FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の大会は、例年に比べてコンクールの開催時期が随分と前倒しされていたようにも
思えます。
通常は、東京都大会は9月下旬に開催され、全国大会は10月下旬に開催されることが多かったと
思いますが、
この年は、都大会は9/3に開催され、
全国大会は、高校の部は9/29の金曜という平日に開催され、中学はその翌日に開催されていました。
結果的に、中学と高校の部は例年に比べて一か月程度早く開催されたことになります。
何でこの年だけ、こんなにスケジュールが前倒しされたのかな・・・??
受験生を抱える親達から
「いつまでも受験生を長期に渡ってコンクールで拘束しないで、早く受験に専念させて」みたいな
クレームでも多発したのかな・・・??
大学・職場・一般の部は例年通り10月下旬に開催されていましたしね・・・

だけど、この年は高校の部が平日開催でしたからね・・・
結果的にこの年の高校の部は聴く事が出来ませんでした・・・
大学・職場・一般の部の開催場所が「東京文化会館」というのも何か意表をつかれました・・・
だってあんな音響がウルトラ級に悪いホールで開催と言うのも
何か出演者にとっては気の毒な気もしました。

結果論となってしまいますが、
私が全日本吹奏楽コンクールを生で聴けたのは、
2014年現在、この年2000年が最後になってしまいました。
あ、勿論、吹奏楽からこの年を持って足を洗ったという訳でもありませんでしたし、
音楽が嫌いになった訳ではありません。
理由は簡単で、
2001年以降、土日休みの業界から平日休みの業界に移籍をしたからです。
今でも全国大会とか支部大会が開催されると、本音では「あー、たまには聴きに行きたいなー」と
思うのですが、
仕事では仕方がありませんよね・・・

このブログでも何回かこの話は登場していますけど、
私自身、1988年~2001年の14年間は地方銀行の営業担当として長い間勤務していました。
だけど、2001年にこの銀行が破綻し、
当時は現在のように「金融再生法」という破綻後のスキームを定めた法体制が全く整備されていない
時代でしたので、
当時在籍していた行員は、ほとんど「解雇」という扱いになってしまいましたね・・・
勿論自分自身も
14年間頑張ってきたのに、
「散々こき使われて、挙句の果てにポロ雑巾のようにポイと捨てられる」みたいな形で解雇となってしまい、
2001年は、まずは「職探し」からというスタートになってしまいましたね・・・

だから、この2000年という一年は、何か「漠然とした不安」というか
「今後自分はどうなってしまうのだろう・・・」という目に見えない不安に付き纏われた一年でも
ありました。
ま、だけど結果的に、それまでの金融業界から、現在の「住宅・建築業界」への転身という形に
なりましたけど、
2001年のかなりやばい雇用情勢の中で、意外とすんなりと転職先が見つけられたのは
不幸中の幸いという感じでしたね・・
ま、当時は独身でしたし、
特に「守るべきもの」も無かったから
「自分一人ぐらい何とかなるかな・・・」と意外とお気楽モードだったのかもしれません・・・

だけど2000年という年は、結構仕事の上では悲惨だったな・・・
だって「破綻した銀行」なんて誰も相手にしてくれないし、
顧客の預金流失は全く止まらないし、
破綻管財人から営業担当に命じられた仕事と言えば、
「不良債権回収」の一言・・・
当時のスキームでは、
破綻銀行は、受皿というか営業譲渡先に対して、残った預金量と優良な債権のみを受け継ぎ
「不良債権」と認定されたものは全て「整理回収機構」に売却されるというものでした。
そして営業権と本支店と一部の行員のみ引き継ぐというものでした。

2000年当時、まずは支店内の債権について
優良債権と不良債権に分類し、
不良債権については、その借主たる顧客に対しては、

1.担保物件の任意売却又は競売し、自己破産して貰う

2.他行に債務を肩代わりしてもらう

3.整理回収機構に不良債権扱いとして売却

という身も蓋もない悲惨な条件を選択させ、指定日までに結論を出させるというのが
当時の営業担当の役割でした・・・
でもこれってすごい残酷な話で、
1と2は、大抵の場合他の金融機関の根抵当権が既に設定されているから無理だから
結局は、将来的に取り立て専門の回収機構にバトンタッチせざるを
得ない感じでしたね・・・
大抵の場合、
「10年前は、銀行の方からあんなに借りてくれ、借りてくれと頭を下げていたのに
 何でこんな掌返したように残酷な事をするの・・・」とか
「整理回収機構に廻されては、もう商売の継続は不可能・・・」
「一生恨んでやる・・・」とか
色々言われましたよね・・・
あれを毎日やっていると、こちらまでノイローゼになりそうでした。

全然関係ないのですけど、
高橋ツトムの漫画で「スカイハイ」と言う作品があり、
(2003年~2004年の二回、釈由美子主演でドラマ化・映画化もされましたね)
要は、成仏できない人間が
霊界の門番たるイズコから

1.素直に成仏して霊界に行く

2.永久にこの世を彷徨い続ける

3.成仏できない理由は、この世の人間に恨みを持っているから。だから、その恨みの対象の
 人間を呪い殺すことが出来る。
 但し、この場合、永遠に地獄に堕ちる事になってしまう

の三つの選択を突き付けられ、一定の時間内に答えを出さないといけないという
話だつたと思いますけど

今、振り返ってみると、
2000年当時、不良債権顧客に対して、自分達が付きつけた三つの選択肢は
この「スカイハイ」と何ら変わりがないというか
実に残酷なものでしたね・・・

ま、結果的に自分自身も、ほとんどの行員たちも
翌年の2001年には、営業譲渡先からの「解雇通知」を受け取る羽目になったのですけど・・・



〇山王中学校

 Ⅰ/寄港地

 やはり名門チームでもプログラム一番はきつかったのかな・・・
 音楽が覚醒しない間に始まり、終わってしまったような感じでした。
 課題曲Ⅰ/道祖神の詩は5分半程度の長い曲だから、
 「寄港地」は、ヴァレンシアだけに留めておいた方が良かったのかも・・・
 チュニス~ネフタのオーボエソロの部分も入れてしまったから
 「ヴァレンシア」が時間に追われるような感じになってしまい、
 テンポが早目過ぎたのは何かマイナスだったようにも思えます。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |