FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日より、一応夏休みが始まったのですけど
その初日に、以前から決まっていた病院での「CT造影検査」を受けることになりました。
以前記事にした通り、
腎臓~尿管~膀胱に「結石」が溜まっているもので
(ちなみにうちの家系は、両親・兄・姉、全員「結石」持ちです・・・ほぼ「遺伝体質」ですね・・・)
そのレントゲン検査みたいなものです。

私は、幸いなことに子供の時からあまり「病院」と縁が無く
中学から高校は「皆勤賞」を受賞し
社会人になってからは、最初の10年間は健康保険証を一度も使用した事が無かったという事で
健康保険組合から表彰を受けるなど
割と「健康体」だったかな・・・と思っていました。

2003年冬に、「尿路結石」でこれまでの生涯で唯一救急車で搬送されて以降は
風邪とか結石関係等で
一年に一度は病院に行くようになったかな・・・
昔のように少々体調が悪くても
「放っておけば自然と治癒する・・」みたいな事が段々と通用しなくなったのは
やはり年を重ねたせいなのかもしれませんね・・・(苦笑・・)

だけどこうした「CT造影検査」というのは初めて受けました・・・

何かとてつもなく大掛かりなレントゲンマシーンという感じで、
テレビの医療ドラマでよく見かけるような「脳のスキャン検査」みたいな機械でしたね。
大体5分程度で完了したのですけど、
途中で「造影剤を注射します」と言われ、
「え、・・・!?」と思っていたら、
何と右手の甲の部分に針を刺され、造影剤がかなりゆっくりと注入されていったようです。
甲の部分に注射されるなんて、初めての経験でしょうね・・・
結構と言うかかなりチクッとして痛かったですね・・・
何で腕とかに注射しないのでしょうね・・・

造影剤が注射された後で
「これを注射すると、全身が熱く感じ体がほてる人も多いので、それは気にしないで・・」と
突然言われても、
本当に体が熱くなってきて、
何か全身汗だくのまま検査終了という感じでした。

でも普段日常的に病院に行くことがない人間がこうやってたまーに病院に行くと
何か見るもの聞くもの全てが何か怖い・・・という感じが
するのですよね・・・(苦笑・・・)

ホーント、こういう所に来てしまうと
「普段からもう少し自分の体の事も考えよう・・・健康にはもう少し気を付けよう・・」と
思ってしまいますね。
スポンサーサイト



歴代プリキュア達による「10周年おめでとうメッセージ」も残りわずかになってきましたね。
次回はキュアマリンのようですけど、
まだ未登場キャラは、ホワイト・ミルキーローズ・ミューズ・サニー・ピース・ソードだけに
なってしまいました。
やはりこのメンツでは「大トリ」は初代に敬意を表して「ホワイト」のような気がします。
何か初代のなぎさに始まり、ラストは初代のほのかで締めるというのも
いい流れのような気がしますね。

「キュアマリン」に関しては、ま、言いたいことは一杯ありますけど(笑)
ま、一言で述べると「歴代37名のプリキュアの中で一人だけ毛色が違うプリキュア」という感じ
ですかね・・・
ま、その辺りは、自分だけに限らず
歴代プリキュアを見ていた人たちの「共通の感想」だとは思いますけどね・・・

まーーー、確かにマリンは色々とやらかしてくれ数多くの「えりか伝説」を残してくれましたよね・・・

一例をあげると・・・

〇主人公なのに、いきなり敵の怪物にさせられてしまう・・・

〇うざくて図々しくて、相手の気持ちにお構いなしに自分が正しいと感じた事を相手にぶつけてしまう・・

〇姉に対して「嫉妬」の気持ちを有している

〇自身も「姉に対する劣等感」を持ち、姉へのコンプレックスを持っている。

〇生活全般がだらしがない面が多々あり、部屋は散らかり放題・・・

〇マリンタクトというプリキュアとしてのアイテムを放り出して爆睡してしまい、
 結果的に敵に奪われてしまう・・・

〇敵幹部の「学校や宿題何てなくなればよい」という主張に共感してしまう・・・

〇歴代でも珍しいくらいの「変顔」を披露しまくり・・・

〇「海よりも広い私の心もここらが我慢の限界よ」という決め台詞以外の「やるっしゅ!」の方が大ブレイク!!

〇中学生プリキュアの中では、やよいと並んで背が一番低い・・・
 中一のひかり・うららよりもちびっこ
 ハートキャッチの後期EDでは、高校生プリキュアのムーンライトと並んでダンスをするので
 二人の身長差には何か笑ってしまう・・・

〇青系プリキュアなのに、なぜか主人公のピンクプリキュアをフォローする立場になってしまう・・・





気のせいかもしれないのですけど、
バンダイの食玩も「ハートキャッチ」あたりから急激に進化していったような気もします。
このマリンの完成度もかなり高いですね・・・



CIMG7447_convert_20140813013846.jpg


ついでだから相方のブロッサムとの食玩ツーショットです・・・


さてさて、マリンと言うと、その4年後になって「ハピネスチャージ」が登場すると
ついに一人だけ毛色が異なっていたマリンにも立派な(苦笑・・・)後継者が登場しましたね・・・

それが「キュアプリンセス」というか白雪ひめなのですけど、
初登場の頃は、このポンコツひめはよくマリンと引き合いに出され、
あまりの共通点の多さに「キュアマリンセス」とか「ひとりハートキャッチ」とよく揶揄されていましたね・・・(苦笑・・)

だけどマリンとプリンセスは
本質的に異なっていると思います。

プリンセスは、正真正銘のポンコツ・・・

マリンはというと・・・
一見かなり適当な性格に見えるけど、自分の夢をしっかり持っていて
それに向かって怠らない努力をしているのも特徴であり、
初期の頃の「相手の気持ちを無視して強引に割り込んでくる欠点」も相当修正されていくという
成長の跡が著しいプリキュアだったと思います。
意外と大人っぽいところもあるというのは
やはり「伝統の青系」をしっかりと受け継いでいるようにも思えます。

ま、プリンセスの場合、確かに序盤に比べて成長は見せているものの
まだまだ「おこちゃま」ですからね・・・(笑)

その点、マリンは「自分」をしっかりと持っていて
将来の自身のヴィジョンもしっかりと持っている点が良かったですね。

「10周年おめでとうメッセージ」で
歴代プリキュアでは唯一変顔が可能そうとか何かボケても許されるプリキュアとか色々言われては
いますけど、
何をしでかすか予測不明なのがマリンの魅力ですから、
その意味でも興味津々ですね。
吹奏楽コンクールの長い歴史にとって
大きな「分岐点」だったのがこの年、1993年だったと思います。
この年で何が変わったかと言うと、
一番大きいのは、「課題曲」でしょうね。
西暦で言うと奇数年が「マーチの課題曲」、偶数年がマーチ以外の書下ろし曲という事になり、
この年は早速、課題曲が4曲ともマーチになりました。
吹奏楽のある意味ひとつの「基本」はやはりマーチ・・・
吹奏楽の名門チームほどマーチを取上げず、難しい曲ばかり取り上げる傾向がありましたけど、
吹連としては「基本・原点に回帰せよ・・」みたいな事を意図したのかな・・・

個人的には、何となくですけど
奇数年のマーチの年は、コンクールを聴きに行きたくなるけど、
偶数年の時は、何か足を運ぶのが億劫になる・・・
何かそういう傾向が自分の中に出てきたような感じもします。
というのも、翌年の最初の「マーチ以外の課題曲」が「饗応夫人」みたいなウルトラ難解な曲だったみたいな
トラウマがいまだにどこかに残っているせいなのかもしれませんけどね。

それと今までは「5年連続・全国大会金賞」の場合は
翌年は全国大会は「特別演奏でお休み」という規定でしたけど、
この年以降は「3年連続・全国大会金賞」の場合は、特別演奏がなくなり、
単にお休みだけという規定に変更になりました。
ま、この規定は後に「三年連続全国大会出場の場合は、翌年は休み」という規定に改正され
最近この規定が撤廃されたようですけどね。
結果的に栄誉ある「特別演奏」は、1995年の札幌白石が最後という事になります・・・


〇市立柏

 Ⅱ/ロメオとジュリエット

 そうそう、課題曲の表記が従来のA~EというものからⅠ~Ⅴという表記に
 この年から変更になっていましたね。
 これって誰が決めたのだろう・・・
 1993年は、私は山梨県在住でしたけど、
 当時の山梨県大会のプログラムを見てみると、課題曲の表記はA~Dとなっていて
 例えば、課題曲Ⅱ/スターパズルマーチは、課題曲Bとして表記されていました。
 この辺は、支部とか県レベルではまだ指示が不十分だったのかな・・・?

 この年、関東大会・高校の部も聴きに行きましたけど、
 (会場が川崎の産業会館だったかな・・・とにかくすごく音響が悪いホールでした・・・)
 当時5年連続金賞が掛っていた常総学院がまさかのスカ金になって、正直驚きました・・・
 会場にいた人は恐らく、関東の代表は、埼玉栄・習志野・常総・野庭と予想した人が多かったと
 思いますし、自分もそういう一人でしたけど、
 常総がまさかの代表落ち、そして市立柏が代表に入り、
 内心では「うそでしょ・・・」と感じたものでした。
 というのも常総の演奏(Ⅲ/魔法使いの弟子)は、ほぼ完璧な演奏で、全く文句のつけようがない演奏なのに
 市立柏は、正直音もスカスカ、演奏も表現も冴えないし、ぱっとしない印象で
 当時の記憶では「市立柏、今年は関東大会の金も危ないのでは・・・」と思っていたのに
 まさかの代表でしたからね・・・

 いやいや、やはり「審査」は水物ですね・・・・

 全国大会でも正直柏の演奏は全く冴えませんでした・・・

 勿論プログラム一番という事でコンディションが決して完全ではなかったと思いますけど、
 課題曲の「スターパズルマーチ」の出だしのファンファーレからしいすでによれよれのスカスカ状態・・・
 自由曲のロメジュリも「切れ味」に欠け、躍動感に欠け、スピード感も抒情性も何もなく
 印象としては「ほーけた演奏」・「締りがよくない演奏」・「個性も何もない演奏」という事で
 印象としては正直「良くない」ものでした・・・

 柏が真の意味で化けるのは、まだ数年後でしたね・・・
トゥリーナ→アルベニスとスペインの作曲家を取り上げてしまうと
「何かものはついで」と思ってしまい、
「次はファリアか・・」と思ったものの、ファリアは一度「恋は魔術師」で既に取り上げていましたので
マイナーな作曲家ですけど、エンリケ=グラナドスについても
簡単に取り上げたいと思います。

グラナドスは、前回取り上げたアルベニスの7つ年下なのですけど、
アルベニスが早熟の天才で、かつ放浪癖があったのとは対照的に
バルセロナでじっくりと腰を落ち着け、若い頃に2年間パリ留学した以外は
このバルセロナで作曲活動と後進の育成に尽くすことになります。

グラナドスの残した曲って何があるかな・・・

一番有名なのは、ピアノ曲集の「スペイン舞曲集」なのかな・・
この中の一曲「アンダルーサ」は本当にいかにも「スペイン」という感じが濃厚で
中々いいと思います。
他には、ピアノ組曲「ゴイェスカス」かな・・・
この曲、なぜかは分かりませんけど、その後歌劇に改編されています。
よくオペラから管弦楽用の組曲を作るという話はありますけど、
ピアノ曲をベースに、ここから歌劇を作ったというのは極めて珍しいケースだと思います。

この歌劇「ゴイェスカス」なのですけど、
よく単独でCDで取り上げられたり、オケの演奏会のアンコールでも演奏されることも
あるのですけど、「間奏曲」が実に素晴らしいと思います。
一言で言うと、
「短いけど実に抒情的で、青春の光と影というか、酸いも甘いもというのが実に
巧みに表現されている・・」という感じだと思います。

だけどこの歌劇「ゴイェスカス」は結果的にグラナドスの生命を奪う一つの要因になってしまうのですよね・・
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場から
この歌劇の初演に立ち会って欲しいと依頼を受け、夫婦で渡米し、その初演に立ち会った後で
帰国する際に、
当時は第一次世界大戦の真っ最中で、
ドイツ潜水艦の無差別攻撃に巻き込まれ、
無念の死を遂げています・・・
目撃者談では、
グラナドス自身は救命ボートに拾われたものの
妻が波間に漂っている光景を目の当たりにし、そのまま再度海に飛び込み
そのまま夫婦ともども海の藻屑となってしまった・・・というエピソードが
残されています。

この歌劇「ゴイェスカス」~間奏曲は、
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮の演奏が実に印象的ですね。
この曲のカップリングは、ファリアの「恋は魔術師」とアルベニスのスペイン組曲ですから
「スペイン音楽」の入門編としてはまさにうってつけの一枚だと思います。

そうそう、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスは先々月に逝去されましたね・・・
日本ではよーく読響でお見かけし、
読響/マチネーコンサートの「三角帽子」が印象に残っています。
確かこの時のアンコールが
1979年の就実高校の吹奏楽コンクール自由曲でお馴染みの
「アロンソの結婚」間奏曲だったと思いますが、こちらも素晴らしい演奏を聴かせてくれましたね。
本日8/12の仕事が完了し
やっと8/13より「夏休み」に入ります。
最近暑い日と妙に涼しい日の落差が極端で、何か色々な意味で「疲れ」も蓄積されていたので
丁度良い機会だと思います。

というか、休みに入る直前に
会社側から一方的に「今年の夏季賞与は業績低迷のため、一律支給無し」なんてことが
通告され、
「なんでだよ、そんなの事前に説明・予告とか一切ないじゃん」
「それなりに売上・利益は出ているはず、その根拠は・・??」
「今まで散々煽りに煽ってこき使っていたのに、今後どうやってモチベーションを維持すればよいのだ・・??」
「これまでの努力が全然報われない・・・」
「業績低迷の主要因は営業の低迷・・・、頑張っているそれ以外の部署も一律ゼロ査定の根拠は・・??」
などの不平不満が殺到し、
かなり険悪な雰囲気のまま、夏休みに入ることになりました・・・

正直、気分は非常に良くないです!!

ま、元々「雀の涙のボーナス」で今までも「生活の基盤」としては全く計算に入れていませんでしたし
最初から期待はしていませんけど、
何かポテンシャルはぐっと落ちてしまいます・・・

「営業部門を立て直し、冬期は夏の分も支給する」とか言っていますけど
前々信用していません・・・

何か色々な意味で
「今後どうしようか・・」と考える休みとなってしまうのかもしれませんね・・・

 | BLOG TOP |