FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ハピネスチャージプリキュア」が始まってまだ三回ですけど、
何か個人的には前作「ドキドキ」以上にツボにはまっています・・・
テレビ埼玉では、毎週木曜PM18:30~「プリキュアシリーズ再放送枠」があるのですけど、
先週「ハートキャッチ」が大団円を迎え、
本日から「スイートプリキュア」が始まりました。
何か週に二回もプリキュアが楽しめることは、
星空みゆき風に表現すると「ウルトラハッピー」という事なのでしょうね。

さてさて「ハピネスチャージ」ですけど、
序盤の今後の見所というか課題は、三つほどあるような気もします・・・

①ひめ、というキュアプリンセスの心の弱さの克服というのか、
 まずは「コミュニティー障害」にどう対応するのか・・・

②キュアフォーチュンとの関連

③プリキュア内恋愛禁止令

①についてですが、
次回からいよいよひめがめぐみの学校に転校してくるというお約束イベントが開始されるのですけど、
ひめは歴代でも珍しいというか、内気・人見知り・知らない人とのコミュニケーションが全くできないという
ハートキャッチのつぼみ以上のコミュニティー障害を抱え込んでいます・・・
今風に言うと、めぐみみたいな「リア充」に対して「ぼっち」のひめが
学校と言う「一つの組織」の中でどのように関わっていくのか・・・
何かひめにとっては、序盤で色々な意味で試練がありそうですね・・・






「コミュニティー障害」と言うと、最近漫画でも評判となり昨夏アニメ化された
「もこっち」が記憶に新しい所ですけど、
さすがにひめはここまではひどくはないか・・・

それに恐らく、今後優しいゆうゆうとか誠司などが色々と関わる中で
徐々にひめのコミュ障も克服されていくのでしょう・・・


maxresdefault_convert_20140220225904.jpg


さてさて、②の孤高のキュアフォーチュンですが、
キュアプリンセスに対しては、最悪の感情しか持っていないようですけど、
そうなった動機・背景が今後明らかになっていくのでしょうけど、
やはりパンドラの箱と言うべき「アクシアの箱」の開封で何かプリンセスがヘマしてしまい、
それに対して何らかの被害・犠牲を伴ったフォーチュンが
怒りを持っているのでしょうかね・・・

それにしてもフォーチュンの
「私はあなたを許さない!、絶対によ!!」の一言は強烈・・・

この言葉はスイートの「絶対に許さない!!」と何か少し被りますね・・・


happp.jpg

③の「プリキュア内恋愛禁止」はかなり面白い試み・・・

現在は、誠司とめぐみは、小さい子供の頃から兄妹のように育った幼馴染というか腐れ縁の関係の為
お互いに「異性」として全く意識していない感じの様ですけど、
ストーリーが進展するにつれて、この二人の関係もやがては「淡い関係」に
進展するのかもしれませんね。
「フレッシュ」の大輔とラブの「あまずっぺー関係」あたりまでは
発展するのでしょうけど、
それが後に、異性間の甘い感情とプリキュアとしての約束事というのか「プリキュアとしての資格」
という相反する二つの事柄で葛藤する要素が
今後あるのかもしれませんよね。

歴代プリキュアでは、こうした異性に対する感情は比較的希薄に扱われましたので、
それに正面から切り込もうとする「ハピネスチャージ」は中々大胆ですし、
今後面白くにりそうな予感は十分ありますね。

それに「恋愛禁止令」を言いだした神様、ブルー自身何か色々とありそうな雰囲気・・・

ブルー自身が何か過去において恋愛で痛い目にあったのかもしれませんし、
OPの画像で示唆されている通り、
幻影帝国のクイーン・ミラージュと昔何か色恋ごととか悲恋とか何かあったのかも
しれませんよね・・・
ま、この辺りは全然予想できませんけど・・・
ブルーが以前恋愛で痛い目にあったから、現役プリキュア達に「恋愛禁止」を
押し付けているのかもしれませんしね・・・

だけど、歴代プリキュアに「恋愛禁止令」を出してしまうと、
困るのは、藤P先輩に恋するなぎさ、和也さんに恋する咲、ココとナッツに恋するのぞみとこまち、
王子先輩に恋い焦がれる奏なんかは困ったことになりそう・・・
それに何よりも歴代プリキュアでは、
なぎほの・咲舞・のぞりん・こまかれ・ラブせつ・つぼえり・ひびかな・なおれいに代表される
「百合キュア」(?)もいますし、
何よりも先代の「マナちゃんハーレム」だってありますからね・・・
スポンサーサイト



現在だったら信じられない話かもしれませんけど、
この当時は、吹奏楽コンクールの会場に、父兄とかOBとか堂々と録音機器を持って
会場内に入り、普通に実況録音していましたね。
勿論当時は「カセットテープ」を使用しての録音でしたけど、
最近の10代の若い人達は「カセットテープ」何ていっても
既に「死語の世界」なのかも・・・
吹奏楽連盟の人も会場の警備の方も何か見て見ぬ振りという感じでしたので
時代もまだ大らかだったのかもしれませんよね・・・

自分自身も、この年は宮城県大会・中学の部A部門に出場しましたけど、
正直本番は、練習の成果をほとんど発揮できないまま
不本意のまま不完全燃焼のまま
終わってしまったという感じでした・・・
課題曲がC/幼い日の想い出だったのですけど、
出だしのffで既に、指揮棒と音のタイミングが噛み合わないまま始まり
その動揺が自由曲になっても解消されずに終わってしまったという感じでした。

当時の宮城県大会は、中学の部門が終わった後に一般の部の審査が開始されるという
強行スケジュールでしたので、
自分達は結果発表を待たずに会場を去り、
自宅に戻り、
固定電話の連絡網で結果を聞くという感じでした。
現在ならば、メールで情報が一切発信という感じなのでしょうけど、
固定電話の連絡網と言うのは
何かいかにも「時代」を感じさせますね・・・(笑)


〇尼崎西

 B/アルメニアンダンスパートⅡ

 いやいや、すごい豪快な演奏です。
 普門館を新幹線が駆け抜けていったような猛烈なスピード感のある演奏です。
 当時関西地区は、天理・淀川工業・兵庫・尼崎東・洛南といった強豪がひしめきあう
 大変な激戦地区でしたけど、
 全く無名だった尼崎西が代表を掴んだのはさすがだと思います。
 当時の指揮者は中村弘之先生で、確か昭和40年代に関西学院大学の学生指揮を務めて
 「キャンディード序曲」で優勝をもたらした方なのですけど、
 この方が母校でタクトを振ったみたいです。
 この辺りの経緯は、確か1982年のBJの記事にも掲載されていました・・・
 リードの「アルメニアンダンスパートⅡ~ロリからの歌」は、
 同年の浜松工業も取り上げ
 翌年の玉川学園も自由曲として演奏しています。
 浜松工業は、カットは多いけど洗練された演奏、
 玉川学園はノーカットでこの曲を一直線に駆け抜けますが、まだ理性も洗練もある品のある
 演奏を展開するのに対して、
 尼崎西は、いかにも関西人らしい(?)演奏と言うか、
 玉川の「ええかっこうし」の演奏に対し
 「下品でどこが悪いねん・・・」ばりの本能むき出しの豪快な荒っぽい演奏を聴かせてくれています。
 少しサウンドが生臭い感じもしますし、荒すぎる気もしますが、
 確かに「生命感」・「躍動感」・「ダイナミックス」は十分に伝わってきます。
 だけどこういう演奏は、評価も割れてしまいそうな感じですね・・・

 このチームは1982年にも三度目の普門館出場を果たしますが、
 この時の自由曲の「スペイン奇想曲」は残念なソロミスもありますが、
 自信満々の躍動感あふれる演奏を聴かせてくれています。

 私は個人的には、82年の演奏の方が好きですね・・・

 | BLOG TOP |