FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


大分「ハピネスチャージプリキュア」にも慣れてきました。
どうしても前作の先輩プリキュアというかエリート集団(?)の「ドキドキ」の優秀振りに
慣れてしまうと、どうしても最初は
「えっ?、なにこのポンコツプリキュアは・・・」という感じになってしまいがちなのですが、
やはり「キュアラブリー」があまりにも可愛いので
全部許せちゃう感じなのかも・・・
それに今回のプリキュアのポンコツの役割は、「キュアプリンセス」の方ですから・・・

だけど、このプリンセスも中々可愛いのですけどね。
2/16の第三話にて、初めてまともなプリンセスを見たような気もしますけど、
ま、元々この人は「王女様」なのだから、
やればできる娘であり、出来ないのは、リボンの指摘する通り「気持ちの問題」なのかもしれませんよね。

今回の話は、めぐみのおっちょこぶりとか落ち着きの無さ、慌てんぼう振りが
出てきましたけど、
ま、この辺りはいかにも伝統的なピンク系に受け継がれてきたものですね・・・
今回は、プリンセスがフォローに廻り、
ラブリーが初めてサイアークの浄化に成功し初撃破となりましたが、
やはり主人公の敵撃破は、絵柄的にもすっきりとしますね。

ハピネスプリキュアの売りの一つに「フォームチェンジ」があるのですけど、
今回初めて、ラブリーが、通常モード⇒チェリーフラメンコにチェンジしましたけど
中々格好いい・・・
というか化粧をしているせいか、意外と大人っぽい感じがしました。
こうなると早く「ロリホップヒップホップ」へのフォームチェンジも見てみたいものですね。
あれは、公式のHPでも番組内のOPの歌で既にお披露目されているのですけど、
何かあのラブリーの黄色い衣装とツィンテールが気になって仕方がないのですよね・・・
プリンセスのマカダミアフラダンスと合わせて、番組内でのお披露目が楽しみで
仕方が無いですね。





こうした「フォーチェンジ」のプリキュアと言うと、二代目のSSを思い出します。
SSの場合、例えばブルームの場合、花のプリキュアか月のプリキュアになるかは
当人はおろか、パートナーの妖精にすら変身してみないとわからないという
大らかなアバウトさがあり、
映画版では、花⇒月 鳥⇒風にそれぞれ瞬時にフォームチェンジしていますが、
本編では、一度月のプリキュアに変身したら、フォームチェンジは出来ないという
ものでした。

「ハピネスチャージ」の場合、一旦通常フォームで登場し、
一時的にフォームチェンジし、そしてまた元の通常フォームに戻るような感じなので
中々色彩的にも楽しめます。

今回、めぐみのパジャマ姿とかポニーテールをおろした髪形が登場しましたけど
やはり予想通り中々可愛いものでしたね。
というか、パジャマのまま外出するなんて、
やはり少しピンク系らしくアホっぽいのかな・・・??
(そう言えば、昔ハートキャッチでパジャマ姿で学校に来たつぼみもいましたけどね・・・)

「ハピネスチャージプリキュア」では歴代に比べて面白い試みが幾つかありますけど、
その中の一つが、今回出てきましたけど、
「男の子」の存在かな・・・
歴代プリキュアでは、
初代における藤P先輩とか、SSの和也さんとか、プリキュア5ののぞみとココ(こまちとナッツ)のように
上級生への淡い憧れとか、異世界同士の淡い感情とかありましたし、
日常的にプリキュアと同級生の男子が接点を持つというと、
SSの健太とかフレッシュの大輔とかいましたけど、
今回のように、その男の子がプリキュアとしてめぐみとひめを認識し、
プリキュア達との戦闘にも今後関わっていくというのは中々面白い試みですね・・・
今は幼馴染という事でお互いに何も意識していないめぐみと誠司の関係が今後どうなっていくのかも含めて
中々面白くなりそうな雰囲気ですね。
しかもなぜか知らないけど、「恋愛禁止」というルールもあるみたいですから・・・
めぐみと誠司の関係に、ひめも関わっていくのかな・・・
でも現時では、ひめはコミュニティ障害みたいだし・・・・

今回から敵幹部として「ホイシーワ」という女性幹部が登場しましたけど、
どーもこの名前は、「プリキュア5GoGo」のホシイナーみたいで
何か多少被りますね・・・(笑)
ホシイーワの声優さんは、SSで霧生薫とフープを演じた方ですけど、
妖精系と敵幹部を両方演じた方としては、ドーナッツ国王とウエスターを演じた声優さん以来かも・・・

さてさて次回は第一回以来久しぶりに「フォーチュン」も登場するみたいですけど、
早く4人のチームとしての「ハピネスチャージ」も見てみたいですね。
スポンサーサイト



毎年、プリキュアとのコラボ商品という事で色々な商品が出ていますけど
丸美屋のカレーもその一つですね。

現役の「ハピネスチャージ」の二代前の「スマイルプリキュア」も
丸美屋のカレーが出ていましたけど、
これが間もなく賞味期限を迎えるので、
開封して食べちゃいました・・・






だけど、このプチパックカレーは、
実は恐らくは「幼児用」の味付けだと思いますが、
大人が食べると、
妙にドローッとして薄い甘い味がするだけで、
感覚としては「あまり味が無い・・・」
以前「ハートキャッチプリキュア」のこの丸美屋のプチパックカレーを
そうした事を全然知らないで食べてしまったら、
「なんじゃ、こりゃー」と思ってしまい、
今回はその反省を踏まえて(?)
大辛のレトルトカレーに、この丸美屋のプリキュアカレーを混ぜて食べてみたら、
これが結構面白い食感・・・
私、カレーはあまり辛いのは好きではないので、
大辛の激辛要素に、プリキュアカレーの妙にドロッとした甘さが適度に加わったせいか、
味としてはうまく中和されて
何か自分好みの辛さと食感になってしまいました・・・

これって、一つの「ちょい混ぜ」なのかな・・・??



CIMG6437_convert_20140217155754.jpg


このカレーには、おまけのキラピカシールが入っています。
久しぶりに「スマイル」のシールを見てみると、
やはり「ハッピー」は可愛いですね。
昨日あたりから気になっていたのですが、
コンビニ・スーパー等で、おにぎり・パンの在庫がないというか、
棚に陳列されていないので、「あれっ?」と思っていたら、
先日の大雪の影響で物流が止まっていたり、パン製造工場自体が従業員の出勤不能等ま理由で
生産を一時中止したのが原因らしいですね。
やはり今回の二週に渡る大雪は色々な所で影響が出ているみたいです。

本日、イトーヨーカドー・マルエツに行ってみても
野菜・豚肉・パンなんかは、やはりまだ在庫不足みたいで、いつもに比べてかなり
陳列数は少なかったようにも思えます。

でも、「ハピネスチャージプリキュア」の食玩ミニフィギュアは
普通に販売されていました・・・(笑)
今回は四種類発売されているのですが、本日はこのシリーズ最後の
キュアプリンセスのフォームチェンジ版の「シャーベットバレエ」をゲットしてきました。

今回のシリーズは人気があるのかな・・・?

マルエツでは既に売り切れ・・・
イトーヨーカドーでは、本日買いたかった「シャーベットバレエ」がわずか一個残っているだけでした。

その横で、前作「ドキドキ」のキュアソードの食玩ミニフィギュアが売れ残っていたのは
ある意味仕方がないか・・・・






キュアラブリーも可愛いけど、
キュアプリンセスもやはり可愛いですね。
ま、少々と言うかかなりポンコツなのが玉にキズだけど、
こういう「ポンコツ系」のプリキュアもいいものですね。
前作「ドキドキ」があまりにも優秀過ぎたので、どうしても現役の「ハピネスチャージ」の二人が
ボンクラに見えてしまうのですけど、
歴代プリキュアは、「少しアホだけど明るく一生懸命頑張る女の子」が主人公ですから、
やはりこうした少しアホっぽい方が何となくしっくりくる感じはしますね。

今回の「ハピネスチャージプリキュア」の売りの一つは、
フォームチェンジが出来るという事で、
キュアラブリー⇒チェリーフラメンコ
キュアプリンセス⇒シャーベットバレエに変わるみたいですね。
2/16の第三話で初めて「チェリーフラメンコ」がお披露目されましたけど、
少し大人っぽい雰囲気もありましたね。

いずれ、ラブリーは、「ロリホップヒップホップ」に
プリンセスは、「マカダミアフラダンス」に更にフォームチェンジが出来るようですけど、
何かラブリーの「ロリホップヒップホップ」が公式HPで公開され、
そのツィンテールと黄色の衣装が何だかすごく気になっています。

「ハピネスチャージ」は第二話でめぐみが探偵に変身したように
私服でも色々とフォームチェンジが出来るみたいなので、
元々可愛い所に、プリキュアとしても変身前の私服でも色々な衣装が見れそうなので
そういう意味でも子の先かなり楽しみですね。

「おしゃれ」にも焦点を当てている辺りは、やはり多少は「アイカツ」を意識したのかな・・・??
二週にわたる関東の大雪は大変でしたね・・・
特に甲府方面の1mを越す大雪は信じられないですね。
私も1990年~95年に甲府に住んでいたから分かるのですけど、
甲府は意外と雪は積もらない所です。
せいぜい一年に1~2回程度10㎝程度の積雪があるかどうかと言う程度なので、
あんな大雪は地元の人でも恐らく経験がないと思います。
甲府は、中央本線と国道20号(甲州街道)と中央道の高速道路が遮断されると
完全に「陸の孤島」となってしまう場所なので、
何か他人事とは思えません・・・

それにしても二週にわたるこれほどまでの大雪は極めて珍しいですよね。
さすがに本日2/17は暖かくなりそうなので、道路の雪も大分溶けそうです。
この金曜~日曜は、仕事の一つの一環で顧客宅とか施工現場周辺の雪かきを随分としたものですが、
自宅周辺はいまだに手つかずです・・・
正直雪かきのやり過ぎで、何か腰が痛いし、もう面倒くさいので
自宅前は「パス!!」という感じです。
ま、本日は暖かい陽気になりそうだから、自然に溶けるのを待ちたいと思います・・・(笑)
少し雪かきやろうと思ったのですが、
何か氷みたいに固まっているので、中々スコップが入らないので
諦めました・・・

日曜の昨日も仕事だったのですけど、
顧客廻りの中から、結構な数の
修理依頼がありましたね。
内容は、ほとんどが、①雨樋交換or雨樋外れ調整 ②カーポートの屋根のアクリル板交換
でしたけど、
②の原因は、屋根から雪が落下し、カーポート屋根を直撃し破損したというものばかりでしたね。
カーポートのアクリル板なんてそんなに壊れるものではないのですけど
やはり水分を含んだ雪は重たかったのでしょうね・・・
②の場合、大抵屋根に「雪止め」が施工されていないケースがほとんどなのですけど、
ついでに雪止めなんかも提案してみると、
大抵の方は、「そりゃ、そうだ・・・今回でいい経験になった。早速お願いしたい・・・」という事で
結構感謝はされますし、会社の売り上げにも貢献できます。
「災い転じて福となす」と言ったら、さすがにお叱りを受けるかな・・・??

だけど怖いのは、何と水から木曜にかけて
またまた関東は雪予想になっています。
さすがに三週連続は「ご勘弁を・・・」という所です。
1979年と言うと、自分は当時中学2年・・・
その当時は現在のように街中至る所にコンビニがある訳でもありませんでしたし、
夏休み・冬休み・春休みの吹奏楽部の練習中の昼ごはんは、大抵の部員はお弁当持参だったと
思います。
コンビニが当時住んでいた仙台にもちらほら出てきたのは、自分が高校に入学してから以降で、
確かあの頃は、セブンイレブンもホント少なく、代わりに「サンチェーン」という名称のコンビニが
当時としてはメジャーだったようにも思えます。
(確かサンチェーンはその後どこかの大手に吸収されて消滅したような記憶が・・・)

当時、自分が住んでいた地域で初めて「吉野家」が出店し、
周囲の反応も「おー、すげー」みたいな感じでしたね・・・(笑)
確か当時吉野家は、テレビCМで
「やったね、パパ。明日はホームランだ」というのを繰り返しやっていましたけど、
確かこの時代に一度倒産し、
「やったね、パパ。明日は倒産だ」と
確かこの頃売出し中だったビートたけしから結構いじられていたような記憶が・・・・??

ま、とにかくこの時代は、現在のように街中至る所にサービスが溢れているという感じではなく、
都会と田舎の区分がかなり明瞭で、
現在のように、地方に行っても首都圏にあるような店が溢れているという時代では
まだなかったですね・・・
だからこそ、自分みたいな田舎出身の人間は、とにかく「上京」する事をまずは
人生の目的みたいに考えていたのかもしれませんよね・・・(笑)


〇銚子商業

 B/楽劇「サロメ」より七つのヴェールの踊り

 現在でもコンクールの人気曲である「七つのヴェールの踊り」は、実はこの年の銚子商業が
 全国初演です。
 だけど、このサロメ、本当に素晴らしい名演です。
 個人的な見解ですけど、もしも1979年大会が金銀銅のグループ表彰ではなくて、昔のような
 順位方式ならば、この銚子商業・市立川口・天理に1~3位を付けたい感じです。
 でも本当に個人的好みなら、やっぱり市立川口が圧倒的に好きですけどね・・・
 銚子商業の「サロメ」は、何よりも技術がしっかりとしていますし、
 オーボエ・フルートのソロが実に色気たっぷりで今聴いてもかなりぞくぞくさせられるものは
 あります。
 前半のひそやかさ、後半にかけてのうねりと狂気、妖艶さ、
 かなり本物に迫る響きだと思いますし、
 ラスト近くで、一旦全合奏が静止し、その後の全員のffの音の響きは、オケの音を超える何か
 化け物みたいな感覚の響きが、自分には伝わってきます。
 ただ一つ惜しまれるのは、アレンジがあまり良くない部分があり、
 (当時は、八田先生の版ではなく、ハインズレー編曲版を使用)
 例えば、オーボエの妖艶なソロのバックの裏メロ的リズムは、テナーサックスが担当しているので、
 何か響きが今一つ濁り、テナーサックスというせいもあるのですけど、妙にハスキーと言うか
 モダンジャズみたいに聴こえてしまうのですよね・・・
 (八田先生版は、この部分はファゴットを使用)
 だけど全体的には、超高校級の演奏であり、サロメの狂気と妖艶の世界に迫る名演だと思います。

 | BLOG TOP |