FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8/17の「ハピネスチャージプリキュア」は
本当にコメントとか感想等の必要は全くなさそうですね・・・・(笑)

そのくらい、わずか10秒程度の出演なのに
「キュアマリン」の10周年おめでとうメッセージが主役という感じでした。

いやいや、4代前の先輩なのに、
現役の「ハピネスチャージ」の印象度を一人かっさらってしまいましたね・・・・(苦笑・・)





何となく予感では、
「まさかマリンが普通の挨拶だけで終わる訳はないだろう・・」と思っていたのですけど、
まさかここまでやってくれるとは・・・

さすがマリンですね・・・!!

いやー、ホント、マジで感激してしまいましたね・・・

ここまでの歴代プリキュア達の挨拶でギャグとか変顔というのは一人も無く
皆それぞれ、格好良くスタンダードに決めてくれましたけど
冒頭からマリンは「変顔」の連続・・・
いやいや、本当にやらかしてくれましたね。
「もうさすが、マリン!! みんなのマリン・・・!!!!」と心の中で叫んでしまいましたね・・・

決め台詞の「やるっしゅ!!」もちゃんと言ってくれましたし
もう何もいう事ないですね・・・

ま、ここまで変顔を披露しまくり登場しただけで笑わせてくれるプリキュアは
マリン以外存在しないですね!!!

このまま大満足の中、
「今日はこのまま終わってもいいや・・・」とふと思ったのは果たして自分だけでしょうか・・・・??


32891198_convert_20140817204136.jpg


ま、さすがに「マリン」だけというのも何ですので
「ハピネスチャージ」の方も簡単に・・・

と思ったのですけど、特に本日は新しい進展もないし、
「ゆうゆうは世界のハニーであること」が立証され、
ゆうゆうは本当に万能なプリキュアである事を改めて感じさせてくれる回でした・・・

というか、いつの間にかゆうゆうは世界にも進出していたのでしょうか・・・??


a9651465_convert_20140817204011.jpg


いやいや、単に「世界の食べ物」を美味しく頂くことの
ひとつの口実なのかな・・・??

だけど、ゆうゆうは相変わらず、おおもりご飯の弁当もロコモコでも
何でも美味しそうに食べるプリキュアですね。

落ち込んでいるひめに「飴」で餌付けするというのはゆうゆうの最早特技でもあるのですけど、
それをハワイのプリキュア二人に対しても実践させてしまうのは
すごい、凄すぎる・・・・


76dea728_convert_20140817204107.jpg


このハワイの「アローハプリキュア」って姉妹だったのですね・・・
この二人の声優さんは、「ハピネスチャージ」のOPとEDの歌を担当している吉田さんも仲谷さんでしたけど
中々上手くてとても声優初体験とは思えないですよね。
むかーし、プリキュア5で、生徒会長かれんさんの後輩という役柄で
当時OPとEDを謳っていた工藤さん・宮本さんが声優てして出演し、この時は「何かセリフの棒読み・・」
みたいな感じと比べると
格段の進化という感じでしたね。
ま、後に工藤さんはフェアリートン役、宮本さんはソード役という
大変重要な役柄が廻ってきましたけどね・・・(笑)

それにしても今回は、ハピネスチームは4人全員で出張してよかったですね・・・

だってめぐみとひめだけだったらとても不安だし、アローハプリキュアの喧嘩の仲裁も出来なかった
でしょうし、
頭の固いいおなだけだったら、
ハピネスチーム対アローハチームのバトル勃発という展開にもなりかねないし
その意味でも全てを優しく包みこむ「ゆうゆう」の役割は、ホーント大きなものがありますね。

さてさて次週は、
新商品展開ではなくて、何やら新しいアイテムが登場しそうですね・・・
何かクイーンミラージュが登場し、ブルーとの絡みが出てこないと
「ラブリー」が更なる「成長のきっかけ」が出てこないような気もしていたので、
このタイミングでのミラージュの登場は
大きく期待するものがありますし、
やはり今後が楽しみですね。

ラブリー大好き派の自分にとっては、やはりゆうゆうの万能さもいいけど
やはりラブリーが更なる成長と活躍を見せてくれないと
物語全体が少し締まらないような気もしますからね。

スポンサーサイト



ヴェーベルンという作曲家は、
正直クラシック音楽マニアの方には「たまらない・・・」名前なのかもしれませんけど、
ま、ほとんどの人は「誰、それ・・・・??」みたいな方なのかもしれません。

音楽史的に一言述べると、
ベルク・シェーンベルクと共に「新ウィーン学派三羽ガラス」とも言われ、
20世紀前半のマーラー亡き後の「前衛音楽」を切り開き、
無調音楽・十二音技法を確立させ、後の時代のブーレーズ・シュトックハウゼン等に多大な影響を残した
と言えるのかもしれません。
正直、作風は極めて難解です・・・
というか、いかにも「現代音楽・無調音楽」らしいというのか
曲そのものに「メロディー」とか「ストーリー」とか「人間らしい感情の波」はほとんど伝わってきません。
感覚としては限りなく「モノトーンの世界」に近いと思います。
「密度の薄い音響体と冷たい情感が特徴的ですけど、緻密に構成され、凝縮され、それでいて明晰な構造を
持っている」というのが教科書的な最大限の褒め言葉かもしれませんけど、
少なくとも一般の方々、
特にクラシック音楽にそれ程詳しくない人が耳にしたら
「拷問」・「退屈」以外の何物でもないかもしれませんよね・・・

ま、そういう自分もウェーベルンの曲はよく分かりません・・・
あまりにもメロディー性が皆無のため、
そしてあまりにも機能的過ぎる曲のため、
例えば、ウェーベルンの「交響曲」という曲を聴いても
それがいつ開始され、いつ終わったのか、途中でどんな展開があったのか説明しろと
試験問題に出題されても
「白紙回答」以外術がないという感じです。
ま、もっともウェーベルンの「交響曲」は、ポーとかポポーみたいなぶった切りの音の羅列という感じが
すごいしますし、
フィラデルフィアでの初演も、散々な失敗に合い、聴衆に哄笑され
失意の中で演奏会場を後にしたというエピソードまであるそうです。

ウェーベルンという作曲家は大変な寡作家で、
生涯で出版された作品はわずか31曲で、
生きている間に作曲されたすべての曲をブーレーズが「全作品作品集」という事で発表したのですけど
それでもCDに6枚のみで収まったそうです・・・
ウェーベルンの生前の写真を見ても
「何か気難しそう・・・」とか「いかにも寡黙そう・・・」とか「どういう会話をすればいいのだろう・・」と
思わず考え込んでしまいそうですけど、
ベルクのヴァイオリン協奏曲とかマーラーの6番「悲劇的」を指揮している写真が残されていますし、
自作自演のレコードも残されているとのことです。

ウェーベルンというと絶対に忘れる事が出来ない曲が一つ自分の中にはあります。

何かと言うと、
「六つの管弦楽曲」なのです。
ウェーベルンの作風は、比較的静かなものが多く、オーケストラを極限まで鳴らすという曲は
極めて少ないと思いますが、
その数少ない例外が、この「六つの管弦楽曲」、その中でも特に第四曲なのだと思います。
いやいや、あの第四曲のラスト近くのfからffffffに極度にクレッシェンドしていく様相は
ホント、尋常ではない「何か」を感じさせてくれます。
この曲の第四曲は、
小太鼓・タムタム(ドラ)がすさまじいロールをしながらクレッシェンドする中、
金管楽器がとてつもない咆哮を響かせ、この世のものとは思えない「大音響・大絶叫」を轟かせ
そうした曲想をバックに一対の鐘が
ゴーン・ゴーンと狂ったようにチャイムを響かせている曲なのですけど
あれは「物は試し・・・」という事で生涯に一度ぐらいは聴いておいた方が良いかもしれないですね・・・
「現代音楽」・「無調音楽」なのに、なぜこの曲だけ
こんなにも「何か」を感じさせるのだろう・・・

その意味でも不思議な曲です。

元々なぜ自分がこの曲を知ったかと言うと
またまた吹奏楽コンクールネタになってしまいますが、
1983年の花輪高校のベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」という無調バリバリの曲に
思いっきり惹かれてしまい、
その盟友のヴェーベルンに「六つの管弦楽曲」と似たような曲が存在していることに気が付き
たまたま図書館にあったカラヤン指揮/ベルリンフィルのレコードで
この曲を聴いたのがきっかけでした。

だけど、この曲、色々な指揮者の演奏をその後聴いたのですけど
このカラヤンの演奏を超える演奏はいまだに出てこないですね・・・・

「六つの管弦楽曲」は、自身の母親の死が色々な意味で影響を及ぼし、作曲する上での
動機付けになっていると思います。
ヴェーベルンの手紙とかコメントによると・・・・

第1曲:母親がまだ生きていてくれたら、という希望を持ち続けつつも、すでに痛ましい不幸と破局を予感している。
第2曲:ケルンテンへ向かう列車の中で真実を悟る。予感が現実となる。
第3曲:母親の棺に置いたエリカ(ツツジ科の植物)の花の香り。
第4曲:葬送行進曲。棺とともに墓地へ向かう。
第5曲、第6曲:葬式の日の夜の不思議な気持ち。追憶と諦観。

という事が背景にあるようです。

でもなんといっても第四曲の金属的な響きと鐘の無機質な響き、そして凄まじい音のカオス・・・
これはやはり「内面の葬送行進曲」、「別れと慟哭」を意味しているのでしょうか・・・

この曲一度だけ生で聴いたことがあります。
確か新日本フィルの定期演奏会でマーラーの「大地の歌」とのセットでしたけど、
かなり不満でした・・・
というのもこの曲は実は後に改訂版が作られ、
元々四管編成で例の第四曲は打楽器奏者8人だったものが
改訂版では二管編成となり、第四曲の打楽器奏者も半分程度に減らされたのですけど
新日本フィルは確かこの改訂版の演奏でしたので
あの第四曲の「凄まじいカオス」が自分が望むものとはほど遠いものだったからです・・・

うーーん、この曲の元々の原典版を
生で聴いてみたいものですね・・・・
〇八戸北高校

 Ⅳ/管弦楽のための協奏曲(三善晃)

 このチームのこの年の演奏を聴くと、どうしても前年度のこのチームの演奏と対比して
 思い出してしまいます。
 前年度の1992年のホールジンガーの「春になって、王達が戦いに出かけるに及んで・・・」の
 とてつもない雑で粗野で荒削りのとんでもない演奏なのだけど、
 奏者と指揮者の「熱い気持ち」がひしひしと伝わってくるある意味怪演をね・・・
 だけど翌年のこの年は、三善晃の「管弦楽のための協奏曲」という難曲中の難曲を
 まるであたかも「精密な設計図」に基づき緻密に組み立てているような感じの演奏を聴かせてくれ
 「え・・・、これ本当に昨年と同じチームなの・・・・??」と絶句した記憶があります。
 この時の指揮者の佐々木先生の事は
 このブログの吹奏楽カテゴリの中の「1981年~82年の東北大会」で色々と書いた記憶が
 ありますけど、あの時のシベリウスの1番とかマーラーの1番のように
 比較的この先生は「内向的な演奏」を好む傾向にあるのかなと思っていたから
 92年の「春になって・・」の若者のエネルギー大爆発の演奏は極めて意外で
 何かそのギャップがとても痛快に感じたものでしたけど、
 改めて93年の「管弦楽のための協奏曲」の演奏を聴くと、
 「なるほどね・・、やはりこの佐々木先生にはこうした緻密な演奏がよく似合う・・・」と感じたものでした。

 だけどこの辺りは、スクールバンドらしい話だと思いますね。

 指揮者の先生が、「学校のチームカラー」とか「これまでの伝統」にばかりにこだわって
 毎年毎年生徒たちに同じような「型」をはめこんでしまうよりは、
 このチームのように、その年の生徒さん達の「個性」とか「カラー」に合わせて
 演奏スタイルとかを変えていった方が、むしろ高校生にとっては自然体なのかもしれませんよね。

 何か92年と93年のあまりにも極端な演奏スタイルの違いから
 ふとそんな風に感じてしまった次第です。

 だけどこの三善晃の「管弦楽のための協奏曲」は大変な難曲です。
 実はこの曲、オケの演奏でも聴いたことがありません。
 CDでは聴いたことがありますけど、8分程度の短い曲なのですけど、原曲のオケでやっても
 相当技術的にてこずりそうですね・・・
 この難曲をここまでクールに緻密に組み立てた八戸北もすごいけど、
 それ以上にすごいのは、この曲を1978年に全国大会で演奏した秋田南高校かな・・・
 確かに八戸北も凄いのだけど
 秋田南の完成度の高さにプラスして「演奏に対する熱さ」には凄まじいものがあります。
 この曲に関しては、今後恐らく、78年の秋田南を超える演奏は絶対に出ないと自分自身は
 今でも確信しています・・・

 そうそう、話は違うのですけど、
 このブログで何度か1982年の屋代高校の松村禎三/交響曲第三楽章の演奏を記事にしたことが
 ありますけど、
 その演奏から2年後の東海大会では、屋代高校はこの三善晃の「管弦楽のための協奏曲」を
 自由曲にしています。
 この演奏、一度知人からトラヤのカスタムテープを借りて聴いたことがあるのですけど、
 確かに音量過剰の部分があるものの、そのホットな感じは中々印象深いものがありました・・・

 蛇足ですけど、私、生まれが青森県八戸市という事もありまして、
 中学とか高校の部で何度か八戸市内の学校が全国大会に出場していましたけど
 聴くたびに何か「頑張れ―――っ」て応援したくなるのですよね・・・

 やはりこれも一つの「郷土愛」というものなのかな・・・・??


〇愛工大名電高校

 Ⅱ/ローマの祭り

 名電というと、どうしてもプラハのための音楽とか交響的断章の世界をついつい連想してしまうだけに
 この年名電が吹奏楽コンクールのアレンジ物ではすっかりお馴染みの「ローマの祭り」を
 演奏すると聞いて少し驚いたものです。
 名電は、1979年のラヴェルの「道化師の朝の歌」以降実は一度もクラシックアレンジ物を
 演奏したことが無く、すっかりアレンジ物から遠ざかっていたので
 「大丈夫かな・・・」という不安感も多少はありました。
 (厳密にいうと、88年と90年は矢代秋雄/交響曲を取り上げていましたけど、ま、あれは一応「邦人」
 扱いとい事で・・・)
 だけど聴いてみて少し驚きました・・・

 課題曲Ⅱ/スターパズルマーチも、
 こうしたくだけた楽しい曲をこのチームが演奏すること時代驚きだったのですけど、
 何か「ミュージカル」のBGMみたいなゴージャスで楽しい雰囲気に溢れていてとても良かったです。
 圧巻は自由曲・・・
 吹奏楽コンクールではスタンダードなこの名作を
 ごく普通にスタンダードに演奏し、
 特に奇抜な表現も無く、正攻法のスタイルで正々堂々と演奏をしてくれ、
 豪快さと堅実さがミックスした本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

 やはり元々技術的にしっかりとしたものを持っているチームは
 オリジナル曲でもこうしたアレンジ物でも
 問題なく聴かせてくれるという事を見事に立証してくれたと思います。

 だけど・・・・

 名電はこの3年後に同じく「ローマの祭り」を演奏するのですけど、
 これはコンクール史上でも歴史的な名演+迷演+珍演を聴かせてくれます・・・
 だってあと一歩間違えば演奏が破綻する寸前のところでグッととどまり
 これ以上やったらまずい・・・・というスレスレの所で抑えた非常に「スリリング」な演奏を
 聴かせてくれました・・・

 いやー、あの時の演奏、私も生で聴いていたけど
 冷や汗と絶句と感動が止まらなかったですね・・・・
お盆が過ぎると、ほとんどの会社の「お盆休み・夏期休暇」が終わり
いつもの日常の日々が戻ってくる気がしますね。
たまにこうやって5日間以上の休みを取ってのんびりしていると
「あーあ、いつまでも永遠に休みの日々が続くといいのに・・・」なーんて思ってしまいますが、
休みの日々がずーーーっと続いてしまうと
「あーあ、あの仕事を毎日していた日々が懐かしい・・・」なーんて感じるのかもしれませんから、
全く人間なんてのはつくづく贅沢に出来ているものだと思います。

私、生まれは青森、育ちは小学3年から高校まで仙台なのですけど、
小学前半の頃は、長野県松本に住んでいました。
松本というのは今現在はどうなのかは分かりませんけど、
私が住んでいた1970年代前半の頃って、
夏休みが確か、7/25~8/20前後と確かエライ短かったような記憶があります。
当時の松本は、真夏でもそれほど「暑かった・・」という記憶はほとんどありません。
だから夏休みが多少短くても
「えーー、まじかよー」なんていう感想はあまり持たなかったような気がします。

その分、松本は「冬の寒さ」が辛くて、とにかく冬は「寒かった・・・!!」という印象しかありません。
同時に冬の積雪量も半端なかった記憶があります。
ま、もっとも現在は全国的に温暖化の影響もありますから、
以前ほどの積雪は無いとは聞いていますが・・・
冬が寒くて大変という配慮もあったのかもしれませんけど、
当時の松本の小学校は、夏休みが短い文、
秋に5日ほどの「中間休み」
真冬の時期に「寒中休み」というものがあり、
これは何かとてもありがたかったですね。

ま、こうした休みがあったからこそ、誰も「夏休みが短すぎる」という文句は言わなかったの
でしょうね・・・

小学後半から仙台に移り住み、中学・高校と吹奏楽部に入ってしまうと、
「夏休み」という感覚は全くありませんでしたね・・・
丁度その頃が「吹奏楽コンクール」とも重なり、夏休みはコンクールに向けての
開けても暮れても練習の繰り返し・・・・
そんな「練習漬け」の記憶しかないですね・・・・(笑)

ま、だけどそれも今となっては「いい思い出」以外の何物でもないですけどね。

 | BLOG TOP |