FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近何度かこのブログでも記事にさせて頂いていましたが
ローソン・ミニストップ等で展開中の「ハピネスチャージプリキュア・一番くじ」にて
本日やっと5回目にして
念願のE賞/キュアラブリーフィギュアを引き当てる事が出来ました・・・!!!

いやいや、本当にこれは嬉しかったですね・・・・(笑)

本日たまたま飲み物を買うために立ち寄ったローソンにて「一番くじ」を見てみたら
本命のE賞とF賞の記念グラスが大量に残っているのに
雑魚というか申し訳ないですけど外れくじに限りなく近いD賞のバッジがほとんど在庫が無い状態
でしたので、直感的に「これはいけるかも・・・」と思い
一度くじを引いてみました。

そうすると本当に一発で念願のE賞、しかもラブリーをゲットすることが出来ました。

自分のこのブログの大切な常連さんで、
「今回の一番くじでどーかE賞が当たりますように」と念を送って頂いているある優しいお方の念が
今回も見事に届いたようです。
この場を借りてその方にお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。




スイートからドキドキまで毎年出ていたUFOキャッチャーの景品の「DXフィギュア」が
今年は出ないのかもしれませんので、
こうしたラブリー等のフィギュアは、バンダイ食玩を除くと意外と貴重かもしれませんので
とにかく引き当てる事が出来て良かったです。

ま、一応今回で5回目の挑戦でしたけどね・・・(苦笑)


002_convert_20140808183942.jpg


開箱してみると、予想以上に小さいかも・・・・??

だけど「キュアラブリー」は可愛いからそんなのあまり関係ないかも・・・

とにかくラブリーの「可愛らしさ」が溢れたミニフィギュアでしたね。
やはりこうしたピンク系のポニーテールはある意味無敵ですね。

こうなると、プリンセスも欲しいし、ハニーも欲しいし
可能性は低いけどダブルチャンスとしてのフォーチュンも欲しい・・・と
「欲しい欲しい病」を発症してしまいそうですけど、
ま、「モノには限度がある」という事をわきまえないと
それこそ「ホッシーワ」姐さんみたいなマヌケ幹部になってしまいそうですけどね・・・・
スポンサーサイト



デンマークの作曲家のニールセンは日本ではあまり馴染みがない作曲家なのかな・・・
吹奏楽コンクールでは、たまーにですけど組曲「アラジン」が演奏されることも稀にですけど
ありますね・・・
ニールセンというと、一番有名なのは交響曲第4番「不滅」なのかな・・・

この交響曲、実は私は大好きな曲でして、
特にラスト近くのティンパニー奏者二人による「バルト海の冬の厳しさと波の轟音」を
象徴させるかのような叩きつけはまさに「圧巻」の一言に尽きます。
同じような事例としてウォルトンの交響曲第一番第四楽章のラスト近くのティンパニー奏者2名による
壮絶な打撃音もかなりのインパクトがありますけど
ニールセンの「不滅」もそれに勝るとも劣らない壮絶なものがあると思います。

ニールセンの交響曲と言うと
交響曲第3番「ひろがりのシンフォニー」とか交響曲第5番も素晴らしい曲だと思います。
いやこの曲はニールセン最大の傑作と言っても過言ではないと思いますので
こんなに素晴らしい曲が日本では全然知られていない事を踏まえて、改めて別の機会に
取り上げたいと思います。

今回簡単に紹介したいのは、交響曲第6番「素朴なシンフォニー」という
ニールセン最後の交響曲です。
というかこの交響曲、傑作の誉れ高い交響曲第5番以上にマイナー扱いというか
CDの数は少ないし、いまだにこの曲を生で聴いたことがありません・・・
最後の交響曲というと、例えばマーラー/交響曲第9場番とかチャイコフスキーの「悲愴」のように
何か「死」を意識した曲という感じかというと
そういう要素はほとんど感じさせません。
というか、「音楽の楽しさ」・「軽快さ」というものを最後の最後で表現したかったのかもしれませんけど
「重厚感」・「重苦しさ」・「悲痛さ」というものはあまりなく
「気取らない自然さ」みたいな部分が非常によく出ていると思います。
一言で言うと「無邪気な交響曲」という感じなのかな・・・・

この曲は以下の四楽章で構成されています。

Ⅰ.グロッケンで曲が開始され、大変愛くるしいです。

Ⅱ.ユーモレスク

Ⅲ.アダージョ

Ⅳ.変奏曲

この交響曲第6番の最大の特徴は第二楽章かな・・・
この部分は、オケのシンフォニーなのに、なんと使用される楽器は管楽器と打楽器のみで
弦楽器は全く使用されません。
この楽章をCDで聴くと一目瞭然なのですけど、
この楽章だけは(当たり前ですけど・・・)「吹奏楽の響き」のように聴こえます。
いやいや、このアィディア斬新だと思います・・・
第三楽章の悲痛なアダージョも「陰鬱」という感じではなくて「死」を言意識させる要素は
あまりないようにも感じます。
そして第四楽章も、ラストは唐突にファゴットの持続音で閉じられます。

このラストのファゴットの響きを聴くと、
「唐突」という感じもあるけど
一人の作曲家として「何かやり残したものがあった・・・」みたいな何か少し「後悔の念」みたいなものは
何となく伝わってくるような気もします・・・
(そう感じるのは自分一人だけかな・・・・??)

これと同じように管弦楽の交響曲なのに一つの楽章に「弦楽器」を全く使用せず
「管楽器+打楽器のみ」の構成とした作品をもう一つ上げると
それがヴォーン=ウィリアムズの交響曲第8番なのですけど、
やはりそうした部分はニールセンと同様に第二楽章でそうしたスタイルを採用しています。
ちなみに、ヴォーン=ウィリアムズがこの交響曲第8番を作曲したのは
83歳の年です。
だけどこの2年後に更に交響曲第9番を「未完」ではなくて完成作品として最後に残しています。
パレの「リシルド」序曲って最近ではほとんど演奏されませんよね・・・
確か全国大会でも1989年の広島大学を最後に25年以上演奏されていませんよね。
この曲は確か1967年に今津中学が全国大会初演を果たしたと記憶していますが、
70年代~80年代にかけて支部大会・全国大会でも色々なチームが自由曲として取り上げられているものの
個人的な印象としては「何か意外・・・」という感じもします。
なぜかと言うと、この曲かなり地味な曲で決して華やかな曲でもないし華麗に鳴り響く曲という
訳ではないし、全国大会でこれだけ多くのチームが取り上げたのが
正直不思議という感じもします・・・

この曲の魅力ってなんなのかな・・・・??

一言で述べると「イカのするめのように噛めば噛むほど味わいが出てくる曲」という感じなのかな・・・
非常に古くてわかる人しかわからない曲なのですけど
ジールマンのチェルシー組曲とその意味では同じなのではないかと思う時もあります。
ま、「チェルシー組曲」も今改めて聴いてみると非常に地味で聴かせどころが難しい曲ですけどね・・・

リシルド序曲って確か、打楽器もティンパニー・大太鼓・シンバル・小太鼓のみの編成で
鍵盤打楽器は確か未使用だったかな・・・
構成は、非常にゆったりとした出だしから始まり
緩-急-緩-急の四部構成で、序盤のホルンソロは中々印象的ですね。
曲の雰囲気は一言でいうと「品格」が漲っていて、古典的形式がかなり厳格というか
かなり「きっちりかっちり」と構成されているという感じもします。
ラストの高音による息の長いフレーズによる閉じられ方は、面白さを感じさせますね。

だけど最近の吹奏楽オリジナル作品とか、スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」の世界と比べると
完璧に「地味」過ぎますね・・・・(笑)
だけどこの「地味さ」をアピールポイントして、改めてこの噛めば噛むほど味が出てくるこの曲を
自由曲として演奏するのは、それはそれで面白いのかも・・・

この曲の作曲者のパレは、
パリ・ギャルド吹奏楽団の第4代目団長でもあります。
そのせいだと思いますが、
曲は地味なのに、楽器は特殊な「サクソルン属」系を多用し、
これを原曲のまま演奏するのは結構難しいと思います。
全国初演時の今津は確か木村吉宏氏のアレンジだったかな・・・
最近ではコンサートマーチ「テイク・オフ」でお馴染みの建部氏のアレンジも見受けられますね。
パレ自身、管弦楽曲を吹奏楽にアレンジしたスコアを色々と残していますが、
現在でもたまにですけど、パレ編曲による「幻想交響曲」を耳にすることもありますね。
ちなみにワーグナーの歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列の
名アレンジで知られるカイリエは、パレの弟子との事です。

このリシルド序曲の名演ってなんだろう・・・

多くの人は、銚子商業とか出雲吹奏楽団を推すと思いますが
私としては、1977年の石田中学を推したいですね・・・
この演奏、全国では銀賞なのですけど、少し気の毒な感じもします。
全体的にはファンタジー感溢れる素晴らしい音色を披露してくれますが
「美しすぎて少し印象が希薄・・・」と思われたのがマイナスだったかな・・・??

他には1980年の広島・基町高校も面白い演奏をしています。
このチームは、伝統的に「控え目・おとなしめ」の演奏をしていたのですけど
この年だけは、当時のレコードの裏ジャケットの出演者のコメントに記載されている通り
珍しく「パワー」を前面に出したかなりエネルギッシュな演奏を展開しています。
そのせいかこのチームにしては珍しく「粗雑」という感じもしなくはないのですけど
高校生の若いエネルギーを感じさせてくれます。

だけどこの曲、コンクールの演奏もプロの演奏も含めて
いまたに「これぞ名演!!」という決定打がないような気もします・・・
どこかこの地味な曲を音楽的に聴かせてくれる素晴らしい演奏をしてくれるチームが
出てこないですかね・・・

 | BLOG TOP |