FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


自宅から車で5分程度のイトーヨーカドーで「ハピネスチャージプリキュアショー」が開催されると
うちの奥様からの貴重な(?)情報に基づき
8/2の「川口たたら祭り」の際に同じ内容のショーを見に行ったにも関わらず
家からあまりにも近いので、ついつい行ってしまいました・・・
ま、幸い夏休み中という事で、ヒマでしたしね・・・・(苦笑・・・)





夏休み期間中で「お盆」の真っ最中で家族連れ等で相当混雑しているかなと思ったのですけど
ヨーカドー自体がかなりガラガラ状態・・・
プリキュアショーを見に来た人たちも予想よりは少なく、
少し意外な感じもしました。
ま、というかこんなお盆の期間中は、帰省とか家族旅行とか都内にお出かけとかする人が
多いでしょうし、
お盆期間中に、いい年こいてヒマこいてこんな「プリキュアショー」を見に行ってしまう
私は一体何者なんでしょうね・・・・(苦笑・・・)


CIMG7477_convert_20140815170940.jpg


そうそう、前回のたたら祭りの際のプリキュアショーで
キュアフォーチュンの「スカート丈は前も後ろも同じ長さでアニメ版と少し仕様が異なる」とか
書きましたけど、
あの時は少し遠い位置からの見物でしたので、そのように見えたのですけど
もしかしたら、スカート丈の長さはその時から既に多少は違っていたのかもしれません。

今回のイトーヨーカドー内でのイベントのフォーチュンの衣装は
はっきりと「前と後ろでスカートの丈の長さが異なっていて、アニメ版とほぼ同じような感じ」
だったと思います。

ま、前回は暑い炎天下の屋外イベントで、ステージからかなり遠い位置でしたけど
今回は冷房が効いた室内イベントで
観客が前回よりは少ない中で比較的近い距離からの見物でしたので
前回よりはよく見えていたと思います。


CIMG7323_convert_20140806234030.jpg


ちなみに上の写真は、前回の8/2の「たたり祭り」でのフォーチュンの写真ですけど
この写真だけを見てしまうと「同じ長さ」に感じてしまうけど
実際は8/2も今回8/15の時も
フォーチュンの衣装は同じだったかもしれませんね・・・


CIMG7501_convert_20140815171018.jpg

あ、そうそう一つ訂正があります。

前回のショーの記事では
プリンセスが洗脳されたダンスは「うさぎのぴょんぴょんダンス」と書きましたけど
すみません、私の勘違いと聞き違いだったようです・・・

正解は「カエルダンス」でした・・・

うーーん、でもなんか可愛いうさぎとケロケロのカエルでは
何か随分とイメージが違うような気も・・・・(笑)

あ、そうか、だからプリンセスは座った状態からやたら跳ねているなーと思ったら
あれは「カエル」をイメージしているのですね。

それにしてもプリンセスの「躍動」は半端ない・・・・
こうした被り物ショーでは、ハニー・ラブリーが比較的おとなしめの動きをしているのに
プリンセスだけは、一人飛んで跳ねて躍動してジャンプ゛してキックしての大活躍です。

いやいや、アニメ本編でもああいう目覚ましい活躍を見せてくれたら
少しは「ポンコツ」の評価も上がるのですけどね・・・(笑)

あ、でも最近は、戦闘シーンでの活躍も目立ってきたし
初期の頃の「目に余るポンコツ振り」は影を潜めていますしね・・・・
うん、プリンセスはこれでもかなり「成長」をしているのですね。
最近は疑似体験でも「淡い恋」も経験しているし・・・(笑)


CIMG7505_convert_20140815171100.jpg


前回も面白かったけど
ハニーの「くねくねタコさんダンス」は何か妙に面白い・・・

何かハニーが体を妙にくねくねさせると
何だか妙な「色気」があるのですよね・・・・
うーーん、既に「恋」を経験している娘は、やはり被り物でも動作は色っぽいのかな・・・・??
スポンサーサイト



以前に何回か書いた通り、テレビ埼玉で再放送中の「スイートプリキュア」でしたけど
3週間近くに渡って夏の高校野球県予選中継に伴う番組変更のあおりを受けて
延期状態が続いていましたけど
先週からやっと再開され、
本日は現在夏休み中で在宅のため、初めてかな、この再放送を生で見る事が出来ました。
というか、中断になる前の話が「キュアビート誕生」の一歩手前の
物語全体の大きな盛り上がり箇所でして、
何かずっと中途半端なモヤモヤ状態が続いていましたので
とにかく再開は良かったです。

ま、スイートに関しては再放送ですので
特に感想等を書くつもりはないのですけど、
キュアビートといえか、セイレーンというのか、黒川エレンは
歴代でも珍しい「悩み多き方・・・」ですね。
(ま、後半はキュアソードに負けず劣らずのポンコツ振りを発揮していましたけど・・・・)





エレンは、基本的に「悩み」が尽きない・・・
(ハートキャッチの世界ならば、第一話からデザトリアンにさせられ、心の叫びと葛藤を吐露
 してしまいまそう・・・)

だからこそ、歌姫に選出されず、自分の代わりに選出されたハミィに対する「嫉妬」が一つのきっかけとなり
メジャーランドを離脱し裏切る結果になったのでしょう・・・
つまりエレンは、嫉妬と言う自身の心の中に内在する「魔物」に悩み
メジャーランドを離脱したという「裏切り」の気持ちに悩み、
そしてはたまたマイナーランドを離脱し再度メジャーランドに戻るという「二重の裏切り」を経験し
これについても悩み、
マイナーランド時代に「セイレーン」として多くの人達に危害を与え傷つけていた「過去の悪行の数々」に
対して「後悔と懺悔」の気持ちを臨みながらも悩み傷つき、
自分が本当に「プリキュア」としてこのまま響と奏の仲間になって良いのか、果たしてその資格が本当に
あるのかと悩み、
改めて見てみ見ると、「組織からの裏切り」と「自身の過去の悪行」に悩んでいた東せつなすらも
はるかに凌駕する「悩み多きプリキュア」というのが
最初の頃の正真正銘の印象でしたね・・・


66906ceb_convert_20140814192317.jpg


ま、この辺りは、次回の「涙は世界で一番ちいさい海」の名作誉れ高い回によって
ある程度は解決するのですけど、
その前の回のハミィとエレンの会話で相当部分救われる要素があったようにも感じます。

エレン: わたし、こんなひどい事ばかりしていて・・・・(泣)

ハミィ: なんだセイレーンは、怒ってほしいニャ

ハミィ: (笑顔で) コラッにゃ

この辺りは何か個人的には何度見てもくぐっと胸にこみあげるものはありますね・・・

ハミィは、歴代プリキュアの妖精の中でも、スマイルのキャンディと並ぶ役立たずのマヌケポンコツ妖精
なのは間違いないのですけど
「人を信じる事の美しさ」を最後まで守り貫いたというのは、
単に「癒し」という役割ではなくて
プリキュアの一貫したテーマでもある「誰かを守り信じたい」を妖精として最後まで貫いたという意味で
大変意義がある事だと思います。

次回の「涙は・・・」の回は
その辺りをもう少し深く掘り下げているのですけど、
最後にエレンが「ごめんなさーい」と大泣きしているのは大変興味深いものがありました。
人間の心理学として「カタルシス作用」というのがあるそうです。
カタルシスとはもともと「吐く・吐露する」と言う意味がありますけど
心理的に追い詰められ悩み苦しんだ人間は、
大泣きする事、そして大声でその原因となっている事象についてのコメントを発するだけで
心情的に楽になるという効果があるとのことですけど
まさにエレンは「ごめんなさーい」と絶叫する事でカタルシス効果を遺憾なく発揮した感じですね。

ま、もっともドキドキの六花さんは、
レジーナに対して「ごめんで済んだらプリキュアは要らない・・・」と強烈な毒を吐いていますけどね・・・(笑)


a1e81e2d_convert_20140814192340.jpg


2011当時、このビートの初変身シーンはかなり衝撃的でしたね・・・

本日の再放送を改めて見てみてもまさに「ため息」ものです・・・

何かうっとりさせられますね。

ま、同じことは先日の「10周年おめでとうメッセージ」時のビートの挨拶でも
感じましたけどね。

パッションとビートの類似性を説く人は多いと思いますが、
もう一つ加えると、パッション・ビート・現役の「フォーチュン」の類似性もあるのではないかと
思う時もあります・・・
ま、もっともフォーチュンは過去の悪行なんてものはありませんけど・・・
何かと言うと、「プリキュア」として覚醒した際に
(フォーチュンの場合は再覚醒・・)
過去の自分を精算し「再生」を果たしたという事が一つの共通点としてあるのかな・・ともふと思ったものです。
パッションとビートの場合、プリキュアに覚醒時に既に「罪の意識」を抱えていましたけど
厳密にいうとフォーチュン自身も
ひめに対して事情を知ろうともしないで一方的に責め続けた・・・」というある意味「罪」はあったのかも
しれません。
ま、3人とも、何らかの「罪の意識」を有し、
誰かを守ろうという強い信念からプリキュアとして「再出発」を果たしたのかもしれませんよね。
1993年と言うと自分にとっては「嫌な事ばかり・・・」・「振り返りたくもないほど嫌な年」
「悪夢な年」以外コメントがしようがないほど
大変つらい一年だったと思います。
ま、何が原因かと言うと、仕事上の事がほぼ原因の99.99%だったですね・・・
当時は、ある地方銀行の営業担当をしていたのですけど、
新人営業担当として山梨県・甲府の地に来たのが3年前の1990年・・・
最初の1~2年は「バブルの余韻」という事もあり、順調に営業業績を伸ばしていたものの
1992年頃から、銀行全体、地域の景気動向、自分個人の業績に翳りが見え始め
93年頃からは、完璧に袋小路に陥っていましたね・・・
当時は28際のまだ洟垂れ小僧でしたけど、一度業績を上げてしまうと、
その後の業績低迷が認められないのが当時の銀行の雰囲気でしたし、
(あ、それは別に古今東西どんな会社に在籍しても同じか・・・)
連日毎朝毎晩、上司から
「今日、今週、今月、今期のノルマはどうするんだ!!」と詰められまくり
また当時は、いよいよこれまでの「お金をどんどん借りて下さい」の時代から
「債権回収」の時代へと突入し、
従来までは簡単に融資が出来た顧客・法人に対して融資が厳しくなり
逆に少しでも決算関係が良くないところからは「いち早く回収」というのが本部からの指示となり
顧客からも
「なんだ、急に掌返したように冷たくなりやがって・・」と激しいクレームと罵声を
浴びせられるようになりましたけどね・・・
(当時の金融機関のこうした急激な方針転換は、どこの銀行でも同じだったようです・・・)

とにかくこの年~1995年までは自分にとっては
「職場イコール悪夢」という感じでしたし、
とにかくあの当時自分がおかしくならなかったのは今から思うと「不思議・・」としか言いようが
ないですね・・・
ま、結果的に1996年から念願の「都内異動」となり、
新宿区の西落合と言う所で心機一転出直し、再度「過去の栄光」は取り戻すことは出来たのですけど
結果的に1999年に「破綻」してしまいましたけどね・・・

1993年の全国大会はこうした心理状態の元聴いたのですけど
やはり「音楽」は「仕事みたいな公の場」とは別次元ですからね・・・
ま、当時「音楽」というものは、自分にとっては「救い」・「癒し」みたいなものは確実にあったと思います。


〇埼玉栄

 Ⅲ/ローマの噴水

 埼玉栄高校と言うと、現在の仕事でさいたま市から川越市に向かう途中の国道16号線沿いに
 円形型の校舎が建っていて、毎回16号を通る際にこの学校の前を通過しますので
 何か個人的には馴染みがあるような気がします・・・
 この年、実は関東大会の高校の部も聴きに行き(川崎の産業会館の音響は最悪・・・)
 埼玉栄の演奏も聴いていました。
 このチームは91年に「・・・・・そして、どこにも山の姿はない」の歴史的圧倒的名演により
 その名を永遠にコンクール史上に遺すことになったのですけど、翌年の「ローマの祭り」は
 まさかのスカ金・・・
 だからこそ93年のコンクールはかなり気合が入っていたと思いますが
 そうした「気迫」は関東大会では恐ろしい程伝わってきました・・・
 だけど全国大会では、そうした「気合」がなぜか空回りし、
 課題曲から「何かノリが悪いな・・・」という感じの演奏でしたし、
 ローマの噴水も、鳴るべきところは大変良く鳴っていて決して悪い演奏ではないものの
 何か大音量のみが普門館会場を不気味に彷徨っているという印象がありました。
 大太鼓のロール打ちもかなり強すぎ、
 何か表現が強引すぎるという感じもしましたし、
 ラストはもう少ししっとりと聴かせて欲しい感じはありました。


〇下松

 Ⅱ/シバの女王ベルキス

 中学・高校のスクールバンドでは、
 指揮者が変わると、全てが変わってしまうとよく言われますけど
 このチームも例外ではありませんでしたね。
 下松というと中井先生というイメージが非常に強く、
 86年のチャイコのロメジュリとか89年のプラハのための音楽とか91年のプロコのロメジュリとか
 「厳しい中にも温かいものが伝わる」とか「抒情性」とか「優しさ」という言葉が本当によく似合う演奏を
 聴かせてくれていましたけど
 指揮者が変わると、前任者以上の力を発揮するのは相当至難の業という感じがありますね。
 一言で言うと、「指揮者も奏者も迷っている」・「これが自分達のスタイルみたいなものを見失っている」
 「音が固くパサパサしている」・「結果的に強奏ばかり目立ち、何を言いたいのかよく分からない・・」
 という感じで、
 何か前任者の中井先生の残した「遺産」だけで全国に来たような印象もありました。

 若い先生だったような記憶がありますけど、
 さすがに少し重圧というか、重荷と言うのか、何か少し気の毒な感じもありましたね・・・
夏休みに入って、
「うん、やはり自分の健康は本当に大切だな・・・」と実感するようにもなり
本を読んだりネットで色々と調べていると
「発酵食品」が体に実に効果的という事が何となく分かり、
先日このブログで「ヨーグルトメーカー」の事を取り上げた経緯もありますので、
「久しぶりにヨーグルトを作ってみよう」と思い立ち
実際に作ってみました。

といっても「作る」といってもあまりにも簡単なのですけどね・・・(苦笑・・)





まずはヨーグルトメーカーに
500mlまたは1Lの紙パックの牛乳をセットします。
出来上がる時間は、ちなみに500mlの場合も1Lの場合も大して変わりはありません。


CIMG7452_convert_20140814025819.jpg

これにヨーグルト菌またはプレーンヨーグルトを投入します。

大体小さじ1~2杯程度の分量で構いません。

ちなみにこのヨーグルトメーカーはシンプルなので
「ギリシアヨーグルト」を別途作るみたいな高機能は付いていません・・・(笑)


CIMG7454_convert_20140814025845.jpg


そして電源を入れ、
大体8~10時間程度で完成です。

今回は大体8時間程度でなめらかに仕上がりました。

長時間経過すると、固くて酸っぱい仕上がりになるので
あまり長時間置かずに、むしろ少し液体状のものを「飲むヨーグルト」風に頂いた方が
いいような気もします。

今回は、シンプルなプレーンヨーグルトにブルーベリージャムを混ぜて頂きました。

味は・・・・
「うん、まさに普通のヨーグルトだ・・・」という以外コメントのしようがないですね・・・(笑)

だけど、たまには手作りのものもいいものだし、
何よりも「自分の健康」のためですからね・・・
昨年は全く意識していなかったのですけど
皆様のおかけで、このブログを開設して丸2年が経過し、3年目に入ることが出来ました。
これもひとえに、こんなしょーもないブログでも
ご訪問をして頂けたり、大変ありがたく嬉しいコメントを頂ける多くの皆様のおかげだと思います。

本当にありがとうございました!!

どうぞこれからも皆様の「温かい目」でこのブログを見守って頂ければ幸いです。

以前から何度か書いている通り、
元々このブログを開設した理由は、
既に30年以上前の吹奏楽コンクールの「自分にとっては一生忘れる事が出来ない素晴らしい演奏」を
何か「記録」として残していきたいという思いで始めたものでした。
過去のそうした素晴らしい演奏、特に花輪と大曲のように支部大会止まりで全国大会に進めなかった
チームのあまりにも素晴らしい演奏を、「忘却の彼方」というように埋もらせたくなかった
気持ちがあったと思います。

一例をあげると、その具体的な演奏とは・・・

〇1982年・東北大会/花輪高校 ウォルトン 交響曲第一番変ロ短調終楽章

〇1982年・全国大会/仁賀保高校 矢代秋雄 交響曲第四楽章

〇1982年・全国大会/就実高校 トゥリーナ 幻想舞曲集

〇1981年・東北大会/大曲高校 三善晃 交響三章第二楽章

〇1982年・全国大会/屋代高校 松村禎三 交響曲第三楽章

〇1994年・全国大会/関東第一高校 ロースト カンタベリーコラール

〇1990年・都大会/都立永山高校 フーサ プラハのための音楽1968

〇1987年・全国大会/雄新中学校 ワーグナー エルザの大聖堂への厳かな行列

あたりが代表的なものだったと思います。

でもそうはいっても初期の頃は何かそのあたりも面倒くさくて
初期の頃は、当時放送中の「スマイルプリキュア」の事ばかり記事にしていましたね・・・(笑)

ま、もっとも「プリキュア」は自分にとっては吹奏楽と同様に
永遠に自分自身に受け継いでいきたいものなのですけどね。

開設して半年程度は、正直一日訪問して頂けた方は2~3人程度・・・
というか、初期の頃は、「他人に見られている」という意識は全くなく
「自分自身の記録」のために書いていると意識しかありませんでした。
本当のことですが、初めて「コメント」を頂いたのは、開設してから八か月あたりでしたね・・・
それが現在では、一日大体450~500人程度の皆様に見て頂けるようになり
毎日のように「コメント」を頂けるようにもなり、
これも本当に皆様のおかげと感謝しています。

現在の「ハピネスチャージプリキュア」では冒頭に「10周年おめでとうメッセージ」を
歴代プリキュア達が述べていますけど、
何とか自分自身も「10周年」を目指して今後ともマイペースで
「何か」を伝えていければいいなーと思っています。

そうそう、皆様の素敵なブログを色々と拝見させて頂く中で、色々と素晴らしい記事やイラストに
巡り合う事が出来ましたけど、
特に影響を受けたのは「東方project」の世界でしたね。

どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

 | BLOG TOP |