FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「デート・ア・ライブ」の時崎狂三のアルファマックス版のフィギュアがの予約が既に始まっています。
このフィギュア、とても完成度が高いので
「絶対に欲しい!!」と思っているのですけど
価格は結構するのですよね・・・・
先日、バンダイプレミアムで「キュアメロディ」のS.Hフィギュアの予約をしたのですけど
こちらは価格は約4600円
だけどアルファマックス版の時崎狂三の価格は12000円ぐらいなのですよね・・・

うーーん、結構するものですね・・・・

キュアメロディの際も「結構高いな・・・」と二の足を踏んだ時期もありましたけど
更にそれよりも高いですからね・・

しかも今現在予約しても商品到着は来年の3月ですからね・・・






10297600a9_convert_20141130231326.jpg


10297600a11_convert_20141130231352.jpg


「キュアメロディ」のクオリティーの高さも素晴らしいものがありましたけど、
この時崎狂三は、更にその上を行く圧倒的な完成度の高さですね・・・

うーーん、本当、マジで「欲しいな・・・」という感じですね・・・・(苦笑・・)

だけどこの商品は、今現在予約しても
実際に商品到着は、最短で来年3月なのですね・・・・

それにしても凄まじい完成度の高さ・・・・・

これは是非何とか予約入れたいな・・・・
(こんなの買ったのバレたら、うちの奥様御機嫌が悪いだるうな・・・
 こんなの買うのだったら、バンダイプレミアムのセーラームーン買ってというのが
 関の山なのかな・・・??)

他の会社の時崎狂三のフィギュアもあるのですけど、
このアルファマックス版が一番完成度が高いかも・・・・
だけどアマゾンでもヤフオクでも、時崎狂三のフィギュア系は中々入手困難・・・・
やはり人気は高いようですね・・・・

時崎狂三のあのトチ狂ったキャラの魅力はやはり捨て難いものがありますね・・・・

自分の場合、
表の世界を「プリキュア」とすると、
裏の世界は「時崎狂三」なのかな・・・・??
スポンサーサイト



11/30の「ハピネスチャージ」は、
ついにマヌケ3幹部が浄化されてしまいました・・・・
あれれ、という事はオレスキー将軍はもう二度と登場しないのかな・・・・
最終回までまだ二か月もあるというのに
敵幹部が消滅というパターンも歴代では珍しいですね・・・

ま、ハピネスの11/30の回の感想については
後日改めてゆっくりと記したいと思います・・・
(今の所、唯一の週の休みである火曜に何か長めの記事が集中してしまいますね・・・・苦笑・・)

今回は、
プリンセスVSナマケルダ
ハニー  VSホッシーワ
フォーチュンVSオレスキーという順当な組み合わせだったと思いますが
ラブリーは、別行動・・・・

あれれ、このシーンどこかで何か見た事があるな・・・と思っていたら
そうそう、「スマイルプリキュア」の第23話(プリキュアVS三幹部+ジョーカー、そしてプリンセスフォーム登場の回)も
大体今回と同じような図式でしたね。
スマイルでは、
サニー  VSウルフルン
ピース  VSアカオーニ
マーチ  VSマジョリーナ
ビューティVSジョーカー
そしてハッピーだけが別行動という感じでしたけど
何かハピネスと大体構図は同じでしたね・・・・





スマイルの第23話という素晴らしい神回の際は、
ビューティが一番悪知恵が発達し、そして一番強いと思われるジョーカーと対戦していたのは
極めて妥当でしたね・・・
そしてウルフルンVSサニーも妥当な対戦でした・・・

だけど問題はやはりピースなのかな・・・・(苦笑・・・)

あの3幹部VSプリキュアの戦いを振り返ってみると
敵幹部の視点から捉えると、一番「楽勝モード」と思えるのは、やはり対ヒース戦なのでしょうね・・・・
あの当時のアカオーニの心境を分析してみると、
「やった!! これでまたまたピースと遊ぶことが出来る・・・・
すこしいたぶってあげて、そして可愛がってあげよう・・・」という
下心見え見えの心境だったかな・・・・(苦笑・・)


2e08cfd1_convert_20141130231437.jpg


あの時の戦いでは、
氷の剣を繰り出しジョーカーと戦い抜いたビューティさんの優雅な戦いがとても印象的でした・・・
関係ないけど、「キュアソード」という剣の名前を有するプリキュアもいましたけど、
ソードの場合、不思議と一度も剣は使用していませんでしたね・・・
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」を実践してマーチシュートをポンポコ連発して勝利したマーチも
なんかいかにも一直線の人らしい感じでしたね。

だけど圧巻はサニーとウルフルンの戦いでしたね・・・・
あの時のサニーの「地面を叩いて岩を持ち上げウルフルンにぶつける作戦」も大変見栄えが
しましたし、
ウルフルンの本気モードみたいな「赤い目をして激高したウルフルン」もまさに「獣」そのものであり
とても印象的でしたね・・・

スマイルプリキュア対敵幹部の個人戦は、12月に入ってからも行っていましたけど
あの時は、ビューティさんの回がとても良かったな・・・・
というかあの個人戦で唯一人、「挿入歌」が入っていましたしね・・・

今回のハピネスの戦いでは、フォーチュンVSオレスキーのマジバトルがとても良かったですね。
うん、やはりああいう芸当とシリアル戦闘シーンは
プリンセスにはあまり向かないのかも・・・・??
モートン=グールドというアメリカの作曲家は
どちらかと言うと自分のように吹奏楽経験者の方が馴染みがあるのかな・・・??
グールドというと「アメリカン・サリュート」が一番馴染みがある曲のようにも思えますけど、
日本で一番親しまれているグールドの音楽って、
テレビ朝日系の「日曜洋画劇場」のエンディングテーマ曲として、放送開始(1966年10月)から
2003年9月まで長らく流され続けていたグールド自身の編曲・ピアノ・指揮による「ソー・イン・ラヴ」
のような気もします・・・・

グールドの吹奏楽作品というと、
やはり狂詩曲「ジェリコ」とか「サンタ・フェ・サガ」が一番馴染みがあると思いますけど
管弦楽作品としては
以前このブログでも取り上げた事がある
「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」が個人的には好きな曲ですね。

だけど2000年頃にNAXOSレーベルよりグールドの作品集のCDが発売され
曲の存在自体は知っていたけど
演奏自体を収録した音源が中々見つからず
自分にとっては長い間「幻の曲」となっていたある曲がそのCDの中に収録されている事が判明し
当時飛び上がって喜んだ記憶があります。

それはなんて曲かと言うと
「フォスター・ギャラリー」という作品です。
ちなみにこのCDの指揮は、T・クチャル 演奏はウクライナ交響楽団です。
うーーん、でも何でこんなバリバリのインチキ臭いアメリカの香りがプンプンするこの曲を
アメリカのオケではなくてロシアのオケが演奏しているのだ・・・・???


51j4Kjrp+RL_convert_20141130233507.jpg


でもこの「フォスター・ギャラリー」という曲は面白すぎて
たまらないですね・・・・
正直この曲は知る人ぞ知るというウルトラマイナー級みたいな曲で
本当は他人には教えたくないというか、
「自分だけが知っている・・・」みたいな感触を楽しんだ方がいいとも思うのですけど
何かあまりにもマイナー過ぎて、グールドが何か気の毒・・・という感じもしなくはないので
ここに取り上げたいと思います。
関係ないけど、ものすごーくウルトラマイナーなクラシック音楽で、知る人ぞ知る曲なんだけど
実はすごーく面白い曲の例として
カヒッゼの「イタリア狂詩曲」を挙げたいですね・・・・
ま、この曲の良さは、ま、自分だけの楽しみにしておこうっかな・・・・・

「フォスター・ギャラリー」なのですけど、
フォスターの名旋律の数々を変幻自在に紡いで作曲された曲と言えると思います。
フォスターの中でも最も有名な「草競馬」の変奏を、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の「プロムナード」のように
曲間の随所に挿入しているのもユニークなところです。
他にも「金髪のジェニー」とか「おお、スザンナ」とか「スワニー川」とか
「なつかしいケンタッキーの我が家よ」みたいな
どこかで聴いたことがあるようなアメリカの民謡・俗謡・メロディーが
次々へと出てきて
聴いていて飽きるという事はまずないと思います。
というか、グールドは20世紀を生きた方なのですけど
複雑な現代音楽みたいな要素は全く皆無で「分かり易くて聴き易くて楽しい曲」を
意図しているのがよーく分かるような感じもします。
ま、全体的にはその「分かり易さ」が何か胡散臭いというかインチキ臭いというか
悪く言うと「安っぽく」聴こえたりもするのですけど
別に現代音楽の難解な無調音楽が闊歩した20世紀にあって
こんな分かり易い曲があってもいいじゃないか・・・・みたいな感じは非常によく伝わってきます。

やはりこの曲は「展覧会の絵」を少し意識しているのかな・・・・

「展覧会の絵」の「プロムナード」は、曲と曲の接続曲みたいな形で楽器と調性等を色々と変化させて
組曲の中に何か所も登場しますけど
「フォスター・ギャラリー」もほぼ同じ仕掛けですね。
「草競馬」を引用した部分が曲と曲の間に「接続曲」みたいな感じで計4回も出てきます。

全体として30分前後の曲ですし
本当に飽きないで一気に終曲まで辿りつきますから
是非お勧めしたい一曲です。

この曲のタイトルを以下に記すと・・・・・

Ⅰ.草競馬
Ⅱ.おいで、愛する人のまどろむところへ
Ⅲ.ケインブレイク・ジグ
Ⅳ.スワニー川
Ⅴ.草競馬変奏曲
Ⅵ.「オールド・ブラック.ジョー」と゜なつかしいケンタッキーの我が家よ」
Ⅶ.村祭り~カドリーユとワルツ
Ⅷ.金髪のジェニー
Ⅸ.草競馬変奏曲
Ⅹ.讃美歌~「メアリーよ、おまえの魂はどこに」と「天使は私に歌い」
XI.「友よ、私のために杯を満たさないで」と「キティ・ベル」の変奏曲
XII.草競馬変奏曲
XIII.おお、スザンナ

うーーん、だけど何度聴いても面白い・・・・
この曲、どこかのオケが演奏してくれないかな・・・・
吹奏楽コンクールでは既にいくつかのチームが自由曲として取り上げ
例えば玉川学園中等部がこの曲を自由曲に選曲し、全国大会にまで駒を進めていました。

 | BLOG TOP |