FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、4/27の「ハピネスチャージプリキュア」は大変レヴェルの回でした。

クィーンミラージュとプルーとの過去の経緯、
フォーチュンがプリキュアになった理由
フォーチュンの姉の救出の問題、
フォーチュンの姉がプリキュアになった経緯とブルーの関わり
恋愛禁止問題の開始(めぐみとブルーの恋愛感情の芽生え・・??)
アクシアの箱は一体誰が開封したのか・・
フォーチュンとその他のプリキュアの和解
ブルーとプリキュアハンターの経緯

などなどの問題が次から次へと提示され、
これまでの流れでは、どちらかというと「牧歌的な雰囲気」もあったのに
全てを一変させる今後のドラマティックな展開が示唆されるような感じでした。

意外と「ハピネスチャージ」も前作「ドキドキ」と同様に深い物語になっていくのかも
しれませんよね。

これまでは、どちらかというと、ひめのポンコツ振りとか
ゆうゆうのヘンな感じがメインだったような気もしなくも無く
自分が一押しの「キュアラブリー」が少し影が薄いように感じられる事も無くはなかったのですけど、
今回で状況は一変したという感じですね。

まさにラブリーの「主人公」としての面目躍如みたいな感じでした。





今回の「10周年おめでとうメッセージ」は
プリキュア5からの「キュアミント」でした。
「キュアアクア」と同様に何か2007年~08年の放映時に比べて
大人っぽいというか色気を感じる雰囲気でしたね。

ミントは歴代では珍しい「おっとり系」の癒しのプリキュアなのですけど、
恐らく歴代でNo.1と言っても過言ではないほど度胸があるというのか「肝が据わった」プリキュア
でしたね・・・
周りが動揺しバタバタしている状態の時に
冷静に喝を入れるのは、ほぼ全てミントの役割でしたし、
お化けも幽霊も昆虫も高いところも全て平気という感じでしたね。
(同じ緑系のなおちゃんとはエライ違いだ・・・)
プリキュア5 第43話で唯一見せた「ミント砲」はもしかして歴代No.1の破壊力と危険性を
秘めていました・・・
現役の「ハピネスチャージ」でも今後「恋愛関係」ものが色々と出てきそうですけど、
のぞみと同様に、シリーズで初めて男女の恋愛関係を前面に出してきたプリキュアでもあります。
(のぞみ→ココ こまち→ナッツ)


d548cc56-s.jpg


今回久しぶりにラブリーのフォームチェンジの「ロリホップ・ヒップホップ」が
登場しました。
久しぶりに見ると大変可愛く躍動感に満ちているのですけど、
プリキュアハンターというファントムでは相手が悪すぎましたね・・・
結果的に全く歯が立ちませんでした・・・

この「ファントム」の声優さんは、
ハートキャッチでやはり敵幹部の一人、コブラージャを演じた野島さんでしたね。
それにしても、このファントムの強さは半端無い感じ・・・
「ハートキャッチ」で、ブロッサムとマリンを散々苦戦させ、
ムーンライトすら撃破した「ダークプリキュア」というのがいましたが、あれを彷彿と
させますね・・・
「ダークプリキュア」は、サバーク博士によって
「プリキュアを倒すために作られた存在」なのですけど、
(ま、実際は月影ゆりから作られたものですけど・・)
ファントムが生み出された経緯は何なのだろう・・・
ブルーとの会話を聞く限りでは、何とも言えない面はあるのですけど、
クィーンミラージュが、ぴかりが丘の巫女さんを務め、ブルーに対し恋愛感情を持っていた頃から
既に何らかの形で関わっていたのかな・・・

この辺りも今後の謎解きの一つ・・・


9f81a2f5-s.jpg


今回のポイントは、初めてラブリーとフォーチュンが一緒に戦ったことかな・・・

だけど、
(助けてもらったのに)「余計なことはしないで!!」とか
「勘違いしないで」とか
「私は、あなたとプリンセスと一緒に戦うつもりは無い」とか
色々言っていましたけど、
その様子は、何かどこかで見た事があるような気も・・・??

そう、先代プリキュアのやはり紫系の「キュアソード」なのですけど、
ソードの場合も初期のころは
孤高でツンツン系で
何かというと「仲間なんていらない」という感じでしたね。

現役の「ハピネスチャージ」のフォーチュンとまさに全く同じ立ち位置のような気もします。

やはり「歴史は繰り返す」のかな・・・??
まさかと思いますけど、
フォーチュンもいずれソードのように中間部では、ポンコツ化・デレデレ化するのかな・・・
だけど個人的には、
フォーチュンは、この「孤高」の状態のまま
最終決戦まで臨んで欲しいという気持ちも無くはありません・・・

フォーチュンの妖精パートナーの「ぐらさん」も久しぶりに喋っていましたけど
「意地を張らずに、一緒に戦え」
「こちらこそ礼を言うぜ」あたりは
ぐらさんの「本音」も垣間見えていましたね。
ぐらさんも本心は、フォーチュンに対して一人で全てを抱え込まず、
仲間を作って、共に一緒に支えあって欲しいという事なのでしょうけど、
あの頭の固いフォーチュンに、それが伝わるのかな・・・??

ファントムが去った後、
ラブリーがフォーチュンを抱きしめようとした時に、さっとフォーチュンが身をかわし
ラブリーがずっこけるシーンがありましたけど、
あれは今回数少ない笑えるシーンではありましたけど、
同時にフォーチュンの「頑固さ」を象徴していましたね・・・

やはりフォーチュンの頑固さ・冷たさを氷解できるのは
愛の戦士たる「キュアラブリー」だけなのかもしれませんよね。
ま、その前に「プリンセス」との和解をどうするかという問題がありますけど、
これをクリアした時が、初めて4人としてのチーム結成、
そして真の意味での「ハピネスチャージプリキュア」の誕生なのかもしれませんよね。

あ、そういえば、今回は
ハニーとプリンセスは序盤に少し出ただけで
二人とも変身すらしていませんでしたね・・・(笑)


34434cca-s.jpg


それにしても「キュアラブリー」は、ホントまじに「天使」ですね。
「愛」を語るのに相応しいプリキュアです。

前回は、ラブリーのポンコツ振りがクローズアップされ
めぐみの「自己評価の低さ」とかめぐみが語る「愛」の中にはたして自分自身は入っているのかとか
めぐみは意外と自分自身を大切に考えていないとかの問題があると
書きましたけど、
それはそれで間違いはないと思いますし、それは今後のめぐみ自身の課題というのは
間違いない事でしょう。

一方
めぐみの素晴らしい点は、色々とあるのですけど
やはりそのコミュニケーション能力の高さと
相手への共感度の高さが群を抜いていると感じます。
相手がどういう事で困っているのか、どういう事に悩みを感じているのか
そうした事を理屈ではなくて「感覚」だけで敏感にキャッチできる娘なのだと思います。
そうした事が、例えば
「神様だって何か願いはあるはず」
「神様、時々悲しそうな眼をしている」
(フォーチュンに対して)「余計なことじゃない!」
「仲間なんていらない」というフォーチュンに対して「そうだね、でも助けてくれてありがとう」等の
言葉に繋がっているのだと思うのです。

またいち早くブルーの憂いを見抜き、ブルーの跡を追いかけたという行動も
そうした「相手に対する共感度」なのだと思います。

ラブリーの「愛」とは何なのでしょう・・・

「愛」の対極に位置するのは「無視」

「無視」と対局する事とは、相手の立場になって相手に共感し、その人が何を望んでいるのか
それをいち早く察してあげることとも
言えると思います。

そうした意味では、ラブリーの「愛」はかなり高次元の感覚。

やはりラブリーは、この「ハピネスチャージ」という物語の「主人公」なのだなと
改めて実感させられる回でもありました。

共感度が高く他人へのおせっかいという意味では
前作「ドキドキ」の相田マナという好例がありますが、
マナの場合、確固たる信念を持って、同時に相手にとって何が現段階で必要なのかを瞬時に把握し
実行に移せるレベルの高いおせっかい。
一方めぐみの場合、そうした高い感覚までは至らず
何となく直感的に漠然と行うおせっかい・・・
めぐみの場合は、「自分がこうすれば相手もこうなるはず、そして自分もこのように成長できる」という
要素が少なく、必ずしも「自分自身」を前面に出していない感じ・・・
結果的にそうした事が、「自己評価の低さ」につながっているのかも
しれません。

だけど、それは「経験」を重ねること
同時に、めぐみ自身が「将来こうなりたい」という「夢・目標」を持つことで
相当部分解消できると思いますし、
3代目プリキュアで、歴代でも群を抜いた「カリスマ性・リーダシップ」を誇る夢原のぞみが
辿ってきた道でもあります。

ハピネスチャージの場合、
この部分にもしかしたら「ブルーを助けたい」→「ブルーに対する共感度」という過程で
恋愛感情という要素が入るのかもしれませんが、
そうした場合、ブルーの過去の「クィーンミラージュ」(ぴかり神社の巫女さん?)との絡みが
出てくるのは間違いないでしょうし、
何だか「ハピネスチャージ」の物語も
色々な意味で展開が楽しみですよね。
スポンサーサイト



このブログを始めたのは2年程前なのですけど、
そもそものきっかけは
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会で自分のその後の「音楽に対する考え方」を
決定づけた
花輪高校のウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番変ロ短調と
仁賀保高校の矢代秋雄の交響曲の素晴らしい演奏を
何か形として後世に伝えたい
誰か一人でも自分のそうした気持ちを受け継いでほしいと感じたことにありました。
この花輪と仁賀保の演奏については
過去において散々書いてきましたけど
こうやって改めてまとめて書く機会があり、
何か自分としては一つの目的は達成できたみたいな感じはあります。

でも吹奏楽関連では、まだまだ何か形として残しておきたいと思う演奏とかチームとか
自分が感じた事とか
一杯ありますので、
自分自身の「過去から未来への贈り物」として
出来る範囲で伝えられたらいいなーと思います。


1982年東北大会 高校B部門の続き

プログラム1番の新庄北からプログラム5番の雄勝までは
素晴らしい演奏が続出していたのですが、
プログラム6番以降は、「うーーん」と頭を抱えたくなる演奏が続出したので、
何か前半と後半とでは極めて対照的でした・・・


〇保原

 A/オセロ

 いや、これはひどい・・・
 歴史に残る惨憺たる演奏ですね・・・
 ホント、実際生で聴いていて、
 「いつ演奏が停止されちゃうんだ・・・」とハラハラするレベルの演奏でした。

 以前書いたと思いますが、
 現在の規定はわからないのですけど、
 当時の福島県の吹連の規定は、
 他の県みたいなA部門・B部門という枠を設けず、単に高校大編成という枠で審査し、
 上位2チームを東北大会のA部門に、3位チームをB部門に出場させていたと聞いたことが
 あります。
 1990年代前半で、阿部先生の指揮の下、原町第二中学校が全国で何度か素晴らしい演奏を披露し
 全国大会金賞に輝いたのに、
 ある年は唐突に東北大会のB部門に出場していた不自然な経緯は
 このあたりに原因があったのかもしれませんね・・・

 おそらく保原高校も県大会までは人数が50人程度で練習をし、コンクールに臨んでいたと
 思われますが、県大会で3位または4位に入り
 B部門として出場したのでしょうね。
 (B部門の福島の出場枠は1チームでしたけど、この年は開催県だから2チームだったのでしょう・・)
 今まで50人として演奏していたのが、
 B部門として出場する事を余儀なくされたため、
 人数を15人削減し、
 結果的に、サウンドと表現方法、全体とパートのバランスの感覚を失ったまま
 本番を迎えたことがもしかしたら一因にあるのかもしれません・・・
 (勝手な想像ですけど・・・)

 だけど、この演奏、ホントひどかつたな・・・
 ゆったりとした部分は何とか聴けないこともないのだけど
 課題曲も自由曲もテンポが速くなると途端にサウンドが全面崩壊していましたからね・・・

 だけど、このチーム、翌年もB部門として出場し
 この時は前年度の雪辱を見事に果たし
 リードの「春の猟犬」で金賞に輝いています。


〇向山

 B/アルメニアンダンスパートⅠ

 向山高校は、1980年代後半から90年代前半にかけて
 全国大会に何度か出場した実力派チームです。
 だけど、この年初めて県大会を突破し、東北大会に臨んだのでした。

 実は、私の高校とこの向山は同じ仙台市内地区予選大会で代表権をかけてしのぎを削った時期もあり、
 1979年は、向山は、ホルストの「惑星」で、
 自分の高校はフレスコパルディーの「トッカータ」で
 共に仙台市内地区予選を突破し県大会に臨んだものの
 県大会は共に銅賞・・・
 翌年は、自分の学校はエリクソンの序曲「祝典」で県大会金賞(県代表には選ばれず・・)
 向山は地区予選落ちという感じで
 同じ土俵で低レベルの(?)争いをしていた時代もありました。
 だけど1981年に向山に荒井富雄先生という大変優秀で指導力に定評がある方が赴任され
 向山は一気に実力をあげ
 自分の高校はおいて行かれる格好となってしまいました・・・
 (1982年の全国大会に初出場した仙台一校を指揮した荒井弘先生の実弟が富雄先生です) 

 だから、自分としては
 当時の素直な気持ち書くと
 「悔しい!!」の一言でした・・・
 「自分はこうやって一人の聴衆に過ぎないのに、向山はこうして東北大会にまで進むほど
 実力をつけている・・・」
 「うーーん、ホント悔しいし癪にさわる・・・」という
 嫉妬みたいな感情があった反面、
 「来年以降は何とかしないと・・・やはり練習しないと・・・」とも感じたものでした。

 だけどこの時の向山はまだまだ発展途上の段階で
 正直演奏は、客観的に聴いて「うーーーん、ひでー・・」という感じ・・
 反面、「この程度の演奏に、自分たちは数週間前に県大会で負けたんだ・・」という
 焼きもちと反省と屈辱感と「何とかしないと・・」という気持ちが
 交錯していました・・

 向山が本格的に化けたのは、この2年後の「ティル・オィレンシュピゲールの愉快ないたずら」
 あたりかな・・・
 1989年の全国大会の「サロメ」は、金賞レベルの素晴らしい演奏でしたね。
 (あの演奏のどこが銀賞なんだろう・・・)

 1982年当時のBJの講評で上野晃氏が
 向山の演奏を評して
 「荒削りでおおまかな課題曲は今一度細部の再検討を要する。自由曲も威勢はいいが
 音自体どこかひ弱い」と書いていましたけど
 82年当時の演奏は、「まさにこの通り!!」という感じの演奏でした。

 だけど、高校生は、ホント、1~2年程度で化けますからね・・・


〇角館

 A/ガイーヌより

 サウンドが全然まとまっていないというか
 細部がボロボロの演奏でしたね・・・
 終始不安感みたいな雰囲気が漂い、脆弱という感じの演奏でした。
高校B部門の続き


〇弘前

 A/天使ミカエルの嘆き

 高校B部門には8チーム出場していましたけど、
 弘前高校は群を抜いていた演奏でした。
 音色が実に多彩であったことと
 特に「天使ミカエルの嘆き」で聴かせてくれたように、激しい高揚感の部分と
 静寂で祈りに満ちたような部分の対比が極めて鮮やかで
 印象に残ります。

 前年度の大会は、この部門から金賞が3チーム出ていましたけど、
 この年の金賞はこの弘前のみです。
 結果的に、弘前が唯一の金賞、そして保原が唯一の銅賞、そして残り全て銀賞という結果でしたけど
 少し納得いかないものはありました・・・
 個人的な感覚というか、当時の自分の採点では、
 金→弘前・盛岡一高・雄勝
 
 銀→新庄北・須賀川

 銅→保原・向山・角館

 という感じでしたので、印象としては、金に厳しく、銅に甘いという感じでしたね・・・

 弘前の演奏で、何か今現在でも記憶に鮮明に残っているのですけど
 「天使ミカエルの嘆き」で、前半にシロフォーンが激しく叩き付けられる場面があるのですけど、
 弘前の演奏は、「えー、アドリブ・・・??」と感じさせるほど
 何か即興的要素があったような感じもし
 表現的に面白いものが感じられました。
 ラストの厳かで呻くように終わる感じも良かったです。


〇須賀川

 C/シンフォニックバンドのための序曲

 当時、自分の高校は課題曲はC/アイヌの輪舞でしたけど、
 さすがに東北大会では、この安っぽい安直な課題曲はほとんど演奏されませんでしたね・・・(笑)
 だからこのチームでこの課題曲Cを聴けたとき、
 非常に興味深かったですし、
 自分の高校の演奏との相違点が色々見出せたりして
 個人的には興味津々でした。
 課題曲は、自分たちとどこが違ったかというと、
 自分たちの演奏は、中間部の「踊り」の部分は、比較的ゆったりめのテンポをキープし
 ラストも更にテンポを落とし、
 全体的に「歌う」事を優先にした解釈を取っていました。
 須賀川の演奏は、
 中間部の「踊り」の部分がとにかくテンポが速いの何のって・・・
 正直驚きました・・・
 特に打楽器セクションのドラムセットがまるでポップス系課題曲のように
 ノリノリでリズムをリードしていたのはびっくり仰天という感じでした・・・
 反面、「ああ、こうした解釈もあるのだな・・」と妙に感心もしました。
 自由曲は、課題曲とは対照的に終始ゆったりとしたテンポをキープし
 「歌う」事を最優先にした感じもしました。
 ただ逆にテンポを落とし、ゆったりと歌うことに神経が集中した結果
 全体に盛り上がりに欠け、
 何となく「漠然」とモヤモヤした感じのまま終わってしまったという感じも
 します・・・
 (ま、もっとも兼田敏のこの序曲は、そういうゆったりとモヤモヤした曲なんですけどね・・・
  この曲の出だしのオーボエのメロディーが始まると
  「ああ、この感覚は日本人にしか分からない鄙びた世界だな・・」と思ったりもします・・)


〇雄勝

 C/交響曲第8番第四楽章(ドヴォルザーク)

 課題曲Cでしたけど、
 印象は前述の須賀川とほぼ同じです。
 中間部の踊りの部分のテンポが無茶苦茶速く、ドラムセットがノリノリで演奏されていました・・・
 須賀川よりも更に「煽るような」雰囲気もありましたね。
 全国大会では何チームかこの課題曲Cを演奏するチームもありましたけど、
 淀川工業に代表されるようにテンポは概してゆったりめでしたけどね・・・
 中には市立川口のように異常にテンポが遅く「幽玄美」の世界を探求した演奏もありましたけどね・・
 なんで東北大会で聴いた課題曲Cは、皆テンポ設定を速くしたのだろう・・・
 偶然かな・・・??
自由曲のドボルザークの交響曲は、非常に練りに練られた構成という感じで
 演奏に勢いがあるし、たっぷりと歌っているし
 音色に切れ味があるし
 表現も泥臭い要素と洗練された要素の二つの側面を的確に表現していましたし
 自分としては大変素晴らしい演奏だと思います。

 ラストが何かたたみかけるような攻撃的な香りがしたのが少し引っかかりましたけどね・・・

 

 | BLOG TOP |