か意図するものがある・・・」みたいな解釈が出来てしまうから
そういう意味でも
ま、色々と奥深い世界ではありますよね。

 | BLOG TOP |