FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


マーラーの交響曲を聴くようになったのはいつの頃からだったかな・・・?
少なくとも高校・大学の頃は妙に毛嫌いしていて
「マーラーの音楽は訳が分からない・・・」
「難しい」
「作曲者は半分気が狂っている・・」みたいなヘンな誤解があったりして
あまり聴く気にはなりませんでした・・・

私がマーラーの交響曲を聴き始めるきっかけは、
交響曲第5番でしたね。
確か1990年の夏の終わり頃だったと記憶していますが、
仕事にて車で移動中、NHKラジオを付けていると
「追悼 バーンスタイン」というテーマの下、
「キャンディード序曲」・「「セレナード」等の自作自演の演奏とか
最後の演奏曲目となったベートーヴェンの交響曲第7番とかの曲目が紹介されていましたが、
その中で、マーラーの交響曲第5番第四楽章「アダージェット」が紹介され、
その不思議な哀愁と抒情性と清らかさ、みずみずしさに何か惹かれてしまい、
「へー、マーラーにもこうした美しい曲があるんだ・・・」と初めて知る事になり、
それがきっかけとなり、
第5番⇒第4番⇒第3番⇒第1番⇒第9番⇒第2番⇒第1番⇒第6番と
次から次へとマーラーを聴くようになり、
その魅力・素晴らしさが分かるようになっていったという感じでした。

1982年の東北大会で、実はマーラーの曲が自由曲として取り上げられていましたが、
この時点では、マーラーの曲は一つも知らなくて
この大会で、生涯で初めて(勿論アレンジものでしたけど)マーラーの曲を生で
聴いたものでした。
オケで初めてマーラーを聴いたのは、1992年のレナルト指揮/新星日本交響楽団の定期演奏会
だったと思います。


〇八戸高校

 B/交響曲第1番「巨人」第四楽章(マーラー)

 前年度の1981年の東北大会では、このチームはシベリウスの交響曲第1番第一楽章を
 自由曲として演奏していましたが、
 この演奏はかなり印象に残っています。
 シベリウス独特の「あの厳しい世界観」・「冬の情景」・「冷たさとほのかな情熱」を
 かなり高いレベルまで吹奏楽アレンジ版としても演奏し、
 恐ろしく内面的緊張感の高い演奏だったと記憶しています。
 出だしのクラリネットの長いソロも実に緊張感を持続した名演でした。
 この1982年の演奏は、前年度の「内面的緊張感」とは対照的に
 自分の気持ち・感情を外部に向けて吐き出す外面的効果の高い曲でしたので、
 確かに「良く鳴っている」という印象は受けました。
 だけど、結果としては
 「だからどうなの・・・?」
 「だから結局何が言いたいの?」という感じの演奏で終わってしまい、
 聴衆に何かを伝える所までは至っていなかったような気がします。

 最近の全国大会では中学の部でも、このマーラー/巨人を自由曲として演奏する学校もあり
 最近では伊奈学園が中々見事な演奏を聴かせてくれましたが、
 川口アンサンブルリベルテのマーラー/交響曲第5番第二楽章の演奏の感想を含めて述べると
 一言で言うと、
 吹奏楽でマーラーを演奏すると、
 何か妙にサウンドが単色というかモノトーンに聴こえてしまい、
 音が単色故に、表情も意外と濃淡・明暗がつけにくい
 意外と演奏効果に乏しいというのが自分の感想です。

 1982年の八戸高校の巨人も、恐らくはそういうモノトーンみたいなサウンド・表情だったのではないかと
 今にして振り返ると、そのようにも感じてしまいます。

 ま、マーラーはプロのオケが吹いても難しいのですけどね・・・
スポンサーサイト



4/6の「ハピネスチャージプリキュア」では
ついに「キュアハニー」の正体が
「実は私でーす」と明らかになってしまいましたが、
「何をいまさら・・・」と感じな所が何とも面白いですよね・・・
今回は終始ハニーの「ごはんのうた」が全編に流れている感じでしたけど
あのゆるーい歌を二週に渡って聞くと
何かこちらの頭が完全にとろけてしまうというか
洗脳されそうで怖いですね・・・・(笑)

もしかして5月のGWあたりから
「プリキュアショー」にもハニーが登場するのかな・・・?
まさかその際も、あのゆるーい「ごはんのうた」を謳うのかな・・・??

ハニーの事を書こうと思っていたら、
あの歌がいまだに脳内に留まっていて、何か妙な眠気を誘うから
それは別の機会にして、
またまた性懲りも無く3/30の「ハピネスチャージプリキュアショー」にて
お茶を濁します・・・
というか、本日4/6は朝から顧客のクレーム処理に追われて
一日中クレームの声がガンガン頭に響いているし、
ハニーの「ごはんのうた」が一方ではゆるーく響いているし
脳内が二つの相反する声に錯乱している感じです・・・(笑)





謝っているキュアプリンセス・・・

ポンコツなだけにこうした様子は何か妙にさまになっているような気もします・・・



CIMG6571_convert_20140406234426.jpg


謝っているキュアラブリー

素直でまっすぐな子だから、すぐに許せちゃう気がします・・・


CIMG6598_convert_20140406234506.jpg


戦闘シーンでの一コマ・・・

後姿のラブリーが何か珍しいなと思ったもので・・・

アニメ本編ではもう少しロングのポニーテールなのですけど
「被り物」としては、この位の長さが限界なのかも・・・

 | BLOG TOP |