FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の「ファントム最後の戦い」、そして次回予想されるラブリーVSクィーンミラージュの戦いという
ハピネスの一つのクライマックスの丁度谷間のような感じという事もあり
印象としては「うーーん、今一つ・・・」という感じもなくはなかったですね・・・

うーーん、少し勿体ないな・・・とも思いました。

というのも幻影帝国の三幹部達をもっと掘り下げてクローズアップしてもよかったような
感じもします・・・・
11月から最終決戦を開始するなら、
2月から登場していた幻影の幹部達一人一人に各一回ずつ割り当てて
一人一人の「過去」に焦点を当てて
過去にどういう嫌な事がありどういう経緯で幻影帝国に加担したのかその「動機」を
もう少し丁寧に描いた方が
何かより面白かったような気もします・・・・

ま、特にナマケルダなんかは、その過去とか過去の対人関係に何があったのか・・・・等は
実に興味があっただけに
やっぱり少し勿体ないな・・・とも思いました。
ま、オレスキーあたりは、ラブリーがイノセントフォーム取得前後で何となくその過去とかトラウマを
垣間見る事が出来ていましたけど
その「心の深層」はもう少し深く描いて欲しかったな・・・・

うーーん、何か少し今回は欲求不満な感じ・・・・

ま、この欲求不満は、次回のラブリーVSミラージュの戦いで十分解消させて
頂きたいと思います・・・(笑)
というか、神様は、元カノとの決着をつけるのに
ラブリーと言う現カノ(?)をわざわざ引き連れていくのですね・・・・(苦笑・・・)

だけど、プリンセスVSナマケルダ ハニーVSホッシーワ フォーチュンVSオレスキーの個別の戦闘は
中々見所がありましたね。

だけど・・・・

何かハニーだけ一人、戦う理由とか戦闘場所が他のメンバーとは明らかに異なるような気も・・・??
ま、ハニーは前回、ファントム戦で全知全能振りを見せつけてくれましたので
ホッシーワごときでは、あまり力が入らないのかな・・・・(苦笑・・)





ブルーがミラージュを気にかけている背後で
浮かない表情を見せるラブリーがとても印象的でした・・・
ラブリーとしても、正直思いは「複雑」なものがあるのかな・・・・??
プリキュア5ののぞみが、パルミエ王の復活と言うココの夢が叶うと自分はココとお別れをしなくては
いけないと気が付き思い悩んだように
めぐみも、
「勿論、ブルーはきちんとミラージュと話をし出来れば元の鞘に収まって欲しい・・・・
だけどそうなると私の立場は一体どうなるの・・・・、私の事もきちんと目を向けて欲しい・・・」と
思い悩んで゜しまうのかな・・・・??
それを示唆する形でのああした「浮かない表情」なのかな・・・・??


da1e358e_convert_20141202230852.jpg


このブログでは、プリンセスの事は何かと言うとすぐに「ポンコツ、ポンコツ」と言い続けてきたようにも
思えますけど(苦笑・・・)
実際問題、ハピネスのメンバーで一番の成長が図られたのは言うまでも無くひめですよね・・・
だって第一話で「友達とは便利なもの・・・」とドキドキのジコチューみたいな事を言っていて、
転校初日には「人が怖い・・・」とコミュニケーション障害を起こしていた人が、
今やあれだけ大勢の友達を作り、その友達のことで色々と気を使っている・・・・
やっぱりそうした意味でもひめの存在意義は大きかったですね。
またそんなプリンセスに対して第一話からお付き合いしていたのがナマケルダでしたね・・・・

今回のプリンセスVSナマケルダの戦いの中で
ナマケルダが「ケツバット」のように杖で思いっきりプリンセスのおしりをひっぱ叩いていたのは
何かとてつもなく面白かったです・・・・(苦笑・・)
最後の最後で、第一話から関わっていたプリンセスにセクハラしまくって
最後に浄化されたナマケルダは
意外と幸せ者だったのかもしれませんよね・・・・


15c1700e_convert_20141202230815.jpg


フォーチュンVSオレスキーは予想通り一番の激戦・・・
この二人の戦いはとても見栄えがして良かったですね。

こんなにボコボコにされてしまい横たわるフォーチュンも珍しいと思います・・・・

だけど、最後にフォーチュンがオレスキーの強さをきちんと認めて讃えた上での浄化は
とても素晴らしかったですね。
あのシーンはとても良かったです。
だけど、それゆえオレスキーの過去・・・・例えば、一番にならないと誰にも振り向いて貰えない状況とは
果たしてどんなものだったのか・・・あたりは
やはりもう少し丁寧に掘り下げて欲しかったような気もしますね・・・・

今回三幹部は、プリキュア達に敗れ、特に人間体に戻るという事はありませんでした・・・
やはり彼らは「粛清・撃破」されたのではなくて
成仏に近い形の「浄化」と解釈をしたいと思います。
何か気持ちとしては「輪廻転生」ではないけど、
最後の最後で「自分の目指すべき方向性」を悟った上で、そうした思いをきちんと受け継いだうえで
新しい人間として、赤ん坊から生まれ変わって欲しい・・・とも
思ったものです。
スポンサーサイト



今回の「ガールフレンド」(仮)は、ホント久しぶりと言うか
第1話と第2話でメインを張って以来の心実のメイン回でしたね。
やはり思うのですけど、この「ガールフレンド」(仮)の主人公は心実ちゃんですよね・・・

今回のストーリーは・・・・

心実の新体操の全国大会出場を前に、
期待を一心に受ける心実だが新体操部顧問の深見絵真から
難易度の高い演技をしてみたらと打診を受けていた・・・・
心実の慎重な性格は新たな挑戦を躊躇する。
守りに入りすぎていると絵真に言われたことを気にしつつも、やはり新しい挑戦には
中々挑む勇気が出ない・・・・
そんな中、笹原先輩の喫茶店のアルバイトをひょんなことから受けてしまい、
不器用で調理が下手な笹原先輩との交流を通して
「自分にとっての新しい挑戦とは・・・・??」という難題に一つの回答を出す・・・

そんな感じでした・・・・

だけど今回は私のお気に入りの村上文緒が出てこなかったのは少し残念でしたけど
クロエのあの舌たらずな口調を聞けたのは
なんかとてもハッピーでした・・・・





壊滅的な料理オンチなのですけどそれでも極めて前向きな笹原先輩と
少し慎重な傾向にあり、中々前向きな気持ちになれない心実の「心の対比」の演出が
なかなか上手いですね・・・
この二人の交流が大変丁寧に描かれていて見ていて大変気持ちが良いというのか
爽やかな気持ちになれたものです。

だけどあの紫っぽいクリームソーダは・・・・

うーーん、笹原先輩は「レシピ通りに作った」と言いながらも
一体何を入れたのでしようかね・・・・(苦笑・・)

失敗は誰でも怖いもの。でも、やっぱりチャレンジしなければ前には進まない・・・・

そんなような教訓を含んだとてもいい話でしたね・・・・


B3tCinhCAAEz-_t_convert_20141202231018.jpg



そうそう、美少女系アニメではある意味王道とも言うべき「新体操のレオタード」姿での心実も
きちんと拝めることが出来て(・・・・??)
やはり一話の中でも
見所満載と言う感じでしたね。

うーーん、こんな可愛くて爽やかなアニメも第一期で終るとは残念ですね・・・
これは是非第二期も切に望みたいですね。

そうそう、関係ない話ですけど
この笹原先輩の声優さんは、ハピネスチャージプリキュアのキュアフォーチュン役でおなじみの戸松遥さん・・・
だけどフォーチュンとは全く別の声を上手く使い分けていましたね。

うーーん、やっぱり声優さんはすごい・・・
小学生の頃って、入学したばかりの頃は
ウキウキして喜んで「ランドセル」を背負ったものですけど
高学年になるほど、ランドセルを背負って学校に行くのが段々と恥ずかしくなり
最後の方では、手さげバッグとかリュックサックとかナップサックみたいなものに教科書等を詰め込んで
学校に行っていたような記憶があります。

リュックサックは何か本格的な感じもあり、少し抵抗感はあったものの
「ナップサック」はホントお気軽に色々なものを詰め込めたような感じもありました・・・・

ま、大抵、学校の先生から
「通学の際の荷物入れは基本的にはランドセルだから、こんなナップサックや手さげはダメ・・・」と
怒られたものですけど
2~3日経過すると、またまたナップサックや手さげにしたものですけどね・・・
ま、それは自分一人だけではなくて
周りもそんな感じでしたね・・・・

さてさて、12/2のお墓参りの帰りにイオンで少し買い物に出かけてみると
「ハピネスチャージプリキュア」のお菓子入りナップサックが一つ500円で売られていました・・・






最初はナップサックと気が付かずに単純に
「あ、ラブリー、可愛い・・」と思っていたら
よーく見てみるとこれが昔懐かしい「ナップサック」でした・・・・

買い物かごにこれを思わず入れてしまうと、うちの奥様が半ば呆れた顔で
「えーー、こんなの買うの・・・お子ちゃまじゃん・・・
このラブリーのナップサックを背負って、明日会社に行けば・・・??」みたいな半分本気とも取れる
嫌味を言っていましたけど、
だって、ラブリー可愛いから別にいいじゃーん!!という感じですね・・・・(苦笑・・)

ま、彼女だって、セーラームーンのお菓子を買っていましたから
人の事は言えないとは思いますが・・・・(苦笑・・)



CIMG7899_convert_20141202201229.jpg


表面はラブリー一人ですけど
裏面では、ラブリー・プリンセス・ハニー・フォーチュンの4人が勢揃いしています。

あ、でもこれしっかりと紐も通っていて
一応背中に背負ったり、肩に担ぐことも可能です。

ま、確かにこれを背負って会社に出勤すれば
即刻で「ヘンタイさん」扱いなのかな・・・・・?? 苦笑・・・・汗・・・・



CIMG7901_convert_20141202201300.jpg


ま、確かに、これは可愛い幼児が背負うから可愛いものですよね・・・・

だけどこのナップサックの中身ですけど
お菓子だけで5点近くも入っていました。

ラブリーの絵柄のナップサックだけでも正直十分元は取っていると思うのですけど
これにお菓子が入っているとは・・・
意外とお買得のような気も・・・・??

チャイコフスキーの交響曲は、「マンフレッド交響曲」を含めると計7曲あるのですけど、
1番~3番までとマンフレッドは
うーーーん、正直人気はあまり無いですね・・・・
(最近の自分のブログでも書いた通り、私は1番「冬の日の幻想」はとても好きです・・)
最後の6番「悲愴」の人気がずば抜けて高く、
そして次に人気なのが5番、そして4番・・・・という順序なのかな・・・・
実際、チャイコの交響曲は、生演奏会では6番と5番の演奏頻度はずば抜けて多いですよね。
ま、だけど古今東西の人気ランキング・CD発売枚数・演奏会での演奏頻度は
多分6番「悲愴」が頭一つ抜けているというイメージがありますね。

私個人の好みでは・・・・

うーーん、交響曲は第5番が圧倒的に大好きですね・・・

勿論6番「悲愴」も嫌いではありません、いやいやむしろ好きな曲の部類に入ると
思います。
だけど6番は、指揮者の解釈や表現方法によって感じ方は全然異なってくるのですけど
どうも聴いていて後味が悪い・・・・
呟くような出だしと中間部で俄然オケが咆哮する第一楽章もいいし、
「死の行進曲」みたいな第三楽章も素晴らしいと思います。
だけど第四楽章がどうも後味が悪い・・・・
「死」をイメージした交響曲というと、マーラーの9番がありますけど、マーラーの場合
どちらかというと「死を全て受け入れる・・」とか「諦念」みたいな感覚が濃厚のようにも私には
思えます・・・
だけどチャイコの「悲愴」は、聴いていてすっきりしないというか
「ううーーーん、それでは自分は何のために生まれてきたのだ・・・」みたいな「この世への未練たらたら感」が
あまりにも顕著過ぎるような気もするのですよね・・・

ま、確かに「悲愴」は類稀なる名曲である事には全然変わりはないのですけどね・・・・

何か話が「悲愴」にばかりいってしまいました・・・・

前述の通り、私はチャイコフスキーの交響曲は
何と言っても5番が大好きですね!!

あくまで個人的な感覚なのですけど、
チャイコフスキーの音楽って何となく「死」を漂わせる何かがあるような気もします・・・
ま、それを最後の最後で開花させたのが「悲愴」なのかもしれませんけど・・・・・
うーーん、「死」というのかな・・・
何か「愛する二人は現世ではその愛を育むことが出来ない・・・・その愛を具現化させるためには
あの世へと旅立つしかない・・・」とか
「この世では結局理想を語る事も実現化させる事は何もできない・・・、だからいっその事あの世で・・・」みたいな
「死のエコー」を感じさせるのですよね・・・
それを強烈に感じさせる部分は、
あくまで個人的な感覚なのですけど
バレエ音楽「白鳥の湖」~終曲であるとかピアノ協奏曲第一番第一楽章であったりとか
交響曲第5番第二楽章であったりするのですよね・・・・

チャイコフスキーの交響曲第5番は、音楽史的には
大事なキーワードは「循環主題」なのかな・・・・

第一楽章冒頭でいきなりクラリネットがこの交響曲の「基本テーマ」とも言うべき主題を陰鬱に
吹くのですけど
この基本テーマは、その後第二楽章でも表れ、第四楽章でも冒頭やラストのコーダの大団円部分でも
再現されています。
つまり「一つのテーマ」が曲全体を循環するように貫き、全楽章を統一する要素になっているから
「循環主題」とも言われているようですね。
この循環主題が顕著に表れている曲の代表例は、フランクの交響曲なのかな・・・・
第二楽章の聴きどころは何と言っても
ホルンの長大なソロですね・・・・あの美しさと陶酔感とはかなさは、チャイコフスキーが残したメロディーの中でも
特に群を抜いた素晴らしい部分だと思います。
第二楽章では木管楽器も全般的に素晴らしい働きぶりを見せているのですけど
特にオーボエの美しさは絶品ですね・・・
ホルンとオーボエの掛け合いの部分は何度聴いても背中がゾクゾクとします・・・
だけど美しくはかない第二楽章も、結構唐突に金管楽器の咆哮の中に打ち消されてしまう部分も
あったりします。
第三楽章は、第一と第二楽章の暗い感じをさーーっとうちはらうかのような
すがすがしいワルツが唐突に開始されます・・・・
最初にチャイコの5番を聴いた時、この第三楽章の唐突なワルツに随分と戸惑ったものですけど
あれは・・・・
うーーん、何て言うのかな・・・・
「人生には深刻さと甘さが同居している・・・」みたいな事を意図させたのかな・・・・??
ても第二楽章までの陰鬱な雰囲気は第三楽章によって霧がさーーーっと晴れるように打ち消され
いよいよ第四楽章の行進曲みたいな大団円が始まります。
この楽章は一旦終わるような感じになるのですけど
瞬間的な間があって、次の瞬間に「コーダ」の部分で力強く華麗で生きる喜びに溢れた
「大団円的行進曲」が開始され、
第一楽章冒頭の陰鬱なテーマを
終楽章では力強く明るく華麗に再現させていきます。

この交響曲第5番の面白い所、気に入っている所は何なのかな・・・・

やっぱり第一~第二楽章と第三~第四楽章の対比なのかな・・・・
同じ「基本主題」を扱いながらも片方は陰鬱に、そしてもう片方は明るく華麗に力強く・・・・という風に
使い分けている事がとても面白いと思います。
そして何かそれは、
「幸せと不幸は縄目のごとく交互に訪れる」とか
「幸せと不幸は二つで一つ」とか
「人生、悪い事ばかりではない・・・、いい事もたまには起きる・・・」みたいな事を
メッセージとして伝えたかったかのようにも私には聴こえてしまいます・・・・
(ま、これはあくまで私の感じ方なのですけどね・・・・)

それにしても第四楽章は、本当にまさに「大団円」ですね・・・
曲全体をとてつもない「幸福感」が貫いていると思いますし、この楽章だけを聴くと
「生きる活力」とか「明るい希望」みたいなものを感じてしまいますね・・・
ま、実際はそこに至る過程が色々とあったのですけどね・・・(苦笑・・・)

「深刻さと明るさの対比」・・・・、チャイコの5番はそうした意味合いの曲にも感じられるのですけど、
例えば同じくロシアの作曲家のショスタコーヴィッチにもそうしたエコーは感じ取ることが
出来ますよね・・・・
例えばショスタコの交響曲第9番何かそんな例の典型なのかもしれません・・・・
第四楽章でファゴットが哀しげに呟いていたのが
第五楽章に入ると一転して明るく陽気なメロディーへと転化され
いままでうるうると泣いていたのに突然
「なーんちゃって!!、だまされてるんじゃないよ、パーカ!!」みたいにアッカンベーされているような
気持ちにもなったりもしますけど、
それと同じような感覚がチャイコフスキーの交響曲第5番にもあるのかもしれませんよね。

この曲は、正直CDよりも生の演奏会で聴く事をお勧めします・・・・
あの感覚は、正直ライヴでないと中々理解できないかも・・・・
個人的にチャイコの5番で一番感銘度が高かったのは
佐渡裕指揮/新星日本交響楽団と
小林研一郎/日本フィルの演奏でしたね・・・・
特に1996年の佐渡さんの演奏はまさに「神がかり」の感動的な演奏でした・・・・
CDで聴く場合
お勧めの盤は二つほどあります。
一つは、バーンスタインのニューヨークフィル
(このCDはカップリングの幻想序曲「ロメオとジュリエット」も素晴らしい出来・・・・!!)
もう一つが1990年のサントリーホールでのライヴ演奏を収録した
スヴェトラーノフ指揮/ソ連国立交響楽団ですね。
スヴェトラーノフの演奏では、特にオーボエの音色はまさに奇跡的としか言いようがない素晴らしい音色ですし
ライブ感満載の「生命力とスピード感の切れ」は最高ですね!!

最後に邪道かもしれませんが、
この曲を吹奏楽にアレンジし、全国大会で演奏した例から
1975年の秋田南高校の演奏もある意味凄いです・・・・
ま、アレンジが少しとんちんかんな部分もあり、
コーダの部分でなぜか小太鼓のロールが加わったり
原曲には無い大太鼓・シンバル・グロッケンが出てくるのは、ま、ご愛嬌ですね・・・・(苦笑・・)
だけどこの演奏、全体的に演奏がとても生き生きとしていて
いかにも「生命感溢れる演奏」というのか「生きる事を全面的に肯定した演奏」とも
言える事が出来ます。

 | BLOG TOP |