FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


スーパーでよく見かける風景なのですけど
毎月29日は「肉の日」という事で
よくバーゲンをやっていますよね。
ま、だけど別に「肉の日」でなくても、毎日毎日「肉の特売」というか「大安売り」という宣伝をしている所が
ほとんどという感じもしますけどね・・・

同じ肉の日でも11月29日は、やはり語呂合せということで「いい肉の日」・・・・
毎月恒例の「29日は肉の日」以上に盛大に特売をやっている店も多いと思います。
焼き肉店も、何か聞くところによるとこの日は特に盛大に何かキャンペーンとかイベントをやっている所も
多かったそうですね。

だけど11月29日は、確かに「いい肉の日」でもあるのですけど
「いい肉球の日」でもあるそうですね・・・・
いやいや、これは最近までこれは全く知らなかった・・・・
私は、実は「犬よりも断然ネコ派」でありまして、
あのニャンコのぷよぷよっとした肉球の感触は、結構楽しいですよね・・・・(笑)
犬は、飼い主に忠実という事は素晴らしいと思いますけど、何か逆にそれが重荷にも感じてしまうような
気もします・・
その点、ネコはいいですよね・・・
あの自由勝手さと気まぐれさと可愛さは、ホーント大好きです!!
本音を言うと、家で猫を飼いたくて飼いたくて仕方がないのですけど、
うちの奥様が「ダメ!! 絶対にダメ!!」といって許可してくれませんからね・・・・・(苦笑・・・)
ま、彼女も半分「化け猫」みたいな要素もあるから
別にネコを飼わなくても、我が家には半分化け猫みたいなものが棲みついているから別にいいか・・・・





だけど「肉球」というと、
何と言ってもスイートプリキュアの「ハミィ」ですよね!!
最初にハミィを見た時、
「おいおい、これのどこが妖精なんだよ、どこをどう見ても猫そのまんまじゃーん・・・!!」と
思ったものです・・・・
ま、フレッシュプリキュアにも「自称、妖精」と称しているどっからどうみてもフェルト以外の何者でもない
タルトというインチキ&胡散臭い関西弁を操る妖精もいましたけどね・・・・

だけど、ハミィの肉球と言うと、やっぱり奏なんですよね・・・・・

でもまさか奏が「肉球マニア」だったとは・・・・・(苦笑・・・)
だって奏の自室には肉球のクッションがベッドに置いてありますし、
響と奏が交換スティした際、奏が響の家に泊まった際は一晩中ハミィの肉球を触りまくっていましたからね・・・
だけど、奏のその気持ち分かりますよね・・・・
だって、ニャンコの肉球って本当に感触が何とも言えないのですよね・・・・
私も奏同様、一晩中ニャンコの肉球をぷよぷよと遊んでみたい・・・・・(苦笑・・)


sup-hammy01_convert_20141203195325.jpg


スイートをリアルタイムで見ていた頃のハミィの印象って
「バカ猫」とか「お人よしのマヌケ猫」という印象があったのですけど、
再放送とかDVDでじっくりと見てみると、
そういう印象は逆に希薄なのですよね・・・・
ある時は策士、ある時は響と奏の不仲にオロオロする心配性の側面・・・
ある時は、おせっかいネコ・・・・
ある時は癒しの妖精歌姫・・・・
何か全体的な印象としては、「救世主」みたいな雰囲気すらあるのですよね・・・・
セイレーンがキュアビートに覚醒した際、
「こんな自分がプリキュアになって本当にいいのか・・・・」と思い悩むセイレーンに対して
「なんだセイレーンは怒って欲しいのかニャ・・・、それではコラッ!!ニャ」というシーンは
まさに「救いの一言」でしたね・・・・

そうそう、セイレーンと言えば黒猫だったのですけど、
もしも黒川エレンが黒猫としての姿に戻った場合、奏はセイレーンの肉球も触りまくり、
萌え萌え・・・・となったりするのかな・・・・??
何か奏とセイレーンのそうした光景を妄想すると妙に楽しい気分かも・・・・??
スポンサーサイト



先日、「携帯を屋根に置き忘れてしまった・・」という記事を掲載したところ
かなりの数の拍手を頂きましたし
何人かの方から楽しいコメントを頂きました。
この場を借りて御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました!!

さてさて、あのような記事を掲載してしまうと
何か私自身、実は「サルのようにスルスルっと高い所をよじ登っても平気なタイプなのか・・・」と
思われても仕方が無いと思うのですけど、
実は、子供の頃から高いところは苦手でした・・・・

何て言うのかな・・・・

高い所から下を見下ろすととてつもない「怖さ」を感じるのですけど、
全く逆に下の方から上の高い方を見上げても何か「漠然とした怖さ」は感じるものです・・・
高い位置から下を見下ろすのも嫌だけど
低い位置から高い位置を見上げるのも同じくらい抵抗感があるという感じですね。
ま、業務上のことだから、消防梯子みたい建築現場用の二連梯子を使って2階から3階の屋根に登るなんてことは
結構あったりしますけど、
やっぱり「怖いものは怖い!!」としか言いようがないし
出来る事ならば屋根なんて登りたくはないですね・・・・

今年の2月の南関東の記録的大雪の際は、
現場の応援という事で、結構二階の屋根の雪かき・雪下ろしをやったものですけど、
業務だから、そりゃしぶしぶやりましたけど、
自分の家だったら、頼まれたってやりたくないですね・・・・(苦笑・・・)
だって怖いし、滑って二階の屋根から地上に転落したら、まじでシャレにならないし・・・・
でも雪下ろしって、二階の雨樋スレスレの所まで近づくから
二階から地上をついつい見下ろしてしまうのですけど
やっぱり「怖い」ものがありますね・・・・

いつだったかな・・・・

うちの奥様と一緒に那須塩原に旅行に行き、ゆっくり温泉に浸かったまでは良かったのですけど
そのパック旅行の特典として
「那須ハイランドパーク」の入園券と観覧車&ジェットコースターのチケットも付いていました。
ま、せっかくだから行ってみよう・・・という事でその遊園地に行ったのですけど
やっぱり「観覧車」は、高所恐怖症傾向の人間にとっては「生き地獄」ですね・・・・・(苦笑・・・)
あれはかなり怖かったし、
とても周辺の景色を楽しむという余裕は全く無かったですね・・・・
観覧車って何が怖いかと言うと
あれって少し風が吹くと揺れるのですよね・・・・
あの微妙な揺れ具合は・・・・、うーーん、やっぱりダメですね・・・・・
ジェットコースターも乗ったのですけど
正直高速で動いている間はそのスリリングな感触をそれなりに楽しむことは出来ます。
だけど何がダメかというと、
最初にゆっくりゆっくり頂点まで上に向かって登っている時間がとても苦痛でしたね・・・・
頂点から一気に落下してしまえば、あとは別になんてことはないのですけど、
あのゆっくりと上に登って行くまでの時間が「拷問」以外の何者でもないですね・・・・(苦笑・・)





歴代プリキュアにも、そう言えば一人「高所恐怖症」のお方がいましたね・・・・
(厳密にはあかねちゃんもそういう傾向があるようでしたけどね・・・)

そう、緑川なおです。

なおちゃんは、足も速いしサッカーも得意だし、性格はまっすぐそのもので
「姉御」みたいな方なのですけど
多分歴代プリキュアの中では最多の「属性」があったようにも思えますね・・・・

例えば・・・・

この高所恐怖症もそうですし、お化け嫌いも、虫嫌いもありましたね・・・・
子だくさん家族の長女で、家事も育児も大得意・・・
だけど歴史は大の苦手・・・・
れいかには「子供の頃の秘密」をかなり握られている・・・・??

などなど色々ありましたよね・・・

ま、なおちゃんと言えば、高所恐怖症と言うよりは
「大の虫嫌い」の方が名高いのかな・・・・
虫がダメという事は当然蝶々もダメなんでしょうね・・・・

あれれ・・・、そうなるとなおちゃんは「プリキュア5」のメンバーには永遠になる事が出来ない・・・・

だって、プリキュア5がプリキュアとして覚醒するきっかけは、
「誰かを守りたい!」といった強い意志を持った人にパルミエ王国の「蝶」がその指に止まり
アイテムに変わる事が条件ですからね・・・・
なおちゃんの場合は、蝶々がひらひら飛んできても
「ギャー――!!虫、虫、・・・大嫌い!!!!」とか叫んで
逃げ回るのがオチなのかな・・・・??
1991年というと、山梨県の支店に異動(左遷・・?)させられてから既に1年以上が経過し
山梨の盆地特有の異常な暑さとか独特な甲州弁にも慣れてきた時期でもあります。
全国大会のプログラム一番は、朝9:15頃ですから、朝7:00始発の中央本線・かいじ号では
到底間に合わない・・・・
プログラム一番から聴くためには、
①前日からどこか安いカプセルホテルにでも泊まる
②朝5時頃始発の中央本線の鈍行に乗り、高尾まで行き、高尾から新宿まで中央線に乗る
という方法しかなかったのですけど
この年は②の方法を選びました。
だけど、確か記憶では、線路内人立ち入りだったか理由は忘れてしまいましたけど
中央線で高尾から八王子にかけて運転が約20分程度見合わせになってしまい、
結果的に普門館に到着したのが朝9:02頃だったかな・・・・
とにかく一階の一番後ろの席でプログラム一番の宇品中学の演奏を聴いていました。

だけど一番後ろの席は何か音の響きというか反響が今一つ・・・

そこで、プログラム4番の吉富中の演奏が終わった辺りで
思い切って一番後ろの席から、一階の中央あたりの席に移りました。
というか思ったのですけど、
これって今にして思うと凄い事ですよね・・・・
だって現在はあれだけ「プレミアチケット化」し、入場券の入手自体が極めて困難なのに
座席は全て指定席・・・
だけど当時は座席は全て自由席だし、全国大会でも、朝一番あたりでも一階の中央席あたりでも
1名分なら空いている席もあったという事なんですよね・・・

現在では絶対にありえない光景ですね・・・・(苦笑・・・)


〇永山南中学校

 D/ローマの祭り

 プログラム3番と6番で「ローマの祭り」という同じ自由曲が被ってしまいましたけど
 何か目指している方向性は随分と異なっているようにも感じられました。
 永山南の方は、「中学生らしい勢い・伸び伸びとしたおおらかさ」を演出し
 野田の方は、「大人っぽさ・洗練さ・計算された構成美」
 そういったものを目指していたような感じもありました。

 永山南と言うと、印象的なのは87年のアルメ二アンダンスパートⅠのおおらかさと
 89年のシェエラザートの清廉な響きとどこまでもコントロールされた美しい響きでしたね。
 この年は、そうしたこれまて゜の永山南の集大成と言うのか、
 良い面が全て演奏に遺憾なく発揮されていたような印象があります。
 とにかく「ローマの祭り」はサウンドに勢いと流れの良さがあり、聴いていて
 「気持ちいい」という感じでしたね。勿論、音量的にも相当鳴らしているのですけど
 それが「煩い」とは全く感じず、
 むしろ「自然な流れ」と感じさせることが出来たのは大変素晴らしい事だと思いますし
 金賞はごく当然の帰結のようにも思えます。


〇吉富中学校

 D/ダッタン人の踊り

 前年度90年度の「ガイーヌ」の演奏、特にレスギンカ舞曲のクラリネットセクションの頑張りに
 みられるように銅賞とはいえ、中々魅力的な演奏を聴かせてくれただけに
 この年は「ダッタン人の踊り」という名曲中の名曲をどう聴かせるか・・・と楽しみにしていたら
 課題曲から低調でした・・・
 うーーん、何が原因だろう・・と思っていたら
 金管セクション、特にトロンボーンを筆頭に
 音程が今一つ悪いというか合っていないという事だと思いました。
 この時代でここまで音程不良が目につく演奏も珍しいのですけど
 音楽づくりが丁寧なだけにとても惜しまれる思いがありました・・・・


〇城陽中学校

 D/神話

 素晴らしい演奏でした!!
この一言に尽きると思います。
 全国大会常連のこのチームは、前年度は関西大会にすら進めずまさかの府大会落ち・・・・
 やっぱり自由曲が櫛田さんの「石の庭」というあまりにもマイナーで渋すぎる選曲をしたのが敗因
 だったかな・・・・
 この年の「神話」は、87年にも同じ作曲家の作品を取り上げているせいもあると思いますが
 とにかく手慣れている印象・・・
 技術も安定感があるし、
 何よりも音楽をほぼ完璧に自分達のモノにしていた事が最大の魅力でしたね。
 文句の付けようがない金賞だったと思います。

 

 | BLOG TOP |