FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そう、昨年の丁度今頃だったのですけど
一つ気になって気になって仕方がないアニメがありました。
何かと言うと「物語シリーズ」です。
このアニメ、昨年の7月から12月までセカンドシーズンが半年間放映されていて
かなり真剣モードで見ていました。
正直、このアニメも西尾維新の原作も含めてずーーーっと気になってはいたのですけど
何かタイミングを逸していてファーストシーズンは見る機会がありませんでした。
以前から「戦場ヶ原ひたぎ」とか「羽川翼」とか主要キャラの名前は知っていて
そのストーリーや概要も大雑把には分かっていたつもりでしたけど、
昨年の「セカンドシーズン」を見て、いよいよ本格的にはまり始めたという感じもします。





セカンドシーズンの羽川翼の「猫物語」とか戦場ヶ原ひたぎの「恋物語」とか
八九寺真宵の「傾物語」とか
本当に良かったですね。
特に八九寺真宵が成仏する回の最後の別れのシーンは今でも印象に残っています。

ところでこの「物語シリーズ」なのですけど
これって実は暦の高校三年生の春から一年程度を扱った物語なのですよね。
一年間の出来事という短期間の話なのに、とにかく「密度が濃い・・」という感じです。
この「物語シリーズ」って何がややこしいかというと、
登場人物がそれほど極端に多い訳ではないのに、
「〇〇物語」・「〇〇物語」とシリーズ内の話によってクローズアップされている登場人物が
違う上に、
例えば戦場ヶ原ひたぎの過去の経緯が、ファイヤーシスターズシリーズの話の中で出てきたりと
要は、全ての話を理解・把握していないと
全体の話が最後までよく分からないという
やっかいさがあります。

自分のように「ファーストシーズン」を全く見ないで「セカンドシーズン」冒頭から見始めてしまうと
正直、背景とか事情とかがよく分からないままストーリーが進行し
自分だけ置いてきぼりになってしまうという事も多々あったもので
セカンドシーズンを見ている際に時折「うーーん、めんどくせー」と感じたものです。

だから「物語シリーズ」のファーストシーズンは
第一巻からじっくり見る事にしました。
戦場ヶ原ひたぎ→八九寺真宵→神原駿河→千石撫子→羽川翼まで見終わり
今度ファイヤーシスターズの「偽物語」計5巻をレンタルしようかと思います。
これでやっと「ファーストシーズン」が終わりますが、長かったですね・・・
というか、ツタヤにレンタルしに行っても、
この物語シリーズ、かなり人気があるせいなのか、大抵の場合「レンタル中」の札がかかっていて
これが結果的に「長期戦」の主要要因となってしまいました・・・

だけど、これまで見てきた感想を一言で述べると・・・

「うーーん、面白い!! そしてやっと物語全体が見えてきた!!」という感じですね。

あとは「偽物語」での貝木泥舟をじっくりと見させて頂き、戦場ヶ原ひたぎの過去の経緯等を
見てみたいものです。

でも「偽物語」、近所の三軒のツタヤに行っても、ほとんど「レンタル中」なんですよね・・・・(泣・・・)


縺イ縺溘℃_convert_20140815233212


やはり「物語シリーズ」というと、
自分にとってのメインヒロインは、戦場ヶ原ひたぎですよね・・・

このお方は、ある意味最強の「ツンデレ」なのかもしれませんよね・・・

私、これまでアニメでの最強ツンデレさんって

とらドラの逢坂大河とか、ハヤテのごとく!の三千院ナギとか、灼眼のシャナのシャナとか
俺の妹がこんなに可愛いわけがないの高坂桐乃などというイメージがあったのですけど
戦場ヶ原姉さんには敵わないようですね・・・・(笑)
スポンサーサイト



モーツアルトの「ピアノ協奏曲」って
偶然なのかもしれないのですけど、
初めて生の演奏会で聴いた時のソリストってなぜか「田部京子」さんの場合が多いのですよね・・・
ホント不思議だな・・・

というか、私の場合、モーツアルトの曲って10代~30代前半の頃まで
何か苦手と言うか
「聴いていてつまらない・・」
「単調・・・」
「モノトーンの音楽」という感覚があり
20代の頃は特にショスタコーヴイッチとかマーラーとかウィリアム=ウォルトンとかプロコフィエフみたいな
重厚な音楽を好んでいたせいもあったと思うのですけど
あまりというかほとんど好んで聴くことはなかったと思います。

それが変化するきっかけとなったのは
日本フィルのサンデーコンサートだったと思いますが
未完成・モーツアルト/ピアノ協奏曲第21番・組曲「展覧会の絵」というプログラムで
藤岡幸夫指揮・田部京子さんのソロによる演奏だったと思います。
あの時の演奏会が一つの転機となり
「あれ、これまで何か毛嫌いしていたモーツアルトもなかなか味わいものがある」という事に気が付き
これまでは素通り状態だった
モーツアルトの曲目を含む演奏会も色々と聴くようになりました。

モーツアルトのピアノ協奏曲で言うと、
9番/ジュノム・17番・20番・23番・24番・27番を初めて生で聴いた際の
ソリストは全て田部さんだったと思います。
26番/戴冠式は確か仲道郁代さんだったと思います。

だからその意味では田部京子さんには「大感謝」という感じですね。
だってモーツアルトのピアノ協奏曲を聴くようになってから、あのあまりにも有名な後期交響曲とか
「レクイエム」を聴くようになりましたからね・・・

個人的な感覚ですけど
モーツアルトの「ピアノ協奏曲」の中では
第23番イ長調が大好きです。
この協奏曲は何と言っても第二楽章が本当に素敵なメロディーで
あの深沈とした感覚は何度聴いてもうっとりとさせられます。
第三楽章の一転しての「激しい掛け合い」はこれまた素敵です。

この協奏曲を生で聴いてみて驚いたことがあるのですけど、
この曲、オーボエが入っていないのです。
この時代、木管楽器の王様と言えば、フルートとオーボエで
特にオーボエを外すという事はまずありえないと思いますし、
当時は曲の中に入れる事がまだ珍しい部類だつた「クラリネット」をオーボエの代わりに
使用している点が非常に画期的だと思います。
この曲の特に第二楽章の「あの美しいはかなさ」は、もしかしたら
クラリネットの弱奏で表現される「幽玄さ」と相性が相当良かったのかもしれませんよね。
ちなみにこの協奏曲では、トランペットはおろかリズム低音の重要な担い手である「ティンパニー」すら
使用されません。

うーーん、これはもしかして低音リズム楽器とトランペットを外すことで
「天国的な色彩感覚」を意図したのかもしれませんよね。
意図としては、マーラーが交響曲第4番にて、チューバとトロンボーンを外して
重厚感を回避させた事と同じなのかな・・・・??

ところで話は全然違うのですけど
このモーツアルトのピアノ協奏曲第23番第二楽章をポピュラーソングとして使用した例があります。
何かと言うと、1985年の薬師丸ひろ子の三番目のアルバム「花図鑑」の中に収録されている曲、
「花のささやき」がそうなのです。
この第二楽章の哀しげな旋律に松本隆が歌詞を付け、発表されていますけど
これはなかなかいいです。
ちなみに薬師丸ひろ子のファーストアルバム「古今集」は、1984の発売当時結構私も好きで
竹内まりあのカバー曲でもある「元気を出して」は、竹内さんとは全く別の意味で
この曲の「無限の可能性」を感じさせる大変素晴らしい歌声を披露してくれます。
薬師丸さんの当時のあの「透明感ある歌声」はホント、良かったですよね・・・
ちなみにこの「古今集」で収録されている
「ジャンヌ・ダルクになれそう」・「アドレサンス(十代後期)」の歌詞担当は 阿木燿子さん
「白い散歩道」の歌詞担当は大貫妙子さんなのですけど、
これがまた素晴らしい出来栄えだと思います。
ある一曲を聴くことが目的で演奏会に行ったものの
その曲以外に演奏された別の曲に惹かれ興味を持ち、結果的にその曲も好きになってしまったという事は
結構しばしばありました。
私にとってその代表例が、プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番なのかもしれません。

1987年10月23日 東京文化会館で開催された第394回日本フィルの定期演奏会で演奏された
曲目は・・・

〇バルトーク  : バレエ音楽「中国の不思議な役人」

〇プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第3番

〇矢代秋雄  : 交響曲

だったのですけど、当然目的はバルトークと矢代秋雄でした。
当時はプロコフィエフのピアノ協奏曲なんて一つも知りませんでしたし、
プロコフィエフというと、スキタイ組曲・交響曲第3番と5番・ロミオとジュリエット・シンデレラくらいしか
聴いたことがありませんでした。

だけどこの日の演奏会は、勿論バルトークも矢代秋雄/交響曲も本当に素晴らしい演奏を
聴かせてくれたのですけど
それ以上の収穫は、プロコのピアノ協奏曲第3番でした。

この曲出だしのクラリネットのファンタジー感溢れる出だしとは対照的に
終始「才気煥発」というか、次から次へと大胆なメロディーが展開され、
時に抒情的になったかと思えば、時に爆発し、時にいかにも「モダン感覚溢れる場面」があったりと
全く飽きる事は無く、
この曲が終わった瞬間にはすっかりこの曲に取りつかれてしまったという感じすらありました。
演奏時間も26分程度だし、短くもないし長くもないしという感じで
「丁度いい」というのもあったかもしれません。

この曲が作曲された当時は、ロシアにとってはまさに「激動」の時代でした。
この曲の構想が具体化した頃に、ロシア革命が勃発し
共産党体制による政情不安に嫌気をさし、安定した環境での作曲活動を希望したプロコフィエフは
「亡命」を決意し、アメリカ、そしてヨーロッパへと活動の場を移します。
そして最終的にこの曲は、パリで完成されたのですけど、
その亡命の道すがら、プロコフィエフは日本にも立ち寄り約二か月程度滞在しています。

この曲の第三楽章の雰囲気と旋律が何となく
日本の長唄「越後獅子」と似ていることから、
日本の滞在時にもしかしてこの越後獅子を聴いて自分の曲に取り入れた・・・なんていう人も
いるようですけど、
私の見解は、「それはありえない」と思います。
だって改めて聴いてみてもこの二つの曲にそれほどの「共通性」があるとは思えないし
何となく全体の雰囲気が少し似ているような似ていないような・・・という類のものだと思いますし、
例えは悪いかもしれませんけど
タモリ倶楽部の「空耳アワー」の世界に近いようなものがあると思います。

最近の音楽文献とかコンサートのプログラムの曲解説を眺めてみても
やはりその関連性については否定するものが多いような気もします。

この協奏曲は三楽章構成なのですけど
第一楽章がなんかすごーく好きです。
出だしの何か夢見るようなクラリネットソロから開始されるのですけど
あっというまにこのファンタジーは消滅し、
メカニックでモダン感覚溢れる鋭角的な音楽が次から次へと展開されていくのですけど
この楽章のカスタネットの「タン、タン、タタン」というリズミカルな響きに何か惹かれるものがあります。
第二楽章はいわゆる抒情楽章なのですけど
途中でテンポが唐突に早くなるスケルツォみたいな部分が現れたり
メロディーラインが非常に美しく、
後の交響曲第5番第三楽章とか、シンデレラ~お伽話の終わり 
ロメオとジュリエット~ジュリエットの墓の前のロメオみたいな感じの抒情的ではかないメロディーも
出現し、驚かされます。
ラストの第三楽章もホント切れ味が鋭く、そのスピード感は「爽快」の一言に尽きます。

大変モダン感覚と切れ味鋭い曲なのですけど
前作のピアノ協奏曲第2番の前衛さ・過激さは随分と後退し、「分かりやすさ・聴きやすさ」は
その代わりに進化したような感じもします。

この演奏会から遅れる事、7年後にピアノ協奏曲第2番を生で聴いたのですけど
その「過激さ」には、ホント呆気にとられるしかなかったですね・・・

さてさてプロコフィエフは「ピアノ協奏曲」を計5曲残しているのですけど
いわゆる三楽章の古典形式を順守しているのは
この名作の誉れ高い第3番のみで、
残りは全て三楽章形式ではありません。
何かこのあたりも「時代と形式の枠に収まりきらない」プロコフィエフらしい話ですよね。

第一番→単一楽章

第二番→四楽章構成

第四番→これは「左手」のみで演奏されます。四楽章構成
      「左手のためのピアノ協奏曲」というとラヴェルが圧倒的に有名です。
      依頼者の第一次世界大戦で右腕を失ったヴィトゲンシュタインは、ラヴェルにも
      「左手用の協奏曲」の依頼をしましたけど、
      実はプロコフィエフにも依頼をしています。

第五番→なんと五楽章形式・・・

この曲はCDで聴くよりも生の演奏会で聴いた方が真価が分かると思います。

ちなみにプロコフィエフ自身がソリストを務めたCDも現在でも発売されています。
我ながら「またか・・・」と思うのですけど
ついでに「ハピネスチャージプリキュアショー」関連の記事をもう一つだけ・・・

何か最近のハピネスチャージを見ていると
「あれ、ラブリーってピンク系なのに本当に主人公なの・・・?」とか
「何かプリンセスの方が主人公みたい・・・」とか
「少し影が薄いんじゃ・・・??」
みたいな声が出ているのも分かるのですけど
やはり自分としては、ハピネスチャージの確固たる主人公なのは「ラブリー」なのです!!
ま、どうしても物語の構成上、
プリンセスの初期の頃のあまりのへたれぶりがありまして、序盤はその「成長」を見守り
中盤は、物語の大きな焦点の一つだった「フォーチュンとプリンセスの確執」の問題があり
その確執の解消と和解をじっくりと展開した事情があり
一見すると確かにプリンセスの方が扱いが上のようにも感じられなくもないのですけど、
よーーく見てみると、全ておいてラブリーが大きく関わっていて
「鈍感なのだけど、ひたすら前向き」という「ビッグな愛」の持ち主である
ラブリーがこの物語の主人公というのはいささかも揺るがないと思います。
(ま、自分自身が大のラブリー贔屓というのもありますけどね・・・)

ま、だけどそうは言っても最近のアニメ本編では少し影が薄い感じもしなくはないから、
せめて自分のブログ内だけでも
ラブリーをメインに構成したいと思います・・・・(笑)




「世界に広がるビッグな愛」というのがラブリーの登場時の口上ですけど
プリキュアショーでもこの口上を見事に再現してくれていました。

先日、後期EDがお披露目となり、
ラブリー達4人が途中で白のコスチュームに変容していましたけど、
あれは映画版なのかな、それともアニメ本編でもいずれ更なる「フォームチェンジ」が用意されているのかな・・??
だけどラブリーほど「ピンク」が似合うプリキュアはいないかも・・・
過去のピンク系というと、ハッピーとかメロディとかピーチとかドリームとか
ピンクがよく映えるプリキュアも大勢いたのですけど、
何かラブリーは「別格」のような感じすらします・・・
何でかな・・・??
ピンク系の変身コスチュームなのですけど、ピンクと黒が混在しているから
余計にピンクが強調され、その分「見栄え」がするせいなのかな・・・??


CIMG7485_convert_20140815193630.jpg


2年前の「スマイルプリキュア」では、
ハッピー×ピースの「ピンク×黄色」のコンピはまさに「鉄板」だなと思ったのですけど
こうやって見てみると
ラブリー×ハニーのピンク×黄色コンビも中々いいですね。

ハッピー×ピースは、たとえは悪いかもしれないのですけど
「究極のマスコットプリキュア」という感じもしなくはないのですけど、
ハニーの場合、もしかして歴代でもトップクラスの「万能さ」を誇りますから
単なるマスコットだけにとどまらないのがすごいところですよね。


CIMG7507_convert_20140815193714.jpg


ダンスサイアークによって「カニさんダンス」をさせられ
頭を抱え込むラブリーですけど、
「なんじゃこりゃー」みたいなラブリーも素敵です・・・


CIMG7509_convert_20140815193746.jpg


でもってやっぱり「カニさんダンス」を無理やりさせられ、
横歩きダンスをさせられるラブリーも素敵です・・・(笑)

ま、要はラブリーは何をやらかしても
全部許せちゃいそう・・・・(笑)



CIMG7519_convert_20140815193826.jpg


かえるとカニのヘンテコダンスをさせられる二人を横目に
買い物バッグを抱えるフォーチュンは、何か妙に「母親」みたいな保護者みたいな感じ・・・(笑)

ま、だけど「ハピネスチャージ」は、ハニーとフォーチュンが追加戦士として加わり
良かったですよね。
ホント、初期メンバーの二人だけだったら、
一体どうなっていたやら・・・・



今回の敵幹部はオレスキー将軍だったのですけど
考えてみると、こうした被り物の「プリキュアショー」に登場する敵幹部は
男性系が多いのですよね。
ハピネスチャージの登場幹部は、今の所ナマケルダとオレスキーで
ホッシーワは未登場です。
前作ドキドキは、確か一度もマーモは出ませんでしたし、
前々作のスマイルでもマジョリーナは登場しなかったと思います。
(スマイルでは、ウルフルンが大人気でしたね・・・あの時は、プリキュア登場時よりも
 ウルフルン登場時の方が声援が大きかったのが印象的です・・・)

ハートキャッチでは、クモジャキーばかり登場していたような気が・・・・
ま、たけど確かに「サソリーナ」のコスチュームは、お子様たちには少し「目の毒」なのかな・・・??

;歴代プリキュアの女性幹部というと
個人的にはフレッシュの「ノーザ」が極めて印象的です。
(フレッシュというと、ノーザよりもイース様・・・!!という人が多いと思いますけど
ま、最終的にイース様はキュアパッションに覚醒されましたので・・・・)
だけどフレッシュの被り物ショーは、ノーザは一度も出てきませんでした。
というかノーザの登場は物語の後半でしたし、
ノーザが被り物ショーといえども登場すると
「あの女の人怖い・・・」と泣いちゃうお子様たちも出るかもしれませんよね・・・・(笑)
そのくらいノーザは怖いおばさま(??)でした・・・・





うーーん、やはりハニーのくねくねダンスは何度見ても何か妙に「色気」がある・・・・(笑)

何だろうな・・・

過去においてもこうした被り物のプリキュアショーで「色気」を感じたプリキュアって
キュアピーチぐらいでしたけど
ハニーは何か格別・・・
やはりアニメ本編同様、あの「太もも」のせいなのかな・・・・(苦笑・・・)



CIMG7543_convert_20140815183522.jpg


プリキュアショーは意外とバトルが派手なので
見応えはあります。
結構敵幹部何か一見本気でプリキュア達をぶん殴ったり蹴りを入れたりしているようにも見えますし
何か本気モードでプリキュア達を吹っ飛ばしているようにも思えます。

なんかこのあたりは時代劇の「チャンバラ活劇」みたいなものを彷彿とさせますね。

プリンセスのスカートがめくれあがっているのも何か面白い・・・

そうそう改めて気が付いたのですけど
ショーの間、他のプリキュアは手ぶら状態なのに、ハニーだけは終始「ハニーバトン」を手にしているの
ですよね。
フォーチュンですら、タンバリンを手にしていないというのに・・・・


CIMG7549_convert_20140815183629.jpg

ハニーが一番最初にサイアークに対して必殺技を繰り広げていました。
手にはしっかりとハニーバトンを持っています。

フォーチュンの必殺技発動時には、フォーチュンピアノもフォーチュンタンバリンも
持っていませんでした・・・
うーーん、出来れば「タンバリン」くらいは持って欲しかったような気も・・・
何かあの「おしりタンバリン」は是非見たかったような気も・・・・(笑)



CIMG7541_convert_20140815183445.jpg

やはりハピネスチャージは4人揃うと「華」がありますよね。

一番最初に見た時は、ラブリーとプリンセス二人だけでしたけど
こうして4人揃うと色々な演出が出来そうですよね。

前週に、後期EDが開始されましたので
ラストのダンスは、もしかして後期EDを早速披露するのかな・・・と思っていたら
前期の「プリキュアメモリ」でした・・・

ま、さすがに一週間では被り物の皆様も練習する時間が無かった・・・という感じなのかな・・・・??

 | BLOG TOP |