FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年当時、私の担当楽器はクラリネットで、当時のコンクール課題曲はC/幼い日の想い出でしたので、
コンクールで他校が、課題曲A/フェリスタスを演奏しているのを聴くと
「あー、いいなー、うらやましいな・・・」と感じたものでした。
特にフェリスタスのアルトサックスのソロは本当に格好良くうっとりとさせられるメロディーを
ヴィヴラ―トかけまくりで吹いてる奏者が多かった中で、
当時はアルトサックス奏者が眩しく感じたものです・・・

でもこの半年後、自分自身がクラリネットからアルトサックスにコンバートされて分かったのですけど、
アルトサックス程音を出し易い楽器は無いという事です。
正直、クラリネットという楽器は大変神経質で吹くのがかなり難しい楽器なのですけど、
アルトサックスは、言葉は悪いのですけど、
どんなアホでも、音は簡単に出せるし、すこーし練習すれば
ヴィヴラ―トかけまくりの甘い美しい音は簡単に出せる楽器という事に気づいたのでした・・・

勿論誤解があるといけないので補足しておきますが、
アルトサックスにはアルトサックスなりの難しさはありますし、
確かに簡単に音は出せるものの、そこから先の上達が中々難しい楽器でもあります。
だけど、当時クラリネットで中々いい音が出せなかった自分が
アルトサックスにコンバートされるや否や、
簡単に美しい音がいとも簡単に出せるという事実に
当時としては、多少有頂天になっていたのかもしれませんよね・・・
だけどアルトサックスにコンバートされるや否や、
例の課題曲A/フェリスタスのソロを
調子こいて当時吹きまくっていましたので、
当時の周囲の人たちはいい迷惑だったのかもしれませんよね・・・・


〇白子高校

 C/歌劇「運命の力」序曲

 先程、課題曲C/幼い日の想い出の悪口みたいなものを書いていましたけど、
 このチームの課題曲Cは、当時の自分の愚痴を吹っ飛ばすような素晴らしい演奏でしたね。
 言葉にするのは難しいのだけど、何か「ファンタジー感」というのか「郷愁」というのか
 何か甘酸っぱい感じが漂う演奏で、
 全体的に指揮者と奏者の「誠実さ」というのか
 普通の先生と生徒が一生懸命練習して作り上げた「手作り感」が滲み出ている演奏で
 私は好きな演奏です。
 自由曲も、この年の2年前に今津中学が、木村吉宏氏の名アレンジで
 歴史的名演を残した曲なのですけど、
 このチームは藤田玄播氏のアレンジで臨んでいました。
 木村氏のアレンジは、原曲の雰囲気をかなり大事にしたもので、
 藤田氏のアレンジは、吹奏楽としての響きをイメージしたアレンジで
 かなり印象としては違いがあるようにも思えます。
 このチームも、多少ぼんやりとしたというかもやもやした部分も無い事はないのですけど、
 課題曲同様「誠実さ」が滲み出た演奏であり、
 決して冒険もしていないし、劇的雰囲気がある訳ではないけど
 丁寧な音楽作りで大変よく歌い上げていて、
 自分としてはかなり好きな「運命の力」です。
 個人的には大変惜しい銀賞・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |