FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ハピネスチャージプリキュア」第四話は、予告を見ていて「大体こうなるだろうな・・」と
予想をしていたら、ほぼそのまんまの感じでしたので
やはり「正統派の王道を一直線に進んでいる」という感じですね。
実に今後が楽しみですし、
今回の主役のひめの成長がますます期待できそうな感じでした。

それにしてもオープニングの「10周年おめでとう」の今回の担当は
「キュアムーンライト」でしたけど、
この方は、他のプリキュアとは全然雰囲気が違いますね・・・
何かムーンライトが出るだけで緊張感が走るというか、独特のオーラというのか
圧迫感・存在感は感じさせてくれますね。
ムーンライトは、歴代最強との声が高いプリキュアですけど、同時に孤高のお人・・
この方が、つぼみとえりかと一緒に戦っていたなんて、今から考えると何か相当の「意外感」が
ありますよね・・・
2010年当時では、歴代最弱と最強の組合せであり、
歴代で最も身長が高いプリキュアと最も身長が低い凸凹の組合せでもありましたね。

前回のラストでブルー様より
「恋愛禁止令」という指令が出ていましたけど、
今回はそうした事に関係する話はありませんでした。

先日、ポール・ブリッツ様より

「今回は、プリキュアシリーズ初めて「三角関係」が見られるのではと思っております。

ラブリーとプリンセスの間で「恋を取るか友情を取るか」の二者択一を
迫られる展開が待っているのでは、と踏んでいるのですが。 」といった感想・コメントを頂きましたが
それを見て、
自分自身も「あ、確かに。なるほど・・」と感じました。

めぐみと誠司の「幼馴染」というのも中々面白い要素で、小さい頃から兄妹みたいに育つと
中々恋愛感情には至りにくいのですけど、何かのきっかけで「男女」としての意識が突然芽生える事も
ありますからね・・
現在は、コミュニティー障害のひめですけど、
この人は慣れてきて調子に乗ると、
他人の「領域」にも平気でズカズカ土足で入ってきそうな娘ですので、
もしかすると誠司に横恋慕する可能性も無い事はないのかな・・・??

「恋を取るか友情を取るか」の二者択一何て事はあり得るのかな・・・

それを示唆するものは、「ハートキャッチ」の番君の回で一度回答が出ているような気も・・・??

「私には恋よりもプリキュアの方が大切なんです」
「私も同じ想いよ!恋なんていらない!あたし達は…」
「二人でプリキュアよ」

果たして「ハピネスチャージ」はどういう展開を見せてくれるのかな・・・??





第四話でついにひめがお約束通り、めぐみの通う中学に転校してきました。
歴代プリキュアにも多くの転校生がいましたね。
舞・くるみ・せつな・エレン・まこぴーはごく無難に転校の挨拶も出来ていましたけど
(エレンは、かなりハイテンションの自己紹介でしたね・・・)
つぼみとみゆきは、かなりガチガチの状態で、
つぼみは、後のコンビとなるえりかに邪魔されっぱなしという感じでしたけど、
二人は何とか挨拶はしていました・・・
しかし今回のひめは、予想通り(?)かなり深刻でしたね・・・(笑)
さすがコミュニティー障害というのか、
結局は一言も言葉を発していない状態でしたしね・・

だけど、それは分かる気もします。
実は自分自身も転校生だからです。
私自身、生まれは青森県、小学3年から高校を卒業するまで育ったのは仙台、
だけど小学校3年間で結果的に親の仕事の都合上四回も転校を余儀なくされ、
毎回毎回転校生紹介の挨拶とか、クラスに慣れるまでは正直「苦痛」という感覚もありました。
相手のクラスメイトは、自分はよそもの扱い・・・
慣れるまでの間は、「興味本位の対象」・・・
だから、こちらもどう話していけばよいのか分からないし、その加減も分からない・・・
結局は手探り状態なんですよね・・・

ましてや、「ハピネスチャージ」のひめの場合は、
今までは「箱入り娘状態」で、無理して相手とのコミュニケーションを取らなくても
勝手に臣下の者達とかが全てを準備していた・・・
だけどブルースカイ王国の崩壊で、異国の地で一人暮らさなくてはいけない状態に陥り、
そうした中で、いきなり初対面の人と仲良くしろと言われても
無理なのは何か非常によく分かりますね・・・

ま、この辺りは経験者から言わせて貰うと、
結局は環境に慣れるしかない・・・
そして同時に、慣れる事から多くの経験を重ね、その中で相手を認め、そして相手から逆に
認めてもらう事で「自信」を積み重ねていく事、そして
「自分は今後こういう事をやりたい。その為には、〇〇という事を身に付けないといけない」みたいな
自発性が自ずから出てくると思うのです。

「ハピネスチャージ」のひめの場合は、
まだまだそんな段階ではなく、
ここからがむしろ始まり・・・
前作「ドキドキ」は、第一話からメンバー全員の高いレヴェルと自発性を誇っていましたが、
今回のプリキュアは、ラブリーの相方は、こうしたポンコツ・・・
だけどそのポンコツからいかに成長を図り、自発性を持つプリキュアに育つかは
歴代プリキュアをずっと見ていた者としては、
一つの「楽しみ方」でもあります。

だけど今回もラブリーは相変わらず勇猛果敢でしたね。
本当にラブリーは、プリンセスよりもプリキュアになるのが遅いとは思えないほどの
戦いぶりですし、
今回見せた、チョイアークのザコキャラを両手に持ち、それをサイアークに叩き付ける戦法は
まさに三代先輩の「キュアメロディ」の
「爪弾くは荒ぶる調べ!」の口上そのまんまでしたね。

今回のポイントは、やはり「ゆうゆう」かな・・・

この娘は本当に優しく癒し系のキャラになりそうですね。
趣味が「ご飯を作る事」ではなくて「ご飯を美味しく食べる」という事と今回判明しましたけど、
意外と、なおちゃん・うららに次ぐ「大食いキャラ」だったりして・・・??
今回の「ハピネスチャージプリキュア」は、
明朗活発で正義感が強いけど、突っ走り暴走系のラブリー、
コミュニティー障害でポンコツ系のプリンセス
孤高のツンツン系のフォーチュンという構成ですけど、
やはり、この性格バラバラの3人を融和・中和させる役割の人の登場は最早不可欠ですね・・・
それが恐らくは、キュアハニー、つまり「ゆうゆう」なのでしょうけど、
早く本編でも登場して欲しいものですよね。

そろそろ出てこないと、まじに
「オールスター映画」がぶっつけ本番になってしまうのかも・・・??
スポンサーサイト



先程記事に掲載した、日帰り天然温泉の帰り、
すぐ近くのマルエツにて少しばかり買い物をしていると、
何だかしらないけど、色々と「ハピネスチャージプリキュア」関連商品が出ているのですよね。
何かこういうのが売られていると、ついつい買ってしまうのですよね・・・(笑)





ポーチガムですけど、
まだラブリー・プリンセス・ハニーの3人だけです。
第一話でいきなり格好いい戦闘シーンを見せてくれたフォーチュンは、
可哀想な事に、いまだに商品化から除外扱いを受けています。
3月中旬から始まる「オールスター」にも唯一登場しません・・・
ハニーなんか、第4話終了時点で、まだ登場すらしていないのに
なぜかこうした他の二人と一緒に商品展開はされているというのにね・・・


CIMG6460_convert_20140225170142.jpg

ポーチガムの裏は、
変身前の姿ですね。
めぐみ・ひめ・ゆうこ、皆それぞれ可愛いですね。


CIMG6462_convert_20140225170213.jpg


プリキュアパンは、先週は大雪の影響で配送が止まったせいなのか
製造自体中止になったのか原因は不明ですけど、
先週来た際は一つも置いていなかったのですが、
今週は普通に店頭に並んでいました。
今回は、プリン風のサンドケーキにしてみました。


CIMG6465_convert_20140225170243.jpg


おまけのシールは、今回は「プリンセス」でした。
第一話の頃の「歴代最悪&最弱」という印象は段々と薄れつつあり、
プリンセスなりの成長を見せていますけど、
元々がお姫様という事もあり、ラブリー同様に可愛いですね。


CIMG6467_convert_20140225170310.jpg


最後に、
キュアラブリーの「タブレット」
光の当て方で表情が変化します・・・

先週から大分何だか知らないけど
「ハピネスチャージプリキュア」関連商品ばかり買っていたけど、
ま、そろそろいい加減にしないと
うちの奥様からのお小言を食らってしまいますけどね・・・

だけどその彼女自体が、くまモンだのバリィさんだのキティちゃんだのリラックマだの
ゆるキャラに目がありませんからね・・・
どっちもどっちですね・・・
本日は一週間ぶりのお休み・・・

昨日は仕事から戻った後、何か疲れを感じたので少し仮眠を取ろうと思っていたら
そのまま明け方5時近くまで爆睡してしまい、
それから二度寝をしてしまい、起きてきたのが昼頃・・
何か体が疲れているな・・・と感じ、久しぶりにリフレッシュを兼ねて
自宅から車で7~8分程度先の
「やまとの湯」という日帰り天然温泉に行ってきて、
3時間程度のんびりとお湯に浸かりながら、まったりとしてきました。





この「やまとの湯」は、このブログでも何度も登場していると思いますが、
「黒湯」の天然温泉です。
しかもお湯がぬるーっとしてい、体内に温かく染み入るような優しさもあったりして、
随分前からお気に入れの日帰り温泉です。
会員価格は平日は650円で、元々リーズナブルで、
一階がレストラン・床屋・マッサージの設備があり、二階が温泉設備となつているのですが、
一回の入場券で何回でも二階の温泉設備に入る事が出来、
本日も一度お湯に浸かり、
一度出て、床屋に行き
更にもう一回お湯に浸かる事が出来ましたので、
何か体も心もポカポカと温まったような気になれました。

本日は午後は大分暖かい陽気でしたけど、それでも黒湯がある露天風呂はまだまだ寒いです。
夏場に来ると、大体5分も浸かっているとかなりのぼせてくるのですけど、
こうした冬場は、お湯が冷めるのも早いし、露天風呂の温度もぬるめの傾向がありますので、
本日も15分程度露天の黒湯に浸かっていましたけど
全然のぼせたという感じはしませんでしたね。

以前このブログの記事にて、
「自分は元々高校あたりから身長・体重が全く変わらない」とか書きましたけど、
すいません・・・
それは訂正しないといけないかもしれませんね・・・
昨年暮れからしばらく体重計に乗っていなかったのですけど
久しぶりに測定すると、何と昨年末に比べて4キロも増加していました・・・
うーーん、久しぶりに体重が56キロを超えてしまった・・・
ま、そりゃそうですよね・・・
最近寒いからという理由で、布団で炬燵の中であれだけ何もせずにゴロゴロ食っちゃ寝していれば
そりゃ体重も増えますよね・・・

昔は、どんなに食べてもどんなに運動しなくても
全然太らない体質だったのですけど、
「太りやすくなる」というのは、やはり一つの「老化」の表れなのかな・・

先日書いた記事ではないけど、
「太りやすくなる」・「老眼」・「飛蚊症」と合わせて
段々と見えない所で気づかないうちに老化が実は進行しているのかな・・・??
一つ前の吹奏楽の記事にて、就実高校の1980年の自由曲「ル・シッド」のバレエ音楽について
触れましたけど、
このマスネーの「ル・シッド」のバレエ音楽は、
実は隠れた名作と言っても過言ではありませんし、
情熱的でもあるし、ロマンチックでもあるし、かったるい部分あるし、南国の太陽サンサンみたいに
眩しい部分もあったりと、かなり魅力的な曲です。
何でこの曲、世間一般にそれ程認知されていないのだろう、勿体無いとも感じますし、
まさに「知る人ぞ知る名曲」という感じで、
本当は自分一人の楽しみにしておきたいのですけど、
「クラシックの深い森」の中に置き去りにするのも何か気の毒な感じもしますので
少し取り上げたいと思います。

マスネーというと、フランスの歌劇の大家で
「マノン」とか「タイス」等の歌劇の作品で音楽史には欠かせない方です。
初心者向けの曲としては、やはり歌劇「タイス」の中の「タイスの瞑想曲」で世間一般的には
お馴染みなのかもしれません。
吹奏楽に関係した人ならば、組曲「絵のような風景」でお馴染みかな・・・
マノンとかタイスはどちらかと言うと抒情的な香りが漂う作品なのですけど、
「ル・シッド」は、マスネーにしては珍しく歴史的な英雄物の作品です。
というか、この歌劇、男ばかり目立ち、女性があまり出てこないような気もしますね・・・

あらすじを簡単に書くと・・・

「ル・シッド」とは「君主/征服者」という意味だそうで、
スペインの騎士ロドリーグが主人公。11世紀に存在したという実在の人物がモデルになっているそうです。

ロドリーグにはシメーヌという恋人がいるのですが、親同士の権力抗争に巻き込まれ、
ロドリーグはシメーヌの父を決闘の末殺してしまいます。
シメーヌはショックを受け、親の仇の憎しみと愛の板挟みで苦しみ、彼を拒絶。
ロドリーグはムーア人との戦いの陣頭指揮を任されて出征します。
ロドリーグは戦死したとの報せが届き、皆落胆するのですが、
それは誤報で、敵からも「ル・シッド」と呼ばれる程の活躍で勝利し、
ロドリーグ達はやがて華やかに凱旋してきます。
人々は歓喜で出迎えますが、シメーヌへの罪の意識から自害しようとします。
国王は裁きをシメーヌに委ねますが、本心は愛している彼女は結局許し、
ラストは「ハッピーエンディング」・・・

こんな感じだったと思います。

この作品には、「グランドオペラ」の流儀にのっとって2幕に7曲からなるバレエが入っており
これが歌劇「ル・シッド」のバレエ音楽と呼ばれる部分です。
同じような作品としては、グノーの歌劇「ファウスト」のバレエ音楽が
ありますね。
そう言えば、このグノーのファウストのバレエ音楽も吹奏楽コンクールで一時期よく
演奏されていましたね・・・

この「ル・シッド」のバレエ音楽は20分程度なのですけど
実に素晴らしい!!
マスネーはフランス人なのですけど、
音楽は「スペイン」そのものです。
7曲から構成されますが、1・3・5~7曲が、いかにもスペインらしい華やかな部分
2・4曲がだるさ・かったるさを演出した部分で
この対比も極めて鮮やかで面白いです。
特に6・7曲がそうなのですけど、
曲の至る所に「カスタネット」が登場し、いかにもフラメンコ・闘牛みたいなノリで
華麗にカタカタ鳴らしているのが極めて印象的です。
全然関係ないのですけど、
現在テレ朝日曜の朝八時半から放映されている「ハピネスチャージプリキュア」の中で
主人公の一人、キュアラブリーのフォームチェンジの一つに
「チェリーフラメンコ」があるのですけど、
あのノリは、まさにこの「ル・シッド」のバレエ音楽のノリの世界なのです。

「ル・シッド」のバレエ音楽は以下の7曲から構成されています。

1.カスティリャーナ
2.アンダルーサ
3.アラゴネーサ
4.オーバード(朝の歌)
5.カタルーニャの踊り
6.マドレーナの踊り
7.ナ・ヴァーラの踊り


第3曲の「アラゴネーサ」は、大変躍動的な音楽なのですけど、
このメロディーは、ラストの第7曲のナ・ヴァーラの踊りの部分で再現されます。
特に素晴らしいのは、第6曲ですね。
冒頭のコールアングレとフルートの長い掛け合い的なソロで開始され、
これにハープが美しく絡み、
タンバリンのロールから派手な踊りへの部分へと進展していくのですが、
これが実に情熱的というか、まさに「フラメンコ」の世界ですね。
この部分の木管楽器と言うか、ピッコロの使い方が実に巧いと思いますし、
リズム感が実にノリノリで、聴く方まで自然に何か踊りたくなるような音楽ですね。
ラストの「ナ・ヴァーラの踊り」はまさに圧巻です!!
終始リズムに乗って生き生きとした音楽が展開されているのですけど、
このバックのリズムの打楽器は何なのかな・・・
この曲、原曲を生で聴いたことないから分からないのですけど、
ビゼーの「アルルの女」のファランドーレの踊りで使用された「プロヴァンス太鼓」なのかな・・?
「プロヴァンス太鼓」はフランスの一種の民族楽器みたいなものだから、
スペイン風の音楽に仕上げても、さすがにフランス人のマスネーと言う感じなのかな・・・

私、嫌なことがあって気持ちが凹んだ時とか、気分をリフレッシュさせたい時は
よーく、この「ル・シッド」のバレエ音楽を聴きますね・・・
だから本当は、自分一人だけの楽しみにとっておきたいのですけどね・・・
このいかにも南欧的な明るさは、ホント、世俗的な悩みを簡単に一掃させてくれます。

この曲を生で聴く場合、お勧めの演奏は
東芝EMIから出ている、ルイ=フレモー指揮/バーミンガム市響ですね。
これは断然素晴らしい演奏だと思います。
カップリングも、絵のような風景とシャルパンティエの「イタリアの印象」だから
尚更よいですね。
〇就実高校

 B/「アロンソの結婚」間奏曲

 最近「就実高校」の校名を全国大会ですっかり耳にしなくなりましたね・・
 何かオールドファンとしては少し寂しい気持ちも・・・
 この学校の全盛期だった頃と自分の中学~大学時代が被りますし、
 特に1980年の「ル=シッド」、82年の「幻想舞曲集」の歴史に残るウルトラ名演が
 極めて印象に残りますので、
 何か「就実」と聞くと、当時の記憶・出来事が何かいまだに脳にフィードバックされる感じです。

 現在のスクールバンドは、圧倒的に女の子が多く、
 何か男子生徒は肩身が狭そうですね・・
 見た感じでは、50人中40~45人程度が女の子というチームが多い感じもします。
 自分が吹奏楽に関わり始めた1970年代後半は、
 大体部員の男女の構成比率は50対50という感じだったと思いますし、
 現在のように、精華女子・光が丘・鈴ヶ峯・玉名・江戸川女子・安城学園などの素晴らしい演奏をする
 「女子高チーム」はまだまだ珍しい時代でもあったような気がします。
 1978年に中村学園が女子高校として全国大会に初出場し、
 その翌年にこの就実高校が女子高校として二番目に全国大会出場をなしどけています。

 厳密な話をしますと・・・
 「女の子だけのチーム」の演奏と言うと、
 一般的には、中村学園が初めてという印象が強いと思いますが、
 マニアック的に言うと・・
 (ずっと以前このブログでも取り上げましたけど)
 1960年代前半に、職場の部に
 「林兼産業女子吹奏楽団」というチームが存在し、
 交響詩「フィンランディア」・エルザの大聖堂への行列・組曲「リチャード3世」などの演奏で
 全国大会にも何度か出場し、
 確か一度は三位以内の入賞を果たしています。
 だけど残念ながら、1970年代以降は、その名前を聞く事はなくなりましたけど・・・
 解散したのかな・・・??
 
 古い書籍ですけど、
 1983年頃にエイト出版から出された「吹奏楽と11人の先生」という本があり、
 この中で、就実高校の村松勲先生も取り上げられています。
 いやいや、これを読むと中々面白いものがありますね。
 村松先生自身、地理の先生で、音楽とは実は全く縁もゆかりもない方だったのに、
 昭和30年代に、岡山県で開催された国体のマーチングバンドの就実の指導者として
 たまたま任命され、しぶしぶ引き受け、なし崩し的にそのまま「吹奏楽部」の指揮者兼顧問に
 なってしまったとか、
 村松先生自身は音楽の素人でも、奥様が一日中クラシック音楽のFMを聴いていて、特に
 「スペイン音楽」に造詣が深く、その影響を受けて、就実の自由曲には
 スペイン系の作曲家が多いとか、
 中国大会にまでは進めるのだけど「全国大会」の壁が分厚く、中々全国大会に進めなかったとか
 初出場を決めた1979年の中国大会は、朝から大荒れの台風の中での大会で、
 この年、出雲・川本・基町などの常連校を抑えて初出場を成し遂げ、
 「就実台風」が到来したと感激した話とか
 例えば1982年の課題曲D/サンライズマーチのように、メロディーの中に
 オリジナルで歌詞を付け、部員がこれをハミング・歌う事で、
 「自分達の音楽」として自然とすんなり入り込めるとか
 色々興味深い記事が満載でした。

 この1979年の演奏も、実に「鮮やか!」という印象ですね。
 ヒメネスの「アロンソの結婚」なんて曲、当時誰も知らなかったと思いますが、
 たまたま来日し岡山県で演奏したあるスペインの管弦楽団がこの曲を演奏し、
 「是非この曲を自由曲として演奏したい!」と思った村松先生が、
 直接このスペインの楽団と交渉したり、スコアを当時としては珍しい個人輸入をしたりと
 色々と苦労があったみたいですね。
 課題曲の幾分抑制された感情を一気に自由曲で爆発させてしまったような感じで
 その対比も実に鮮やかでした。
 
 だけどこのチームが真価を発揮するのは、翌年のマスネーの「ル=シッド」です。

 | BLOG TOP |