FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


よく「普門館はとてつもなく広い」と言われますよね。
確かに5000人を収容できるホールなのですけど、ご存じの通り
「普門館」は立正佼成会の施設であり、決して音楽ホールではありません。
ま、もっとも昔確かにカラヤン指揮/ベルリンフィルが来日した際に使用したホールの一つでは
あるのですけどね・・・

5000人収容できるホールだから
確かにとてつもない広さがあると思います。
私が最初に普門館に来たのは1984年の全国大会・高校の部でしたけど
最初の印象は
「なんだこれは・・・本当に音楽ホール・・・?? あまりにも広い!!」と驚いたものです。
よく「普門館フォルテ」なんて言葉を耳にしましたけど、
あれだけ会場が広いと
ものすごい大音量で無いと会場の隅々まで音が届かないという勝手な誤解を生んでしまうのも
分かるような気がします。
だけど実際はかなり小さい音でもホールの隅までよく届き、
例えばこの年の課題曲C/吹奏楽のための序曲で使用された「雅楽の鈴」も
それほど大きな音が出る楽器でないにも関わらず、あのシャリシャリとした幽玄な音は
一階後部座席までよく届いていました。

この年1986年に「サントリーホール」がオープンされましたが、
この年の全国大会の数週間後に
スラットキン指揮/セントルイス響の演奏をサントリーホールで聴く事になるのですけど
普門館と単純に比較するのはあまりにも気の毒なのですけど
音楽は、その入れ物というか「音楽ホール」によっても全然変わるものだという事を
改めて実感したものです。


〇愛工大名電高校

 C/吹奏楽のための詩曲「アトモスフェア」

 結果的にこのチームは金賞を受賞するのですけど
 自分の個人的評価は、「あまり好みではない・・・」という感じです。
 前年度の「プラハのための音楽」の鮮烈な印象が強すぎたせいかな・・・・??
課題曲も自由曲も何か自分の耳には「作為的」に感じ、
 音楽のつくりが全て「機械的、人工的」に聴こえたものでした・・・
 なんでかな・・・??
課題曲は「和」の雰囲気というよりは「コンピューター音楽」のような感覚・・・
 自由曲は、「音」そのものを弄んでいる印象・・・

 うーーん、やはり音楽は「人それぞれで感じ方に違い」があるものなのかな・・・
 
 名電は1991年にもこの「アトモスフェア」を自由曲にしているのですけど
 この年の演奏の方が私にとってはしっくりきます。


〇日大豊山

 B/サムソンとデリラ~バッカナール

 日大豊山は男子校、日大豊山女子は女子高です。
 日大の付属関係の話は、私が大学時代に周囲の人達から色々と興味深い話を散々聞かされましたので
 結構詳しくなりましたね・・・(笑)
 というか、それを言うと自分の出身大学がばれてしまう・・・・(笑)

 吹奏楽コンクールの当時の規定では、
 高校の部では、メンバー不足の場合は、中学の同系列の学校のメンバーを補充してもOKという
 ものがあり、日大豊山はそうした規定を有効に使い、
 メンバーのうち何人かはどうみても中学生でした。
 1980年の明大明治も同じでしたね・・・

 このチームの演奏は都大会の時から聴いていましたけど
 下手くそなんだけど
 「頑張れー」って何か応援したくなる演奏なのですよね・・・
 ま、その辺りは同系列の「母校愛」もあるのかな・・・(笑)

 音が他校に比べて数段幼いし、サウンドも整理整頓が今一つ・・・
 多少音の濁りもあり、
 全体的な印象は決してよくないのですけど
 音楽がしても「温かい」のですよね。
 指揮者の先生とメンバーの「手作り感覚の音楽」がよーく伝わってくる演奏だったと
 思います。
 特に自由曲のサムソンとデリラは、ラストのクライマックスにむけての「追い込み」の迫力は
 中々聴かせるものがあり、
 コンクールとしては完全に「銅」なのだけど
 私の個人の感覚では「好感が持てる演奏」でした。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |