FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


またまたうちの奥様がヘンなものを買ってきました・・・

というか買わされてきました・・・

何かと言うと「エッグマエストロ」という
簡単にいうと、「自動卵焼ロールき製造機」です。




これは、「卵焼きロール」を簡単に自動的に製造できるというもので、

作る手間順と言うと・・・

1.オイルスプレーで、投入口に2~3回油を吹きつける

2.卵を1~2個投入口に入れる

3.6~8分後に仕上がり!!

という極めて簡単なものです。

そして、卵と一緒にウィンナー・ベーコン・チーズ・野菜等を入れれば
様々なヴァリエーションの「卵焼きロール」が作れるそうです。

これって何となく昔ながらの「トースター」と似ていて
パンが焼けるとチンという音がしてパンが上にポンと出てくるという古いタイプのものがあったと
思いますけど、
それとよく似ていて、
仕上がると同時に上に「卵焼きロール」がにょきにょきと生えてくるような感覚に近いです。

これって定価は8000円近くするのですけど、
うちの奥様がドンキホーテで6800円のものを見つけてきて
更に8月末までは「どーんと5800円に値下げとの事でしたので
しぶしぶ買わされてきました・・・

最初にこの話を聞いた時
「とうせ、また買っても作らないじゃん、だからダメ!!」と突っぱねたのですけど
「先月、あたなの誕生日だったじゃん、だからそのプレゼントとして買って・・・」と
彼女自身の誕生日ではなくて、何と私の誕生日をネタにおねだりしてきました・・・
一体、この人どういう神経しているのだろう・・・といういう疑問は、ま、一旦置いておいて
あまり煩いもので
しぶしぶ折れてしまったという感じです・・・

果たして今回は本当に「卵焼きロール」を無事に作るのでしょうか・・・??

作った場合は、卵焼きにチョコでも入れそうで何か怖い気も・・・・??
スポンサーサイト



「ハピネスチャージプリキュア」が開始され、半年が無事に経過しました。
ま、おそらく今作が最後のプリキュアと予想されますので
(だけどこの11年の歩みは永遠に不滅ですね・・・本当に各シリーズがそれぞれ素晴らしい!!)
とにかく残り半年間を心してじっくり見たいと思います。

8/10より後期EDが開始され、
いよいよ後半戦が始まったようにも感じられます。
最初に聞いた話では
「今作のプリキュアは淡い恋愛要素もふんだんに盛り込む」とか言われていましたけど
個人的な見解では
あまりプリキュアシリーズに「恋愛もの」を取り入れるのはどうかな・・・とも思っていましたが、
8/10の話で、一応「恋愛要素」にはある程度カタが付いたと思っていますので
その意味では「やれやれ・・・」という感じです。
ま、ひめの恋物語の決着はある意味予想通りでしたので、
やはり「ハピネスチャージ」の本命カップルはどうみても「めぐみと誠司」だと思いますし
この二人の「恋の行方」というのも
後半の見どころの一つなのかもしれませんよね。




今回の「10周年おめでとうメッセージ」はキュアロゼッタでした。

ロゼッタ登場時までの黄色系プリキュアは、
キュアサンシャインを例外扱いにすると、
大抵の場合、「マスコット的要素」の意味合いが強かったようにも感じられます・・・
天然ボケ、マイペース、あざとい、少しポワーンとしている・・、おっとり、我が道を行く・・・
そんなイメージが黄色系にはあったようにも思えますし、
それを究極に高めたのがスマイルの「キュアピース」、特に「ぴかりんじゃんけん」だったと
思います。

そうした黄色系のイメージを完全に打破し、マスコット要素にとどまらず
チームの大事な要というか主戦力として登場したのが「キュアロゼッタ」なのだと思います。
その意味では、ロゼッタは黄色系プリキュアの概念と限界を打破し、
更に一歩踏み込んだという意味では大変「意義」が大きいプリキュアだったと思います。

ロゼッタと言うと、やはり印象が強いのは、
ドキドキの第10話・・・
マナ達の学校に転校してきたまこぴーとマナが仲良くしている光景に「焼きもち」を妬いてしまう六花に対して
「友達を独占したいと思う気持ちは誰にでもある」と諭すありす(ロゼッタ)は
本当に印象的でした。
ま、ありすとしては自身もマナを自分一人の友達として独占したいという「深層心理」は間違いなくあったと
思います。それを「自制」して引くべきところは引いたのがありすだったと思います。
そしてそうした光景を形を変えて現れたのが
今作の黄色系のゆうゆう(キュアハニー)だと思います。
恐らく、ゆうゆうが過去に「ある男性に惚れて、結果的に身を引いた」と衝撃の(?)告白をしていますが、
その対象は間違いなく誠司なのでしょう・・・
そして既に「めぐみと誠司」の幼馴染の関係から将来的に何か飛躍しそうなことを既に見抜いて
早いうちから身を引き、
自分は二人の恋の行方を遠くからそっと見守りたいというのは
何かいかにも黄色系プリキュアの革新者である「ロゼッタ」の後継者としてバトンタッチされた
ハニーらしいなーと改めて感じたものでした・・・

だからこのタイミングで、おめでとうメッセージにロゼッタを持ってきた・・・というのは
さすがに考え過ぎなのかな・・・・??


63139fb2_convert_20140812193724.jpg

というか、最近のゆうゆうの「万能」ぶりは凄すぎる・・・

最初にゆうゆうを見た時は、
スマイルのピースみたいな伝統的な黄色系のおっとりタイプなのかな・・・とも思ったものでしたけど
ある意味、いおなよりもすごいかもしれませんよね・・・
何か酸いも甘いも全てを知り尽くしている・・・そんな感じさえします・・・


670d1912_convert_20140812193659.jpg


めぐみと誠司が幼馴染というのは言うまでも無い事ですけど
実はその影に隠れがちなのですけど
めぐみ-誠司-ゆうゆうの3人が「幼馴染」なのですよね。

だからこそゆうゆうは、全てを分かっていたのでしょうね・・・・

少なくとも「自分が出る幕ではない・・・」という事を・・・・

「めぐみと誠司を見守っていきたい・・」というのはある意味ゆうゆうの優しさでもあるのですけど
「恋愛」というのは全ての人が丸く収まる訳ではない、うまくいく場合もあるし
結果として誰かが傷ついたり、誰かを傷つけたりする場合も多々ある・・・
めぐみと誠司の間に自らが割り込んでいくことで結果的に誰かを傷つける事だってある・・・
そうした「誰も傷つけたくないから自らがそっと静かに引いていく」というのは
大変「大人の事情」なのでしょうけど
それをさりげなくやってしまうゆうゆうはやはり只者ではない・・・
まさにロゼッタの後継者に相応しい優秀なプリキュアですね・・・

「恋愛」は確かに誰かを傷つけたりすることもある要素・・・

だからこそブルーは「プリキュア恋愛禁止令」なるものを出したのだと思いますが、
「相手を傷つける可能性」と同様に「相手を幸せにすることも出来る可能性」も秘めています。
だらこそ「恋愛」は難しい・・・
相手と自分がハッピーになれればよいのですけど
そうでなかった場合は、相手に対する「フォロー」も絶対に必要・・・
それが出来なかったことが、今作のブルーとミラージュの「失恋の果ての遺恨」につながっているのかな・・・
やはりその意味では「相手を傷つけない別れ方」も大切なのかも・・・・??



524c1d41_convert_20140812193635.jpg


ハピネスチャージの各自の恋愛観を見てみると・・・

めぐみ→鈍感すぎて、「自分が本当に好きなのは誰か」なのすらも気が付いていない・・・

ひめ→今回、誠司に疑似恋愛をしてしまったが、まだまだ「おこちゃま」・・・
    おこちゃまには恋愛はまだまだ早い・・・??

ゆうゆう→既に「恋」の酸いも甘いも全てを知り尽くしている・・・
      他人の恋愛の「覗き見」が趣味の一つなのかな・・・??

いおな→頭が固いいおなも「恋愛」はまだまだ先の話なのかな・・・
     だけど一度恋に陥ったら「魔性の女」になるかもしれないし「可愛い彼女」に化けるかも
     しれないけど、どちらに転ぶかは、それはあなた次第・・・???


c538e5b9_convert_20140812193755.jpg


うーーーん、改めて感じましたけど
ハピネスチャージの「ベストカップル」はめぐみと誠司で決まりですね・・・!!
やはりこの二人は色々な意味で互いを支えあっているし、ホント「お似合い」ですよね。
前回、トゥリーナの「幻想舞曲集」のアンセルメ指揮/スイスロマンド管弦楽団のレコードについて
少し触れましたけど、
「幻想舞曲集」は全体として14分程度の曲で
他のカップリング曲は、アルベニスの組曲「イベリア」でした。

ま、これも何かの縁ですので
アルベニスの組曲「イベリア」についても簡単に取り上げたいと思います。





私がこの曲を知るきっかけは、またまた吹奏楽コンクールネタになってしまうのですけど
1983年の就実高校の全国大会の自由曲として取り上げられていたからです。
前年度の「幻想舞曲集」があまりにも素晴らしい演奏でしたので、
「今年も就実は金賞かな・・・」と思って翌日の朝日新聞の朝刊の全国大会の結果記事を見て
驚きました・・・
だって、まさかの銅賞でしたから・・・
「えーー、まじかよ・・・昨年あんなに素晴らしい幻想舞曲集を聴かせてくれたのに・・・」と
少し憮然とした記憶が何か妙に今でも残っています。
ま、たけど後日ソニーから出ている実況盤のレコードを聴いてみると
「うん、確かにこれは金賞の演奏ではないな・・・ま、銀と銅のどちらとも取れる演奏だな・・」と
感じたものです。
何と言うのかな・・・
一言で言うと、表現がかなり固い・・・
部分的に大変ぎくしゃくしている・・・
音が少し硬質でバサバサしている・・・という印象でした。
ま、出演順がかなり前半でしたので、
普段の力が中々発揮できないまま終わってしまったという感じもしましたね。
「イベリア」の「港」の部分のマリンバの効果とかミュートを付けたトランペットの表現とか
中々面白い部分はあったのですけどね・・・
後に、日本ワールドレコード社のカスタムテープにて課題曲C/カドリーユを聴いてみて
なぜこの年就実が銅になったのかその理由はよく分かりましたけどね・・・
一言で言うと、音の固さとブレンドの悪さかな・・・

あ、何か話が「吹奏楽カテゴリ」の話になってしまいました・・・

アルベニスの組曲「イベリア」は元々は12曲から構成されるピアノ曲です。
このピアノ版は、一巻に付き3曲ずつから構成され、計4巻から成り立っています。
アルベニスの死後、親友のアルボスが非常に巧みな管弦楽への編曲を行い、
これが現在、管弦楽版の組曲「イベリア」として演奏されるものになっています。
アルベニスの管弦楽曲というと、組曲「スペイン」も有名ですけど、これも実は原曲はピアノ曲で
後にアルベニス以外の方が管弦楽にアレンジしています。

原曲のピアノ曲も何度か聴いたことがありますし、実際生の演奏会でも聴いたことがあるのですけど
意外とスペイン臭くないというかかなり洗練された曲という印象があります。
勿論曲の隅々に「スペイン」の香りというか民族的要素は感じられるのですけど
全体的には、ラヴェル・ドビュッシーみたいな「フランス印象派」みたいな感じも伝わってきます。
決して泥臭くは無くむしろすごいスマートなピアノ曲なのですけど、
部分的に
「確かにスペインらしいラテンのノリが感じられる・・・」みたいな部分もあり
洗練さとスペインらしい土俗的な感じが巧みにミックスされた曲だと思います。
そうした原曲に、管楽器・打楽器の「色彩感・ひそやかさ」を巧みに取り入れ
アルベニスの原曲に秘められたものを更にパワーアップして改めて世に問うたような感じもします。
特にオーケストレーションが巧みだなーと感じるのは
Ⅱの「セビリアの聖体祭」ですね。

ムソルグスキーのピアノ曲「展覧会の絵」をラヴェルが管弦楽にアレンジして、
原曲の魅力を更に引き出したようなものと
同じことが「イベリア」にも言えるのだと思います。

この曲は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.エボカシオン

Ⅱ.セビリアの聖体祭

Ⅲ.トリアーナ

Ⅳ.港

Ⅴ.エル・アルバイシン

Ⅰの美しい郷土愛みたいなものがよく伝わってきますね。
Ⅱは、前半部分でかなり盛り上がり、タムタムがかなり盛大に鳴り響き、チャイムの響きも
印象的ですけど、中間部からラストは大変静粛に美しく閉じられ
その対比が見事の一言に尽きます。
Ⅲは大変粋ですね・・・
Ⅳは、活気と哀愁の対比が素晴らしいです。
Ⅴは、いかにも「フラメンコ」という感じですね。

作曲者のアルベニスはかなりの早熟の天才だったみたいで
色々なエピソードが残されていますし、
子供の頃の放浪エピソードなんかも自伝でかなり誇張されて書かれていますけど
実際はどうなんでしょうね・・・
有名なエピソードとしては、
「6歳の時に、母に連れられて、 パリ音楽院へ行き、見事な演奏をしたのですが、
休憩時に、スペインの球戯ハイアライのまねをして、 音楽院の鏡を割ってしまい、
「まだ早すぎる」と入学を見送られたという話が伝わっています・・・
神童として引っ張りだこだった彼は、 その後2度とパリ音楽院の扉をくぐりませんでしたけどね・・・
1986年の全国大会と翌年の全国は、1980年代の高校の部の「一つの頂点」に達したようにも
感じます。
それ程大変レヴェルの高い大会でありましたし、
素晴らしい金賞、実に惜しい銀賞、銅賞という評価だけでは語り尽くせない演奏、
少し気の毒な銀賞など
本当に素晴らしい演奏の連続でした。
1988年の大会を聴いてしまうと
「うーーん、さすがに高校の部もこのあたりがレヴェルの上限かな・・・
さすがにこれ以上はもう伸びないかな・・・」と思っていたら
80年代の最後の1989年に突如「常総学院」という新しい時代のエースが関東に突如現れ
「吹奏楽の新しい方向性」を示唆してくれたのが大変印象的でしたね。


〇富山商業

 B/ロデオ

 関係ないですけど本日の夏の高校野球一回戦で
 富山商業は勝利を収めましたけど、吹奏楽も野球も強い学校って本当に羨ましいですよね・・・
 だって部員の皆様は、
 普門館にも行けるし甲子園にも行けるし
 まさに「両手に花」ですよね・・・
 高校時代、普門館はおろか支部大会の東北大会にも行けず
 甲子園にも行けなかった田舎の県立高校の男子高生としては羨ましい限りです・・・(苦笑・・)

 この年の富山商業は、相変わらず金管セクションは大変充実していましたし、
 「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日のトロンボーンソロの見事さに代表されるように
 金管セクションの切れ味は抜群でしたね。
 勿論、ロデオのクラリネットソロも中々ハイレヴェルな演奏だったと思います。
 だけど部分的には好演の連続であっても
 なぜか全体的な印象となると少し希薄になってしまうのが不思議な感じですね・・・
 なぜなんだろう・・・・??
金管が強すぎて聴いている方は「少しうんざり気味・・・」というせいもあったけど
 全体に「強奏」ばかりが目につき、弱奏との対比が今一つ徹底されないから
 音楽としての濃淡と言うかコントラストが少し不徹底と言う感じもしたのが
 少し残念な演奏になってしまった要因なのかも・・・
 課題曲の「嗚呼!」も全体に金管の咆哮ばかりが目立ち、木管・打楽器の響きが
 少し濁って聴こえたのも全体の印象を悪くした一因なのかも・・・・


〇神戸

 B/海

 高校の部のラストを飾るのに相応しい堂々とした演奏でした。
 一言でこのチームを表現すると「骨太」という感じですね。
 とにかくサウンドが安定し音の重厚感が大変印象に残っているチームです。
 多少課題曲「嗚呼!」のサウンドが濁り気味というマイナスポイントはあるにせよ、
 何か「悩み」を力で強引に吹っ飛ばすという印象がありました。
 自由曲の「海」は、大変荒々しい重厚な海でした。
 この年、海はこのチームを含めて3チーム演奏し、3チームともアレンジャーが異なるせいもあり
 三者三様の全く方向性が異なる海を聴かせてくれて
 大変印象的です。
 繊細で自由自在な表現の習志野、機能的な高岡商業
 そして武骨で重量感に溢れダイナミックスレンジの幅が広い神戸と
 それぞれが全く異なるアプローチで「海」に挑戦し、
 結果的に三チームとも個性豊かな「海」を聴かせてくれて
 この年の大会の一つの聴かせどころになってくれたと思います。

 「ダフニスとクロエ」は古今東西色々なチームが自由曲として取り上げていますが
 各チームの色というか「個性」は意外と出にくい感じもするのですが
 「海」はアレンジャーが異なったり指揮者の解釈で随分と幅広い解釈が成立するんだなーと
 思ったものです。

 | BLOG TOP |