FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2/2より「ハピネスチャージプリキュア」が始まって以来、
何か私、このブログでは、この新しいプリキュアの事ばっかり書いていますね・・・(笑)

そうですね、たまには私の本来のホームグラウンドである
クラシック音楽の事でも書いてみたいと思います。

何かこうやって寒い日が続き、先日の関東の大雪の被害の痕跡を見ると、何かついつい暗くなってしまいがち
なのですけど、
こういう時こそ、何か底抜けに明るくてファンタジーのあるバレエ音楽なんかを聴きたくなります。
そうした場合、うってつけの一曲がありました。

ドリーブ作曲のバレエ組曲「シルヴィア」です。

ドリーブと言うとやはりバレエ音楽「コッペリア」が有名ですし馴染みがあると思うのですけど
この「シルヴィア」も負けず劣らず素晴らしい音楽です。
コッペリアもシルヴィアもバレエ音楽の中から5曲ピックアップされバレエ組曲として編曲されていますけど、
この編曲は共にドリーブ自身によるものではないそうです。

バレエとしての「シルヴィア」は、同じ時代のアダンの「ジゼル」と共に
現代においてもクラシックバレエとして世界中のバレエ団のレパートリーとして完全に定着している事は
凄い事ですよね。
色々と理由はあるとは思いますが、やはり音楽が良いのもその一つの理由かとも思います。

バレエ「シルヴィア」は、ギリシア神話から題材を取っています。

簡単にあらすじを書くと・・・

羊飼いの青年アマンタは、美しい妖精シルヴィアに恋をしてしまつた・・・
しかし、妖精と人間の恋愛はタブーで、二人の恋は元々ご法度もので成就出来そうにもない・・・
そんな二人を愛の神エロスが近づけようするが、悪しき狩人のオリオンがシルヴィアを奪い
自分の洞窟に連れ帰ってしまう・・・
拉致されたシルヴィアはオリオンをお酒で酔いつぶし、
そのすきにキューピットに助けられて洞窟から逃走を図る。
最後は愛の神エロスの慈愛により、めでたくシルヴィアとアマンタは結婚し、
大団円を迎える・・・

確かそんな感じの話だったと思います。

それ程難解なストーリーではないし、音楽も明るく楽しく美しくファンタジーに溢れていますので
実にこのバレエとマッチしているようにも思えます。

このバレエから別の人がアレンジ・編成したのがバレエ組曲「シルヴィア」なのですけど、
以下の4曲から構成されています。

Ⅰ.前奏曲と狩の女神

Ⅱ.間奏曲と緩やかなワルツ

Ⅲ.ピッチカート

Ⅳ.バッカスの行列


印象的なのはⅡかな・・・ 後半のワルツははっとする程美しくロマンに溢れています。

Ⅰは、荘厳な感じで始まりますが、この部分はⅣでも再現されます。
Ⅲは、終始弦楽器のピッチカートが曲全体をリードしますけど、
何かチャイコフスキーの交響曲第4番第三楽章もこういうピッチカートで奏でられる楽章なので
何か似たような雰囲気があります。
そう言えばチャイコもバレエ音楽のジャンルで素晴らしい名作を残していますしね・・
Ⅳは、この組曲の一つの圧巻とも言えるぐらい華やかな音楽が展開されていきます。
出だしのトランペットの響きが極めて印象的です。
ラスト近くで一旦曲が静まり、ティンパニーのソロで再び曲が躍動し、華麗に曲が閉じられていくます。
バッカスと言うと、「ディオニソス神」、つまり酒の宴席の神様なのですけど、
いかにも豪快な酒宴という感じもします。

この組曲、吹奏楽にも編曲され、
たまーにですけど全国大会で自由曲としても演奏されています。

この組曲版をCDで聴く場合、お勧めは、ボニング指揮/ニューフィルハーモニアですね。
よく他の人はアンセルメ指揮盤を勧めるみたいですけど、少しというかかなり録音が古いのが
玉にキズ・・・
スポンサーサイト



プリキュアシリーズの「チョコスナック」ですけど、
これって毎回毎回デザインガとても綺麗で、各主人公達がとても美しく生き生きと描かれているので
毎回とても楽しみにしています。
「ハピネスチャージプリキュア」が始まって、3週間程度になるのですけど、
一向にこのチョコスナックを見かけなかったので、「あれっ」と思っていたら、
本日買い物中に、うちの奥様から
「セブンイレブンに置いてあったよ」と聞いたので、
早速行ってみると、ようやくゲット出来ました。






というか、相変わらずデザインのレベルが高い・・・
今回は「ラブリー&ピース」でしたけど、
いずれハニー・フォーチュンも加わったデザインになっていくのでしょうね。
この「プリキュアチョコスナック」は一年に三回デザインが変わりますので、
その都度ごとに楽しみです。



CIMG6439_convert_20140218185346.jpg


このチョコスナックにはカードのおまけが付いています。
今回は全10種類なのですけど、ハピネスチャージが5種類、前作「ドキドキ」が5種類あります。
今回は、「プリンセス」でした・・・

最初だから是非「ラブリー」を・・・と思っていたのですが、
ま、これは仕方が無い・・・
ラブリーを当てると「次はプリンセスを・・」と思うのは目に見えているので
順番が逆になっただけと思いましょう・・・(笑)

でもこの「チョコスナック」の発売元はバンダイなのですね、
バンダイと言うと玩具メーカーという印象が強いのですけど、こういうお菓子系とか食玩にも
色々力を入れているのですね。
確かバンダイは台東区駒形に所在し、浅草にも結構近かったと思います。
一度会社前を通ったことがあるのですけど、
ショーウィンドゥに、様々なアニメ系キャラクターが並んでいたのが印象的です。
中に入ると、ショールームとか陳列棚とかもあったりするのかな・・・??
(中に入ったことはないけど、何か興味はありますね)
今はまだ寒い2月ですけど、3月になると春の選抜高校野球が開催されます。
私、サッカーは全是興味がないのだけど、野球は高校野球もプロ野球も結構好きなんですよ・・・
昔の話ですけど、1997年に初めて日本がサッカーワールドカップ出場を果たした深夜の試合の際も
その試合に全然興味が無くて
別のチャンネル、テレビ東京の「スターボーリング」(司会はまだメジャーに鳴る前のくりいむしちゅー)を
見ていて、その話をしたら、社内で「非国民!」とバッシングされましたけどね・・・(笑)
そうそう、私、ボーリングは昔から結構好きで
大学生の頃は、一日30ゲームした事もあります。
(当時の後楽園ホールのボーリングセンターは、うちの大学と提携していて、10ケーム1500円程度の
 回数券を購買で販売していました・・・)

今年の高校野球ですごいなーと思ったことは
東京の都立小山台高校が選抜に選ばれた事ですね。
意外だったのですけど、東京都の都立高校としては初の選抜出場という事ですが、
確かに都内の私立高校は強豪揃いですからね・・・
この高校は、都内でも頭の良い学校で、結構スポーツも盛んで
「文武両道」を絵に描いたような学校です。
この学校、読み方は「こやまだい」なのですけど、
近くに「尾山台=おやまだい」という地名もあるから少し混合しますね・・・

小山台高校には吹奏楽部もあり、1970年代頃から何度も都大会に出場し、
自分自身も何回か聴いたことがありますが、比較的吹奏楽オリジナル曲を自由曲として
選ぶ傾向にあり、印象としては、
「自分たちの言葉で音楽を奏でている」・「音楽が型にはまっていない」・「自由自在」という
感じがします。
特に印象が強い演奏としては
1991年の都大会で演奏した
課題曲B/コーラルブルーと
自由曲の「ディメンションズ」ですね。
この演奏、生で聴きましたけど、実に素晴らしかったと思います。
課題曲のけだるさとスピード感の対比も良かったけど
自由曲の何か「無限の数学」みたいな雰囲気のある演奏も実によかったですね。
中間部で少し音楽がだるみ、木管の響きが濁った傾向にありましたけど、
ティンパニーのソロを経ての全合奏で閉じる終わり方はなかなかのものがありました。
全体的にとてもよく考えられた演奏であり、
銅賞は少し気の毒のような感じもします。

この「ディメンションズ」の作曲家は
都大会のプログラムでは、グラハムとなっていて、
「吹奏楽ベストセレクション91」のCDの解説書にもグラハムと表記されていましたので、
ずっとそう思っていたら、
実は最近の吹奏楽コンクールで何度も自由曲としてお馴染みの「ハリソンの夢」の作曲者でも
あったのですね・・・
「ハリソンの夢」の作曲者の表示が「グレアム」となっていたので、
「ディメンションズ」のグラハムと同じ作曲家だったとは最近まで全然知りませんでした・・・
「ハリソンの夢」もいい曲ですよね。
2003年に洛南高校が全国で初めて取り上げ、その後小平六中とか川口アンサンブルリベルテなど
多くのチームが名演を残していますね。

この作曲家は、傾向として最初に「ブラスバンド」(金管楽器の演奏)として曲を作り
それを吹奏楽用にアレンジするパターンがあるみたいですけど、
「ディメンションズ」もそうした作り方をされています。

「ハリソンの夢」もいいけど、
どこかのチームで、現在ではすっかり忘れられた「ディメンションズ」も演奏してくれないかな・・・
「ハピネスチャージプリキュア」が開始され、まだ第三話なのですけど、
やはり「キュアラブリー」が可愛いですね。
天真爛漫で明るく元気でフレンドリーな所は、正統派ピンク系をしっかりと受け継いでいて
その上で、口が達者というのか、
相手の長所を直感で見抜き、それを論理的に言葉として相手に分かり易く伝える
「コミュニケーション力」の高さは、
案外、先代「ドキドキ」の相田マナすらも凌ぐ天性のものなのかも・・・??
相方のひめが、現況幾分コミュニティー障害を抱えている要素もあるので
やはりめぐみとひめのコンビは、
「二人で足りない部分を補い合っていく」という感じなのかもしれませんよね。

ひめは元々は王女なのだから、
本来は、勉強・武芸・学芸などはできはずの娘なのに、それが出来ていないのは
やはり「気持ち」の問題・・・
恐らくは、本来の能力としては、ほぼ全ての項目においてめぐみを上回っているのでしょうけど、
現況の気持ちの弱さ・コミュニティー能力の欠如から
そうした点がほとんど発揮されていないという現状なのでしょうね。
そうした点をめぐみと一緒になって克服し、
後に登場するハニー・フォーチュンといかにチームとしての結成を図っていくかが
まずは当面の課題という感じなのでしょうね。

王女というと、スイートのアコちゃんとか
前作「ドキドキ」のアン王女を思い出してしまい、特に前作「ドキドキ」での勇敢可憐な
アン王女と対比すると、やはりどうしてもひめのポンコツ振りが
あまりにも際立ってしまいますね・・
(ま、それがいい所なのだけど・・・)




それにしても「キュアラブリー」はホント、可愛い・・・

通常変身でも変身前の姿でも、フォームチェンジをしてからでも
何か全てが可愛いという感じですね。

これで「おっちょこちょい」・「ドジ」という要素も加わるから
まさに無敵ですね・・・
「スマイルプリキュア」のキュアハッピーも相当の天然のおっちょこちょい娘で、
ハッピーの場合、どちらかというと自爆系のドジ娘でしたけど、
ラブリーの場合、おせっかい焼きでフレンドリーな部分がついつい勢い余ってドジしてしまうという
感じですね。

でも、ホント、この一年間楽しみですね。
1979年当時は仙台近郊の中学二年でしたけど、
この当時はまだ前年1978年の「宮城県沖地震」の被害跡が全て払拭されていない感じもありました。
勿論、2011年の東日本大震災の甚大な被害よりは、小さい規模かもしれないのですが、
(昨年今年と会社の仕事の関係で何度か仙台に行っていますが、やはり海岸部の被害の痕跡は
 まだ相当大きいみたいです・・・)
この「宮城県沖地震」も相当の被害が出て、
この地震でコンクリートブロックの下敷きで亡くなる方がかなりいて、
それが一つのきっかけで
確かコンクリブロックの間に鉄骨支柱を入れることが確か義務化されたような記憶があります。
事実、自分の通っていた中学の同級生の弟さんが、この地震でコンクリブロックの下敷きとなり
亡くなられています・・・
1978年~79年前半の学校給食もストップされることはなかったものの
確か調理センターの建物に被害が出て、調理が出来ず、
パン・牛乳・ヨーグルト・チーズなどは出るものの
「おかず」はこの期間中は自宅から持ってきても良いという特別ルールが適用されていました。
そうそう、確か翌年の1980年から、自分の中学では学校給食として初めて
「ご飯」が登場し、当時は正直「えー、白いご飯かよ・・・」と驚いたものです。
でも、栗ご飯とかおこわとか五目飯とかたまーに出ていましたので
結構面白かったですね。


〇福岡工大付属高校

 D/狂詩曲「タラス=ブーリバ」

 この学校は、1960年代前半に天理高校から二年に渡って「一位」を奪取し、
 「ローマの松」・チャイコの交響曲第4番終楽章で鮮やかな演奏を聴かせてくれていました。
 だけどこの学校は一度学校倒産という憂き目にあってしまい、
 その後「福岡工業大学付属高校」として蘇るまでは色々と苦労はあったようです。
 その辺りは、1983年にエイト出版から出された「吹奏楽と11人の先生」という本に色々と掲載されています。
 (この本、中々入手出来ないのですよね・・・アマゾンで検索したら何と3万の値が付いていた・・・)
 この学校が十数年ぶりに全国大会に戻ってきた時は、やはり関係者は当時相当感慨深いものは
 あったらしいです。
 そうした事情が背景にあるのかどうかは不明ですが、
 この演奏を一言で述べると「ホットな演奏」です。
 実に熱い!!
感情が、叫びが、気持ちの高ぶりがストレートに伝わってきます。
 後年の洗練された福岡工大付属の演奏と同じ学校と思えないほど、音もサウンドも荒っぽいのですけど
 「何かを伝えたい」という気持ちはストレートにガンガン伝わってきます。
 いや、この演奏は今聴いてもかなり泣けてきますね・・・
 課題曲はこの大会唯一の課題曲Dですけど、
 木管セクションがあまりにひ弱い・・・
 一方自由曲の「タラス=ブーリバ」~予言とタラス=ブーリバの死は
 金管、特にトロンボーンの武骨な響きが半端なくすさまじいです・・・・
 金管セクションは音が割れる寸前までバリバリに鳴らしていますが、
 その悲壮感が実にこの自由曲の「叫び」とマッチしていて、非常にたたみかれるような演奏を
 展開しています。
 拙い部分は多々ある演奏なのですけど、聴いている者に
 「何か」を確実に伝えている演奏だと思います。
 限りなく銅賞に近い演奏なのですけど、ギリギリのところで銀賞をキープ出来て
 良かったと思います。
 だけど、音楽的充実感・感銘度はトップクラスの素晴らしい表現力だと思います。

 | BLOG TOP |