FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


次回の「10周年おめでとうメッセージ」は、
ついに満を持して(?)
大友(注:大きなお友達のこと・・・)に大人気な「キュアピース」の登場ですね。
さてさて、ピースの登場で
果たして日曜の朝8時32分前後に何人程度
ピースでお馴染みの「ぴかりんじゃんけん」を同時にしてしまう人がいるのでしょうか・・・・(苦笑・・・)

どうせピースを出すのは目に見えていますので
グーを出して「わーい、ピースに勝った」と叫ぶもよし、
わざとパーを出して、「えー、あのピースに負けた・・」と落ち込むもよし・・・
ま、楽しみ方は人それぞれでしょうね・・・・(笑)

ま、当日の私は朝から仕事ですけど・・・・





前回が「待ってました!!!」のマリンですから
何かマリンとピースの二人で一気にエース級をリリーフ登板という感じもしますね。
これで残りは、ホワイト・ミルキーローズ・ミューズ・サニー・ソードのみとなります。
サニーは是非関西弁で「おおきに・・・」とか挨拶して欲しいものですね。

ところでオールスターNS1以降すっかりお馴染みとなったキャッチコピーの一つに
「女の子は誰でもプリキュアになれる」というものがあります。
ま、これは実際には厳密には、
誰でもという訳ではなくて、
(誰かを守りたいと強く願う)女の子は・・・・という大前提がつきますけどね・・
それに「誰でも・・・」なんて言ってしまったら
プリキュア5の第5話で
パルミエ王国の蝶から、当初はプリキュアになる事を拒否されてしまったかれんさんの
立場が無くなってしまいますので、
ま、この辺りはあまり深く突っ込まないでおきましょう・・・・(笑)

でもね・・・・・

前回のマリンと言い、
次回のピースと言い、
はたまた現役のプリンセスを見てしまうと、
何だか・・・
「女の子は(どんなに変でも、へたれでも、ポンコツであっても)誰でもプリキュアになれる」
という事を立証してしまいそうな気もしますね・・・・

プリキュアになりたてで、
いきなり敵前逃亡したというと、やはりブロッサムを思い出してしまいますけど
ま、ブロッサムをあえて擁護すると、
彼女の場合、たった一人での戦いでしたから、逃亡もある意味仕方がない側面もあるのですけど、
ピースの場合、既にハッピーとサニーという仲間が横にいるのに
いきなり「敵前逃亡」、しかも泣き虫状態・・・・
うーーん、ある意味ブロッサムよりも酷かったような気も・・・
しかもピースは、プリキュア史上初の「特撮おたく」ですからね・・・・

ま、たけどその2年後の後輩のプリンセスに至っては
ラブリーと出会うまでは全戦全敗ですからね・・・・・・(苦笑・・・)

ま、その・・・・、初代の「溢れる勇気と漲る希望」のブラックとホワイトの獅子奮迅ぶりの活躍から
見てしまうと、
「ちっ、しょーがねーポンコツ後輩・・・」と舌打ちしているかもしれませんが(??)
これも「女の子は誰でもプリキュアになれる」という事なのかも
しれませんよね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |