FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8/15にブログ開設3周年に入った事をご報告させて頂き、
その際に、「なぜこのブログを開設したか」等の理由を書かせて頂きました。
改めて述べると・・・

既に30年以上前の吹奏楽コンクールの「自分にとっては一生忘れる事が出来ない素晴らしい演奏」を
何か「記録」として残していきたいという思いで始めたものでした。
過去のそうした素晴らしい演奏、特に花輪と大曲のように支部大会止まりで全国大会に進めなかった
チームのあまりにも素晴らしい演奏を、「忘却の彼方」というように埋もらせたくなかった
気持ちがあったと思います。

一例をあげると、その具体的な演奏とは・・・

〇1982年・東北大会/花輪高校 ウォルトン 交響曲第一番変ロ短調終楽章

〇1982年・全国大会/仁賀保高校 矢代秋雄 交響曲第四楽章

〇1982年・全国大会/就実高校 トゥリーナ 幻想舞曲集

〇1981年・東北大会/大曲高校 三善晃 交響三章第二楽章

〇1982年・全国大会/屋代高校 松村禎三 交響曲第三楽章

などなど・・・・

だけど振り返ってみると、
吹奏楽記事よりも「プリキュア」関連記事の方が数としては多くなってしまいましたね・・・(苦笑・・・)
ま、それだけ自分の中では、吹奏楽等の「音楽愛」よりは
「プリキュア愛」の方が強かったという感じなのかな・・・??
実際は「どちらも同じくらい大好き・・・」という感じなのかな・・・

そんな中、本記事をもって「プリキュア」カテゴリ掲載記事が500に到達しました。
何だか今作の「ハピネスチャージプリキュア」が5月の放送で、
プリキュアシリーズ通算第500話に到達したみたいですね。
ま、あそこまでの「偉業」という訳では全然ありませんし、
私は適当に好きな事を記事にしていたら、プリキュアだけで500記事もいつの間にか書いたいたという事
なのかもしれません・・・・(笑)

以前も書いたと思いますけど
私が「プリキュア」に興味を持ち始めたのは、
決して歴史が長い訳でもなく、2004年の初代から見始めていたという訳でもなく
実際は、2007年の「プリキュア5」からです。
というか、私自身、結婚するまでは
正直な話、アニメとか漫画というのはそれ程大きな興味があった訳でもなく、
結婚して以降、自分自身がうちの奥様から多大な(?)影響を受けてしまったという感じですね・・・
うちの場合、
自分が彼女から影響を受けたもの、それによって趣向が相当変化したものは
多数あります。
その代表例がアニメと甘いお菓子なのかな・・・・
だけどその逆は皆無でしたね・・・・・(苦笑・・・)
自分が熱く語れる「吹奏楽」・「クラシック音楽」について彼女に語っても、
半分大あくび状態・・・・(苦笑・・・)
一度サントリーホールで開催された「名曲コンサート」を一緒に聴きに行ったのですけど、
曲目が

前半

歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲

チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第一番

後半

ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」という

ウルトラメジャーな曲目の演奏会をあえて初心者用としてチョイスしてあげたのに
彼女は、前半も後半も爆睡状態でした・・・・
だけど帰りに一緒に食べたご飯はおいしそうにバクバク食べていました・・・(苦笑・・)

ま、そんなものですね・・・・

サントリーホールで爆睡しているうちの奥様を見て、さすがに蹴りの一発でも
叩きこんでやりたい気持ちに
少しはなったものですけど・・・・・(苦笑・・・・)

ま、それはどうでもいいとして・・・

2007年頃に、買い物に行くと
よく彼女がプリキュアパンとかプリキュア5の食玩等を色々と買っていて
当時は
「あのさー、いい年こいているのだから、そんな幼児番組にはまるなよなー」とか色々言っていたと
思いますが、
「なによー、とにかく面白いから一度だまされたと思って見てみればいいじゃーん」とか反撃されてしまい、
それならばものは試しにと一度見てしまったのが
はじまりでしたね・・・・

そこから先は、自分自身が彼女以上に「プリキュアの世界」に
はまりこんでしまったというのが実態ですね・・・・
いわば「ミイラ取りがミイラになってしまった」典型的事例ですね。

その時に見た回が
第11話の「のぞみとココの夢気球」という話でしたけど
今にして思うと、この回が歴代プリキュアでも屈指の名作回でもありますし、
その後のスマイルプリキュアのれいかの「どうして勉強するの・・?」の回にも受け継がれていく
素晴らしい回だと思います。

ま、たまたま見た回が良かったから
「次回も見てみよう・・・」とついつい思ってしまい、結果として「夢原のぞみ」という
歴代プリキュアでも屈指の名物キャラの魅力にどっぷりとはまってしまいましたね。
それが、結果として、
前作のは、前々作は・・・??と色々興味を持ちようになり、
その後のフレッシュ→ハートキャッチ→スイート→スマイル→ドキドキ→ハピネスチャージへと
「プリキュア愛」が受け継がれていったのかな・・・・??






ピンク系主人公はアホが多いというのはよく言われますけど
のぞみの平均点80点のテストで「18点」というとてつもない成績が
何かそうした事を象徴する結果になってしまいましたね・・・・(笑)

ま、もっともここから7年後の「ハピネスチャージ」のめぐみというポンコツ後輩が
「学年最下位」という離れ業も披露してくれましたけどね・・・・


7264322.jpg


img_7_convert_20140829230631.jpg


だけど「人はなぜ勉強する必要があるのか・・・」という大変難しい「問い」だったと思うのですけど
この時は、
「無理をしないで、まずは自分か興味を持った事から始めればよい」というココのアドバイス程度に
留まっているのですけど、
この難しい問いの「回答」を
のぞみ自身が翌年の「プリキュア5GoGo」でりんちゃんの弟妹達に「一つの回答」というか「道筋」を
提示しているのは、のぞみの二年間の成長であり
とても素晴らしいものがありましたね。
最終的にのぞみも「将来は学校の先生になりたい」という夢を持つようになりましたけど、
間違いなくのぞみは素敵な先生になると思いますし、
「勉強が出来ない」事を経験している人間が教師として、出来ない人間を導いていく姿も
何だか尊いものがあるような気がします。

この回では、当初勉強に対して全く興味を持てないのぞみに対して
「強制的に無理矢理やらせる事」を実践させようとしたかれんさんがいましたが、
これは何だか、前述の通り、特段「クラシック音楽」に興味を持てないうちの奥様に無理やり音楽会を
聴きに行かせようとした「自分自身」に対する反省も兼ねて
かれんさん同様、反省すべき点は多々ありそうな感じですね・・・・

ま、要は、
人間、興味が持てる事や自分が好きな事は、他人から特段言われなくても自発的に
学べるという事・・・
そして「勉強」とは、
自分が興味がもてそうな事は何なのか、自分がやりたいことは何なのかを
見つけるために、色々な分野の事をまずは浅く広く学び、その中で自分が本当にやりたいことを
見つけていくための「一つのプロセス」なのかなとも思えます。

人間、嫌いな事は決してやらないもの・・・
むしろやらない方がいい・・・・
だけど嫌な事を強制的にやらせられることの「苦痛」ほどつらい事はない・・・

何かそんな事をふと思った次第です。
スポンサーサイト



原因不明ですけど、
我が家の北側の隣接マンション境界あたりから、深夜から明け方頃にかけて
どういう訳か猫が一匹だと思いますが
悲しげにニャンニャン鳴いています・・・

ここ一週間ぐらい夜明けあたり続いているのですよね。
「子猫だったら可哀想・・・」とか
「老猫が野垂れ死ぬ寸前だったら少し困るかも・・」と思って何度か
北側を見に行っても、特に猫がいる様子もありません・・・・

春近辺のさかりがかかった猫同士という訳でもないし
何かあの「ミャンミャン」哀しげに鳴く様子が何か気になるのですよね。

昔、私が仙台の実家にいる頃、同じような現象がありました。
その際は、ま、古い家でしたので、布基礎の通気口から子猫が侵入し、基礎の下に潜り込んで
いたようでしたね。
確かあの際は、通気口に醤油をかけた鰹節とキャットフードを置いたら
数分後に出てきましたけど
わが家は、ベタ基礎ですし、基礎部分に通気口はありませんので
 (現在の住宅は、24時間計画換気が主流と言うか、給気口から空気を強制的に入れて、
 換気口から空気を出し、同時に床の通気口から床下部分に空気を循環させていますから
 昔の家のように基礎部分に通気口が無い家が主流のような気がします・・・)
猫が入り込むスペースが無いのですよね・・・・

だけど外側にも猫の姿が見当たらない・・・

でも鳴き声だけは深夜~明け方の時間帯のみ聞こえる・・・・

うーーん、少し不気味ですね・・・

以前車の下によく猫が昼寝していましたし、たまに餌とかあげていたのですけど
最近は全く見かけなくなりました。
その時の猫が舞い戻ってきたのかな・・・・??

 | BLOG TOP |